ドラマ「ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~」第3話 ネタバレ感想とあらすじ|遊園地デートの極意

観覧車

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~」第3話の感想です。

今回は、初めてのデート指南。

瑠璃も亮も、可愛すぎます。

亮が二年間思い続けている女性とは…。

ドラマ「ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~」第3話の感想 はじめに

光の粒

登場人物

九条瑠璃/栗山千明
顔もスタイルもパーフェクトな電子コミックの編集部で働いている35歳の独身女性。部下からは慕われ、仕事も完璧。通称・瑠璃姫。その外見から恋愛経験も豊富だと思われている。しかし、本当の姿は…。

間宮亮/小関裕太

見た目も中身もパーフェクトな編集者。瑠璃を突然飲みに誘い、恋愛相談をする。瑠璃が飲み過ぎた翌日、目を覚ますと隣には亮の姿が!

九条惇太/草川拓弥

瑠璃の弟。週に1回、姉の部屋を掃除しに来ている。

あらすじ

眠れない瑠璃

 瑠璃(栗山千明)は、亮(小関裕太)と思わずキスしてしまったことが頭の中を支配してなかなか眠れない。しかし、朝起きて「あんなことは気にするほどのことはない」と自分に言い聞かせて出社する。いつものパーフェクトウーマンとして。

今週末デートしませんか?

 朝一で、亮から渡された資料。その中にポストイットで「今週末デートしませんか?」と書かれていた。瑠璃は、どこへ行こうか悩みに悩んでいた。すると弟の惇太(草川拓弥)が「あの男の本命の彼女が行きたがっているところにいけばいいんじゃない?」と言う。瑠璃はそれを亮に聞いてみた。「遊園地に行きたいと思っています」という返事で、デートは遊園地に決定。

ゆか
ゆか

私もジェットコースター苦手なので、遊園地デートあんまりしたことないですw
観覧車は大好きですけど。

遊園地デート

 さわやかな笑顔で、亮が待ち合わせ場所にやって来た。

  • デート指南その(1)
    彼女より先に来て待たせてはいけない。瑠璃は待ち合わせ時間の1時間前に来ていたので、亮の方が少し後に来たが待ち合わせ時間より早く来ているので合格。
  • デート指南その(2)
    彼女のことを迷わず褒める。亮は「いつもと雰囲気が違って素敵です」と言ってくれたので合格。

 今のところ、全て合格。デートでは、お化け屋敷、巨大迷路、観覧車が定番だという瑠璃。しかし、瑠璃は高所恐怖症なのだ。観覧車には乗れない。この遊園地に子供の頃来たときは観覧車なかったはずなのだが…。ブランコの乗り物やジェットコースターも苦手。これでは遊園地デートに来た意味がないと焦る瑠璃…。

瑠璃はお汁粉が好き

 ちょっと休憩しない?と言った瑠璃に、亮は缶の「お汁粉」を買って来てくれた。瑠璃は見た目と違い、お汁粉が好きなのだ。仕事で煮詰まっているときなど一気飲みしている。亮は「女性と甘いものの組み合わせっていいですね。可愛いです」と言う。そういう亮が可愛い。

手をつなぐタイミング

 次に亮は「手をつなぐタイミングっていつですか?」と聞く。瑠璃は勿論、よくわからない。しかし、このときっていうタイミングが来たら手をつなぐと亮に約束する。素直に「よろしくお願いします」と亮は言うのだが…。
 そして、ちょうど観覧車の前にやって来た二人。瑠璃は高いところが苦手だが、不甲斐ない一日を過ごさせたので、ここは一念発起。観覧車に乗ることにした。怖くて震えている瑠璃の手を、亮がそっとつなぐ。そして、観覧車の前から瑠璃を連れ去っていく。

 もう夕暮れが迫っていた。亮は「実は僕、高所恐怖症で観覧車が苦手なんです」と瑠璃の気持ちを思って言ってくれた。観覧車よりもっとスリルのある乗り物に興味を持っていた亮が観覧車が苦手なわけがない。「観覧車の中で起こることに期待しすぎて忘れてました」と言う。歩き出す二人。「無理させてすみませんでした」とすまなさそうに言う亮。優しい。

ゆか
ゆか

亮くん、優しいー。
こんなに優しくて気遣いが出来て、イケメン。恋愛指南の必要ある?
女子ほぼ全員、惚れてまうと思います。

初デートのプレゼント

 今日のデートの点数は85点。前回より点数が上がったと喜ぶ亮。別れ際、亮は「初めてのデート記念です」と言って、瑠璃にプレゼントを渡す。瑠璃が「それは本当に好きな彼女に…」と言いかけると「僕は、九条さんにもらってほしいんです」。

ゆか
ゆか

亮くんのプレゼント、ポンテヴェキオのピアスでしたね。
本気で好きな人以外に、こんなハイブランドのアクセサリー、プレゼントしないはず…。
亮くん、御曹司?w

 これは…。
 亮が2年間思い続けている彼女とは…。

ドラマ「ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~」第3話の感想 

一見、恋に百戦錬磨の大人の女性が、実は恋愛経験ほぼなしっていう設定も萌えますが、亮くんがいい!

優しすぎてとろけそう

初回で、亮くんが「相手から告白されてつきあって、相手から振られる」と言っていましたが、それは亮くん自身がその彼女のことを心から好きになったわけではないから。

亮くんが自分から好きになった相手。

今のところ、はっきり言って瑠璃だと思う。

そして、亮くんは、瑠璃があまり恋愛経験豊富ではないということもわかっているのではないかと思います。

今回のデートも、最初から最後まで亮くんが優しすぎて、TVの前でとろけそうでしたw

気づかないものか

瑠璃の恋愛情報は、全て少女漫画から得たものです。

そのため、間違ってはいないはずですが、相手の気持ちに気づくテクニックはないようです。

これ、どう考えても、亮くん、瑠璃さんのこと好きでしょw

瑠璃さんは、会社でもパーフェクトウーマンで通っているので、恋愛指南してもらっているようですが、ここまで来たら、そろそろ瑠璃さんも気づいてあげてほしいw

気づかないものなのかなぁ。

って、言いながら亮くんの好きな人、全然違ったら笑うんですけどw

今クールのラブコメ

2021年春ドラマは、ラブコメが多いですが、今のところキュン♡でリードしているのは、本作だと私は思っています。

まだ、春ドラマ、どのドラマも2~3話くらいですが、私が刺さっているのは本作です。

これから、恋愛指南と称して、二人の仲がドンドン近づいていくのが楽しみです。

こじらせている女子のみなさん。

深夜に一緒にキュン♡しましょう!

ドラマ「ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~」第3話の感想 最後に

ドラマ「ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~」第3話の感想でした。

今回はとろけました~w

いつも、カッコいい女性役が多い栗山千明さん、今回はこじらせまくった可愛い女性を演じています。

最終回まで、しっかり可愛い瑠璃を見届けたいです!


以下の記事で、第2話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってください。

【関連記事】

ドラマ「ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~」第2話の感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA