ドラマ「着飾る恋には理由があって」第1話 ネタバレ感想とあらすじ|くるみはインフルエンサー

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「着飾る恋には理由があって」第1話の感想です。

シェアハウスで巻き起こる恋模様。

いろいろなところに伏線が貼られていて、これから楽しみです。

葉山社長が解任された理由、知りたいです。

ドラマ「着飾る恋には理由があって」第1話の感想 はじめに

さくら

登場人物

真柴くるみ/川口春奈
インテリアメーカー「el Arco Iris」(エル・アルコ・イリス)で働くヒロイン。広報課社員。デザインの専門学校を卒業後、「el Arco Iris」に入社。主に広告宣伝のPR活動を担当。SNSは会社への貢献と宣伝を兼ねて始めた。5年間の積み重ねで、10万人近くのフォロワーを持つインフルエンサー。会社やフォロワー、そして7年間想い続けている葉山社長のために、“憧れの存在”であり続けるため背伸びしている。

藤野駿/横浜流星

こだわりつづけて作ったカレー1品だけのキッチンカー「Fuji Bal」(フジバル)の店主。自由人で、営業したいときだけお店を開ける。雨の日は開店しない場合もある。純利益が10万円あれば営業しない。土日と夜は休み。ものにこだわりが強く、気に入ったものだけを愛用。シンプルな生活を追求するミニマリスト。

葉山祥吾/向井理

「el Arco Iris」の元代表取締役社長。スウェーデンに留学した時、北欧のインテリア雑貨に心惹かれ、大学卒業後、細貝とともに「el Arco Iris」を設立。通信販売事業のみを展開し、自らも“若手社長”としてメディアに出たこともある。経営は軌道に乗り、やりたいことは即実行。30歳のときに結婚するが、3年で離婚。

早乙女香子夏川結衣
くるみらがシェアハウスとして住むマンションの家主。真柴の唯一の女友達。人気フードスタイリスト。料理の腕だけではなく、企画力がありレストランや機内食のプロデュース、CMなどの撮影でも腕をふるう。1年前に離婚。晴れて独身にとなり、ロータス島へ1年間の語学留学を決意。留学している間、若者たちに部屋を貸すことを思いつく。

寺井陽人丸山隆平
オンラインカウンセラー。24時間悩み相談を請け負っている。大学卒業後、東京の病院で勤務医として働いていた。しかし、もっと患者を深く理解し、きちんと時間をかけたカウンセリングがしたいと思った。32歳のときに退職。オンラインでのカウンセリングを始める。駿のはとこ。

羽瀬彩夏中村アン
近所の高級スーパーでデリバリーのバイトをしながら、現代アートの絵画、オブジェを制作するアーティストの卵。個展を開いたり、オンラインのアートギャラリーに作品を掲載しているが、アートだけで生計を立てるまでには至らない。香子とは食材配達で知り合い、ルームシェアに誘われた。寝食忘れて作業に没頭するクールな女性。

松下宏太郎飯尾和樹
広報課課長。くるみの上司。天然で陽気な性格で、恐妻家で子煩悩。用心深く心配性な性格。お小遣いが少ないので、ケチな一面もある。怒ると妙な迫力があると言われている。人柄が良く、人当たりが良いため、人脈が豊富。祥吾にヘッドハンティングされ15年前に中途入社。

あらすじ

「el Arco Iris」初路面店オープン

 真柴くるみ(川口春奈)は、「el Arco Iris」の路面店が初めてオープンするまであと7日と迫り、バスの中でも広報活動に余念がない。SNSを駆使して、大々的に宣伝を行う。しかし、オープン記念のプレゼントの数が間違えており、本当は100名のところ、1名となっていた。同僚の茅野(山下美月)は途中で、バスを降りてHP担当に連絡するという。
 ちょうどそのとき、これからシェアハウスの仲間になる藤野駿(横浜流星)が同じバスでその様子を見ていた。バスが急に揺れて、くるみは駿の膝の上に座ってしまうアクシデントが!

バスを降りる場所を間違えた

 くるみが、取引先との打ち合わせの場所を間違えてバスを降りてしまい、困っていると駿がキッチンカーで通りがかる。そして、駿のキッチンカーで送ってもらうことに。
 車の中でも、くるみは憧れの社長・葉山(向井理)のことを、駿にどれだけすごい人かを話す。自分がSNS担当に指名されたことも。駿にも、くるみが葉山に恋をしていることがバレバレだ。

ゆか
ゆか

くるみがタクシーを捕まえても、赤ちゃんを連れた人や高齢者に譲っているのを、駿はキッチンカーの中から見ていたようです。優しいくるみの人柄を、実は初めからわかっていたのです。

社長が帰国

 海外出張から帰って来た葉山。服装がカジュアル過ぎて、まさか社長には見えない。秘書の桂木(木本夕貴)にも注意される。コーディネートはくるみが考え、ネクタイも結ぶ。社内では社長とくるみの仲が噂になっているようだが、くるみは否定する。そんな雰囲気は全くないのだと。

ルームメイトたち

 くるみが、香子のマンションのルームシェアにお世話になることになった。そこには、あの”カレー屋さん”がいた。彼は、くるみがやって来ることは事前に知っていたようだ。他にはカウンセラーの寺井陽人(丸山隆平)、アーティストの卵の羽瀬彩夏(中村アン

 香子は、くるみが社長の葉山に憧れ、社長のためにSNSの運用も頑張っていることを知っている。「告白すれば?」と言われるのだが…。
 くるみは、葉山のことなら何でも知っている。突然、姿を消してもどこのカフェにいるかを知っているし、頑張っている課には必ず声を掛ける、出張に行ったら必ず両親にお土産を買ってくるなどなど。そして、葉山の方から、路面店のオープンが無事終わったら、「一緒に桜を観に行くか」と誘われるくるみ。家に帰って香子に報告。すると香子は「私は食事に誘えって言ったのに」と不満げ。

ケータリング

 路面店オープンの日のパーティで出すケータリングが一店、予約が漏れていた。くるみの後輩・秋葉亮(高橋文哉)のミスだった。そして、くるみは思いつく。駿のお店のカレーだ。初めは渋っていた駿だが、協力してくれることに。しかし、見た目が地味なので、SNS映えしないと言うくるみ。そんなくるみに、プライドを傷つけられた駿は「Fuji Balは出店しない」と怒らせてしまう。駿のはとこの陽人との会話から、駿には何か過去があるようで…。結局、ケータリングは香子が出してくれることになった。

ゆか
ゆか

香子さんがケータリングを出してくれるなら、100人力ですね。
人気フードコーディネーターの香子さんは、本も出版しています。

社長解任

 前日の取締役会議で、葉山社長解任が決まった。一体、どんな理由で社長はやめることになったのかは、社員たちはまだ誰も知らない。葉山社長に限って、不祥事があったとも思えないのだが、路面店オープンの前日に解任とは…。オープニングパーティ終了後、くるみは社長を探し回るが見つからない。電話もつながらない。
 フラフラになったくるみは、家に帰る。すると、社長から花束が届く。今日はくるみの誕生日だった。社長からのメッセージは「誕生日おめでとう。桜、見に行けない。ごめん」

フォロワー10万人達成

 こんなに悲しい社長との別れの日。くるみのインスタのフォロワーが10万人を達成。駿がくるみのスマホを覗いて、「やったじゃん!」と声を掛ける。浮かない顔のくるみ。カレーを作った駿は、「隣のよしみでカレー分けてやるよ」と言う。先日のことを駿に謝るくるみ。
 くるみは「おいしい」と何度も言い、涙を流しながら駿のカレーを食べる。

ドラマ「着飾る恋には理由があって」第1話の感想 

花束

これから、いろんなことが起こりそうな種が物語の中にちりばめられていました。

葉山社長の行方、駿、陽人とくるみの関係。彩夏の正体…。

ボーダーコリーのこうじくんが可愛い

本作には、ボーダーコリーの保護犬・こうじくんが出て来ます。

シェアハウスの家主の香子さんの愛犬です。

人の心に敏感なこうじくんは、シェアハウスの住人に何かあると、その人の方を心配そうに見ていたり。

人懐っこくてふわふわモフモフ。

こうじくんを観れるだけでも、ドラマが楽しみになります。

やっぱり、ボーダーコリーはお利口ですね。

社長の行方

くるみは、大学のときから雑誌に出ていた葉山社長に憧れて、「el Arco Iris」に入社したようです。

SNSだって、正直、一般人なら承認欲求がかなり強い方じゃないと楽しく続けることは出来ませんが、くるみはそういうタイプじゃなさそう。

全て、会社のため、社長のため。

葉山社長は、人柄もすごくいい人みたいですし、社長解任されるようなことをしたとは思えないのですが、随分とあっさりした辞め方でした。

役員たちの総意であるなら、退任しますと言っていましたが、理由知りたいです。

そして、社長はどこに行ってしまったんでしょうか。

くるみは、社長の行きそうなところは全部把握していたのに、そのどこにもいませんでした。

一緒に桜を観に行く約束も果たすことが出来ず…。



やはり、葉山社長、かっこいいですね。

顔が小さくて、手足が長くて、その上、人柄も素晴らしいとは。

くるみが雑誌を見ただけで憧れるのもわかります。

くるみを巡る男性たち

本作は、ヒロインの相手役の駿はもちろん、葉山社長と陽人もくるみを好きになってしまうようです。

陽人は、既にくるみのことを「かわいい」と言っていましたし。

複雑w

シェアハウスっていうところも、またそれぞれの人間関係が近くてドキドキしますね。



次回、フォロワー10万人を超えたくるみのインスタが全面停止に。

これは社長解任と関係があるのでしょうか。

会社としても、フォロワー10万人のインフルエンサーが会社にいると、利益が大きいと思うのですが…。



あと、男性ではないですが、彩夏さんの存在も気になるところです。

短髪の黒髪、謎めいたアーティスト。

ドラマ「着飾る恋には理由があって」第1話の感想 最後に

ドラマ「着飾る恋には理由があって」第1話の感想でした。

キャストも豪華で、香子さん役の夏川結衣さんも相変わらずきれいで、50歳になって一旦人生リセット。

若者たちの恋模様も楽しみですが、香子さんのこれからも楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA