映画「ファイ 悪魔に育てられた少年」感想|犯罪者の5人の父に育てられて

映画「ファイ 悪魔に育てられた少年」の感想です。

ファイとは、主人公の少年の名前です。

かなり残酷なシーンもありますが、アクションシーンは大迫力です。

「ファイ 悪魔に育てられた少年」 あらすじ

17歳のファイは、学校に通う代わりに”5人の父親”から犯罪のスキルを教え込まれて育った。カリスマリーダーのソクテ、心優しい運転手ギテ、インテリのジンソン、スナイパーのボムス、攻撃的なドンボム__。父たちと同じ道に生きることを余儀なくされ、殺人現場に連れ出されたファイは、一発の銃声が鳴り響いた瞬間から魔物のように恐ろしい”過去の真実”に直面する。残酷な人生を背負ってしまった少年と、彼を取り巻く男たちの凶行は、容赦なき運命に導かれ疾走していく__。(C)2013 SHOWBOX / MEDIAPLEX AND NOW FILM ALL RIGHTS RESERVED.

[引用元]Amazonプライムビデオ「ファイ」あらすじ

【監督】チャン・ジュナン
【出演者】ヨ・ジング キム・ユンソク チョ・ジヌン

それぞれのスキルをファイ一人が教えられて

ファイ(ヨ・ジング)は、幼い頃、5人の犯罪者集団に金銭目的で誘拐され、犯罪自体は失敗しますが、殺害されることなくそのまま育てられています。

5人は、同じ児童養護施設の出身で、それぞれ得意なことを生かして、チームで犯罪を行ってきました。

カリスマ性のあるリーダー的な存在のソクテ(キム・ユンソク)、心優しくドライビングテクニックの高いギテ(チョ・ジヌン)、ピッキングを得意とし殺人を躊躇しないドンボム(キム・ソンギュン)、頭脳派のジンソン(チャン・ヒョンソン)、スナイパーのボムス(パク・ヘジュン)の5人を「父親」として生活し、それぞれのテクニックを教え込まれて育ちます。

そのため、ファイ一人が、すべてのテクニックを身に着けていることになります。

 

ファイは、学校には行っていないのですが、いつも制服を着ています。

年齢的にその方が、街の中に溶け込めるからです。

 

ある日、ファイは一人の少女と知り合います。

淡い恋心を抱きますが、ファイの立場では恋が叶うことは難しいのですが…。

ファイの本当の父親はソクテ

ファイの父親は、牧師であり、セメント会社の社長の息子で、ソクテたちの児童養護施設にたくさんのプレゼントを持って訪ねてくるボランティアで、子供たちにとって「神様」のような存在でした。

ソクテは同じ施設にいた少女に恋をしていましたが、少女は牧師(ファイの父)が好きでした。

嫉妬したソクテは、少女を襲い、妊娠させてしまいます。

牧師は、それを知って少女と結婚し、子供(ファイ)を自分の子供として育てます。

 

そのため、ファイの本当の父親は、ソクテなのです。

映画の中では、わかりやすく描かれてはいないのですが、ソクテの回想シーンで、それがわかります。

ソクテとファイに見える怪物の正体

ファイは、おぞましい怪物に襲われる幻覚を見ていました。

実は、ソクテもファイと同じ怪物に襲われる幻覚を見ていました。

その怪物の正体とは何なのか。

 

児童養護施設時代、神様のような牧師は、夜になるとソクテの寝室に潜り込み…。

ファイ自身も誘拐される前、父親(牧師)に同じことをされていたのかもしれません。

そして、ソクテとファイが見ているおぞましい怪物は、牧師のことだったのではないでしょうか。

 

まだ少年であるファイが、どれほどの苦悩を感じていたかと思うと、心が痛みます。

流血シーンが多いけれど本当に残酷なのは

ファイは、誘拐された被害者ですが、5人の「父親」からとても愛されて育ちました。

心優しいギテは、本当の息子以上にファイを大切にしてくれますし、インテリのジンソンは、ファイの芸術的な才能を見抜き、芸術大学に留学させる計画を立ててくれ、5人の中では最も若いボムスは、親子というより兄弟のようにファイを可愛がってくれます。

 

この映画は、残酷な流血シーンがとても多い映画です。

しかし、それよりももっと残酷なのは、5人から犯罪テクニックを教え込まれ、無敵な存在となっていたファイが、実の父親、育ての父親、すべてと戦わなければならなかったことです。

恋する少女を残して

ファイが恋をしていた少女は、写真家になることが夢です。

そして、彼女は少し事件に巻き込まれるのですが、ファイは、そのお詫びなのか、好きな女の子へのお別れのプレゼントだったのか…高価なカメラをプレゼントし、街の雑踏の中に消えていきます。

犯罪者集団に育てられたファイの生きる道は、もう一つしかないのかもしれません。

エンディングで、ファイが描いたスケッチがバックに流れていくのですが、今までの彼の「幸せ」を象徴していて、切なくなります。

主演のヨ・ジング

この映画の主演を演じたヨ・ジングさんは、日本でもファンミーティングが開催されるほど人気のある俳優さんです。

2008年に8歳でデビューし、子役としても活躍していたようです。

この映画「ファイ 悪魔に育てられた少年」で、子役から大人の俳優へ脱皮したといわれていますが、このとき、まだ15歳です。

15歳で、すでにアクションシーンも迫力があり、演技力も高く、22歳になった今では美しい青年に成長されていますが、自分はイケメンではないという謙虚さも人気の秘密なのではないでしょうか。

私は、この映画で初めて知ったのですが、他の映画もぜひ観てみたいと思いました。

最後に

映画「ファイ 悪魔に育てられた少年」の感想でした。

アクション映画でもありますが、描かれている内容はとても深い映画です。

残酷なシーンもありますが、ぜひご覧になっていただきたいおすすめの映画です!

 


Prime Video