ドラマ「コタローは1人暮らし」第2話 ネタバレ感想|コタロー幼稚園に行く

刀

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「コタローは1人暮らし」第2話の感想です。

5歳のコタローがアパートに引っ越してきて以来、住人たちはコタローが気になって仕方ありません。

健気に一人で生活するコタロー。ちょっぴり強がりも言うけれど、子供らしいところもあります。

ドラマ「コタローは1人暮らし」第2話の感想 はじめに

登場人物

狩野進/横山裕
「アパートの清水」住人。漫画賞を一度とったきり、鳴かず飛ばずの売れない漫画家。隣に越して来た5歳児のコータローを始めは面倒に思っていたが、次第に幼稚園の送り迎えなど世話を焼くように。

さとうコタロー/川原瑛都

「アパートの清水」住人。子供禁止のアパートだが、家賃がもらえるならいいよと言われ、一人で引っ越して来た。訳ありの幼児。大好きなアニメ「とのさまん」の真似をしてしゃべり方が殿様言葉。

田丸勇/生瀬勝久

一見、ガラが悪そうに見えるが、子供が大好き。コタローを「コタローきゅん」と呼んで可愛がる。離婚した妻の元にいる息子に会わせてもらえず寂しい思いをしている。

秋友美月/山本舞香

「アパートの清水」の住人。キャバ嬢。彼氏はヒモ。お菓子作りが得意。源氏名は「ミキ」。

清水のじーさん・ばーさん/イッセー尾形

「アパートの清水」大家さん。能天気なおじいちゃんと心配性なおばあちゃん。

福野一平/大倉孝二

出版社「小学社」の狩野の担当編集者。狩野には厳しいが、物語の構成力はかっている。コタローと狩野を影ながら見守る。

小林綾乃/百田夏菜子

鈴野法律事務所の弁護士で、マジメで優秀。所長に言われて、週に1度コタローにお金を届けている。“優しい人からの寄付”ということになっている。お金を寄付してくれる優しい人の代わりに、コタローから手厚いおもてなしを受ける。しかし、実は子どもが苦手。

鈴野牧男/光石研

コタローと綾乃をあたたかく見守る鈴野法律事務所の所長。

花輪景介/西畑大吾

「幼稚園の清水」の新任教諭。過去のある経験から子供に寄り添いたいと常に思っている。

岡朝子/峯村リエ

「幼稚園の清水」の主任教諭。新任の花輪をあたたかくも厳しく見守る。ダンス好き。

二葉透子/出口夏希

「幼稚園の清水」の教諭。子供たちが歌うときはピアノを担当。優しくて明るい先生。

とのさまん(声)/滝藤賢一

コタローが大好きな漫画「とのさまん」主人公。狩野はあまりおもしろくないという。

あらすじ

 コタロー(川原瑛都)に会いに、弁護士の小林綾乃(百田夏菜子)が「アパートの清水」にやって来たが、ちょうどゴミ出しに行っていたコタローに会うことが出来なかった。綾乃は、もっと弁護士らしい仕事をしたいと言うが、所長の鈴野(光石研)は、立派にやり遂げてくれと言う。
 
 一方、コタローは掃除中に転んでしまい、膝を怪我した。絆創膏を大量に貼ったのを狩野(横山裕)に見せに来た。褒めてほしいようだ。そのとき、狩野もちょうどぎっくり腰になってしまい、コタローにシップを貼ってもらっていた。そのお礼に狩野は膝の絆創膏に「とのさまん」の絵を描いた。コタローは少し笑った。

 コタローの家のチャイムを何度も鳴らす男がいた。102号室の田丸(生瀬勝久)だった。息子に買ったとのさまんのぬいぐるみをコタローにプレゼントしたいと言うのだが、嘘のプレゼントなどいらないとコタローに言われる。田丸は見た目からは想像できないが、子供が大好きなのだ。コタローのことも「コタローきゅん」と呼ぶ。

 翌日からコタローは幼稚園に通うことになった。しかし、送り迎えはない。狩野にどこへ行くんだと聞かれても答えず、一人で幼稚園に向かう。「幼稚園の清水」の新任教諭・花輪先生(西畑大吾)は戸惑うが、主任の岡先生(峰村リエ)は園長から聞いていると、バッジをコタローに渡す。

 コタローが幼稚園に行ったと知った狩野は、コタローを迎えに行くことに。コタローのためにドーナツを作った美月と田丸も一緒についてきた。バッジが上手くつけられないから誰かちゃんとつけてくれというコタローの可愛さに三人は笑ってしまうのだった。

ドラマ「コタローは1人暮らし」第2話の感想 

幼稚園

コタローを幼稚園に行かせたのは誰?

今日から幼稚園に通うことになったコタロー。

この手続きは、一体誰がしているのでしょうか。

一人で家にいるより、コタローにとっても良いことですが、いろいろと謎が多いです。

ときどき、コタローの思い出の中に出てくる、優しい母親のような存在。

彼女は今、どこでどうしているのかも気になるところです。

そして、何より5歳児を一人暮らしさせる理由とは?

コタローの生活費は誰が?

今回は、会えませんでしたが、弁護士を通じて生活費を手にしているコタロー。

あしながおじさんみたいな親切な人が届けてくれると弁護士の綾乃は言いますが、コタロー自身も誰がお金をくれるのかを知らないようです。

こんな危険で特殊な環境、なかなかないです…。

アパートの清水の住人たち

狩野を始め、美月も田丸も、コタローを守ろうとしてくれます。

あんなに健気に頑張っている姿を見ると、誰もが世話を焼きたくなりますが、コタロー自身は自分から住民たちに頼ろうとはしません。

コタローが「アパートの清水」の住人たちに言う言葉の中に、ちらちらと彼が育ってきた環境がわかる言葉を発します。

田丸がプレゼントしようとした大好きな「とのさまん」のぬいぐるみも、嘘のプレゼントはいらぬと言ったり…。

5歳にして、いろんな辛い経験をしてきたのかもしれませんね。



苦情を言ったりする人もなく、いい人ばかりの「アパートの清水」。

謎は深まるばかりですが、思わずコタローを応援したくなります。

ドラマ「コタローは1人暮らし」第2話の感想 最後に

ドラマ「コタローは1人暮らし」第2話の感想でした。

いろいろ謎は多いですが、コタローの真実を知りたくなるドラマ。

どうしてこんなに強い子なのか。

次回も楽しみです!




以下の記事で、第1話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってください。

【関連記事】

ドラマ「コタローは1人暮らし」第1話の感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA