ドラマ「ドラゴン桜」第2話 ネタバレ感想 主演・阿部寛|お前の道はお前が決めろ!

火を噴く龍

こんばんは。

はるき ゆかです。



ドラマ「ドラゴン桜」第2話の感想です。

今回は平手友梨奈さん演じる楓のターンです。

潔くて、カッコいい楓を熱く演じています。

ドラマ「ドラゴン桜」第2話の感想 はじめに

バドミントン

登場人物

桜木建二/阿部寛
偏差値30の龍山高校から、多数の東大合格者を出し、学校再建を成し遂げた。職業は弁護士。

水野直美/長澤まさみ
龍山高校の卒業生。桜木の教え子。一浪後、東大合格し、弁護士に。桜木の経営する弁護士事務所に入った。

坂本智之/林遣都

龍山高校の水野の一つ後輩。東大では同級生。IT企業を立ち上げ、勉強アプリを開発。

米山圭太/佐野勇斗

桜木の元教え子。二浪後、東大合格。

高原浩之/及川光博

龍海高校教頭。生徒の教育を第一に考える教育熱心な教師。

龍野久美子/江口のりこ

龍海高校の理事長。「自由教育」を掲げる。そのため学力が低下し、学校経営危機に。

瀬戸輝/髙橋海人

龍海学園の生徒。偏差値28の学年最下位。学園近くのラーメン屋の息子。ラーメン屋は姉が一人で切り盛りする。将来の夢も希望もない。

早瀬菜緒/南沙良

龍海学園の生徒。幸せな家庭で育つが、今まで何かを努力したことがない。

岩崎楓/平手友梨奈

龍海学園の生徒。バドミントンは全国トップレベル。努力家で周囲からの期待も大きい。

天野晃一郎/加藤清史郎

龍海学園の生徒。優秀な弟といつも比べられてきた。家族を見返したい気持ちもあるが勇気が出ない。

藤井遼/鈴鹿央士

龍海学園の生徒。成績はトップクラス。そのため、人を見下すところがり、周囲から浮いている。

小杉麻里/志田彩良

龍海学園の生徒。文系トップクラスの成績。しかし、受験には興味がない。高校を卒業したら就職希望。

原健太/細田佳央太

龍海学園の生徒。問題を抱えているが、昆虫が大好きで心優しい性格。

あらすじ

校長の弱み

 奥田校長(山崎銀之丞)がゴリマッチョな男性と腕を組んで街を歩いている姿が、桜木(阿部寛)によって写真に撮られてしまった。校長はゲイだ。それを隠したかった校長は、桜木に「おこづかい」を渡してしまった。問題はゲイだということではなく、金銭の授受があったことだ。それを隠すために、校長は理事長を裏切って東大専科設置に賛成したのだ。
 龍野理事長(江口のりこ)は「LGBTは、今や当たり前のこと。多様性の時代よ。それを生徒に教えるのが私たちの仕事!」

ゆか
ゆか

理事長は東大卒だそうです。父に無理やり東大に行かされた過去があるので東大専科設置に反対しているようですね。本当は、教育者として立派な人なのだと思います。

楓の万引き

 楓(平手友梨奈)のロッカーに、「万引き女」と書かれた紙が貼られていた。その紙を持って桜木の元に向かう楓。「こんなことして、何がしたいの?コンビニの監視カメラ映像まで手に入れて」
 桜木は「お前、今度の大会どうする?」「もちろん、出るわ。青南大の推薦がかかってるの」「お前じゃ無理だ」。桜木は楓の人生を壊そうとしているのだろうか…。

強豪校との対決

 バドミントンの県内第2位の選手がいる強豪校との対決が、今回の大会の決め手となる。その選手たちと戦うのは県内第1位の楓と利恵(吉田美月喜)だ。練習はさらに厳しくなる。特に実力ナンバーワンの楓は、コーチも厳しい。
 翌日、楓のロッカーには、またあの張り紙が貼られていた。バドミントンを辞めろと書かれている。

 桜木と水野(長澤まさみ)は、今日も瀬戸輝(髙橋海人)の実家のお店で食事をしている。料理を運んできたのも瀬戸だった。瀬戸はコンビニの映像のことを桜木にどうするつもりなのか聞くが「さあな」としか答えない。「もうそろそろ学校来いって、小橋と岩井に言っておいてくれ」と言う。桜木は二人の坊主になった動画の編集をしたのが瀬戸だと見破っていた。

ボヤ騒ぎ

 食事をしている桜木と水野の元に学校から連絡が入る。東大専科の教室の桜木のテントが丸焼けだった。原因は煙草の火の不始末。桜木は「消したつもりが消えてなかったんだろうな」と言って、自分の非を認めた。しかし、さっきまで桜木と水野は瀬戸の店で食事をしていたのだが…。桜木には犯人の目星がついているようだった。

 翌日、瀬戸がライターを手に持っていた。楓が来るとポケットにしまう。放火犯は瀬戸なのか。その頃、教頭(及川光博)が防犯カメラの映像を確認していた。そこには、ある二人の生徒の姿が映っていた。瀬戸と楓だった。瀬戸がライターを海に投げ捨てようとしているところに水野がやって来る。
 水野は瀬戸に「火事の日、出前の途中でサイレンが聞こえたから学校に来たって言ってたけど、火事になる前にあなたは学校に来ている。なぜ?」「それはさすがに傷つきますよ。俺のこと疑ってるじゃないですか」と瀬戸が言うと水野は「じゃあ、いいわ」と去っていく。「監視カメラにはもう一人の生徒が映っていたの。その人に聞いてみる」

 瀬戸が自分が放火したと自首してきた。桜木先生に注意されて、むしゃくしゃしてと。

大会当日

 大会当日、楓たちが会場に入ると「よく堂々と来れたね」と口々に言う他校の選手たち。またあの「万引き女」の張り紙が、女子トイレに何枚も貼られていたのだ。悔しそうに剥ぎ取る楓。
 試合が始まった。会場には青南大学のコーチを始め、有名大学のコーチが大勢来ていた。

 楓と利恵は着実に勝ち進み、最大のライバルである君津西高との対戦が始まる。楓の活躍で順調に進んでいた試合中、楓と利恵がぶつかり、楓の右膝がつってしまう。一旦痛みは治まり、試合が再開。しかし、楓はまた痛みで倒れてしまう。試合は劣勢に。龍野学園のコーチは、棄権すると審判に申し出る。その方が、試合に負けるより印象がいいというのだが…。

楓の両親

 楓の両親(駿河太郎・馬渕英利可)は、二人ともバドミントン選手だった。それも、オリンピックには届かなかったが様々な大会で優勝するほどの実力者。娘の楓に大きな期待を寄せている。食事、体調管理も完璧だ。楓もそれに答えるために必死だった。

 今回の大会にももちろん、応援に来ていた両親。母は「あんた、右膝なんかやったんじゃないでしょうね」と楓を責める。そのまま両親は楓を病院に連れていく。医師は半月板がボロボロになっているという。元に戻るようにするにはPRP療法という最先端医療を行う必要があると言う。しかし、中高生には勧められない。卒業してから治療を始め、一年間はリハビリが必要だという。

 両親はすぐに部を辞めろという。あと2年なら、次のオリンピックに間に合うと、楓の気持ちより選手生命のことばかり気にしている。桜木は「決めるのは娘さん自身で、あなたたちじゃない」と言うが…。

ゆか
ゆか

両親も必死なんでしょうが、自分達の夢を娘に押し付けても…。
もちろん、楓も好きでバドミントンをしているのでしょうが、ケガをしたことを怒るなんてひどすぎます。特にお母さん、めっちゃ怖い…。

放火犯は楓

 楓の元に桜木がやって来る。そして、「放火したのお前だろ」と言う。ただ、今は瀬戸が自分がやったと言っている。楓は桜木のテントの中から防犯カメラの映像を探していたのだ。どうしても見つからず、ライターでテントに火をつけた。そこに、瀬戸と出くわし、瀬戸はライターを持っている楓からライターを奪い、自分がやったことにしたのだ。

 放火はかなり罪が重い。そのため、放火とせず、桜木の火の不始末ということにした。桜木は警察に行って、既に話をつけて来ていた。

楓のこれから

 楓は、「バドミントンがなくなったら、これからどうすればいいの?」と桜木に聞く。「それは自分で決めるんだ。今までだって両親や学校の言うことを聞いてきたわけではなく自分で選んできた道だ」
 しかし、ケガについては楓のせいではなさそうだった。その犯人を捕まえに今から行こうと楓をバイクの後ろに乗せる。バイクは岩井(西垣匠)が持って来てくれた。そして、体育館の扉を開けるとコーチと利恵が二人でいた。
 二人はつきあっていたのだ。コーチは利恵のために、わざと楓の膝を壊したのだ。試合中にぶつかったのも利恵の故意だった。「だから、たまには外で会おう」というコーチ。その話をしているのを録画したのは小橋(西山潤)だった。

ゆか
ゆか

岩井くんと小橋くん、桜木先生のことを信頼しているようですね。
子分みたいw
それにしても、コーチも利恵も最悪。

東大へ行く!

 事実を知った楓は、その裏切りに傷ついていた。自分の今までの頑張りはなんだったのか。桜木も、楓と同じく半月板損傷でバスケを諦めた過去があった。そのつらさを紛らわすために暴走族になった。その苦しさから抜け出した方法は、勉強だったという桜木。

 大会の決勝の日。楓は試合のサポート役として出てきた。そして、ピンチに陥った利恵を励ました。優勝した龍野学園。胴上げをする姿を見て、そっとひとりで会場をあとにする楓。

 その翌日、楓は桜木に「私を東大に行かせて。スポーツ医学を学ぶ。そして、オリンピックに行く。選手引退したら若い選手の力になる。それが私の人生プラン」

ドラマ「ドラゴン桜」第2話の感想 

今回は熱いターンでした。

目力の強い、平手友梨奈さんがカッコイイ!

瀬戸と楓

瀬戸くんと楓の絆は、恋愛や友情を超えた何かがありそうです。

瀬戸くんは楓のためなら、放火の罪まで被ろうとします。

楓は、瀬戸くんには何でも話すようですし、とても信頼しています。

幼馴染とか、恋人とか…いろいろな関係性が想像できますが、HPの人物相関図にも何も書かれていません。

これから、瀬戸くんも東大を目指すことになりそうなので、二人の関係性が明かされるのも楽しみです。



それにしても、平手友梨奈さん、顔が小さくて足が細くて長くて、何よりとにかく目が素晴らしい。

私は映画「響」で初めて知った女優さんで、アイドル時代のことは全く知りません。

トップ女優になるのも夢ではなさそうです。

親の期待

楓の両親に、「東大に行きたい」なんて言えそうにないですね。

今は、とにかく次のオリンピックまでに膝を治して、現役復帰させることしか考えていないようです。

参考書を買って来て、怒る親がいるとは…w

桜木先生も言っていたように、オリンピック選手になるより、東大に入る方がずっと簡単そうです。(と、言っても難しいけどw)

楓なら、どっちも手にする根性がありそうですが、何よりも難関なのは、両親の説得ですね。

利恵とコーチの悪だくみ

まさか、利恵とコーチがつきあっていたとは…。

正直、ちょっとゾッとしましたw

そのために、天才的な才能がある選手をつぶしてしまうなんて、コーチとして全然優秀ではないです。

楓ちゃん、訴えてやればいいのに。

いろんな意味で、気持ち悪いコーチ。

米山の企み

今回は、桜木先生と元教え子で東大不合格で自殺を図った米山くん(佐野勇斗)が再会を果たします。

桜木先生でも、米山くんの企みは見破れていないようです。

桜木先生は、米山くんに許しを得て、また虎ノ門に弁護士事務所を開くために学校再建に着手するようです。しかし、米山くんは、口では「先生、そんなこと気にしないでください」と言いながら、心の中では潰してやると決意しています。

やっぱり、怖いです。

後ろにIT社長の坂本氏(林遣都)もついているし…。

ドラマ「ドラゴン桜」第2話の感想 最後に

ドラマ「ドラゴン桜」第2話の感想でした。

今回は、とにかく熱いターンでした。

楓ちゃんがカッコイイ。

次回からは東大専科の授業が始まります。

楽しみです!




以下の記事で、第1話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってください。

【関連記事】

ドラマ「ドラゴン桜」第1話の感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA