ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」最終回 ネタバレ感想 主演・松たか子|大豆田とわ子は最高!

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」最終回の感想です。

最終回にバタバタといろんな物語が展開することもなく、穏やかな最終回でした。

いいドラマだったなぁ。

今クールのドラマで最も共感できたドラマでした。

ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」最終回の感想 はじめに

ボーリング

登場人物

大豆田とわ子/松たか子
しろくまハウジング社長。バツ3で子持ち。明るくお茶目でせっかち。

田中八作/松田龍平

とわ子の一番初めの元夫。レストラン「オペレッタ」のオーナー兼ギャルソン。唄の父親。優しい性格でモテる。

佐藤鹿太郎/角田晃広

とわ子の二番目の元夫。有名なファッションカメラマン。とわ子のことが今でも好き。器が小さいと言われがち。

中村慎森/岡田将生

とわ子の三番目の元夫。とわ子の会社の顧問弁護士。エリートで理屈っぽく、口癖は「それ、いります?」

綿来かごめ/市川実日子

とわ子の親友。仕事が長続きしないが、自由に楽しく生きている女性。

松林カレン/高橋メアリージュン

しろくまハウジング営業部の責任者。とわ子を支える仕事のできる有能な部下。

六方仁/近藤芳正

とわ子の良きアドバイザー。

大豆田唄/豊嶋花

とわ子の最初の夫・八作との間に生まれた子供。常に冷静な中学三年生。

大豆田旺介/岩松了

とわ子の父。元参議院議員。このところ落選続きで現在無職。癖が強いがとわ子をあたたかく見守る。

小鳥遊大史(たかなしひろし)/オダギリジョー
とわ子が公園で出会った謎の男。数学が好き。実は企業買収の悪魔と呼ばれる男。とわ子の会社を買収した。

あらすじ

初恋の人・甘勝くん

 八作(松田優作)のお店で飲んでいたとわ子(松たか子)。すると「豆子ちゃんだよね?」と声を掛けてくるイケメンがいた。彼が、とわ子の初恋の相手・甘勝(竹財輝之助)だった。「甘勝くん!」と再会を喜び合う二人はハグをした。それを見た鹿太郎(角田晃広)は心中穏やかではいられず、今、仕事でハワイにいる慎森(岡田将生)に電話をかけるが、出ない。
 しかし、慎森がいなくてよかった。もし慎森がいたら、大暴れしていたはずだ。

母の恋文

 とわ子の家に帰ると、唄(豊嶋花)が、何故か彼氏の西園寺くんの宿題をやっていた。西園寺くんは医大の受験勉強で忙しいからだという唄に、とわ子はそれはおかしいと怒る。いつもなら慎森にやってもらうところだが、今日は鹿太郎が見ている。スマホで何か調べようとしたら、wifiが繋がっていなかった。八作がプロバイダーのマニュアルを見せてというのだが、どこにあるかわからないとわ子。段ボール箱を開けて探していると、母の持ち物を入れている箱が出てくる。その中に母が「國村真」という人に書いたラブレターが出てきた。

西園寺の性根

 唄の彼氏の西園寺は、唄に宿題をやらせたり買い物に行かせたりしている。とわ子はそれに「おかしいよ。おかしいでしょ?」と鹿太郎と八作に同意を求める。
 唄は「西園寺くんの方が医大に入りやすいし、西園寺くんを支える人になった方が幸せになれる。それが私たちの現実」という。すると、西園寺から「おつかいにいってほしい」という電話がかかってくる。とわ子は唄のスマホを取り上げ、「大豆田とわ子と申します。お菓子やジュースくらいご自分で買いに行かれればどうでございましょうか?忙しいって誰でも忙しいと思いますし。え?いい奥さんになる練習?はぁ~なるほど。落ちてしまえ!大学全部落ちてしまえ!」。西園寺は「別れる」と言って電話を切ったようだ。

ゆか
ゆか

これはいい機会だったかも。医者の奥さんになれば幸せということもないし、16歳の段階でこんな性根の人間、ろくなもんじゃありません。別れて正解だと思うよ、唄ちゃん。

 八作は謝った方がいいというが、とわ子はどうやって謝ればいいのかわからない。そして、鹿太郎に謝り方を習うが、鹿太郎は今までどれだけ人に謝って来たのかというくらい謝り方がプロ級だった。

 西園寺くんに謝りに行ったとわ子だったが、失礼な態度で門前払い。大学全部落ちてしまえ!

母の好きな人に会いに行く

 唄は、祖母が出せなかったラブレターのことを知っていた。内容は全てを捨てて二人でいたいと書かれていたが、母はそうはしなかった。とわ子は「全てを捨てればよかったのに。私のために我慢してたんだよね。そもそも幸せそうじゃなかったんだよ」。唄は「そのマーって人に会いに行ってみようよ」という。

 國村さんは小さなアパートに住んでいた。ドアチャイムを鳴らすと一人の初老の女性が出てきた。「大豆田つき子の娘です」ととわ子がいうと女性の目が輝いた。「どうぞ、入って」といわれたが、「あの…マーさんは?」「マーは私だけど?」。母の好きな人は、女性だった。

 母と最後に連絡を取ったのは30年も前のことだったらしい。突然連絡が取れなくなった。二人が初めて会ったのは小学生のときのバレエ教室だった。唄は「恋人だったの?」と率直に聞いた。祖母たちの時代は、きっと今のように同性愛が認められている時代ではなかったはずだ。
 とわ子は「母はあなたを好きだったのに、どうして父と結婚して私を生んだんでしょうか」とマーさんに聞いた。「人間は心に穴を持って生まれてきて、それを埋めるためにじたばたして生きてる。愛を守りたい。恋に溺れたい。どれも嘘じゃない。どれもつき子。家庭を選んで正解だったんだよ。夫に愛され、こんな素敵な娘が生まれ、孫も生まれた。幸せな家庭に恵まれた」

医者になる

 マーさんの家からの帰り道。唄は「私、やっぱり医者になる」と言った。「うん。そう」とだけとわ子は言った。

ゆか
ゆか

唄ちゃん、がんばれ。自分の人生は自分で作り上げていくもの。西園寺に依存していても、絶対幸せにはなれないよ。再教育すればいいなんて、無理。人の性根はそう簡単には変わらないものです。

 結果的にとわ子が、西園寺に言ってやったことは正しかったのだ。謝りに行ったけど、門前払いでよかったのだ。

父の回想

 今日も父・旺介(岩松了)はとわ子の家に来ていた。お風呂から上がって来た父に、「お母さんの浮気知ってたの?」ととわ子は聞いた。父ははぐらかしながら「母さんとは神宮球場にも行ったし、温泉にも行った。高いイヤリングもあげた。しかし、母さんは神宮球場も温泉も興味なかった。イヤリングもセンスないから恥ずかしかったと思う」と言った。「母さんには悪いことをした。あなたにも。あなた自転車乗れないでしょ。あれ、私が教えなかったからだよ。私が家に帰りたくなくなった時期がちょうど自転車の乗り方を教える時期だった。私とお母さんがあなたを転んでも一人で起き上がる子にしてしまった。お母さんは悪くない。俺のせいだ」。とわ子は、今は一人だけど、私はいろんな人に転んだら起き上がらせてもらってきたという。田中さんも、佐藤さんも、中村さんも。お父さんだって。

初恋の人とデート

 甘勝は、ヘリコプターのパイロットだ。そして、とわ子はヘリコプターに乗せてもらうことになった。ヘリコプターに乗ったあと、二人で食事をしているとき「豆子ちゃんはもう豆子ちゃんって感じじゃないね。素敵なレディだ。その上、人として尊敬できる感じだし。男が10人いたら9人は好きになっちゃうよ。まあ、俺は残りの一人だけどね」

ゆか
ゆか

下手に口説いてくる男より信用できるかも。甘勝。

 食事をして帰って来るとき、とわ子は自動ドアに挟まれた。一人ではどうしても身動きが取れない。街行くカップルに「助けてー」と声をかけた。思った通り、ニヤニヤされた。

慎森の帰国と初恋が潜んでる

 慎森がハワイから帰って来た。色白の慎森が、日焼けしている。まだらに。とわ子にお土産を持ってきたのだ。慎森は、とわ子が初恋の相手とデートしたことを知らない。小鳥遊(オダギリジョー)のときのように、この家のどこかに初恋の相手が潜んでいると探し出す三人。しかし、初恋は潜んでいなかった。

 慎森からみんなにお土産があった。全員模様違いの英字新聞の柄のシャツだった。みんなで着替えてみた。そして、何故か「元夫ボーリング」が始まった。三人がボーリングのピンのように三角に並んでとわ子がボールを投げるふりをする。すると、三人がコロコロと倒れていくのだ。おもしろい。

ゆか
ゆか

初めは乗り気じゃなかったとわ子も、やってみたら面白かったみたいです。観ている方は爆笑でしたw。三人の元夫、可愛すぎる。とわ子が好きすぎる。

 時差ボケの慎森にとっては、日本は夜遅い時間だが、朝だ。朝ご飯を食べようとエッグベネディクトを作って元夫三人は食べている。とても楽しそうだ。
 とわ子と元夫は何かというととわ子の家にやって来る。三人は歓迎されている気がすると言う。とわ子は歓迎してないというが、歓迎してなければ封鎖するはずだという慎森。確かに、とわ子は三人を歓迎している。
 八作が「みんなでキャンプ行きたいな」と言い出す。ウトウトとするとわ子。

大豆田とわ子は最高

 とわ子が目を覚ますと家中、キャンドルの火がともされていた。後片付け大変そうというとわ子。
 慎森は「パーティのあとの後片付けは大変な方が素敵だよ。楽しかった思い出がたくさん残っている。どれも君が愛に囲まれて生きてるってことだから」。
 鹿太郎は「お風呂のお湯が水になって川に流れて、川は海に流れ込んで、その海は君をべとべとさせて、君はまたお風呂に入る。僕は何度でもお湯となって水となって巡り巡って君を好きだってこと」
 八作は「僕たちはみんな君が好きだってこと。大豆田とわ子は最高だってことだよ」

 元夫は三人とも突然、とわ子にもう一度結婚しようと言い出す。「僕だ」「いや、僕だ」「僕だよ」。とわ子は「やめて」と言いながら、まんざらでもない様子。

 「私の『好き』は、その人が笑っててくれること。笑っててくれたら、あとはもう何でもいい。そういう感じ!」

ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」最終回の感想 

海

とわ子と珍しい名前の人

とわ子は、田中、佐藤、中村という日本に多い名字の男性と結婚しています。

そして、うまく行かなかった人の名前は小鳥遊や甘勝、門谷と、ついでに西園寺、あまり聞かない名前の人。(門谷はそうでもないけどw)

とわ子自身が大豆田という珍しい名字ではありますが。

しかし、それぞれにファーストネームは、八作、鹿太郎、慎森とあまりない名前w。



ずっと、苗字については結婚ととても近い場所にある事柄なので、ドラマが始まったところから気になっていました。

何かを意図しているのでしょうか?

元夫ボーリング

元夫ボーリング。

おもしろすぎました。

みんな、うまくボーリングのピンみたいに倒れてたし、なんかうれしそうでおもしろかったのですが、何か心がキュッとなりました。

元夫は三人とも、本当にとわ子が好きなんだなぁ。

つき子とマーさん

とわ子の母・つき子さんが本当に好きだったのは、マーとに呼ばれていた國村真(風吹ジュン)という女性でした。

本作の中で、唄ちゃんが「恋人だったの?」と当たり前のように質問していましたが、マーさんの「今の若い人はそうなのね」という言葉が胸に響きました。

LGBTQが今では当たり前のこととして世の中に認知されていますが、おそらくつき子さんの時代には認められないことだったのでしょう。

つき子さんは、同性の恋人でなければ、全てを捨ててマーさんの元に走っていたかもしれませんね。

このことに関しては、世界は良い方向に向かっているのだと実感しました。

私のせいで

とわ子は自転車に乗れません。

ちょうど、自転車の練習をする頃に、父の旺介が家を出て行ったからです。

つき子さんの恋は自分の心に抗いがたいものであったと思いますが、お父さんも辛い思いをしていたと思います。

愛して結婚した妻には、他に好きな人がいて、幸せにしたかったけれどできなかった。

とわ子が自転車に乗れないのは俺のせいだという言葉は、ただ単に自転車に乗れない娘にしてしまったことを悔やんでいるわけではないと思います。

娘を、転んでも一人で起き上がれるあまりにも強い女性にしてしまったために、娘が人に頼ることを知らない人になってしまい、結果的に三度の離婚を経験し、幸せになれなかった(とわ子は不幸ではありませんが)のは自分のせいだと旺介は思っているのです。

切ないです。

一人で生きていけることは、決して悪いことではありませんが、父親からすると心配で仕方がないと思います。

みんなとわ子が好き

4人で飲んでいて、とわ子が眠ってしまったあと、八作が「こんなことがずっと続くとは思わないけど」と言いました。

こんな風に4人で飲んだり、ボーリングのピンになるwことはなくても、きっと元夫は三人ともずっととわ子のことが好きだと思います。

元夫たちも、とわ子以上に好きな人が出来て結婚することになっても、心のどこかにとわ子がいて、ずっと好きな気持ちを持ち続ける存在。

大豆田とわ子は最高なのです。

ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」最終回の感想 最後に

ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」最終回の感想でした。

今クールは、おもしろいドラマが多かったですが、本作は最も「共感」できたドラマでした。

いいドラマだったなぁ。


以下の記事で、第9話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」第9話の感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA