ドラマ「恋はDeepに」第2話 ネタバレ感想とあらすじ|接近する二人の関係

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「恋はDeepに」第2話の感想です。

スキューバの事故から、倫太郎を助けた海音は、会社内ではどことなく気まずい様子。

しかし、二人は少しづつお互いを意識し、気持ちも近づきつつありました。

ドラマ「恋はDeepに」第2話の感想 はじめに

小島

登場人物

渚海音/石原さとみ
芝浦海洋大学・特任研究員。海の生き物に詳しく、何でも魚に例える。いつも明るく笑顔。優しくお人よし。頼まれると嫌と言えない性格。プラスチックごみなどで海が汚れることを嘆いている。蓮田トラストが手掛けるマリンリゾート開発阻止に動き始める。そこで蓮田倫太郎と出会い…。

蓮田倫太郎/綾野剛
巨大不動産会社・蓮田トラストの御曹司。三兄弟の次男。近寄りがたい雰囲気を持っている。子供の頃のある経験から家族と距離を置き、イギリスに留学。ロンドンでキャリアを積み重ねていたが、帰国しマリンリゾート計画を任される。兄の光太郎とは犬猿の仲。弟の榮太郎とは仲が良い。そして、リゾート開発の件で渚海音と出会い…。

宮前藍花/今田美桜

芝浦海洋大学・特任研究員。海音の良き相談相手。しっかり者で明るい性格。気遣いが出来るので、つい人を優先してしまい、自分のことは後回しに。海音の過去に何かあることを感づいているが、友達としてありのままの海音を受け入れている。

鴨居正/橋本じゅん

芝浦海洋大学鴨居研究室室長。海洋生物学の権威。物腰柔らかで優しい性格だが、観察眼、洞察力に優れ、決断も早い。数年前に妻を亡くし、今は海音と一緒に暮らしている。毎朝、海音のお弁当を作っている。

染谷醍醐/高橋努

芝浦海洋大学教授。声が大きい。元気で明るいムードメーカー。大学の授業や自分の研究で常に忙しそうに動き回っている。海音の能力をかっており、研究や雑用を手伝ってもらっている。涙もろく情に厚い。

椎木拓真/水澤紳吾

芝浦海洋大学准教授。ほとんど家に帰らず、研究室で寝泊まりしている。一年前に突然現れた海音の存在に疑いの目を向けているが…。

Mr.エニシ/福山翔大

YouTuber。なかなか再生数が伸びなかったが、やどかりとケンカする海音の動画で100万回再生を達成。再び、バズ動画を求めて海音につきまとう。

蓮田光太郎/大谷亮平

蓮田トラストの専務。蓮田家の長男で次期社長と目されている。幼少期から後継者として育てられ、東大卒業後、蓮田トラストに入社。倫太郎とは仲が悪く、倫太郎が任されたマリンリゾート開発をつぶそうと画策している。

蓮田榮太郎/渡邊圭祐

蓮田トラスト・リゾート開発本部の社員。蓮田家の三男。ゆるい仕事ぶりから社員たちに嘆かれているが、実は東大卒で出来る男。根は真面目で優しい。二人の兄が仲良くなってほしいと願っている。

鶴川優作/藤森慎吾

蓮田トラスト・広報部社員。倫太郎の同級生で親友。公私にわたる良き相棒。蓮田トラスト社内では怖れられている倫太郎に唯一、ツッコミを入れることが出来る人物。倫太郎も鶴川の前では無邪気な笑顔を見せる。

山内可憐/筧美和子

蓮田トラスト・リゾート開発本部の社員。仕事が出来て、明るくおおらか。実は専務の光太郎にひそかに恋心を抱いている。

風間みどり/松熊つる松

蓮田トラスト・リゾート開発本部の社員。勤続年数20年を超えるベテラン。情報通で、社員を見守る頼れる存在。

蓮田太郎/鹿賀丈史

蓮田トラストの社長兼会長。三兄弟の父。社運をかけるマリンリゾート開発のために倫太郎をイギリスから呼び寄せた。

あらすじ

高級リゾートホテルを誘致するために、ホテルのCEO・デイヴィッド(小手伸也)を説得することになった倫太郎(綾野剛)。海音(石原さとみ)と共に、デイヴィッドのホテルへ向かう。

9か月前のこと

 9か月前のこと。大雨の日に鴨居室長(橋本じゅん)が、海岸沿いに車を走らせていた。すると一人の女性が岩場にペットボトルの握りしめ、倒れているのを発見。それが、海音だった。そのとき海音を助け、家に匿ってくれたのが鴨居だったのだ。あと三ヶ月しかここにはいられない海音。「がんばるのはいいが、体を大事にするんだよ」と言う鴨居の言葉の意味とは…。

ゆか
ゆか

やはり、海音は海のいきものなので、あまり陸地では無理ができないのかもしれません。
あと三ヶ月…。

スキューバの事故で

 倫太郎は、海の中の様子を確かめるためにスキューバダイビングをしていた。倫太郎には何か海での嫌な思い出があるようで…。そんなとき、岩にホースがひっかかり、危うく命を落とすところを海音に助けられた。倫太郎は海音にキスをされたことは覚えていないようだった。と、言うよりどうやって助けられたのかを一切覚えていない。
 海音が書庫で海中展望台の設計図を見ていると、倫太郎と鶴川(藤森慎吾)がやって来て、その話をしていたのだ。

ホテルの誘致

 蓮田トラストが進める海中展望台の近くに高級リゾートホテルの建設も計画されている。そのホテルを経営する会社のCEO・ディヴィッドと話を詰めるため、倫太郎と海音がホテルに呼ばれる。ディヴィッドは手ごたえがないわけではないが、なかなか首を縦に振ってくれないことに蓮田トラストは頭を痛めていた。
 ディヴィッドのホテルには、大きな水槽があって魚たちが気持ちよさそうに泳ぎ回っていた。ちょうど魚たちのご飯の時間になったので、ディヴィッドは水槽の中に入ってこちらに手を振っているのだが、海音はディヴィッドを怖がっている魚を見つけ…。

ゆか
ゆか

ディヴィッドを怖がっている魚がいるということは、ディヴィッドも本当は海を大切にしたいと覆っているわけではなさそうです。

光太郎の思惑

 海音を、蓮田トラストのアドバイザーとして雇ったのは光太郎(大谷亮平)だった。社長の蓮田太郎(鹿賀丈史)は、海音がホテル誘致など海中展望台の建設に役立ってくれると思っているようだったが、光太郎には他に思惑があるようだ。

 ディヴィッドに会った翌日、海音は光太郎に食事に誘われる。光太郎は、「レストランでは初めの一口がおいしい。たくさんオーダーして、あとは破棄してもらうと経済が回る」と言うが、海音は納得がいかない…。少し、光太郎に疑念を抱きだした海音。

ゆか
ゆか

穏やかな声で話す光太郎の言うことは、一瞬、正しいのかと勘違いしてしまいますが、食品廃棄が起こるのは決していいことではないはずですが…。海音も首を傾げています。

リゾート開発部との交流会

 芝浦海洋大学鴨居研究室に、突然、蓮田トラスト三兄弟の三男・榮太郎がやって来た。海音が蓮田トラストに出向することになって以来、蓮田三兄弟に興味津々の藍花(今田美桜)。榮太郎に研究室の戸棚を組み立てを手伝ってもらいながら、三兄弟の話を聞いていた。すると、榮太郎が「一度、交流会をしませんか?」という。

 後日、鴨居研究室にリゾート開発のメンバーを呼んで交流会が行われる。海音がディヴィッドのホテルに行って会った日だった。大量の食材の買い物を頼まれた海音は、倫太郎に手伝ってもらうことに。荷物を置いたら帰るという倫太郎にハマグリを勧める職員の手を振り切って、ハマグリが床に落ちてしまう。
 帰っていく倫太郎を追いかけた海音は「みんな、あんなに酔っぱらってると思ってなくて…ごめんなさい」と言うと「倫太郎も、ハマグリ、ごめん」という。不器用な倫太郎。 

海音の揺れる気持ち

 ディヴィッドが帰国することになり、フェアウェルパーティに蓮田トラストにも招待状が届いた。海音は、デイヴィッドのアイディアであるホテルと海中展望タワーを海中トンネルでつなぐと言う案に異議を申し立てた。それを聞いた倫太郎は「余計なことするなよ」と怒る。そのとき、突然の停電。

 海音はパーティで、デイヴィッドに海中トンネルを作ると、海の生き物が生きられなくなるという話をしたが、デイヴィッドは「私は海中展望タワーを絶対に作りたい」という。海のことを本当に考えている人なら、そんなことは言わないという海音。
 停電したエレベーターに乗っていた海音は、高いところが苦手で、震えていた。すると、倫太郎は自分のジャケットを着せかけてくれた。「どれが本当の倫太郎さんですか?優しいのか、冷たいのかわからないんです」
 そして、倫太郎は何度も言おうとした「助けてくれてありがとう」と、やっと海音に言えた。

ゆか
ゆか

海音ちゃん、倫太郎さんのことを好きになってしまいましたね。
人魚姫のお話なら、王子様が人魚姫を好きになってくれたらハッピーエンドなのですが、倫太郎さんの気持ちは…?

海はキャッシュ

 デイヴィッドは、倫太郎に「あなたにとって海とは何ですか?」と聞いた。倫太郎は「自分の人生を賭けて背負っていかなければならないものです」と答えると、デイヴィッドは「私にとっては、海はお金になる観光資源だ。キャッシュだ」と言う。失望した倫太郎の周囲では、ホテルの誘致が決まり、盛り上がっていた…。海音との約束が果たせなかった。

ドラマ「恋はDeepに」第2話の感想 

海岸

とうとう、海中展望タワーだけでなく海中トンネルの建設まで行われることになりました。

恋する海音

海音は、倫太郎に恋をしてしまったようです。

鴨居室長の家にいるウツボに見破られてしまいました。

停電したときの倫太郎の優しさに、海音の心は倫太郎に傾いてしまったようです。

倫太郎の「ツンデレ」具合、かなり女性の心を掴んでしまいそうですね。

しかし、海音はあと3か月しかここにいられません。

そして、次回は倫太郎に、昔から親しかった女性が現れそうです。

人魚姫のような結末にならなければいいのですが…。

もう一つの恋

藍花と榮太郎。

かなり距離が近づいてきました。

もしかしたら、三兄弟の仲では、榮太郎が一番わかりやすく素直な男性なのかもしれません。

いつも明るくて、優しくて、仕事も二人の兄たちのように覇権争いをしているわけでもなく…。

そして、榮太郎が鴨居研究室のアルバイトに入るかもしれないという話もあって、藍花と榮太郎の恋は順調に進んでいきそうです。

着々と進む海中展望台とホテル誘致

それにしても、ディヴィッドは喰えない男でしたね。

彼自身も、幼少期は貧乏で苦労したようで、両親が離婚する前に来たマリンリゾートがとても楽しかったので、それを作れるくらいのお金持ちになりたいという夢があったようですが…。

そして、一番好きなのはキャッシュってw



そして、倫太郎自身も母との悲しい思い出があるようです。

光太郎に「全部お前のせいだ」と言われ、「よく海に入れたな。俺は怖くてまだ入れないよ」と言われていました。

お母さんは、海で亡くなったのでしょうか。

それも、光太郎のとった何かの行動のせいで。

確かに、光太郎や榮太郎に比べて、倫太郎にはどこか影があります。

お母さんのために、海中展望タワーを作ってあげると約束していた子供の頃の倫太郎は、無邪気で明るい男の子でした。

そして、今は海音に出会い、海を壊すことにためらいを見せ始めています。



倫太郎の過去には一体、何があったのでしょうか。

ドラマ「恋はDeepに」第2話の感想 最後に

ドラマ「恋はDeepに」第2話の感想でした。

海音と倫太郎の恋が始まってしまいました。

あと3か月しか人間界にいられない海音。

今回は、冒頭に9か月前、鴨居室長に海音が保護されたシーンがありました。

やはり、海音は人魚だということが、今回はっきりしましたね。

まだ2話ですが、早く結末が知りたい!


以下の記事で、第1話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「恋はDeepに」第1話の感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA