ドラマ「ソロ活女子のススメ」第7話 ネタバレ感想 主演・江口のりこ|ソロせんべろ

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「ソロ活女子のススメ」第7話の感想です。

今回は、『ソロせんべろ』。

せんべろとは、1000円あれば飲んでおつまみ食べてべろべろに酔えることです。

おじさんの定番といった感じでしたが、今では女性も多いとか。

ドラマ「ソロ活女子のススメ」第7話感想 はじめに

乾杯

登場人物

五月女恵/江口のりこ 「ダイジェスト出版」編集部の契約社員。ソロ活を楽しむ女子。

黒田彩子/小林きな子
 恵の上司。

石岡洋平/渋谷謙人
 恵の同僚。

青木遥/佐々木春香
 恵の同僚。

あらすじ

 今回のソロ活は『せんべろ』。1000円あれば飲んで食べて満足できるという立ち飲み屋のこと。五月女恵(江口のりこ)が今回選んだのは、一店目は「令和最後の楽園・レバーランド」である。
 このところ、ソロ活で鍛えられた五月女は、店主からの飲み物の注文もさっと出来て、出足は順調。メニューはかなりの種類があるが、レバーランドというだけあって、レバーがおすすめのようだ。「煮込みと白レバー鉄板焼き」を注文。一品は定番、もう一品はおすすめ。せんべろではスマホは切っておく。それが五月女のマイルール。

ゆか
ゆか

私はほとんどお酒が飲めないので、人生の半分を損しているなぁとこんなときいつも感じる。

 早乙女は毎日飲むわけではないが、この手のお店に来る人は「単純にお酒が好き」な人が多いので、五月女は大好きだ。誰かと話したいわけではなく、一人で好きなお酒を飲む場所。究極のソロ活がここにはある。五月女も出来るだけ何も考えずぼーっとすることにした。
 白レバーの鉄板焼きが来た。おいしい。立ち飲み屋は長居せず、お酒を楽しんだらさっさと出ていく。そういうところだ。マスター(渋川清彦)と若い肉体労働者風の男性(柄本時生)が、店に来ていた人の話を始めた。いい酒飲みだったのに、詐欺で逮捕されたらしい。さらに、一人でよく来ていた老人は孤独死したという。一方、70歳過ぎてから俳優になった老人もいる。
 いろんな人がいるが、ここにいるときはみんな楽しそうに酒を飲んでいると、マスターは言う。単なる一人の酒飲み。老若男女関係ない。「酒の前ではみんな平等」

ゆか
ゆか

立ち飲み屋に来る客は、いろんな人がいて、ショッキングな話もあるが、究極の人間交差点。そして、酒の前ではみんな平等。何だかすごい言葉だ。

 そして、五月女は「せんべろの醍醐味・梯子酒」で、二件目に向かう。次のお店は「立ち飲み居酒屋・ドラム缶」。ここでも、煮込みを注文。同じものを食べることでその店の本気度がわかると五月女は言う。
 そこに一人の若い女性がやって来た。彼女は、一人で焼き肉を食べたり、普通の居酒屋にいくと「寂しい女」と思われそうで、立ち飲み屋にやって来たと言う。今の五月女とは真逆な感じ。しかし、五月女も数年前は彼女と同じだったという。「他人は誰も見てないよ。人は自分が思うほど人のことなんて気にしてない」とアドバイスする五月女。

ゆか
ゆか

確かに、一人で食事をしている人を見ても、何も考えない。お店によっては「かっこいい」と思ったりするくらいだ。人は自分が思うほど人のことを見ていないのだ。

 五月女は、人付き合いが昔から苦手だった。成長するにつれ、人に合わせてつきあっていく術は身に着けたが、かなり無理をしていたようだ。ある日、仲が良いと思っていた友人が結婚式に招待してくれなかった。「招待しても来てくれなさそうだったから」という理由で。周囲にはバレていたのだ。どう生きていいかわからなくなった五月女は、とりあえず会社を辞めることにしたが、上司に止められ、契約社員になった。そのとき声を掛けてくれたのが彩子さん(黒田きな子)だった。「人付き合いが苦手なら、無理につきあわなくていいんじゃない」
 こんな経緯があって、五月女はソロ活をはじめた。

 このときの彩子さんのように、自分は初めて立ち飲み屋に来た彼女の背中を押すことが出来ただろうかと考える五月女だった。

ドラマ「ソロ活女子のススメ」第7話感想 

あるお笑い芸人が

昔、私がまだお酒を飲んではいけない年齢だった頃、あるバラエティ番組であるお笑い芸人が言っていたお話。

この芸人さんは、「女が一人でバーで酒飲んでるなんて、絶対男に声かけてもらうために決まってる。それなのに声かけたら面倒くさそうにするのが腹が立つ」と。

それに反論する女性芸能人の方もいましたが、「じゃあ、何のために一人で来てるんだよ?」

面倒くさそうにされてる段階で、声かけられたくないってことじゃないの?

女性だって一人で飲みたいときがあるのよ!

それ以来、その芸人さんがあまり好きじゃなくなってしまいました。

もう何十年も前の話ですが、未だに覚えています。

そんな昔だから、そういう考え方も普通にまかり通っていたのかもしれませんが、今ではそんなことTVで言う人、いないと思いますが。

私はお酒がほぼ飲めないので、一人でバーに行ったり立ち飲み屋に行くことはないですが、一人でお酒を楽しみたい女性だっているのです。

おつまみは大好き

私は、お酒は一杯飲むのが限界ですが、おつまみ類が大好き。

煮込みや乾きものも好きだし、レバーの鉄板焼きもおいしそうでした。

おでんやポテサラ、ハムカツも大好きです。

そんな私が「せんべろ」に行くのは、お店に失礼なのでしょうか。

普通、料理は少しでお酒を楽しむところだと思いますが、安くておいしい料理が食べられるのはとても魅力的です。

私はお酒一杯で、ちょっとベロっとなれるのでw、「せんべろ」の定義にはハマっているとおもうのですが。

それなら、初めから普通の居酒屋に行けって言われそうですが、あの雰囲気を味わってみたいのです。

先輩・五月女恵

今回は、初めて立ち飲み屋に来た若い可愛らしい女性に、五月女さんがいろいろアドバイスをしていました。

まるで自分の数年前を見ているような気がしたからです。

まず、一人焼き肉、一人居酒屋が「寂しい女」という目で見られるのが、恥ずかしいからと彼女は言っていましたが、五月女さんが言うように見てない人は見てないと思います。

しかし、ときどき意地悪な女性や一人で飲んだり食べたりしてる女は寂しがってるという男がいるのはいます。

特に、お酒を飲むということにおいては。



私は、両親の馴染みのお寿司屋さんに一人で行ったとき、家族連れのおばさんに「一人で食べてるわ。かわいそう」と言われたことがあります。

お寿司屋さんは、カウンター席もあるのですから、一人で来てもおかしくないお店の中のお店って気がするのですが、それでも、言う人は言う。思う人は思う。

しかし、ほぼ人は他人のことなんて気にしないし、何か言われても悪いことしてるわけじゃないので無視、無視。

一人が寂しいと思わない女性がたくさんいること、もうそろそろ気づくべき。

ドラマ「ソロ活女子のススメ」第7話感想 最後に

ドラマ「ソロ活女子のススメ」第7話の感想でした。

「せんべろ」魅力的ですね。

お酒好きな女性は、一度行かれてみてはどうでしょうか?



以下の記事で、第6話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってください。

【関連記事】

ドラマ「ソロ活女子のススメ」第6話の感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA