ドラマ「ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~」第8話 ネタバレ感想 主演・栗山千明 小関裕太|間宮家での亮の居場所

兄弟

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~」第8話の感想です。

今回は、亮と兄の賢治との確執が少し明らかになりました。

そして、明後日は亮の28歳の誕生日。

瑠璃は全力で祝う準備を始める。

ドラマ「ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~」第8話の感想 はじめに

花とハートのポプリ

登場人物

九条瑠璃/栗山千明
顔もスタイルもパーフェクトな電子コミックの編集部で働いている35歳の独身女性。部下からは慕われ、仕事も完璧。通称・瑠璃姫。その外見から恋愛経験も豊富だと思われている。しかし、本当の姿は…。

間宮亮/小関裕太

見た目も中身もパーフェクトな編集者。瑠璃を突然飲みに誘い、恋愛相談をする。瑠璃が飲み過ぎた翌日、目を覚ますと隣には亮の姿が!

九条惇太/草川拓弥

瑠璃の弟。週に1回、姉の部屋を掃除しに来ている。

立花エリカ/堀田茜
瑠璃が編集長を務める電子コミックの親会社の役員。

真宮賢治/吉沢悠
亮の兄。貿易会社の社長。エリカの恋人。

あらすじ

兄の名刺が気になる亮

 瑠璃(栗山千明)は、二人の初めての夜なのに、亮(小関裕太)がシャワーを浴びている間に眠ってしまう。前日、徹夜で部屋を掃除していたから睡魔に勝てなかったのだ。
 それより亮が気になっているのは、瑠璃が兄・賢治(吉沢悠)の名刺を持っていたことだ。亮と賢治は何か訳あってあまり仲が良くないようだ。特に亮は賢治を疎ましく思っている。朝から兄に電話をかけ「僕たちのことは放っておいてください」と告げた。

 眠ってしまったことを後悔する瑠璃に、亮から「今日、ご飯行きませんか?」とメールが来た。思いっきりうなづく瑠璃。

ゆか
ゆか

瑠璃姫、本当に可愛いー♡。見た目や仕事っぷりは、パーフェクトウーマンなのに、この無邪気さにやられました。

僕を信用して

 その夜、二人で食事をしているとやはり亮がいつもと違って見えた瑠璃は「取り返しのつかないことをしてしまってごめんなさい。イメージと違うっていうか、幻滅した?」と謝る。亮は「そうですね。イメージと違うから嫌いになる男だと思われていたことに幻滅しました」「いろいろ初めてで、勝手がわからなくて…」という瑠璃を可愛く思えて思わず笑ってしまう亮。
 しかし、いつもと様子が違うことにはかわりない。そのことを聞くと、亮は「兄に会いました?名刺持ってたから」。瑠璃は掃除のことで頭がいっぱいで名刺をちゃんと見ていなかった。「てっきり何か言われたかと…。一つお願いがあります。兄とは会わないでください。あの人、昔から優秀で、俺と違って一流大学出てて、親の会社継いで今は社長だし、女性が放っておかないんです。俺、こう見えて嫉妬深いし」

ゆか
ゆか

やはり、亮くん、エリカとのことが心に引っかかっているのでしょうか。

 亮は、兄もあの家も苦手だという。最後まで期待に応えられなかったからと。瑠璃を両親に紹介したいけれど、今は無理な状況だと言って頭を下げる。かなり、家族ともわだかまりがありそうだ。
 瑠璃はエリカから、賢治と婚約していること、その前は亮とつきあっていたことも聞いていた。エリカには「あなたじゃ未来が見えない」と言われたらしい。亮は、エリカに未練は全くないようだが、「いつもの展開だな…」と思ったという。

ゆか
ゆか

亮くんは、今までもそんな風に言われてフラれて来たのでしょうか。未来が見えないとはどういう意味でしょうか。未来は二人で築き上げるもので、男性だけに依存するものではないと思うのですが…。

亮の家へ

 食事の後、二人で歩きながら、亮の今までの辛い恋愛事情を知った瑠璃は、心配そうに亮を見つめていた。そして、亮が「ウチによっていきませんか?」という。泊まらなくてもいいので、この近くだからと。瑠璃の好きなお汁粉も買ってくれるようだ。お汁粉好きな瑠璃も、可愛い。ワインとブラックコーヒーしか飲まなそうなのに。

ロビーに兄が

 亮のマンションにつくと、ロビーに賢治がいた。賢治は「お前と二人で話がしたい」という。亮は「僕からは話すことは何もありません」と突き放す。瑠璃が帰ろうとすると、亮も賢治も「いてください」という。
 賢治は亮に家に戻ってきてほしいという。そして、これから事業拡大をする海外拠点をお前に任せたいというのだ。「配信会社の一社員で終わるつもりじゃないだろう」と賢治は言う。

ゆか
ゆか

「配信会社の一社員」…。何となく、亮が兄を疎ましく思う気持ちが分かりかけてきました。不動産会社より配信会社を低く見ているのがこの一言でわかりますね。瑠璃も働いている会社なのに…。

 亮は、あの家に自分の居場所は初めからなかった。だから、今さら俺の力なんて必要ないだろうと言う。賢治は「お前の居場所は俺が作る。なんの問題もないだろう」。亮は、昔は兄のことを尊敬していたようだった。兄弟はお互い今は心がすれ違っている。
 賢治から亮に明後日の誕生日プレゼントが渡された。明後日28歳になる亮。ずっと黙って話を聞いていた瑠璃は思わず「明後日?!」と言ってしまう。亮の誕生日を知らなかったのだ。

ゆか
ゆか

こういうところも、瑠璃の可愛いところ。女性の瑠璃に「キュン♡」です。険悪な雰囲気だった亮も少し笑顔が戻って来た。それにしても、兄といるときの亮がいつもとは別人のよう…。

 亮は、「僕は戻るつもりはありません」と賢治に告げた。
 賢治は「今度は彼女を理由に逃げるのか?」と亮の耳元でささやき、帰って行った。

亮の誕生日

 賢治が帰ったあと、二人はそっと抱きしめ合った。亮は賢治といるといろんなものを吸い取られるという。瑠璃を抱きしめて「充電」したのだ。
 瑠璃は明後日の誕生日を、今までの分も全力で祝ってあげるという。誕生日を祝ってもらったことがないなんて、亮の実家って一体…。

 スマホでいろいろ探しながらすでに準備に入っている瑠璃に、「俺的には瑠璃さんさえいてくれたら、何もいらないんですけど」と亮はいつもの優しい笑顔を見せる。

ドラマ「ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~」第8話の感想 

アメニティ

瑠璃の人柄

今回は、特に瑠璃の人柄の良さと可愛さがクローズアップされていました。

恋愛初心者なのも、それが逆に瑠璃の魅力になっています。

見た目は百戦錬磨に見えても、実は奥手なのもギャップがあってすごく魅力的です。

そして、大学時代に「イメージと違って幻滅した」と言われたことに今も傷ついていて、亮にもそう思われていないか心配している瑠璃も可愛い。

亮は、自分より兄の方がモテるし、何でもできるから女性にモテると思っているようですが、瑠璃は今は亮くん以外何も見えてない様子。

社長の名刺も放りっぱなしで、亮を招くための掃除に必死だったのですから。

賢治との関係

賢治は余裕を見せているのか、亮に対してそれほど憎しみはないようです。

しかし、亮は完全拒否状態。

二人の間には一体、どんなことがあったのでしょうか。

今のところわかっているのは、エリカとのこと。

しかし、元々親が決めたことだったので、それほど亮自身は傷ついているようには見えませんし、「あなたじゃ未来が見えない」というのは、賢治だったら社長だし、約束された裕福な人生が見えるということなのでは?

亮は、間宮家自体とも確執があるようです。

一人暮らしが出来るようになったら、すぐ家を出たようですし。

人懐っこい優しい笑顔の裏には、悲しい表情が隠されているようです。



そう考えると、瑠璃と惇太は本当に仲良し。

本音を言い合いながら、お互いを大切に思い合っている姉弟です。

明後日は誕生日

瑠璃は、明後日が亮の誕生日だということを知りませんでした。

亮も「意識してなかったというか、祝われたことなかったし」と言います。

瑠璃は、今までの分も頑張ってお祝いしようと準備を始めます。

本当に、瑠璃の優しさに目が潤みます。

何かトラブルが発生するようですが、瑠璃は亮の誕生日を無事お祝いすることが出来るのでしょうか。

ドラマ「ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~」第8話の感想 最後に

ドラマ「ラブコメの掟」第8話の感想でした。

今回は、瑠璃の可愛さ、間宮兄弟の闇、明後日は亮の誕生日が軸に。

次回は、瑠璃が亮のために誕生日をお祝いします。

次回も楽しみです!


以下の記事で、第7話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってください。

【関連記事】

ドラマ「ラブコメの掟~こじらせ女子と年下男子~」第7話の感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA