ドラマ「コントが始まる」第2話 ネタバレ感想とあらすじ|「マクベス」結成の秘密

ラーメン

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「コントが始まる」第2話の感想です。

今回は「マクベス」結成秘話が明かされます。

そして、本人たち以外は「マクベス」解散をよしとしていないようで…。

ドラマ「コントが始まる」第2話の感想 はじめに

やきとり

登場人物

高岩春斗/菅田将暉
お笑いトリオ「マクベス」のメンバー。ネタを書いている。高校の文化祭で潤平とコントをして真壁先生の褒められたことで、本格的にお笑い芸人を目指す。しかし、鳴かず飛ばずで10年やって売れなかったら辞めると誓った日が近づいている。売れないのは自分のネタのせいだと思っている。

朝吹瞬太/神木隆之介

お笑いトリオ「マクベス」のメンバー。小学生の頃からゲームが好きで、高校三年のとき「ぷよぷよ」の全国大会で優勝する。高校卒業後、プロゲーマーの道に進むが、ある日、春斗と潤平の前に現れ、「マクベス」に加入。もともと大人しい性格。趣味はスナック通い。主食はポップコーン。

美濃輪潤平/仲野太賀

お笑いトリオ「マクベス」のメンバー。高校時代、春斗に誘われお笑い芸人の道に入る。学校一の美女・奈津美に告白し、成功。それ以来、10年間つきあっている。両親との約束の10年が迫っていることと奈津美のことが心にのしかかっている。実家は酒屋。

中浜里穂子/有村架純

子供の頃から優秀で、誰もが知っている一流企業に入社。しかし、一年半前、自身を取り巻くある状況から会社を退職。連絡が取れなくて心配した妹・つむぎが来たときは瀕死の状態で入院。退院後、妹と暮らす。半年間無職だったが、近所のファミレスでバイトを始める。今は「マクベス」を応援することが心の支え。

恩田光代/明日海りお

里穂子が働くファミレスの店長。夢は女流麻雀士。週5で雀荘に通う。行きつけは潤平がバイトする雀荘「赤まむし」。

坂斉凛奈/米倉れいあ

里穂子が働くファミレスのアルバイト。明るい性格で、日々、里穂子やマクベスのメンバーを観察している。

下条良枝/松田ゆう姫

つむぎが働くスナックのママ。年上好きの瞬太が通っている。やる気があるのかないのかわからないタイプ。しかし、発する一言に深みがある。

中浜つむぎ/古川琴音

里穂子の妹。音信不通になった姉の様子を見に行くと、優等生だった姉を思わぬ姿で発見。それ以来、姉の世話をすると言う名目で共同生活を始める。目標も夢もない20代を過ごし、今も無為な人生を送る。

村主うらら/小野莉奈

つむぎと同じスナックで働く女性。あるミュージシャンを追っかけて東京に出てきたと言われている。

安藤友郎/伊武雅刀

瞬太がバイトする焼き鳥屋の店主。焼き鳥に関して謎のこだわりを持つ。マクベスを心から応援しているが、一言多い。

真壁権助/鈴木浩介

緑東高校の教師。春斗たちの担任だった。元落研で、先輩教師に無茶ぶりされて以来、厳しい先生にキャラを変更した。マクベス結成の理由になった人物。

岸倉奈津美/芳根京子
潤平の彼女。緑東高校一の美女と言われていた。現在は製薬会社の広報部に勤務している。

あらすじ

マネージャーの説得

 春斗(菅田将暉)は、マネージャーの楠木(中村倫也)に呼び出され、ライブで解散を発表後、初めて所属事務所を訪れる。楠木は、「俺は『マクベス』と二人三脚で頑張ってきたつもりなんだ。解散は撤回してもう一回やり直そう」と言う。しかし、一度「解散する」と言ってしまった春斗はもう引っ込みがつかない。楠木は「それ、SNSで話題になったか?解散するの止めますって言って文句言ってくるファンがいるのか?今、売れてるやつはもう限界だと一度思ってから、もう一踏ん張りしたやつばかりなんだ」と春斗を説得する。

ゆか
ゆか

マネージャー役で、中村倫也さん!前回の予告だけでSNSは大騒ぎでしたねw
冷めたような表情ですが、「マクベス」をもう一度奮起させようとする雰囲気に迫力ありました。

マクベスのはじまりは奈津美

 潤平(仲野太賀)は、高校時代、コントで文化祭に出ようと春斗に声を掛ける前に二人の生徒に声を掛けていた。方言がおもしろい生徒、そして瞬太(神木隆之介)だった。しかし、二人ともに断られたために春斗に声を掛けたようだ。と、言うより瞬太が俺より春斗をさそえばいいのにと言ったからだ。
 潤平が、文化祭でコントをしようと思ったのは、潤平が恋をしている奈津美(芳根京子)を笑わせたかったからだ。観客数は少なかったが、奈津美は来てくれていた。そして、笑ってくれていた。「おもしろかった。初めて潤平がカッコよく見えた」というメールまで来た。そのとき、お笑いコンビ「マクベス」を組もうと春斗に言われたのだ。奈津美のためにコントを始め、今は奈津美のために「マクベス」をやめようとしている…。

焼き鳥屋の主人に八つ当たり

 瞬太のバイト先の焼き鳥屋の大将・安藤友郎(伊武雅刀)は、「マクベス」が引退するのはもったいないと春斗に言う。しかし、友郎は瞬太を自分の店の正社員として雇いたいと言っている。春斗は「言ってることとやってることが違い過ぎる」怒りだす。友郎は「いつでも待ってるから、思い残すことがないように思い切り頑張れ」という意味で言ったようなのだが…。春斗は自分を責めていた。自分が瞬太を「マクベス」に誘ったからだ。大将に絡む春斗。瞬太は「飲み過ぎだ」と春斗を連れて、家に連れ帰る。

 一方、潤平は奈津美に「マクベス」が解散することを告げた。奈津美はてっきり別れ話だと思っていたようだ。そして「これ以上、奈津美に辛い思いさせるわけにもいかないから」と言うが、奈津美は「辛いなんて思ってないよ」と言う。

ゆか
ゆか

春斗は、かなり責任を感じているようですね。
二人の人生を自分がめちゃくちゃにしたのだと思っているようです。
誰かの善意の言葉も、全て責められているように感じているのです。

27歳までの人生

 ひょんなことから、潤平にコントをしようと誘われたのが、自分が三番目だったことを知った春斗は落ち込んでいた。機嫌も悪い。
 洗濯物を干していた里穂子(有村架純)は、ベランダ越しに、昨日、瞬太が遺書を書いていたことを春斗に話す。春斗はそれはコントの小道具だと言うが、コントで使うのは封筒だけ。里穂子は、瞬太がプロゲーマー時代、「27歳までに死ぬ」と言っていたことを思い出したのだ。

 潤平が家に帰って来た。春斗は「俺にコントやろうと声を掛ける前に他の奴に声を掛けてたらしいな」と言う。潤平はそれほどたいしたことではないと思っているようだが、春斗は10年間、潤平がそれを黙っていたことに深く傷ついていた。言い合いになる二人。潤平は捨て台詞のように「お前と組むんじゃなかったわ!」と言って飛び出して行く。

マクベスに入りたい

 その日は瞬太の誕生日だった。行きつけのスナック「アイビス」で、ママの良枝(松田ゆう姫)が瞬太のバースデーケーキを用意してくれていた。ろうそくの火を消すのをためらっている瞬太は何故か「消すと終わっちゃうでしょ」と言う。瞬太の父は27歳で亡くなり、好きだったミュージシャンや詩人も27歳で亡くなっていたのだ。

 瞬太が消えた。今、橋の上にいるという。「遺書」の中身を読んだ春斗は「死ぬなよ」と言って、瞬太を迎えに行く。里穂子は、妹のつむぎ(古川琴音)から瞬太が橋の方を散歩してから帰ると言っていたのを聞いて、家を飛び出して行く。瞬太はプロゲーマーをやめたとき「若い子には勝てない」と言っていたが、その日も実は大会で優勝していた。瞬太はゲームより「マクベス」に入りたかったのだ。

初めてのアドリブ

 今日は「マクベス」のライブの日だった。いつものように『屋上』のネタをやったが、潤平は瞬太にベランダを飛ぶとき、いつもより少し間をあけてくれと頼む。アドリブ禁止の「マクベス」だが、今日は特別だった。アドリブを嫌う潤平の精いっぱいの謝罪だったのだ。

 ライブ終わりに瞬太のバイト先の焼き鳥屋に行った。春斗は先日の無礼を大将に謝る。そこに里穂子・つむぎ姉妹がやって来る。瞬太が誘ったようだ。瞬太が初めて奈津美に告白した日のことで、大笑いする5人。春斗と潤平は仲直り出来たようだ。里穂子が、潤平さんのアドリブってどんなものだったんですか?と聞くがとぼける潤平。

 その日のアドリブ。妻役の潤平が夫役の春斗に「あなたを選んでよかったわ。本当よ」と言い、瞬太は「命を救っていただき、ありがとうございました」と春斗に言った。

ドラマ「コントが始まる」第2話の感想 

ブランコ

ドラマの最後がいつも舞台上のコントで終わるのが、すごくいいです。

冒頭も舞台から始まります。

責任感が強すぎて

春斗は、とても責任感が強い人です。

ずっと、自分が「マクベス」に誘わなければ、潤平も瞬太も素晴らしい未来があったのではないかと思っています。

しかし、今回、潤平も瞬太も春斗に誘われたことが、とてもうれしかったことがわかります。

潤平は恋する奈津美に、「初めて潤平をカッコいいと思った」と言われ、瞬太はゲームより「マクベス」加入の方に魅力を感じていたのです。

春斗は、まるで自分が無理やり二人を「マクベス」に入れたように考えていますが、本当はそうではないのです。

そうでなければ、10年も続くはずがありません。

春斗があまりにも責任を感じているので、こちらの気持ちまで痛くなります。



最後のアドリブで言ったセリフが、潤平と瞬太の本心なのだと思います。

そして、マネージャーの楠木さんも、奈津美も、もちろん中沢姉妹も、「マクベス」解散をとても残念に思っているようです。

親との約束もありますが、もう一度考え直してほしいなぁと思います。

おもしろい演出

本作は、場面の切り替わりがとてもユニークで、ドラマ自体がコントのような構成になっています。

例えば、瞬太がバースデーケーキのろうそくを消して暗転したあと、灯りがつくとそこは春斗たちの部屋だったり、ドラマの冒頭とラストがいつも「マクベス」のコントだったり。

こういう演出、大好きです。

ちょっと、ドラマと言うよりお芝居を観ているようです。



そして、笑える中にも、もがき苦しむ若者の気持ちが凝縮され、その気持ちが観ている側にとても伝わって来ます。

お笑いの世界も甘くはないと思いますが、思わず応援したくなる「マクベス」。

里穂子の気持ちがよくわかります。

三人の未来

とにかく、幸せになってほしいです。

売れることが必ずしも「幸せ」ではないかもしれません。

もちろん、このままの状態でずっと続けていくことは厳しいですが、何かブレイクのきっかけがあれば…。

実際の芸人さんたちも、いろいろ形を変えていくうちに売れたという例がたくさんあるようです。

頑張れ、マクベス!

ドラマ「コントが始まる」第2話の感想 最後に

ドラマ「コントが始まる」第2話の感想でした。

親との約束や恋人のことを思って、解散を決めた「マクベス」。

しかし、本当は絶対解散したくないのだと思います。

あと、二カ月で何か状況が変わってくれればいいのですが…。



以下の記事で、第1話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「コントが始まる」第1話の感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA