ドラマ「リコカツ」第3話 ネタバレ感想とあらすじ|箱根に新婚旅行

温泉旅館

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「リコカツ」第3話の感想です。

今回も感動的なシーンも多かったのに、紘一がおもしろすぎました。

「リコカツ」どんどん面白くなってきました!

ドラマ「リコカツ」第3話の感想 はじめに

登場人物

緒原(水口)咲/北川景子
泉潮社のファッション誌「marie claire mode」の編集部員。子供の頃から真面目で努力家。容姿が美しいことで、そればかり評価される。実力や努力を認められることが少ない。5年付き合った貴也と別れたばかりの頃、紘一と出会う。おしゃれやインテリアにはこだわりがある。仕事はバリバリできるが、家事は苦手。

緒原紘一/永山瑛太

航空自衛隊航空救難団で働く。自衛官一族の中で育った。封建的な家庭環境が当然だと思っている。自衛隊での評価は高い。部下からの信頼も厚く、質実剛健。基本、服装はいつも同じ。咲からはダメ出しを出されている。真面目で純粋。

水口武史/佐野史郎

咲の父親。大手広告代理店「電博堂」を半年前に定年退職。しかし、今も「電博堂」の名刺を持っている。クリエイター的な素振りをするが、「電博堂」では経理を担当。浮気性。ゴルフ教室で出会った若い女性と不倫中。

水口美土里/三石琴乃

咲の母親。『奇跡の美魔女・水口美土里』の著者。インフルエンサーの人気の美魔女モデル。自由奔放そうに見えるが、実は家族には言えない秘密を抱えている。

緒原正/酒向芳

紘一の父親。代々自衛官一家で育った。正自身も元自衛官。現在は定年退官している。紘一が結婚してからは妻・薫と二人暮らしになった。家事は一切できない。妻は夫に従うべしという価値観を持つ。

緒原薫/宮崎美子

紘一の母親。専業主婦。家事一切を完璧にこなす主婦の鑑。しっかり者で正にとって文句なしの妻。紘一にとっては理想の母親。しかし、父と息子のために長年人生を捧げてきたが、現在「リコカツ」中。

鹿浜楓/平岩紙

咲とは仲が良い姉。小学2年生の娘を持つ主婦。夫との関係は良好のように見えて、ある秘密を抱えていている。真面目な咲に対して、おおらかで自由。

青山貴也/高橋光臣

有能な弁護士で咲の元彼。結婚は考えられないという独身主義者。女性の扱いはパーフェクト。

中谷ユミ/武田玲奈

咲と同じ編集部に勤める編集部員。咲に敵対心を露にする。

三本木なつみ/大野いと
咲と同じ編集部に勤める編集部員。咲の良き相談相手。咲は貴也と結婚すべきだったとひそかに思っている。

あらすじ

母の居場所を見つけた

 インスタを見ていた咲(北川景子)が、紘一(永山瑛太)の母・薫(宮崎美子)の姿を見つけた。高級温泉旅館陣屋のインスタで、薫は仲居として働いているようだ。紘一は父の正(酒向芳)に、迎えに行くよう伝えるが「男の沽券にかかわる」と言って迎えに行かないというのだ。
 咲と紘一は、新婚旅行も兼ねて薫を迎えに行くことになった。なんだかんだで、紘一と咲は、箱根旅行を楽しみにしているようだ。ガイドブックを買って観光地を調べる紘一の喜びが伝わって来る。
 そして、こちらも離婚寸前の咲の母・美土里(三石琴乃)が、咲たちの新居に転がり込んできている。

ゆか
ゆか

正さんの態度見てると、帰りたくないだろうなと思う。
めちゃくちゃ現実逃避してるし。その自信は一体どこからくるんでしょうか。

スポーツジムにて

 紘一は今日もジムで体を鍛えている。咲の元彼とは知らず青山貴也(高橋光臣)と徐々に親しくなっていく紘一。貴也は独身主義者だ。紘一は、初めて付き合った人と結婚しようと決めていたと言うと、貴也は驚く。貴也は4カ月前に別れた彼女(咲)を止めればよかったと後悔しているようだ。

文芸部への異動

 咲にファッション誌から文芸部へ異動の辞令がでた。ショックを受ける咲。先日のラルフ・ローレンの連載は他の編集者に決まったようだ。紘一に話を聞いてほしかったようだが、隊の壮行会(箱根旅行の前祝い)があって酔いつぶれて帰って来た紘一は、廊下で寝てしまった。
 しかし、翌日は元気いっぱいの紘一。

働く母の姿

 陣屋の常連客である紘一の上司・重森(菅原卓磨)からのサプライズプレゼント三連発のあと、咲と紘一は薫が生き生きと接客する姿を見つける。外国人の宿泊客とも片言の英語で話している。

 夕食を咲と紘一に運んできたのは薫だった。他の宿泊客と同じように料理の説明をする薫に、紘一は「母さん、家に戻ってください」と言う。しかし、他の仲居がビールを運んできて話は中断。
 食事の後、咲と紘一は薫の話をする。薫は満点の母親だったが、紘一は母さんはそれも全てリセットしたかった過去なんだと言う。咲は「それは違う。人の心は矛盾していて今の人生も幸せだけどもう一つの人生はどうだろうって考えてしまうものよ」と紘一を慰める。紘一は「離婚するのにどうして慰めてくれるんだ?」と聞く。咲は「そうだね…。私たちは今、雨宿りしてるの。雨が止んだら別々に歩き出す」

ゆか
ゆか

咲は、小学生の頃、雨が降っても母が迎えに来てくれなかったことに
とても傷ついているようですね…。
お母さんはお母さんのことで忙しかったからと。

もう一度母と話す

 チェックアウトして旅館をあとにするとき、咲は「このままでいいの?」と紘一に問いかける。紘一は旅館に戻って母を探す。戻れとは言わないから話を聞かせてほしいと。
 薫は、一人で生きていくと決めたから、そのけじめをつけたかったという。今は緒原さんの奥さんでも紘一くんのお母さんでもなく、「薫さん」と呼ばれることが新鮮でうれしい。今とても楽しいという薫。紘一は「納得はいきません。でも、今の母さんはいい顔をしている。体に気をつけて、がんばって」

 東京に帰って、正に報告する。正は紘一が連れ戻してくれると期待していた。しかし、紘一は「母さんは戻りません。私は今の母さんの生き方を認めてあげたい」と言うが、正は紘一を責める。「笑止千万。お前が説得しないからだ。男のメンツが立たん。帰れ!」とどうしても認めるつもりはないようだ。

ゆか
ゆか

薫さん、正さんを一切憎んでおらず、優しいところもあるのよと言ってるからこそ、二度と戻ることはないんだろうなと思います。

私まだあなたの妻だから

 咲は、義父さんに言い過ぎたと紘一に謝る。咲は、紘一が責められているのを黙って見ていられなかったのだ。「だって、私、まだあなたの妻だから」
 前を歩く咲を、紘一は思いきり抱きしめた。

ドラマ「リコカツ」第3話の感想 

手をつなぐ夫婦

いちいちおもしろい紘一

今回も、紘一がおもしろすぎました。

咲と同じベッドで眠った日、何故かバレリーナみたいにつま先ピーンってなってるしw

さらに、スポーツジムのサウナでの親指!www

さまざまな場面で繰り出される作り笑顔。

それに、酔うと鼻が豚鼻になってしまうのも、意味がわからんw



もう、紘一が真顔でいちいちおもしろすぎるw

運命の人

薫に話をしにいって、咲は紘一がなぜ自分と結婚しようと思ったのかをやっと知ることが出来ました。

雪山で咲が遭難したとき、紘一が助けに来ると咲が泣きそうになるのを耐えていたのに、自分のことを見て笑顔を見せてくれました。

「自分は、この人を助けるためにこの仕事に就いたんだと思った」と薫に言ったようです。

感動…(*T_T*)

紘一は、咲が自分の運命の人だと思ったのです。

普段は任務の話を一切しない紘一が、初めて母に仕事の話をしたのが、咲を救出した話。

シャイな紘一は、そのことを咲に告げることが出来ずにいたことも、すごく素敵だと思います。

唱和の男っぽい。

それでも、やっぱり二人は離婚してしまうのでしょうか。

貴也が母の離婚弁護士

楽しかった箱根旅行から帰って来た咲と紘一。

そこに待っていたのは、貴也だった!

スポーツジムで顔見知りの貴也と紘一。それを知らない咲。咲が貴也の元カノだと知らない紘一。紘一の妻が咲だと知らない貴也。

しかし、貴也は二人の姿を見て、全てを一瞬にして悟ってしまいます。

どうも、貴也は咲の母の美土里の離婚を担当する弁護士のようです。



また、話がややこしくなってきましたw

次回から恋愛小説家の白洲迅くんも出演し、咲は文芸部へ異動します。

ただ、咲と紘一の心の絆は少しづつ強くなりつつあります。

貴也が現れたからと言って、咲の気持ちは変わらないはずです。

ドラマ「リコカツ」第3話の感想 最後に

ドラマ「リコカツ」第3話の感想でした。

今回の箱根旅行が、咲と紘一の心の距離をグッと近づけてくれました。

薫さん、いいところで「運命の人」の話をしてくれましたね。

だんだん面白くなってきた「リコカツ」。次回も楽しみです!


以下の記事で、第2話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「リコカツ」第2話の感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA