ドラマ「レンアイ漫画家」 第2話 ネタバレあらすじと感想|次のミッションは「別れろ」

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「レンアイ漫画家」第2話の感想です。

早瀬くんといいムードだったあいこ。

しかし、刈部の次のミッションは「別れろ」だった…。

ドラマ「レンアイ漫画家」第2話 感想 はじめに

花束

登場人物

刈部清一郎/鈴木亮平
天才少女漫画家。常人には理解できない思考回路を持つ天才。人付き合いが苦手。レンを引き取ることになって、その生活も変わり始める。

久遠あいこ/吉岡里帆

夢もなく、恋人もいない、お金もないアラサー。気立てがよく人がいいが、人に騙されることも多い。運命の人が現れるのを待っているが、男運も悪い。葬儀屋で働いており、初恋の相手刈部純の葬儀で、兄の清一郎に出会う。

向後達也/片岡愛之助

清一郎の担当編集者。清一郎の才能を見出し、刈部まりあというペンネームで売れっ子漫画家に育て上げた。「少女モーニング」で清一郎と唯一連絡が取れる人物。元ラガーマン。

早瀬剛/竜星涼

真面目で爽やかな元ラガーマンの一流企業に勤めるサラリーマン。社交的でおおらかな性格。あいこの疑似恋愛ミッションの初めての相手。

金條可憐/木南晴夏

「少女モーニング」の売れっ子漫画家。刈部まりあを最強のライバルだと思っている。新しい情報や流行に敏感な努力家。

二階堂藤悟/眞栄田郷敦
あいこ行きつけのカフェ・バー『2 STORY CAFE』の店長代理。仕事や恋に悩むあいこの相談相手。常にポジティブで感受性も強い。

伊藤由奈/小西桜子

『2 STORY CAFE』の店員。二階堂に好意を寄せている。ドライなようで恋愛体質で一途。

刈部レン/岩田琉聖

最愛の父・純を亡くし、清一郎と暮らすことに。レンのおかげであいこは清一郎の本質を知ることとなる。

刈部純/白石隼也

清一郎の弟。清一郎と性格は正反対の女好きだが、憎めない愛されキャラ。

金條麻央/星乃あんな

金條可憐の姪。レンの同級生。

あらすじ

あいこ(吉岡里帆)は、早瀬(竜星涼)といい感じになってきている。早瀬は絵にかいたような好青年だ。あいこのことも大切に思ってくれている。

別れろ

 ドS鬼瓦・刈部清一郎(鈴木亮平)は、漫画のストーリー的に次は早瀬と「別れてこい」とあいこに言う。あいこは、報酬はいらないのでこのままでと言いますが、刈部はそれじゃあ相手に漫画のためだったとバラしてやると言って…。
 そこにレン(岩田琉聖)がやって来て、「僕、学校にいきたいんですけど」という。刈部はそういった手続きのことも知らなかったのだ。刈部はその手続きや学校への付き添いもあいこに頼む。レンの可愛い笑顔を見ると、断れないあいこ。前日、編集者の向後(片岡愛之助)のおごりで、飲み過ぎたあいこは二日酔いで刈部家へ向かう。そして、無事レンを小学校に送り届けることが出来た。

早瀬からのメール

 早瀬は、あいこに会いたくて、何度もメールを送って来る。しかし、あいこは「別れろ」と言われているので返信が出来ない。早瀬の人柄の良さを再確認するあいこ。

ゆか
ゆか

刈部は漫画の為、あいこは報酬の為。
何だか早瀬くんだけが、心を弄ばれているようで、ちょっとかわいそう…。
人道的にこれは認められない!w

ひとりぼっちのレン

 レンは、父が生きている頃、刈部に父との絵を描いてもらったことがある。丸子橋というところで。その画がレンの宝物だ。気難しい伯父と一緒に暮らし、友達とも離れ離れ、大好きな父は亡くなってしまった。気丈に振る舞っていても、レンがどれだけ寂しさを感じているか。
 そんなレンの学校からあいこに連絡がある。レンが学校に来ていないと言うのだ。普通に学校に行ったのを見届けた刈部には、心当たりがない。あいこはレンを探して駆け回る。

思い出の丸子橋

 刈部もレンが気になるようで、仕事を中断してレンを探す。タクシーで丸子橋へ行こうとするが、タクシーが捕まらない。ちょうどあいこと出会い、それならバスで行こうとなるが、刈部はバスの乗り方がわからない。あいこに教えてもらって一緒に丸子橋へ向かう。橋の欄干にもたれるレンがいた。
 レンは父が生きていた頃、辛いことがあったらまたここに来れば辛いことも忘れられると言われた。そして、丸子橋に来たのだ。レンは泣きじゃくっていた。そして、刈部はここに来たくなったら、一人で来るな。俺に言えという。一緒に悲しみを捨てに来ようと。

ゆか
ゆか

刈部さん、弟の純さんのことだけは心から信頼していたようですね。
レンくん、本当に寂しかったようです。

担任の先生

 家に帰ったレンと刈部。するとそこには担任の大倉先生が。「何事もなくてよかった!」と喜んでくれた。
 一方、あいこは、刈部の「銀河天使」を全巻読破し、その素晴らしさに感動していた。そして、ヒロインのみすずならどうするかを考え、早瀬に別れを告げることを決意。メールで早瀬を呼び出したあいこは早瀬に別れを告げる。早瀬は「最後まであいこちゃんは、僕に本当の姿を見せてくれなかったね…」と悲しく言うのだった。
 周囲の目もはばからず泣きながら歩くあいこを見て、カフェバーの二階堂藤悟(眞栄田郷敦)は複雑な表情を見せる。

別れの報告

 あいこは刈谷に、早瀬と別れたときのことを報告していた。刈谷はさっそくペンを走らせる。「報酬をください」というあいこに、向後は契約は2日前なので、支払えないと言い出す。詐欺だと言うあいこ。そして、「わかれたくなかったー!」と叫ぶのだった。

次の相手

 報酬がもらえなかったあいこはがっくり。向後は次、頑張れば100万円もらえるからと慰めるが、あいこはもうやらないと言う。刈谷は次の相手は決まっているといってスマホを差し出す。そこに写っていたのは、レンの担任教師・大倉先生だった!

ドラマ「レンアイ漫画家」第2話 感想 

光の粒

刈部の頭の中は、漫画のことしかないようですが…。

しかし、刈部には何か秘密があるようです。

早瀬くんが不憫

早瀬くんは、本当に育ちも良くて順風満帆な人生を送って来た人のようで、人格にゆがみが全くないタイプ。

嘘をついていたあいこのこともすぐに許すし、あいことのつきあいも真剣に考えていたようです。

それなのに…漫画のために心を弄ばれてしまう。

ちょっと、それはないわー。

何か理由がありそうですが、刈部は顔だけじゃなくて気持ちも鬼瓦なのか…w

そして、あいこは、嘘でつきあいだした早瀬くんのことを本気で好きになっていたようです。

あれだけイケメンでいい人で、スポーツマンで無邪気で優しい人、好きになってしまいますよね。

早瀬くんが、不憫だ…。

報酬なし?!

あいこは、あれだけ頑張ったのに、報告が2日遅れただけで「報酬なし」。

これも、ちょっとひどい。

何割かは渡さないと、あいこの生活はどうなるんでしょうか。

カフェバーでパンの耳をもらって、それでグラタンつくってたのにw

他にバイトもしてないみたいですし、やっぱり報酬なしはひどすぎる。

これじゃあ、貧困女子もいいところ。

ラブコメだからと言って、これはちょっと疑問の残るところです。

次の相手は大倉先生

次のあいこの相手は、大倉先生です。

レンくんの担任の先生。

彼も、真面目そうで優しくていい人っぽい。

結局、つきあってまた別れて…ということになると思いますが、次はあいこ、ギャルになるようです。

そして、早瀬くんと別れたあいこが泣きながら歩いているのを見たカフェの二階堂くん。

彼も、あいこのことが気になり始めているようです。

ドラマ「レンアイ漫画家」第2話 感想 最後に

ドラマ「レンアイ漫画家」第2話の感想でした。

報酬なしのところは、ちょっと納得いかないし現実的ではないですが、今回はレンくんのところでちょっと泣かされました。

次回は、あいこがギャルになって大倉先生と恋をするようですが、どんな展開になるのでしょうか。

次はどうか、報酬払ってください!刈部さん!




以下の記事で、第1話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「レンアイ漫画家」第1話の感想



1話~2話を見逃した方は、FODプレミアムで観ることが出来ます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

FODプレミアム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA