ドラマ「イチケイのカラス」最終回 ネタバレ感想 主演・竹野内豊|さよなら入間みちお

カラス

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「イチケイのカラス」最終回の感想です。

みちおのクビがかかった最後の裁判。

みちおは今まで通りの気持ちで、裁判を行うことができるのでしょうか。

ドラマ「イチケイのカラス」最終回の感想 はじめに

登場人物

入間みちお/竹野内豊
東京地方裁判所第3支部第1刑事部(イチケイ)の刑事裁判官。元弁護士。見た目は裁判官に見えないカジュアルなタイプ。しかし、観察眼鋭く、徹底的に調べ上げる探究心を持つ。学歴は高校中退なので中卒。趣味はふるさと納税。

坂間千鶴/黒木華

若くして特例判事補になったエリート。東大法学部卒。冗談が全く通じない。イチケイに来たのは、極端に事件の処理件数が少ないイチケイを立て直すため。

駒沢義男/小日向文世

イチケイの部長。有罪率99.9%と言われる日本の刑事裁判において30件の無罪判決に関わっている。

日高亜紀/草刈民代

最高裁事務総局の判事。坂間にイチケイの立て直しを依頼。

石倉文太/新田真剣佑

みちおファンを自認する元傍聴マニアの書記官。坂間に一目惚れ。

川添博司/中村梅雀

お人好しの書記官。

浜谷澪/桜井ユキ

三つ子の母親で姉御肌の書記官。

一ノ瀬糸子/水谷果穂

物怖じしない新人事務官。

城島怜治/升毅

井手の上司。何かと文句を言いながらも、協力してくれる検事。

井手伊織/山崎育三郎

みちおのお目付け役として東京地検第3支部に異動してきた検事。正義感の強い検事。

あらすじ

 数々の事件を正義の名の元に裁いてきた入間みちお(竹野内豊)。そんなみちおが弁護士時代の同僚である青山瑞希(板谷由夏)と歩いているときに、写真週刊誌の記者に撮られてしまう。そして、弁護士と裁判官の癒着を疑われ…。

日高からの忠告

 日高(草刈民代)は裁判官を辞めたので、カレーのお店を開くという。
 みちおはもうすぐ10年の裁判官の任期満了が近づいている。何も問題のない裁判官は、普通はそのまま延長される…。日高に呼び出されたみちおは、その話を聞かされる。みちおは、「問題のない裁判官」と上層部から思われていないようだ。そして、あの青山とのゴシップ記事がダメ押しになってしまいそうなのだ。
 帰って来たみちおに「何の話だったんですか?」と聞く坂間(黒木華)。みちおは「カレー店を開くっていう話だけだったよ」と嘘をついた。

ゆか
ゆか

みちおは、自分だけが責任を取ればそれでいいと思っているのでしょう。きっと再任されなくてもみちおはきっと自分のやり方を変えないはずです。

みちおのクビは政治がらみ?

 裁判官の再任は、最高裁裁判官会議の指名により内閣が決める。最高裁事務総局。そして、事務総長はあの香田健一郎氏だ。何か大きな力が働いていると日高は言う。

 現在、みちおが職権発動しているのは、大学生が起こした自転車事故のみ。重過失致傷事件で、被告人は石岡庸介。大学生で20歳。自転車競技部に属し、深夜練習を行っていた。左側通行を守らず、スピードもかなり出ていた。そして、家族旅行の帰りだった家族と衝突。そのとき7歳の向井愛ちゃんが大けがを負い、意識不明の重体。
 みちおが職権を発動したのは、被告人と証言が異なっていたからだ。石岡は左側通行を守っていたが、工事用のフェンスが置いてあったため、右側を走るしかなかったと言っているが、検察はその日、工事の記録は一切ないという。

真実を見極めて正しい裁判を行う

 この裁判が最後の裁判になるとしても、みちおは今まで通り、裁判を行うという。そして、検証を行うが、やはりかなり危険だ。そして、検察が工事の記録はないと言っていたが、「TOKYO SCRAMBLE CITY」という複合施設の建設が予定されており、事故現場もその区域に入っている。労基法に違反し、深夜の工事が行われていた可能性がある。坂間は「この案件、私が担当している事件とつながりがあるかもしれません」

ゆか
ゆか

工事は地下鉄拡張工事。地下で行われているので、一見、わかりづらい。深夜に違法労働が本当に行われていたのでしょうか。

 「TOKYO SCRAMBLE CITY」は、日本最大級の複合施設になると言われている。地下鉄ともつながる施設になる予定だ。坂間が担当しているのは、この地下鉄工事の業務上過失致死傷。地盤が悪く、工事が長引いていた。そして、崩落事故が起こり、下請けのイバタ工業の現場監督・本庄昭が亡くなった。事故の責任は元請けの鷹和工業の現場監督・青柳健作と本庄にあった。

違法な過重労働

 亡くなった本庄の母の証言によると、工事の遅れにより違法な過重労働が課せられていたという。そのため、この崩落事故が本当に業務上過失致死傷かどうかが争われている。

 自転車事故が起こったときも、違法な地下鉄工事が行われていた可能性があるのではないか。
 この工事のプロジェクトリーダーは安斎高臣議員(佐々木蔵之介)で、父親は大物代議士・安斎康雄だ。そして、この工事の元請けは鷹和建設。巨額脱税をしていた企業だ。

 みちおはこの二つの事件を併合することにした。

ゆか
ゆか

またもや鷹和建設!どんだけ極悪企業なんだろう。巨額脱税に、過重労働…。そして、あの原口氏は今どこにいるのでしょうか。

併合審理1日目

 別々に行われていた裁判だが、併合審理が妥当とされた。イチケイの再捜査と検証によると、事故現場に地下鉄事故の工事フェンスがあったとしたら、事故は避けられなかったと思われる。

 崩落事故で亡くなった本庄の母親は息子から過重労働があったと聞かされている。しかし、鷹和建設の現場監督・青柳は、過重労働などないと証言。納期に間に合わせるためにやったことは、人手を増やしたため人件費がかさみ、本庄が地盤のゆるみの補強はやめようといったのだという。違法労働はなく、崩落事故の原因も本庄のせいにされた。

ゆか
ゆか

いや、だから、鷹和建設!!死人に口なしだとでも思っているのでしょうか。

政治と司法の戦い

 坂間と日高が会っていた。日高はカレーは裁判と同じくらい奥が深いという。自分が作った料理を人がおいしそうに食べてくれるのはうれしいという。
 日高は、これからは司法と政治の戦いになるという。司法は政治の下(もと)にあることは歴史が物語っているという。そのため、圧倒的不利になる。坂間は、日高が言っていた「上の人間」とは安斎高臣のことなのでしょうかと聞くが、日高にもわからない。

併合審理2日目

 20人の現場作業員を呼んで、証言をしてもらうことになったが、圧力をかけられているのか誰一人過重労働があったとは言わない。逆に残業はするなと言われていたという。
 しかし、亡くなった本庄昭の母は「納期に間に合うように上から言われていると言っていました。朝は5時に家を出て、帰って来るのは午前0時か1時。息子は疲れ切っていました。詳しく話を聞ける状態じゃなかったんです。事故直前には、頭が痛い、耳鳴りがすると。それがずっと続いていたんです」と証言。

職権発動

 イチケイはまず、労働基準監督署過重労働特別対策班(通称・カトク)へ行く。「TOKYO SCRAMBLE CITY」の地下鉄拡張工事の過重労働の告発はあったが、企業に対する嫌がらせの場合もあり、調べたが「過重労働はなかった」という結論に達したとカトクの管理官は言う。これが国の答えだ。

 そこに安斎高臣の秘書が現れた。そして、イチケイに圧力をかける。みちおの裁判官任期はあと10日。解決までには時間がない。結果によっては裁判官再任の可能性もありうると言われる。みちおはいつもと違って押し黙っていて…。

ゆか
ゆか

政治家の秘書って、こんなもんなのでしょうか。足元を見て、裁判官まで脅すとは…。みちおの裁判官としての任期はあと10日しかありません。事件解決まで時間がない…。

イチケイのために

 安斎高臣の父、安斎康雄は、建設族で厚労族。労基署にも顔がきく。カトクの責任者は安斎康雄の大学のボート部の後輩。違法労働があったとしてもなかったことにされた可能性が高い。あとは安斎高臣を法廷に呼び出し、証言をしてもらうこと。もし何もなければただでは済まないかもしれないが、戦いますよねと石倉(新田真剣佑)がいうが、やはりみちおは押し黙ったままだ。保身に走っているのか…。

 駒沢部長は言う。「入間くんの保身は、自分のためじゃない。私たちイチケイのみんなのためです。戦う相手はいわば『国』。もしものときのことを懸念していたんでしょ、入間くん」
 みちおは「僕は裁判官の仕事が好きなんだよね。たぶん、坂間さんも駒沢部長も。それに、石倉くん、川添さん(中村梅雀)、浜谷さん(桜井ユキ)、一ノ瀬さん(水谷果歩)も。突き進んだ結果、その好きを奪ってしまうかもしれないと思ったら…」という。

 坂間は「正しい裁判を行うためなら、周囲に迷惑がかかってもお構いなし。真実を持って正しい判断を下す。それが入間みちお!それに、ずいぶんなめられたもんですね。覚悟はとっくにできています。私の発言に意義がある方は?」と聞くと、全員「異議なし!」

ゆか
ゆか

みちおは、被害が自分にだけ及ぶわけではなく、イチケイ全体のことを考えていたのです。いつもなら相手を問わず突っ走るみちおですが、今回はイチケイのみんなを巻き込んでしまうことを怖れていたのです。

本庄昭の息子・歩

 みちおと坂間は、本庄昭の息子・歩に会いに行った。まだ5歳の幼稚園児。歩は忙しくて話が出来ない父と交換日記をしていた。歩は大好きな漫画「ジャスティス・ヒーロー」の中のシーンで、ヒーローが自分の胸に手を当てて、相手の胸に手を触れ「勇気」を与えるシーンが大好きだ。そして、父にもそれをしてあげたという。

 そして、雲隠れしていた鷹和建設の原口をやっと見つけ出すことが出来た。彼を法廷に引っ張り出し、違法労働があったことを作業員と共に証言してもらうことになった。

安斎高臣を法廷へ

 そして、併合審理3日目。

 安斎高臣を法廷に出廷させることが出来た。検察の井手(山崎育三郎)は、安斎に「工事を間に合わせるために急ピッチで作業を進めるように指示したのはあなたですね?」
「はい、私です。あの施設は国際会議に使うことが出来る。既に大きな会議が決まっていました。多国籍企業の日本法人、海外の研究機関の誘致も内定していました」
「工事が遅れるとそれがすべて白紙になると?」
「はい、私は信念をもって指示を出しました」

 そこでみちおから安斎に質問が入る。「あなたの信念とは何ですか?」
「国民の利益。国益を守る。それが政治家です。何があってもやらなければならなかった」
「犠牲が生まれたとしてもですか?」
「イエスです。私が相手にしているのは『個』ではなく国民全体です。しかし、私は工事を急げと言ったが、違法労働をしろとは言っていない。黙認もしていない。本当に違法労働はあったんですか?私も知りたい」

ゆか
ゆか

安斎高臣、正体不明ですね。正義感と使命感に溢れる政治家のようで、どこかつかみどころがない怖さがあります。工事を急げと言ったことが過重労働に繋がるとは考えなかったとは言わせない!

渉の証言

 渉は「お父さんはいっぱい働いていました。僕が起きるより早く家を出て、僕が寝る時間には帰って来ませんでした。夜眠っているとき目が覚めました。お父さんは泣いていました。『お父さんのせいで小さな女の子が大けがをしたのに、勇気がなくて本当のことが言えないんだ』って。」
 渉はジャスティス・ヒーローのあの胸に手を当てて勇気を与えるシーンを再現して父に勇気を与えた。すると父は「歩が勇気をくれたから本当のことが言えた…」と言ったようだ。

誇りを失うな

 歩むが証言していると、弁護士が「異議あり!5歳児の証言。証言能力に問題があります。茶番だ!」と横から口を出した。
 坂間は「何が茶番ですか!あなたにはわからないんですか?5歳の少年がお父さんのためにこの場にいることを。お父さんの誇りを取り戻すために、勇気を振り絞って証言していることを!」
 そして、歩の証言能力は、歩が通う幼稚園の先生たちによって証明されている。

ゆか
ゆか

はっきりとした口調で弁護士を叱責する坂間さん、最高にカッコイイ!そして、健気で可愛い歩くんに涙が溢れます。

 また、カトクに告発メールを送ったのは、本庄昭ではなかった。別の誰かが送ったのだ。その誰かはこの法廷にいると井手検事は言う。
 傍聴席に向かってみちおは「裁判は常に平等です。司法は決して真実を捻じ曲げません。一歩踏み出す勇気があれば、失わずに済むものを想像してください。少なくとも自分の人生に誇りをもって生きていけるのではないでしょうか。証言をしたい人はいますか?」
 すると、20人の作業員のほぼ全員が手を挙げた。そして、鷹和建設の原口が「私が代表して証言します」と手を挙げた。
「カトクに違法労働を訴えたのは私です。本庄さんから予期せぬ自転車事故が起きたと聞いた。みんな限界だ。このままだと大きな事故が起きるかもしれないと。本庄さんは業務上過失など犯していない。過労で事故が起きた。それを社長からの指示で私が偽装した。これが真実です。裁判長、ありがとうございました。これで誇りを失わないで済む」

 判決は、自転車事故、崩落事故の原因は、違法労働によるものだと判断。責任の所在は鷹和建設にある___。



 裁判が終わり、安斎高臣が帰ろうとしていると、検察の特捜部がやって来た。鷹和建設の巨額脱税の中から安斎高臣の父親、安斎康雄に資金が流出していたことがわかったと。しかし、安斎高臣は何も知らなかったという。ただ、井手検事は「全てわかっていて見て見ぬふりをしていたのではないですか?」というと、安斎高臣は「しかし、それは罪ではない。裁くなら私以外の人を裁けばいい。入間みちお。またいつか会うことになるかもしれないな」と言い残し去って行った。

異議あり!

 やはり、みちおは再任されないことになった。それに納得がいかない坂間は、事務総長の香田に抗議に向かう。香田は本来なら坂間も処分されるはずだったという。幹部として事務総局へという話も白紙。みちおはそれは自分に責任があり、坂間のせいではないと言ったという。そして、坂間に責任は問わないこととなった。
 坂間はさらに香田を追いかけ、「赤字を出さないことも大切だが、裁判は話しを聞いて聞いて、悩んで悩んで一番いい答えを決めること。それを入間さんから教えられました。お願いします。今一度ご検討を」と頭を下げた。
 そこに、駒沢部長をはじめとしたイチケイのメンバー、検察の城島(升毅)と井手らがやって来て…。

「認めませんよ。入間くんのクビなんて。懲戒処分を受けたご子息の香田隆久裁判官、近々復帰するそうじゃないですか」
「誤審してそれを隠すために証人に圧力をかけたあの香田隆久裁判官」
「おいおい、こいつは驚きだな」
「それってお父さんの意向が働いたとか?」
「人事のトップがそれやっちゃだめでしょ」
「それじゃあ、おかしいじゃないですか。今回のみちおさんのクビ。比べたら重すぎる」
「司法記者クラブのギター仲間に話してみようかな」
「裁判官、弁護士、検察、その他法曹界にかかわる皆さん。入間くんのクビは妥当か?」

全員が「異議あり!」

ゆか
ゆか

みちおのおかげで、法曹界がまとまっている!それだけ、みちおの存在は法曹界には必要だということです。息子はすぐ復帰させるくせに、香田事務総長、最悪だな。

みちお熊本支部へ

 法曹界は、入間みちおを必要としている。みんなのおかげで、ギリギリ首を免れたみちおは、熊本支部に赴任する事が決まった。坂間はこの温情人事を無駄にしてはいけませんよという。坂間の実家と熊本支部は近いので、ときどき視察に行くという。

 そして、坂間は言う「私はイチケイのカラスになります__」と。

「イチケイのカラス」原作漫画を読むならU-NEXT!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

電子書籍

ドラマ「イチケイのカラス」最終回の感想

セントバーナード

変わり者の裁判官

出来れば誰もが、出世できるならしたいと思うものです。

しかし、入間みちおはそうではありません。

最終回までのさまざまな事件の中で、一度も日和ったことがなく、最後まで真実を追い求め最もいい答えを見つけ出そうとしていました。

ただ、今回の事件は相手が『国』。

イチケイのメンバーの立場も危うくなってしまいます。

初めて、事件に立ち向かうことに躊躇いを見せたみちお。

これだと思ったら、突っ走る迷惑な変人だと言われていましたが、本当は誰よりも優しくてあたたかい人柄だということを痛感した最終回でした。

渉くん

今回は、本庄昭の息子・渉くん役の男の子が可愛すぎました。

すごく上手で名子役。

なんか、一生懸命証言する小さな姿に、涙が溢れました。

大好きなお父さんを亡くして、そのお父さんが悪者にされそうになって。

私、子供と動物の健気な姿に弱いのですw。

最終回に号泣させてもらいました。

佐々木蔵之介の存在感

最終回のゲストで出演された佐々木蔵之介さん。

存在感半端なかったですね。

ドラマの格調がさらに上がった感じがしました。

役柄は、政治家として誇りを持っている人ではありますが、少し正体不明な感じがかなり怖かったです。

またいつかみちおに会う日が来るだろうと言っていましたが、これは続編があるということでしょうかw。

みちおは熊本に行ってしまいましたが、数年後にはまたイチケイに戻って来てくれそうな予感。

法廷物が大好きな私は、本作は高視聴率のドラマでしたし、続編期待したいです。

まとめ

本作に登場したいくつもの事件。

どれも、イチケイの裁判官じゃなければ、冤罪にされたり、弱い立場の人たちが悲しい思いをたくさんしていたと思います。

裁判も運なのかもしれないですね。

どんな裁判官に当たるのかで人生ががらりと変わってしまいます。



以前、何かのドキュメンタリーで、無罪だとわかっていて上からの圧力で有罪にしてしまい、冤罪を出してしまった裁判官を追った番組がありました。

それ以後のその裁判官の人生は、自分自身にも仕事にも誇りが持てず、ただ後悔するだけの日々でした。

裁判官の仕事というのは、本当に重い責任を背負う仕事なんだなと本作を観ていて改めて感じました。

そして、私も一度、裁判の傍聴に行ってみたいと思いました。

ドラマ「イチケイのカラス」最終回の感想 最後に

ドラマ「イチケイのカラス」最終回でした。

来週からみちおの「フハッ」という笑い声が聞けないかと思うと寂しいです。

最終回の終わり方からして、続編ありかなと思わせてくれました。

みちおと安斎高臣、ぜひ再会してほしいです!




以下の記事で、第10話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「イチケイのカラス」第10話の感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA