ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」第3話 ネタバレ感想とあらすじ|器が小さい男の恋

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」第3話の感想です。

大豆田とわ子の二番目の夫、佐藤鹿太郎は少し器の小さい男です。

悪い人ではなさそうですが…。

今回は、佐藤鹿太郎ターンです。

ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」第3話の感想 はじめに

赤いバラ

登場人物

大豆田とわ子/松たか子
しろくまハウジング社長。バツ3で子持ち。明るくお茶目でせっかち。

田中八作/松田龍平

とわ子の一番初めの元夫。レストラン「オペレッタ」のオーナー兼ギャルソン。唄の父親。優しい性格でモテる。

佐藤鹿太郎/角田晃広

とわ子の二番目の元夫。有名なファッションカメラマン。とわ子のことが今でも好きでたまらない。器が小さいと言われがち。

中村慎森/岡田将生

とわ子の三番目の元夫。とわ子の会社の顧問弁護士。エリートで理屈っぽく、口癖は「それ、いります?」

綿来かごめ/市川実日子

とわ子の親友。仕事が長続きしないが、自由に楽しく生きている女性。

松林カレン/高橋メアリージュン

しろくまハウジング営業部の責任者。とわ子を支える仕事のできる有能な部下。

六方仁/近藤芳正

とわ子の良きアドバイザー。

大豆田唄/豊嶋花

とわ子の最初の夫・八作との間に生まれた子供。常に冷静な中学三年生。

大豆田旺介/岩松了

とわ子の父。元参議院議員。このところ落選続きで現在無職。癖が強いがとわ子をあたたかく見守る。

あらすじ

器が小さい佐藤鹿太郎

 大豆田とわ子(松たか子)の二番目の夫・佐藤鹿太郎(角田晃広)は、自分のおごりで後輩を食事に連れて行くと自分がお金を出していることを強調したり…。八作(松田龍平)の店では慎森(岡田将生)とのムール貝やオリーブの取り合いをしたり、かなり器の小さ目な男ですが、どんな経緯でとわ子を射止めたのか。

会社での揉め事

 とわ子は、自分が社長には向いていないと本気で思っている。今回、若手の有望株である登火(神尾楓珠)の設計が賞を獲った。お祝いする社員たち。とわ子も素晴らしい設計だと思っているが、実際に建設するとなるとかなりの予算オーバー。それを設計の責任者から登火くんに説明してもらうことなり、納得できない登火くんは会社を辞めてしまう。

 しかし、登火くんは、会社が嫌いなわけでもとわ子を信頼していないわけではない。とわ子のことは尊敬していて、会社を辞めてもいつかいっしょに仕事をしたいと思っている。登火くんは、前から誘われていたシンガポールに行くことになった。

ダンス教室で恋をして

 とわ子と鹿太郎が出会ったのは、社交ダンスの教室だった。その頃、鹿太郎はファッション誌のカメラマンではなく、芸能人らのスキャンダルを追うカメラマンだった。社交ダンス教室に来たのも、ある人物の不倫スキャンダルの写真を撮るためだった。その人物はいなかったが、ここでとわ子に巡り合う。とわ子にもファッションカメラマンだと嘘をついていたので、一から勉強し直し、今では本当にファッションカメラマンになれた。
 レッスンではとわ子とペアを組んで練習していた。次の発表会には二人で出ることに。しかし、発表会は台風で中止。その日、鹿太郎はとわ子にプロポーズした。

 突然、とわ子をお姫様抱っこした鹿太郎にとわ子は「私、重いでしょ?」と言う。
「花束を抱えているようです」と言う鹿太郎。

ゆか
ゆか

「花束を抱えているようです」なんて、素敵な言葉。
鹿太郎、やりますね。

 ダンスの衣装を着たとわ子を写真で撮る鹿太郎。その写真は今もオフィスに飾ってある。

新しい恋

 鹿太郎は、新しい恋の相手・女優の美怜(瀧内久美)の家にいた。ベッドの下に落としたイヤリングをとってほしいと言われたのだ。このイヤリングには美怜と母の悲しい思い出があった。昔、このイヤリングを美怜が子供の頃にも失くしてしまったことがあったようだ。そのあと、母が父と離婚すると聞かされ、母は姉だけを連れて家を出ると言う。美怜はイヤリングを失くしたから自分は置いて行かれるのだと思った。

 鹿太郎は家に帰って、美怜の出演する映画のDVを観た。その映画の中に、先ほど聞いた母とのエピソードと一字一句違わない場面が出てきた。さっきの話は美怜の嘘だった。美怜の目的は他にあったのだ。

 美怜には恋人がいた。その恋人は既婚者で鹿太郎そっくりだった。美怜はパパラッチされ、鹿太郎にその恋人の影武者になってほしいといわれるのだが…。

ゆか
ゆか

さすが、女優。涙ぐみながらその話をしていました。
しかし、ずる賢いにもほどがある。料理作らせたり、掃除させたり…全私が許さないw

器は小さく

 とわ子は、自分が社長であることに悩んでいた。向いていないと。夜、一人でオフィスにいたとわ子。鹿太郎が花束を抱えてやってくる。「君に似合う花だと思って」
 鹿太郎は、「辛いときは愚痴っていい。器が小さかろうといいんだよ。一人で抱えることはない。愚痴ぐらいこぼさなきゃやってらんない」

 とわ子と鹿太郎は、オフィスでダンスを踊り始める。

親友の恋人

 八作(松田龍平)の親友・俊朗(岡田義徳)が突然、家にやって来た。最近恋人の早良(石橋静河)の様子がおかしいと言う。電話にも出なかったり、会うこともできない。他に男が出来たのではないかと言う。八作は「そんなことないんじゃない」と言うが、八作の家のキッチンに開き戸から早良がのぞいていた。
 とにかく、八作はモテ体質で、女性の方から言い寄られることが多い。今回は親友の彼女。八作は何度も断るが、早良は猛プッシュしてくるのだ。

翼の嘘

 慎森(岡田将生)に嘘をついていた翼(石橋菜津美)。慎森は、少し気付いていた。パワハラをしていた上司の名前をわざと間違えて聞いたら、翼は訂正しなかった。
「君、僕に嘘ついてない?」
 翼の正体とは?

ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」第3話の感想 

会議室

今回は、二番目の夫・鹿太郎のターンでした。

見かけによらずw、鹿太郎との出会いは、とてもロマンティックな出会いでした。

社長としてのとわ子

とわ子は、前社長から社長に指名されました。

本当は、図面を引いているときが一番幸せだったとわ子だが、今は経営の最前線にいます。

社長が変わってから、予算のことが第一になったと登火くんにも思われているようだが、前社長のときとは時代が違うのです。

しろくまハウジングは、斬新なデザインで名を上げ、大きくなった会社。

新入社員も、大手ではないが、そこに引かれて入社した人間も多いのです。

しかし、とわ子はとても魅力ある人柄です。

偉そうではないし、設計部と営業部の橋渡し役として力を尽くしているのです。

やや煮詰まり気味のとわ子に、鹿太郎は器が小さいと言われてもいいから、愚痴りたいときは愚痴ればいいと言ってくれます。

鹿太郎さん、今もとわ子のことが好きなんですね。

女優・美怜

一方、新しい恋が始まったと思っていた鹿太郎ですが、美怜は一枚上手でしたね。うまく鹿太郎に雑用をやらせて、さらに自分の本当の恋人の影武者になってもらおうとか…。

鹿太郎、人が良すぎて不憫すぎる。

美怜は、自分が有名女優で美人なことをわかっているから、鹿太郎に会ったときから、使ってやろうと思っていたんでしょうね。

こういう、人の心を弄ぶことを何とも思っていない人って、何様なんだろうと思います。

ラブコメだからと言って、これは笑えない。嫌な女。

早良からの猛アプローチ

八作は、男女関わらず、誰にでも優しい人。

そりゃあ、モテますよね。

早良は、初めて一人でお店に来たときから八作を好きになったのかも。

顔自体は慎森の方がイケメンなのかもしれませんが、慎森のような「ウザさ」が全くない八作。

そして、とわ子に対してもすごく優しいし、女性を大切にするタイプで何よりガツガツしてないところがいい。

しかし、早良は親友の恋人です。

好きになられては一番迷惑な相手。

八作自身は、早良を遠ざけることが出来るのでしょうか。

大切な幼馴染で親友を裏切るわけにはいかないはず。

それにしても、自分の恋人の親友に言い寄れる女性も、大概、嫌な女。

ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」第3話の感想 最後に

ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」第3話の感想でした。

元夫たちの新しい恋の相手は、みんな嫌な女ばかりですね。

とわ子に未練が残るのもわかる気がします。

これから、元夫たちの新しい恋はどんな方向に向かっていくのでしょうか。




以下の記事で、第2話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」第2話の感想

1~3話を見逃した方は、FODプレミアムで観られます!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA