ドラマ「ドラゴン桜」第1話 ネタバレ感想|時代に負けるな。今こそ動け!

火を噴く龍

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「ドラゴン桜」第1話の感想です。

いよいよ始まりました。

今はスマホを当たり前のように使いこなす高校生たち。

今回は、主に水野が指導を行い、桜木が監修というスタイルで東大を目指します。

その前に、いろんな問題が桜木たちを追い詰めます…。

ドラマ「ドラゴン桜」第1話の感想 はじめに

登場人物

桜木建二/阿部寛
偏差値30の龍山高校から、多数の東大合格者を出し、学校再建を成し遂げた。職業は弁護士。

水野直美/長澤まさみ
龍山高校の卒業生。桜木の教え子。一浪後、東大合格し、弁護士に。桜木の経営する弁護士事務所に入った。

坂本智之/林遣都

龍山高校の水野の一つ後輩。東大では同級生。IT企業を立ち上げ、勉強アプリを開発。

米山圭太/佐野勇斗

桜木の元教え子。二浪後、東大合格。

高原浩之/及川光博

龍海高校教頭。生徒の教育を第一に考える教育熱心な教師。

龍野久美子/江口のりこ

龍海高校の理事長。「自由教育」を掲げる。そのため学力が低下し、学校経営危機に。

瀬戸輝/髙橋海人

龍海学園の生徒。偏差値28の学年最下位。学園近くのラーメン屋の息子。ラーメン屋は姉が一人で切り盛りする。将来の夢も希望もない。

早瀬菜緒/南沙良

龍海学園の生徒。幸せな家庭で育つが、今まで何かを努力したことがない。

岩崎楓/平手友梨奈

龍海学園の生徒。バドミントンは全国トップレベル。努力家で周囲からの期待も大きい。

天野晃一郎/加藤清史郎

龍海学園の生徒。優秀な弟といつも比べられてきた。家族を見返したい気持ちもあるが勇気が出ない。

藤井遼/鈴鹿央士

龍海学園の生徒。成績はトップクラス。そのため、人を見下すところがり、周囲から浮いている。

小杉麻里/志田彩良

龍海学園の生徒。文系トップクラスの成績。しかし、受験には興味がない。高校を卒業したら就職希望。

原健太/細田佳央太

龍海学園の生徒。問題を抱えているが、昆虫が大好きで心優しい性格。

あらすじ

学校再建は東大合格者を出すこと

 龍野学園は、偏差値30の高校で大学進学者も全体の3割。理事長の龍野久美子(江口のりこ)は、学校に「自由教育」という理念を掲げているため、学校再建に進学校化には反対だ。しかし、学校再建は龍野学園を進学校にするしかないと考えている教師も多い。次の理事会で多数決を取ることになった。
 教頭の高原(及川光博)は、ある秘策を講じていた。桜木建二(阿部寛)に学校再建を依頼するのだ。

ゆか
ゆか

及川光博さん、江口のりこさんなど、日曜劇場の常連俳優さんが出てくると「始まった!」という感じがしますね。前回の「ドラゴン桜」は未見なのですが、2も楽しみです。

 しかし、実は当の桜木建二は、現在行方不明。ある事件をさかいにして…。

IT企業の社長・坂本

 現在、IT企業の社長で桜木建二の教え子として、東大現役合格を果たした坂本智之(林遣都)が桜木の行方を探している。水野直美(長澤まさみ)の依頼だ。水野も桜木の教え子で東大に合格し、その後弁護士となり、桜木の事務所で勤務していた。
 二年間も行方不明の桜木を探すのは至難の業だと坂本は言う。「俺じゃなかったら」。坂本と水野は大学の同級生。坂本社長、かなり有能そう。

ゆか
ゆか

林遣都さん、いつもより髪が長めでウェーブがかかって、社長だけどラフな格好。
すごくIT関連企業のCEOの雰囲気が出てますね。いつも役作りが素晴らしい!
そして、やっぱり顔が良いw

桜木建二の行方

 その頃、桜木建二は、ひとり海辺で魚を釣っていた。すると、近くの釣り禁止区域で魚を釣っていた中年男性が近づいてきて桜木に嫌味を言う。その男性の釣った魚を海に投げ捨てたことで、警察に捕まった桜木のところに水野がやって来た。お金がなさそうな桜木に食事を奢る水野。さらに水野は桜木にスーツも用意した。そして、龍野学園再建の話をすると、桜木はやらないという。そして、水野がちょっと目を離した隙に桜木はまたどこかへ行ってしまう。

桜木の家まで押しかける

 水野は、桜木の自宅まで追いかける。桜木は水もガスも止められ、電気も止められた。家賃も滞納している。それを肩代わりするので、龍野学園再建のために力を貸してほしいと言う水野。桜木は家賃の滞納分を肩代わりし、体に合ったスーツを用意してくれと言って、引き受けることになった。

定例理事会

 龍野学園の定例理事会が始まった。理事会のメンバーは5人。龍野久美子の父は先代の理事長だ。先代と先代が連れて来たアドバイザーの男性は、桜木に再建を頼むことに賛成。久美子以外の二人はどうなるか…。二人は先代が理事長のとき、教師として龍野学園に採用されている。そのうちの一人、校長の奥田(山崎銀之丞)は、久美子に逆らえないようだったが、最終的には賛成に寝返る。
 これで、龍野学園再建を桜木と水野が携わることになった。

ゆか
ゆか

長澤まさみさんが、カッコいい!
もう、完全に日本を代表する大女優の一人ですね。

万引きを見られた

 龍野学園のバドミントン部のエース岩崎楓(平手友梨奈)は、ときどきストレス解消のために万引きをしている。それを同級生の瀬戸(髙橋海人)に見られ「もう、万引きなんてやめろ!」と言われる。しかし、もう一人、その万引きを見ていた人間がいた。桜木だ。

 一方、始業式が始まっていた。水野が挨拶をするが、ほとんどの生徒が聴いていない。「バカとブスこそ東大へ行け!」と決まり文句を言っても、知らん顔。
 次に、桜木が挨拶をする。「お前ら、東大なんか行くな。お前らにその価値はない。グズでのろま、無関心で根性なし。このまま社会に出れば、邪魔にされコケにされ、一生こき使われ、もがき続けて死んでいくんだ。それが嫌なら、手っ取り早いのは東大へ行くことだ」

ゆか
ゆか

平手友梨奈さんの目力!ちょっとここまで目力の強い女優さんいませんね。
もう、実績は残していますが、将来、楽しみです。

 全校集会が終わり、教室に戻ろうとしていた岩崎楓。突然、足がつって階段から落ちそうになる。楓は、全国トップレベルのバドミントン選手だ。多くの有名私大から推薦入学の声が上がっている。
 しかし、桜木は「あと数カ月後には、推薦入学を希望している大学からも見放される」と楓に告げる。楓は、朝、万引きしたのを見られたからかと思っているが…。

東大専科希望の生徒

 三年生を中心に東大専科というクラスが作られた。東大に合格できそうな生徒はたった二人。一人はもともと成績が良く、入試のトラブルから仕方なく龍野学園にきた生徒。もう一人は大学には行かず就職希望。一人の気が弱そうな生徒が東大専科の前をためらいながら行き来していたことに水野は気づかない。天野晃一郎(加藤清史郎)だ。
 そこに、二人の素行の悪そうな生徒がやって来て、東大に入れてくださいと頭を下げるが…。

 素行の悪そうな生徒・岩井と小橋は、金髪と茶髪で、その見た目から東大受験を本気にされないのだという。そして、二人は水野に丸坊主にしてくれと頼む。しかし、それは罠だった。動画に撮られ、SNSにアップされ、水野は問題教師扱いに。
 さらに、直接桜木に東大専科のことを質問に行った天野は埠頭から桜木に投げ落とされ、それもSNSにアップされていた。

 龍野理事長は、水野にあなたたちを雇っておけない言い、教頭は教頭で水野が岩井たちが謝罪した動画を何故かSNSにアップしていたのだ。教頭は桜木に弱みを握られているようだ。

ゆか
ゆか

教頭が弱みを握られているのが何なのかも気になりますが、やっぱりSNSって怖いです。
動画を切り取ってアップすると真実ではないことが証拠とされてしまいます。
しかし、岩井と小橋はなぜ水野を陥れるような動画をアップしたのでしょう。

岩井と小橋に依頼したのは

 岩井と小橋は、水野を陥れて一体何の得があるのか。これは、瀬戸が二人に頼んだことだった。おそらく万引きを見られた楓を守りたかったからだ。桜木を慕っているように見せかけ、裏では陥れようとしていたのだ。

米山圭太

 米山圭太(佐野勇斗)は、龍野学園の前に桜木が担当していた学校の生徒だ。この学校では8人が東大を受験し、7人が合格。米山だけが不合格だった。合格発表の日、米山が桜木の前に現れ、ナイフで自分の首を切った。止めようとした桜木も負傷。それを週刊誌やワイドショーが大きく取り上げ、桜木は行方不明になったのだ。

 米山はすぐに病院に運ばれたため、一命をとりとめた。そして、今は坂本の会社で働いている。米山は二浪したあと東大に合格していた。
 坂本が「桜木先生、復活するかもよ」と1人の社員に告げる。それは米山だった。
 「それは、奴をつぶすにはもってこいの展開ですね」と、米山は言った。

ゆか
ゆか

ええーーーー!!怖い、怖い!
米山くんは、どうして桜木先生を恨んでいるのでしょうか。
自分だけが東大落ちたから?しかし、それは自分の問題。さらに、坂本社長まで?!

ドラマ「ドラゴン桜」第1話の感想 

ラーメン

それにしても、初回から「ええーーーー!!」の連発でした。

これからどんな展開になるのか、楽しみすぎます!

日曜劇場万歳!w

やっと始まりましたね!

毎回、高視聴率でキャストの豪華な日曜劇場。

私は視聴率はあまり関係なく、おもしろいドラマはおもしろいと思うのですが、やっぱり日曜劇場は別格。

スカッとするところもありますが、ドキドキして恐怖を感じる部分もあります。

キャストの発表も少しづつで、林遣都さんなどは当日ドラマが始まって初めて知りました。

目撃情報等はあったようですが、突然画面に出てきたときはびっくりしました。

ラストシーンを観たら、かなり重要な役どころのようですし。

SNSでも大騒ぎでしたよねw

いろんな意味で難しい

高校生に「東大に合格させてやる!」と言ってしまうのは、いろんな意味で難しいことかもしれませんね。

高校生と言っても、大人でもないし完全に子供でもない年頃。

結局、受験は自己責任なんですけどね…。

もしかしたら、米山くんは他に何か恨みがあるのかもしれませんが、怖い…。

それに、彼の味方である(たぶん)坂本社長までが、桜木先生潰しに加担するとしたら手強いと思います。



さらに、一見、真面目でいい子そうな瀬戸くんも、おそらく楓のため(たぶんw)とは言え、桜木・水野コンビを陥れようとしているとは…。

今回の瀬戸くんを演じる髙橋海人くん。

「姉ちゃんの恋人」のときと目が全然違いますね。

和輝くんのときは、ふんわり可愛い子だったのに、ギラギラしたような目に圧倒されます。

髙橋海人くんも、これから楽しみな俳優さんですね。



人物相関図では、将来に夢も希望もないとされていますが、彼もきっと東大に行くのではないでしょうか。

根性ありそうですし。

本作の重要な役どころを担うことは間違いないですね。

東大専科の生徒たち

Twitterで、東大専科の生徒たちが全員集合というTweetがあったのですが、今のところ東大専科に入ることがわかっているのは、加藤清史郎くんだけ。

他の生徒たちは、どんな経緯で東大専科に入るのか、楽しみです。

階段で足がつった平手友梨奈ちゃん演じる楓は、おそらく足を故障していて、バドミントンを諦めることになるかも。

桜木先生はそれをいち早く気づいていたようです。

あと、既に秀才の藤井亮役の鈴鹿央士くんも、入るんですね。

次回からも、本当に楽しみです!

ドラマ「ドラゴン桜」第1話の感想 最後に

ドラマ「ドラゴン桜」第1話の感想でした。

やっぱり、期待通りおもしろかったです。

私は前のものは観ていないので、今から追っかけで観ていきたいと思います!

本当に来週も楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA