ドラマ「コントが始まる」第5話 ネタバレ感想 主演・菅田将暉|コント『カラオケボックス』

マイク

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「コントが始まる」第5話の感想です。

続けるかもしれないと言っていたマクベスは、当初の予定通り6月末の単独ライブをもって解散することになりました。

あと、1カ月。

卒業式の前の光り輝く毎日のように、マクベスは終わりを迎えることになって__。

ドラマ「コントが始まる」第5話の感想 はじめに

珈琲

登場人物

高岩春斗/菅田将暉
お笑いトリオ「マクベス」のメンバー。ネタを書いている。高校の文化祭で潤平とコントをして真壁先生の褒められたことで、本格的にお笑い芸人を目指す。しかし、鳴かず飛ばずで10年やって売れなかったら辞めると誓った日が近づいている。売れないのは自分のネタのせいだと思っている。

朝吹瞬太/神木隆之介

お笑いトリオ「マクベス」のメンバー。小学生の頃からゲームが好きで、高校三年のとき「ぷよぷよ」の全国大会で優勝する。高校卒業後、プロゲーマーの道に進むが、ある日、春斗と潤平の前に現れ、「マクベス」に加入。もともと大人しい性格。趣味はスナック通い。主食はポップコーン。

美濃輪潤平/仲野太賀

お笑いトリオ「マクベス」のメンバー。高校時代、春斗に誘われお笑い芸人の道に入る。学校一の美女・奈津美に告白し、成功。それ以来、10年間つきあっている。両親との約束の10年が迫っていることと奈津美のことが心にのしかかっている。実家は酒屋。

中浜里穂子/有村架純

子供の頃から優秀で、誰もが知っている一流企業に入社。しかし、一年半前、自身を取り巻くある状況から会社を退職。連絡が取れなくて心配した妹・つむぎが来たときは瀕死の状態で入院。退院後、妹と暮らす。半年間無職だったが、近所のファミレスでバイトを始める。今は「マクベス」を応援することが心の支え。

恩田光代/明日海りお

里穂子が働くファミレスの店長。夢は女流麻雀士。週5で雀荘に通う。行きつけは潤平がバイトする雀荘「赤まむし」。

坂斉凛奈/米倉れいあ

里穂子が働くファミレスのアルバイト。明るい性格で、日々、里穂子やマクベスのメンバーを観察している。

下条良枝/松田ゆう姫

つむぎが働くスナックのママ。年上好きの瞬太が通っている。やる気があるのかないのかわからないタイプ。しかし、発する一言に深みがある。

中浜つむぎ/古川琴音

里穂子の妹。音信不通になった姉の様子を見に行くと、優等生だった姉を思わぬ姿で発見。それ以来、姉の世話をすると言う名目で共同生活を始める。目標も夢もない20代を過ごし、今も無為な人生を送る。

村主うらら/小野莉奈

つむぎと同じスナックで働く女性。あるミュージシャンを追っかけて東京に出てきたと言われている。

安藤友郎/伊武雅刀

瞬太がバイトする焼き鳥屋の店主。焼き鳥に関して謎のこだわりを持つ。マクベスを心から応援しているが、一言多い。

真壁権助/鈴木浩介

緑東高校の教師。春斗たちの担任だった。元落研で、先輩教師に無茶ぶりされて以来、厳しい先生にキャラを変更した。マクベス結成の理由になった人物。

岸倉奈津美/芳根京子
潤平の彼女。緑東高校一の美女と言われていた。現在は製薬会社の広報部に勤務している。

あらすじ

マクベスは解散しないかも?

 6月の単独ライブを最後に解散することになっている「マクベス」。しかし、マネジャーの引き止めや家庭の事情が解決したことで、春斗(菅田将暉)は解散を迷っているようだ。それを聞いた里穂子(有村架純)は、「どうか、解散しないでください」とファン代表としてお願いしたと言う。瞬太(神木隆之介)は、もともと解散したくないと思っているが、「マクベス」は潤平(仲野太賀)と春斗が始めたものだからと言って…。

つむぎの優しさ

 つむぎは、周囲の人から面倒見が良くてとても優しいと言われている。しかし、つむぎは自分のことを「優しい」と思っていない。人に優しくすると自分の存在意義が保証されるし、生きていることに罪悪感が少しだけなくなるからだと言う。「私はただのずるい女だ」

ゆか
ゆか

本当に優しい人は、自分のこと自分で優しいとは思っていないと思います。生きていることに罪悪感…。つむぎちゃん、自分には厳しいね。

菜津美の誕生日プレゼント

 潤平は、恋人の奈津美(芳根京子)に誕生日のプレゼントを用意していた。パールのイヤリングを貝殻に入れて、公園の噴水に沈め、それを潤平が潜って拾ってくるという小芝居をしようとしている。「奈津美の誕生日にここまでする必要あんの?」と言う春斗。しかし、潤平は本気だ。奈津美が働いているのは一流企業の製薬会社で、周りの男性はエリートばかりなのだ。
 しかし、奈津美から、その日イベントの仕事で帰りが遅くなると連絡があった。がっかりする潤平。

ゆか
ゆか

これは正直、がっかりするかも。かなり張り切って喜んでもらおうとしていたのに、仕事でキャンセルとは、潤平の気持ちがしぼんでしまいます。

 奈津美は、潤平とつきあう前、スポーツ万能で成績も良い、イケメンの小林勇馬(浅香航大)とつきあっていた。潤平は半ば強引に勇馬から奈津美を奪ったことになっている。そのことを潤平はずっと気にしている。そんな勇馬は、今や会社を経営している。結婚もしている。
 そんな勇馬から、会社の新商品紹介イベントの司会を「マクベス」にしてほしいと事務所に依頼があった。楠木マネージャー(中村倫也)は、こんな偉い人が友達なら言っておいてくれよと言うが、一人で事務所に出向いた春斗は戸惑っている。

勇馬からの仕事

 楠木マネージャーは、仕事の話を直接春斗に聞きに行ってくれと言う。勇馬も会いたがっていたという。春斗はなんで俺が?と言いながら、会いに行くことにした。
 春斗は、未だに潤平が勇馬のことを気にしていることを言うと「お前ら、高校からずっと一緒にいるから時間止まってるんじゃないの?」と言われる。

 勇馬が行きつけのバーに春斗を誘う。高級で上品なバー。勇馬は「高校のとき、お前らがうらやましかった。それに失敗すればいいのにとも。だけど、大学に入って自分の人生の方向性が見えて来たとき、応援したいと思えるようになった。力になりたいって」
 その勇馬の言葉に「同情なんていらねぇよ」と言う春斗。「俺達ってそんなかわいそうに見えてんの?失敗すればいいと思っていたのが、そう思わなくなったのは自分が成功したから、俺たちが下に見えたんだよ。マクベス続けるとしても勇馬の仕事は受けられない。関係が対等じゃない。俺たちどんなに売れてなくても、同級生に仕事恵んでもらうほど落ちぶれてねぇから」と怒る。悲しそうな顔で視線を落とす勇馬。

ゆか
ゆか

勇馬くんは、決して見下したり可哀想がって仕事を紹介しようとしたわけではないと思います。高校生のときは彼女を奪われ、失敗すればいいのにと思っていたというが、自分がやりたいことを見つけたときから夢を持って頑張っている春斗たちを純粋に応援したくなったのだと…。春斗は心の余裕がなくなっているみたい。

中沢姉妹の未来

 つむぎは、自分は何も努力していないし、夢もないし、空っぽだと言う。しかし、瞬太は「空っぽな人が、人が弱っているときにミートソーススパゲティ作ったり、粉チーズ用意してくれるわけないよ」と言って励ます。
 一方、里穂子は店長の恩田(明日海りお)から、正社員の採用試験を受けてみないかと言われ、正社員になる気はないと思いながら、迷っていた。恩田は受けなくても、動き出すきっかけになればいいと言う。

 つむぎは、スナックで働き、姉の世話をする毎日に疑問を持ち始めていた。居候していたうららと物件をさがしているうちにいい家を見つけたので、引っ越しをすると宣言。中浜姉妹も解散。

瞬太の思い出

 瞬太は、5年前、「マクベス」に入ってから楽しい思い出しかないという。寝る場所を決めるだけで、それぞれがキャラを演じ、盛り上がる。彼らの事務所はお笑い芸人が自分たちしかいなかったので、他の所属の演歌歌手の地方のサイン会やコンサートに行って司会をしたり、物販をしたりしていた。そのときにはホテル代と新幹線代をもらえたが、節約のため、瞬太の車で現地に向かい、車の中で寝た。
 地方での仕事のとき、よく一緒になっていた「マッカラン」という芸人が、いつも解散するかどうかでケンカをしていた。ああはなりたくないと言い合っていた三人だが…。

潤平のプライド

 潤平がバイトしている雀荘に高校時代の後輩がときどき来ている。たまたま潤平がシフトに入っているときに、後輩が来ていて、会社の上司と麻雀を打っていた。その中の一人が、潤平が芸人をしているなら何かおもしろいことやってよと言う。プライドを傷つけられた潤平。何かしようとしたとき、店長に、ビールの樽を裏から持って来てくれと言われる。「あれじゃ、売れないわ。俺の方が絶対おもしろいもん」と素人にバカにされる。
 裏に引っ込んだ潤平は悔しさで叫ぶ。

ゆか
ゆか

よくこんなことが言えたもんです。プロはギャラが発生しないのに、芸は見せないのは当然です。その上、俺の方がおもしろいって何なんだ!このシーン、本気で腹が立ちました。潤平の悔しさがとてもわかります。

プライドがズタズタの二人

 春斗は、勇馬にプライドを傷つけられ、潤平は素人のサラリーマンにプライドを傷つけられ、イライラしたままコントの練習を始める。気分が乗らない潤平とイライラする春斗。気まずい雰囲気のままで「メイクシラーズ」に向かった。里穂子は様子がおかしい三人が心配でたまらない。

 瞬太が、春斗と勇馬が仕事のことで会ったという話をする。春斗が仕事を断ったことを潤平は「勝手に?」とムッとする。春斗は「勇馬、潤平のことなんて全く気にしてなかったわ。お前ら高校時代から時間止まってんじゃないの?って笑われた」と言った。
 潤平は「もう、疲れた。マクベス続けてきて、良かったと思うことの方が圧倒的に少ない」と言う。春斗は「お前、今度は誰の意見に流されてるんだよ。自分ってものがないのか?」「ごめん。俺には何もない。才能もない。お前に見下されて、世間にバカにされて」。
 潤平は続けるのが怖い。春斗は今までやって来たことが水の泡になるのが怖い。瞬太は、二人を見て先輩の漫才コンビ「マッカラン」と重なると言う。ああはなりたくないと言っていたのに。

 そして、マクベスは、当初の予定通り、6月の単独ライブを最後に解散が決定した。

ゆか
ゆか

潤平は奈津美の誕生日のプレゼントもうまくいかず、素人にバカにされて、さらに春斗にまで見下されていると思ってしまっています。春斗は見下してるわけないですが。ただ、潤平は周囲の意見に惑わされやすいタイプだとは思いますが…。

里穂子に解散を告げる

 春斗は、里穂子のバイトが終わるまで公園で待っていた。里穂子にマクベスは解散しないかもと言ってしまったことを謝罪するためだ。そして、「努力って報われると思いますか?」と春斗は里穂子に聞く。「努力した人は報われてほしいけど、本当に報われるかどうかはわかりませんね」と答えた。
 春斗は、「自分の努力は報われると思ってました。しかし、報われませんでしたね」「すぐに結果が出なくてもあとになって結果が出る努力もあると思います」という里穂子。

 里穂子は高校のとき、華道部の部長だった。全国大会で優勝をすることを目指していたが、3位だった。春斗は「努力、報われてるじゃないですか」というが、里穂子は「そのときは優勝することしか考えてなかったから。部員にも申し訳なくて。でも、お店に飾ってあったお花をきれいだと言ってくれたお客様がいて、私がその8種類のお花の名前を全部言えたんです。そして、とても感動してくださった。だから私から言えることは、マクベスで10年間頑張ってきたことは決して無駄ではない」

ゆか
ゆか

努力は、必ず報われるとは限らないと言いますが、その目標を達成できなくても、努力をしたと言う事実は、これから何をするにしても生きる糧になることは間違いありません。

離れがたくも光り輝く毎日

 楠木マネージャーに解散を報告する三人。あと1カ月。
 あとは、卒業式の前のような、離れがたくも光り輝く毎日が、マクベスには待っている__。

ドラマ「コントが始まる」第5話の感想 

やきとり

とうとう解散決定

春斗も潤平も、落ち込むことがたくさんあって、マクベス解散を決定してしまう時期ではなかった気がします。

10年頑張って、心が揺れているときに同級生から見下される(本当は見下してはないと思うけど)、大好きな彼女へのサプライスプレゼントが失敗に終わる、素人にバカにされる…こんなことがあったら、めげてしまうのも無理はないです。

彼女へのプレゼントも、おそらく潤平は常に不安なんだと思います。

奈津美の周りには、すごいエリートがたくさんいて、いつ奪われるかと心配で仕方がないのです。

嫌味ではなく、勇馬が言った「高校時代から時間が止まってる」というのは、あながち間違ってはいないのかもしれません。

高校時代から、一途に芸人として頑張って来たのですから、ある意味、そこから時間は止まっているのです。

それを見下されていると感じる春斗は、やはり焦りがあるのだと思います。

そんなときに、マクベス解散を決定するのは、よくない。

落ち着いてから考え直してほしいな…。

辞めることが全てネガティブなことではない

今回のコントは「カラオケボックス」。

春斗が店長で、お客さん役は不倫カップルの瞬太と潤平。

カラオケボックスで、これから先のことを話し合う中年カップルに、店長が「延長されますか?」と聞きに来る。

女性(潤平)は、「延長なんかしないわ」。男性は「最後にあの歌を聞かせてくれ。ラジオ体操第一」と延長を申し込む。

ここまでが前フリ。

ラストシーンで、店長が「この店は、今日の0時で閉店します。お二人が最後のお客様です。私はこの店を早く辞めたかった。辞めることが全てネガティブなことではないんです。延長されますか?」

まさに、マクベスの今の状況そのもの。

この演出、毎回ドキドキします。

ドラマ「コントが始まる」第5話の感想 最後に

ドラマ「コントが始まる」第5話の感想でした。

とうとうマクベス解散が決定。

何だか、本当に一つのお笑い芸人のグループが解散するみたいで、胸が痛みます…。

次回は、奈津美と潤平の別れの危機とそれぞれの未来。

ドキドキしながら1週間過ごしたいと思います。


以下の記事で、第4話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「コントが始まる」第4話の感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA