ドラマ「コントが始まる」第1話 ネタバレ感想とあらすじ|約束の10年

ペットボトル

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「コントが始まる」第1話の感想です。

売れないお笑い芸人「マクベス」は、結成して10年。

10年やって売れなければ、解散すると決めていたのだが…。

実力派若手俳優三人が紡ぐ青春群像劇。

ドラマ「コントが始まる」第1話の感想 はじめに

ラーメン

登場人物

高岩春斗/菅田将暉
お笑いトリオ「マクベス」のメンバー。ネタを書いている。高校の文化祭で潤平とコントをして真壁先生の褒められたことで、本格的にお笑い芸人を目指す。しかし、鳴かず飛ばずで10年やって売れなかったら辞めると誓った日が近づいている。売れないのは自分のネタのせいだと思っている。

朝吹瞬太/神木隆之介

お笑いトリオ「マクベス」のメンバー。小学生の頃からゲームが好きで、高校三年のとき「ぷよぷよ」の全国大会で優勝する。高校卒業後、プロゲーマーの道に進むが、ある日、春斗と潤平の前に現れ、「マクベス」に加入。もともと大人しい性格。趣味はスナック通い。主食はポップコーン。

美濃輪潤平/仲野太賀

お笑いトリオ「マクベス」のメンバー。高校時代、春斗に誘われお笑い芸人の道に入る。学校一の美女・奈津美に告白し、成功。それ以来、10年間つきあっている。両親との約束の10年が迫っていることと奈津美のことが心にのしかかっている。実家は酒屋。

中浜里穂子/有村架純

子供の頃から優秀で、誰もが知っている一流企業に入社。しかし、一年半前、自身を取り巻くある状況から会社を退職。連絡が取れなくて心配した妹・つむぎが来たときは瀕死の状態で入院。退院後、妹と暮らす。半年間無職だったが、近所のファミレスでバイトを始める。今は「マクベス」を応援することが心の支え。

恩田光代/明日海りお

里穂子が働くファミレスの店長。夢は女流麻雀士。週5で雀荘に通う。行きつけは潤平がバイトする雀荘「赤まむし」。

坂斉凛奈/米倉れいあ

里穂子が働くファミレスのアルバイト。明るい性格で、日々、里穂子やマクベスのメンバーを観察している。

下条良枝/松田ゆう姫

つむぎが働くスナックのママ。年上好きの瞬太が通っている。やる気があるのかないのかわからないタイプ。しかし、発する一言に深みがある。

中浜つむぎ/古川琴音

里穂子の妹。音信不通になった姉の様子を見に行くと、優等生だった姉を思わぬ姿で発見。それ以来、姉の世話をすると言う名目で共同生活を始める。目標も夢もない20代を過ごし、今も無為な人生を送る。

村主うらら/小野莉奈

つむぎと同じスナックで働く女性。あるミュージシャンを追っかけて東京に出てきたと言われている。

安藤友郎/伊武雅刀

瞬太がバイトする焼き鳥屋の店主。焼き鳥に関して謎のこだわりを持つ。マクベスを心から応援しているが、一言多い。

真壁権助/鈴木浩介

緑東高校の教師。春斗たちの担任だった。元落研で、先輩教師に無茶ぶりされて以来、厳しい先生にキャラを変更した。マクベス結成の理由になった人物。

あらすじ

里穂子(有村架純)は、ファミリーレストラン「メイクシラーズ」でアルバイトをしている。

ファミレスにくる「マクベス」

 週に一度、お笑いグループ「マクベス」がファミレス「メイクシラーズ」でネタ会議をやっている。それに興味を持った里穂子は、ある日スーパーでメンバーの一人、瞬太(神木隆之介)が買い物しているのを見かける。瞬太は里穂子が住んでいるマンションの隣のマンションに入って行った。それ以来、里穂子は「マクベス」への興味が抑えられなくなる。ネットで彼らのことを調べるが、なかなか情報が出てこない。やっと見つけたのは一週間後で、「マクベス」の事務所はミュージシャンが多く所属する事務所で、そのHPの片隅に彼らはいた。

単独ライブ

 里穂子は、「マクベス」に興味を持ち出して半年。彼らの存在が自分の心の支えとなっていることに気づいた。今日は、「マクベス」の単独ライブの日だ。もちろん、里穂子は観に行く。そこである発表がされた。次回の6月の単独ライブで、「マクベス」は解散するというのだ。帰りに、春斗から声を掛けられた里穂子は、「なぜ、解散するんですか?」と聞いた。

マクベス結成

 「マクベス」は高校の文化祭で、潤平(仲野太賀)と春斗が二人で始めたお笑いコンビだ。文化祭では観客は少なかったものの、春斗は「これだ」と思ったという。いつも厳しい真壁先生(鈴木浩介)にも褒められた。大学へは行かずに潤平と二人で本気でコントをしようと決めたのだ。そのとき、瞬太も一緒にいて「ぷよぷよ」のゲーム大会で優勝した賞金でラーメンを奢らされていた。
 しかし、コントの道は険しかった。5年経っても鳴かず飛ばずの日々が続いていた。その頃、プロゲーマーになっていた瞬太も、人生の厳しさを味わっていた。プロゲーマーは引退するという。春斗は瞬太に「マクベス、入る?」と聞いた。「いいの?」と嬉しそうな瞬太。そして、その日、飲んでいた焼き鳥屋でバイトすることも決めた。こうして、三人でのマクベスがスタートした。

里穂子と春斗の出会い

 三人で始めることになって、共同生活を始めた。オーディションがあれば参加するが、なかなか受からない。落ち込んだ日は三人でラーメンを食べる。バイトも忙しい。
 そんなある日、春斗は公園のベンチで酔いつぶれている女性を発見。それが実は里穂子だったのだ。春斗は里穂子にお水を渡し、少々絡まれたが、「明日早いんで。お姉さんも早く帰った方がいいよ」と言い残し帰った。翌日の朝、里穂子が寝転んでいたベンチに昨日渡したペットボトルが置いてあった。中身は水ではなくメロンソーダだった。これが、マクベスの一つのネタを生んだ。

マクベス解散

 マクベス結成からもうすぐ10年。約束の日が近づいていた。イライラする春斗と潤平。潤平の両親は実家の酒屋を継いでほしいようだし、恋人の奈津美は結婚したいようだった。言い合いになる二人。瞬太は「それなら、次のオーディションで受かった続けよう。落ちたらやめよう」と言う。
 オーディションの反応は散々だった。瞬太は「ラーメン食べて帰ろう」と言って、車を走らせる。着いたのは博多。18時間かかった。そして、春斗は「解散しようか」と言った。単独ライブまでには東京に戻らなければならない。この日のライブで、解散を発表する。

私は疫病神

 10年鳴かず飛ばずだったら、解散すると親に約束していたので、解散するのだと春斗は里穂子に言った。そして、ペットボトルの水がメロンソーダになっていたことを聞いた。里穂子は、はっきり覚えていないが、メロンソーダの粉末を水にいれたのだと思うと春斗に言う。里穂子は有名な食品メーカーに勤めていて、その日は、会社を辞めた日だったのだ。

ゆか
ゆか

里穂子が会社を辞めた理由は何だったのでしょうか。あんなに荒れるほど飲んで、しばらく働くことも出来なかった里穂子。とても辛いことがあったのでしょう。

 里穂子は、自分のことを疫病神だという。好きになった雑誌が廃刊になったり、好きな洋服のブランドが倒産したり、働いていた食品会社も里穂子に内定が出た日に株価が暴落、辞めたら右肩上がり。「マクベス」が解散するのも私がファンになったからかもしれないという。春斗は「それなら、俺の方が疫病神だ。10年も瞬太と潤平を連れまわして、ネタ書いてたのも俺だし。俺がこの世界に誘わなければもっと順風満帆な人生があったはずなんだ」と言った。
 里穂子は「あのファミレスでの三人は、こちらが嫉妬するほど輝いて見えました。マクベスの三人はファミレスで働き始めた半年前から私の心の支えでした。まだぽっと出のファンですが、あと三ヶ月、全力で応援します」と言う。
 嗚咽をもらす春斗。口には出さないが、春斗は瞬太と潤平に心から申し訳ないと思っているのだ。

ドラマ「コントが始まる」第1話の感想 

売れないお笑い芸人「マクベス」。こういう芸人さんって、きっとたくさんいるんだろうなと思います。

芸能人が売れる売れないは運もある

お笑い芸人さんに限らず、芸能人が売れる、売れないには少なからず「運」が重要だと思います。

正直、大きな事務所に入っていると、その事務所の売れっ子のバーターでちょい役で出て、ブレイクする俳優さんがいるのはよくあることです。

「マクベス」は、芸人さんなのにミュージシャンが中心の事務所に所属しています。

それも、ちょっと損してるような気がします。

正直、大手のお笑いの芸能事務所には、全然面白くないのに割とテレビに出てる人、たくさんいるし。

今、売れてるお笑い芸人の過去をさかのぼる番組などもときどき見ますが、ここでこういうキャラ変をしたから、売れたのか…とか、「運」や「タイミング」もすごく重要な気がします。



「マクベス」は、親との約束で10年という期限付きで活動しています。

10年は長いですが、11年以上やって売れる芸人もたくさんいますよね。

三人は、すごく真面目にネタを作って、バイトも頑張って、真摯にお笑いと向き合っています。

ときどきいる売れてもいないのに、ギャンブルしては借金を繰り返してる芸人もいるというのに。

良いか悪いかは別にして、そういう強烈な個性が必要なのかもしれないなとも思いますが…。



今の時代なら、YouTubeでネタを配信したりしてもいいのでは…と、里穂子と同じ気持ちで「マクベス」を応援したくなります。

実際には俳優さんだから当たり前ですが、三人ともすごくイケメンだしw

周囲の人が言うように、「考え直して」と思ってしまいますが、人生はその人のもの。

特に、恋人のいる潤平は、彼女を待たせすぎることは難しいんでしょうね。

里穂子が会社を辞めたわけ

有村架純さん演じる里穂子。

会社を辞めたようですが、酔っぱらっていたときにポツリポツリとつぶやいていた会社でのことから、何か事情がありそうですね。

子供の頃から優秀で、大手食品メーカーに就職できて、順風満帆な人生だったはずなのに、何があったのでしょうか。

会社の人たちは、里穂子が辞めるとは思っていなかったような感じなので、複雑な事情があったようです。

会社にいると、本当に何度も悔しい思いをすることがありますが、里穂子は我慢できないほどの何かがあったということ。

この事情も少しづつ明らかにされていくでしょう。



有村架純さん、清純派の可愛い女優さんから脱皮しつつありますね。

今まで通り、可愛い役も出来ると思いますが、最近はドラマ「姉ちゃんの恋人」などではサバサバ系女子を演じていました。

今回も、どちらかというとしっかり自分の意志を持った里穂子。(今は少し会社に心折られていますが)



ラストシーンで、春斗と里穂子が同時に「あれが私たちの始まりだったとは思いませんでした」と言いますが、このセリフの意味は、二人が恋に落ちるということでしょうか。

主演三人の演技力の高さ

「マクベス」のメンバーを演じる、菅田将暉さん、仲野太賀さん、神木隆之介さん。

本当に上手で、ラーメン屋さんで笑い泣きしている潤平(仲野太賀)や里穂子に「解散までずっと応援しています」と言われて嗚咽をもらす春斗(菅田将暉)には、もらい泣きしてしまいました。

本当に、その悔しさややり切った感のなさへの虚無感、すごく伝わって来ました。

瞬太(神木隆之介)は、春斗と潤平と違って、途中参加で二人の半分の時間しか「マクベス」で活動していないというのもあると思いますが、どこか冷静で飄々とした感じも、すごく上手だなと思います。

それに、瞬太はもうすでにプロゲーマーとして、一度挫折した経験を持っています。



この三人の役者さんは、既に演技派としての評価が高いですが、三人三様の素晴らしい演技が観れて、それだけでもこのドラマは素晴らしいと思います。

ドラマ「コントが始まる」第1話の感想 最後に

ドラマ「コントが始まる」第1話の感想でした。

やはり、上手な俳優さんの出ているドラマはすんなり感情移入出来て、おもしろいです。

次回も、いろいろとそれぞれの秘密が明かされていくようで、楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA