映画「ハナレイ・ベイ」感想|原作は村上春樹著「東京奇譚集」

今日は、WOWOWで映画「ハナレイ・ベイ」を観ました。

原作は、村上春樹著「東京奇譚集」という短編集の中の1つ『ハナレイ・ベイ』です。

とにかく、吉田羊さんの演技が素晴らしかったです。

映画「ハナレイ・ベイ」あらすじ

以下に、あらすじとして、映画の公式サイトのstoryより引用させていただきました。

シングルマザーのサチ(吉田羊)は、息子のタカシ(佐野玲於)がハワイのカウアイ島にあるハナレイ・ベイで亡くなったことを電話で知らされる。大好きだったサーフィン中に大きなサメに襲われ死んだという。彼女は、彼が命を落としたハナレイ・ベイへ向かい、海辺近くの大きな木の下で読書をして過ごした。毎年、この「行為」は続いた。同じ場所にチェアを置き、10年間。だが、彼女は決して海には近づかない。ある日、サチは2人の若い日本人サーファーと出会う。無邪気にサーフィンを楽しむ2人の若者に、19歳で亡くなった息子の姿を重ねていくサチ。そんな時、2人から“ある話”を耳にする。「赤いサーフボードを持った、片脚の日本人サーファーを何度も見た」と…。サチは決意する。もう一度、息子に会うために─。

[引用元]映画「ハナレイ・ベイ」公式サイト

 

村上春樹作品は、映像化が難しいと言われています。

私も、村上春樹ファンなので、新しい作品が出たら必ず読んでいますが、今までの映像化されたものは…うーん…という感じw

大体、村上作品以外でも、原作を読んでから映画化やドラマ化されたものを観るとがっかりすることが多いのですが、この映画は観てよかったなと思っています。

本当にいい映画でした!

吉田羊の演技力が冴えわたる

私のようなただの一般人が、女優さんの演技をどうこういうのも口幅ったいのですが、吉田羊さんの演技が本当に素晴らしかったです。

そして、吉田羊さんは、村上作品に出てくる女性のイメージにぴったりなんです。

村上春樹の作品に出てくる女性は、私の中では「肩くらいまでのストレートヘアのクールビューティー」というイメージ。

そして、絶対にスリムな女性。

あくまでも、細身の女性。

きっと、村上春樹氏は、太った女性が嫌いなんだろうな…といつも胸を痛めながら読んでいますw

そういうわけで、吉田羊さん、ぴったりです。

これから原作を再読してみますが、絶対私の頭の中には、吉田羊さんが「サチ」としてくっきり浮かんでくると思います。

泣くことができないのは

サチ(吉田羊)は、息子タカシ(佐野玲於)が鮫に襲われて亡くなったと知らされ、ハワイのカウアイ島に駆けつけるのですが、息子の亡骸と対面しても一切泣かないのです。

息子の遺品も淡々と受け取ります。

そして、それから10年間、サチは毎年息子の命日の前後数日間をこの島で過ごします。

ある日、息子と同年代の2人の日本人サーファーと出会ってから、サチの心は少しづつ変化していきます。

それまでのあまりにも淡々としたサチの行動は、タカシの死を受け入れることが出来ていなかったからなのかもしれません。

そして、あるものを受け取ったサチは、初めて涙を流します。

10年かかって、サチはタカシの死を受け入れられたのかもしれません。

このシーンの吉田羊さん、本当に素晴らしかったです。

最後に

映画「ハナレイ・ベイ」は、小説は小説として、映画は映画としてどちらも良かったです。

これもひとえに、吉田羊という女優の力なのかなと思います。

今日もいい映画観たなぁー!!


ハナレイ・ベイ 【Blu-ray】

こちらは原作本です。
「ハナレイ・ベイ」は2つ目です。


東京奇譚集 (新潮文庫) [ 村上春樹 ]