ドラマ「あのときキスしておけば」最終回 感想 主演・松坂桃李|巴がこの世によみがえった理由

結婚式

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「あのときキスしておけば」最終回の感想です。

巴はもう戻ってこないのでしょうか。

そして、巴はなぜおじさんの姿で生まれ変わったのでしょうか。

ドラマ「あのときキスしておけば」最終回の感想 はじめに

リングピロー

登場人物

桃地のぞむ/松坂桃李
スーパー「ゆめはな」の青果担当。ポンコツ。ダメダメだけど、本当は優しい人柄の青年。蟹釜ジョーの代表作「SEIKAの空」の大ファン。スーパーでトラブルがあったときに巴に助けられ、気に入られ家政夫のような形で雇い入れられる。日給は5万円。巴とは少しづつ理解し合って、距離が縮まった。巴と共に沖縄旅行に行くことになるが、その飛行機が事故を起こして…。

唯月巴(蟹釜ジョー)/麻生久美子

売れっ子の大物漫画家。蟹釜ジョーのペンネームで執筆している。大ヒット作「SEIKAの空」の作者。仕事が大好きで、締め切り前はイライラすることもある。桃地と知り合い、接していくうちに自分の価値観が変わり始める。趣味はフラダンス。桃地と出かけた沖縄旅行で飛行機事故に遭い、帰らぬ人になったと思ったら、魂だけが見知らぬおじさんと入れ替わってしまい…。

オジ巴(田中マサオ)/井浦新

沖縄行きの飛行機で桃地たちと隣の席に座っていた、サエないおじさん。仕事は清掃員。飛行機事故で、唯月と魂が入れ替わってしまう。彼はなぜ飛行機に乗っていたのか。一体、彼は何者なのか。

高見沢春斗/三浦翔平

「週刊少年マキシマム」の敏腕副編集長。元巴の夫。「SEIKAの空」の担当編集者。高学歴で仕事が出来て超イケメン。一見、完璧に見えるが実はちょっと天然。巴の死に心を痛めていたが、「SEIKAの空」の原稿が次々と上がってくることや、さえないおじさんの「私が蟹釜ジョー」という言葉に疑念を抱き始める。

田中帆奈美/MEGUMI

マサオの妻で、フラダンスの先生。お弁当屋さんでアルバイトをしている。巴がストレス解消に通っていたフラダンスの教室にマサオの姿で乱入。人生の歯車が狂い出す。

田中優太郎/窪塚愛琉

マサオと帆奈美の息子。「SEIKAの空」の大ファンの高校生。ある日、桃地と腕を組んで歩く父の姿を見てショックを受ける。

唯月妙/岸本加世子

巴の母。母子家庭で育ってきた二人はケンカもするが仲のいい親子。突然の巴の死を悲しむが、おじさん姿の巴に「ママ!」と言われ、家にも押しかけられる。得意料理はイカゲソ煮で、イケメンが大好き。

郷田ひと子/猫背椿

桃地が働くスーパーのリーダー的存在。夫とは今もラブラブ。

あらすじ

 「好きです、好きです、愛しています」

 ついにプロポーズを果たした桃地のぞむ(松坂桃李)は、輝く夕日の中、そのまま唯月巴(麻生久美子/井浦新)と初めてのキスを交わす。

 あのとき出来なかったキスー。

 しかしこれが、桃地がオジ巴に会った“最後の時間”となった――。

 そんな事実には露ほども気づいていない桃地は、スーパーに戻り、キスを果たしたことを『スーパーゆめはな』の仲間たちに報告。大はしゃぎする面々、その事実はあっという間に高見沢春斗(三浦翔平)にまで伝わり…?

 そんなある日、高見沢から『SEIKAの空』が最終回まで一気にアップされていると電話が入る。気づけば最後にキスをしたあの日から、オジ巴は現れず、ずっと田中マサオ(井浦新)のままだという事実に気づく桃地。

 浮かれた気分は一転、嫌な予感がよぎった桃地は慌てて巴の自宅へ向かうが、そこに巴の姿はなく、部屋はきれいに片付けられていて…?

 一方その頃、妙(岸本加世子)や高見沢、東源出版の生馬(角田貴志)のもとに、突然ハイテンションなオジ巴が現れて…。

 なぜ彼女はおじさんになって、この世に舞い戻ったのか…?

 すべての秘密がいま、明かされる。

 「巴さんに会いたい…!これでお別れなんて嫌だ…!」と奔走する桃地。

 別れはいつも突然で。

 ごめんねも、ありがとうも、大好きも。伝えたくても伝えられない―そんな日は突然やってくる。あのとき愛していると伝えておけば―。

 果たして、桃地と巴が迎える恋の結末はー?

 奇跡の愛の物語、ついに完結―。

[引用元]TV朝日「あのときキスしておけば」公式サイトSTORY

ドラマ「あのときキスしておけば」最終回の感想 

ブライダルブーケ

みんないい人

桃地は、やっと巴とキスをすることが出来ました。

「スーパーゆめはな」のみんなは、桃地を心から祝福してくれて、結婚式をしようという話になります。

水出さんはブーケとブートニア、そして指輪まで作ってくれました。

桃地は「ゼクシィ」を読んだり、ネットで結婚するときにする10のことを調べたり…。

そこに、高見沢が現れ、「言えよ!結婚式するんだろ?」と言いながら、桃地の家に入って来ます。

余興は全部俺が仕切ると、元ダンの高見沢が言うのもちょっと不思議ですがw。

みんなで、フラダンスを踊ることになります。

ゆか
ゆか

高見沢さんもいい人だなぁ。顔に似合わず、なんかおもしろすぎるしw。きっとみんなが優しいのは、桃地自身がいい子だから。

フラの練習も、みんなで一生懸命やってくれます。

何故か、新郎の桃地も踊ります。

勿論、先生は帆奈美さんです。

いつ何があるかわからない

人間って、本当にいつ何があるかわかりません。

伝えたい思いがあるときは、ためらわずに出来るだけ早く伝えるべきなのだと本作を観て痛感しました。

桃地は巴と、あのキスをした日を最後に会うことができなくなります。

巴は、今までお世話になった人に挨拶をしたり、仕事のけじめをつけたりしていくことになります。

そして、何より大切なのは「SEIKAの空」を完結させること。

残り少ない時間を、やらなければならないことに費やしていくことになるのです。



ある日、「SEIKAの空」の最終回がアップされた日、桃地に嫌な予感が走ります。

もう、二度と桃地は巴に会えなくなってしまうのではないか。

桃地は、「SEIKAの空」最終回を読んで気がつきます。

巴はもう二度と帰って来ないことを。

そして、結婚式は中止にしてほしいとみんなに告げます。

結婚式は中止ですが、桃地は自分がしわくちゃのおじいちゃんになっても、巴を待ち続けると決めました。

そして、田中マサオさんと帆奈美さんは、桃地に最後に何かしてあげることができないかを考えて…。

ゆか
ゆか

高見沢さんから、桃地にある手紙が届きます。次の土曜日に正装をしてうるわしの森公園に来てくれという手紙。高見沢さん、全てをあきらめた桃地にある計画を立ててくれていたのです。

桃地は正装と言われても、服を持っていないのでトレーナーで出かけていきます。

これも、桃地らしくてかわいいです。

みんな、結婚式を中止にすると言った桃地に隠れて、結婚式の準備をそのまま続けていてくれたのです。

そして、田中マサオさんはもう戻ってこない巴のふりをして、結婚式に臨みます。

本当に、本当に、みんな優しい。



しかし、桃地にはわかっていました。

それは、田中マサオさん自身で巴ではないことを。

田中マサオさんはこの日のために「巴の練習」をしたのですが、やはり愛する人のことを桃地は一番わかっているのでした。



巴と桃地にとって、一番の心残りは「あのときキスしておけば」良かったということでした。

桃地は、田中マサオに「キスしてもいいですか?」と聞きます。

そして、キスをした途端、巴が突然戻って来たのです。

本当の本当にこれが最後だと言って。

桃地の目には、美しいウェディングドレス姿の巴がしっかりと残っていました。

巴がこの世に戻って来た理由

あの世には、「よみがえり抽選会」というものがあるようです。

商店街の福引みたいなやつです。

それを引いたら、巴は一等を当てることが出来たのです。

一等は人間、二等は犬、三等は虫です。

実は、よみがえりの魂はこの世に結構いると言います。

一人の人にだけしつこく群がる虫やペットとして愛されている犬。

愛する人の元に、ほんの一時、魂は戻ることが出来るのです。

ゆか
ゆか

よみがえり抽選会。本当にあるといいなぁ。ほんの一時でも愛する人の側に戻れるって、すごくうれしいこと。特に突然亡くなった人にとっては。

一年後、田中マサオの息子の優太郎は、有名女優とおじさんの魂が入れ替わる物語を漫画に描き、編集者に期待される存在になっています。

桃地と巴の結婚式のフラダンスの動画がバズり、日本は空前のフラダンスブームとなり、帆奈美は大忙し。

高見沢は新しい才能のある新人漫画家を見つけ、いきなり結婚を申し込む。

桃地は、変わらず「スーパーゆめはな」で働きながら「SEIKAの空」読んでいる。クレーマーをカッコよく退治しようとしてうまくいかなかったり、桃地らしい。



巴は天界でも漫画を描いています。

お金か徳を積めば、またよみがえり抽選会に参加できるので、また桃地に会いに来ることが出来るかもしれない。

しかし、巴は本当は桃地に自分のことなど忘れて幸せになってほしいと思っています。



巴は死んでしまいますが、とても、心温まる物語でした。

人の死は悲しいことだけれど、本作は不思議とあたたかい気持ちになれて、幸せなラストでした。

ドラマ「あのときキスしておけば」最終回の感想 最後に

ドラマ「あのときキスしておけば」最終回の感想でした。

ラストシーンで田中マサオさんが「もーもち!」と巴の声で言います。

振り返った桃地は「おかえりなさい」と言ってドラマは終わります。

巴さん、もう帰って来たのでしょうか?

それとも…?


以下の記事で、第7話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧ください。

【関連記事】

ドラマ「あのときキスしておけば」第7話の感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA