恋はもっとDeepに-運命に再会スペシャルー ネタバレ感想|主演・石原さとみ 綾野剛 おかえり海音

海

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「恋はもっとDeepにー運命の再会スペシャルー」の感想です。

海に帰った海音は、3年間、倫太郎は星ヶ浜の海で海音を待ち続けています。

そして、ある3年後のスーパームーンの日。

「倫太郎さん」とあの懐かしい海音の声が聞こえて…。

ドラマ「恋はもっとDeepにー運命の再会スペシャルー」感想

人魚

あらすじ

劇的な再会で幕を閉じた運命の恋。

その別れから再会までの空白の3年間を描くスペシャルストーリー!

海音みお(石原さとみ)が海へと帰ったあの日―。倫太郎(綾野剛)は悲しみを押し殺し、蓮田家へと車を走らせていた。光太郎(大谷亮平)と榮太郎(渡邊圭祐)の待つ家に着いた倫太郎は、感情を抑えきれず、静かに泣き崩れる……。

一週間後、海音のいない寂しさに沈む鴨居(橋本じゅん)の元に、Mr.エニシ(福山翔大)が現れる。エニシは、海音が皆に向けて残したという動画を手にしていて……。

鴨居は研究室に藍花(今田美桜)たち仲間を集め、海音の動画の鑑賞会を企画。そこに倫太郎も駆けつける。動画の中で海音は仲間たち一人一人と過ごしたかけがえのない時間と感謝の気持ちを語っていて…。

最後に海音は倫太郎について話し始める。倫太郎は動画を一時停止すると、「……一人で見ていいですか?」と断り、画面の海音と二人きりの時間を過ごす。海音が最後に倫太郎に残した言葉とは……?

別れから3年、倫太郎は何を思い、どんな日々を過ごしていたのか?

鴨居研究室や蓮田トラストのメンバーには、どんな出来事が起きていたのか?

そこには<もっとDeepな愛のドラマ>があった……!!

[引用元]日本TV「恋はもっとDeepにー運命の再会スペシャルー」

泣き崩れる倫太郎

最愛の人、海音(石原さとみ)が海に帰り、一人車を運転して家に帰る倫太郎。

光太郎(大谷亮平)と榮太郎(渡邊圭祐)は、大けがをして入院していたのに、突然姿を消した倫太郎を心配していました。

そして、突然帰って来た倫太郎に「大丈夫なのか?」と聞く二人。

二人の顔を見た途端、倫太郎はずっと抑えていた涙を流し、そのまま泣き崩れてしまいます。

ゆか
ゆか

海音のキスで意識を取り戻した倫太郎は、生死の境をさまよっていましたが目を覚ますことが出来ました。海音と別れるときは一切涙を流しませんでしたが、倫太郎は家に帰って来たとき堰を切ったように泣き崩れます。このシーンは涙なくして観られませんでした。

それから、一週間後、倫太郎は仕事に復帰します。

そして、海中展望タワーの建設は中止にすると発表。

代わりに、海と水槽が繋がっている水族館の建設計画が発表されました。

これは、海音の発案でした。

海音が残した動画

今もまだ悲しみに沈む鴨居教授(橋本じゅん)の元に、YoutuberのMr.エニシ(福山翔大)がやって来ます。

海音がみんなへのメッセージ動画をエニシに残していたようなのです。

鴨居教授は倫太郎に連絡し、みんなでその動画観ませんかという。

動画は鴨居研究室で撮られたもので、海音の穏やかな笑顔で溢れていました。

研究室での印象的な出来事は?
蓮田トラストと鴨居研究室で懇親会をしたとき、まだ鴨居研究室に馴染んでいなかった倫太郎が染谷教授から渡されたハマグリを落としてしまって、そのときの染谷教授の顔が忘れられない。染谷先生はいつもすごく笑わせてくれて、いつも元気をもらっていた。二人で水槽を洗うのが日課で、もうそれができないのはとても寂しい。
椎木先生はどんな人?
椎木さんは愛用のブランケットに同化して、誰もいないと思っていたら、実はそこにいたり。初めはあまり話せなかったけれど、少しづつ話せるようになって椎木さんから心を救われるような言葉をかけてもらった。毎日、テントで眠っているから今日は帰らないんですか?と聞いたら、今日は彼女に怒られて家に帰れないんだと言っていたり。
藍花さんはどんな人?
藍花ちゃんは、すごくすてき。もう、大好き。一緒に山に水質調査に行ってすごく楽しかった。藍花ちゃんからたくさんのことを教わった。研究室のみんなのことも、メイクや洋服のことも。倫太郎さんとのこともずっと話を聞いてくれた。何でも話せる友達。いつも優しくて励ましてくれて。こんな藍花ちゃんに愛されてる榮太郎さんは幸せ者。
鴨居さんはどんな人?
鴨居さんは命の恩人。鴨居さんと出会ってなかったら、今の私はいない。私の小さな変化にもすぐに気づいてくれて、身を挺して守ってくれて。血は繋がってないけど、鴨居さんは家族。ここに来るまで私は人間はひどい生き物だと思っていた。海を汚す生き物。でも、海を汚すのも人間なら守ってくれるのも人間だとわかった。だから人間と共に生きていく道を探すべきだと思った。

海音は、人間は海を汚す、言わば自分たち海の生き物の敵だと思って、この人間界にやって来たようです。

しかし、あたたかい人々の優しさに触れて、戦うのではなく、共に海を守っていけるのが人間だと気づきます。

海音に敵だと思われているのは、人間として悲しい。

海の環境を人間は守っていかなければならないのです。



椎木先生には、外国人の素敵な彼女がいたんですねw。

外国語が堪能なのもわかります。

女子学生からも、大人気なので、椎木先生は女性にすごくモテるのです。



染谷先生と藍花ちゃん、椎木先生の話をしているときの海音は、本当に幸せそうな顔をしています。

みんなのことが大好きなのです。

そして、鴨居教授は命の恩人。そして、家族のような大切な人。

ゆか
ゆか

この動画のシーン、素晴らしいと思いました。本人がいないところでしか、本心を話すことは出来ないこともあります。Mr.エニシ、今回もgood job!

倫太郎について

動画の最後に、Mr.エニシが倫太郎のことについて海音に話しを聞きます。

倫太郎は、さっと動画を止めて、「一人で観てもいいですか?」と言います。

きっと、倫太郎への愛の言葉に溢れていて、倫太郎は自分がきっと泣いてしまうことが分かっていたようです。



二人が初めて出会ったのは、TV局のスタジオでした。

スタジオに置いてあった水槽を、愛おしそうに見ていたのが倫太郎でした。

しかし、倫太郎自身が、海中展望タワー建設を進めている張本人でした。

倫太郎はすごく感じが悪くて、でも海音の頭からずっと離れなかったのです。

倫太郎はときどきすごく悲しそうな顔をするので、この人は一体、何を考えているんだろうと思って…。

ゆか
ゆか

これが、恋というものですね。とにかく、その人のことが気になって仕方がなくて、腹立たしいのに気づいたらその人のことを考えている…。

ある日、海音がバスを待っていると倫太郎が焼き芋を買って来てくれました。

初めて食べる焼き芋は熱くて甘くておいしくて、すごくあたたかい気持ちになったのです。



そして、倫太郎の母がいつもつけていたアクアマリンの指輪を海音が海で見つけて、ずっと大切に持っていました。

その指輪を見た倫太郎は涙を流したのです。

ゆか
ゆか

二人の気持ちが近づいたのは、このお母さんの指輪を海音がずっと大切に持っていたこと。これが倫太郎の心の琴線に触れたのだと思います。このときから、倫太郎はさらに海音への愛が深まっていったように感じました。

二人の一番の思い出は、倫太郎はバーベキュー。海音は遊園地。

あのときの倫太郎のすごい顔が忘れられないといいます。

楽しいときはあっという間に過ぎて、海音の身体は少しづつ弱っていきます。

周囲に迷惑をかけることを危惧した海音は、早くここを去らなければと思い始めます。

しかし、あまりにも人間に近づきすぎた海音は一旦は海に帰れなくなってしまいます。

ただ、これはその日がスーパームーンではなかったからです。



倫太郎は、どんなときも優しくて強くて、自分を守ってくれました。

もう、一緒にいられないけど、倫太郎さんにはたくさん笑っててほしい、夢を叶えてほしい、ずっと幸せでいてほしい。

ゆか
ゆか

倫太郎も海音も涙を流しながら、笑顔でお互いの幸せを祈ります。観ている私も号泣でした。あまりにも美しく切ない愛の形。涙涙のシーンでした。

星ヶ浜で暮らす

三兄弟で、家でカレーを食べていたときのこと。

倫太郎が「俺、東京を離れて、星ヶ浜に住む」と言い出します。

会社は光太郎に任せて、水族館の建設に全力を傾けると。

住む場所は、決まっていないがペンションでも始めようかと考えているようです。

榮太郎も、会社を辞める決意をしています。

一年後

倫太郎は海の家を経営し始めます。お店の名前は「Marine Sound」。

海中水族館・星ヶ浜リゾート「みらい水族館」の構想が、かたまり始めた倫太郎。

今は、星ヶ浜に遊びに来る子供たち相手に、海の家でのんびり仕事をしています。

そして、今日はスーパームーン。

もしかしたら、海音が帰ってくるかもしれないので、鴨居研究室のみんなと榮太郎、Mr.エニシが倫太郎の海の家にやって来きます。

しかし、海音が帰ってくることはありませんでした。

二年後

星ヶ浜リゾートみらい水族館の工事予定地が決まりました。

そして、今日は二年目のスーパームーン。

今年も、鴨居研究室のみんなとMr.エニシがやって来ます。

星ヶ浜の海には、最近ゴミが落ちていません。

海音が残していったものが、少しづつ星ヶ浜の海に根付いて来ているのです。

しかし、今年も海音は帰って来ませんでした。

三年後

蓮田トラストのアドバイザーには、藍花ちゃんが就任していました。

そして、Mr.エニシは、蓮田トラストの社員になりました。

Youtuberで、星ヶ浜への愛に変わりはありませんが、「安定」を考え始めたようです。

そして、鶴川(藤森慎吾)の部下になりました。

ゆか
ゆか

みんなそれぞれ、環境が変わって来ています。榮太郎は会社を起業して2年。そして、いよいよみらい水族館がオープンします。毎日、可愛い貝殻が置かれた岩に、今日は貝殻が置かれていませんでした…。

さらに、星ヶ浜リゾートみらい水族館がオープンしました。

星ヶ浜リゾートの目玉になるだろうなと光太郎もうれしそうです。

この水族館は海と繋がっているので、いつ来ても違う魚を見ることが出来ます。

そして、今日はスーパームーン。

海音がいなくなって3年の月日が流れたということです。



倫太郎が海の家の片づけをしていると…。

「倫太郎さん」という懐かしい声が。

海音が帰って来たのです!


「何、勝手に帰って来てるんだよ!…おいで」

固く抱きしめ合う二人。

そこに、鴨居研究室のみんなと光太郎をはじめ蓮田トラストの社員たちが、海の家にやって来ます。

3年経って、みんなが待ち焦がれた海音はやっと帰って来たのです。

海音が帰って来た理由を考察

海音は、海へ帰ってから3年経って帰って来ました。

1年目、2年目のスーパームーンの日には、まだ水族館は完成していませんでした。

海の生態系を変えてしまう海中展望タワー建設は中止になりました。

そして、海の生き物に影響の少ない海と水槽がつながった水族館建設へ変更されることになり、それが完成して海音はやっと帰ってくることが出来たのです。

人間を海を汚すだけの敵だと思われていた海の生き物や海の神様に、やっと海のことを人間は考えてくれているのだと信じてもらえたのだと思います。

みらい水族館は、構想から完成まで3年の時間を要しました。

そのため、海音は3年間、戻ってくることが出来なかったのです。



このあと、また1年だけ人間界にいてまた海に帰っていくのか、このまま人間界に留まることが出来るのか、または海音は人魚から人間になれたのか…。

このまま海中展望タワーの建設が進められていたら、海の生態系はめちゃくちゃになっていたはずです。

海の生き物の世界にとって、海音が海中展望タワーの建設を中止にできたことが、海音の「任務完了」だったのです。



いろいろと視聴者が後から想像できる形のラストシーン、私は素晴らしいと思います。

正直、海音から詳しく説明されるのは、私にとっては興ざめ。

これは、ベストなラストシーンだと思います。



以上、私の超個人的な考察と感想でした。

ドラマ「恋はもっとDeepにー運命の再会スペシャルー」感想 最後に

ドラマ「恋はもっとDeepにー運命の再会スペシャルー」の感想でした。

美しい再会のシーン、感動しました。

Mr.エニシに残した海音の動画も、涙々でした。

鴨居教授役の橋本じゅんさんもブログに書かれていましたが、「TVでファンタジーがあってもいいじゃないか」と。

同感です!

ロマンティックで、美しいラブストーリー。

最後はハッピーエンドのラブコメはやはり、見終わったあとすごく気持ちいいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA