映画「WOOD JOB!ウッジョブ~ 神去なあなあ日常~」感想|林業男子!

映画「WOOD JOB! ウッジョブ~神去なあなか日常~」の感想です。

都会育ちの平野勇気が、不純な動機で林業の世界に飛び込み、立派に成長するお仕事コメディ映画です。

力強く生きる野性的な村の人々が素晴らしいです!

「WOOD JOB!ウッジョブ~ 神去なあなあ日常~」 あらすじ

【TBS Pictures】『ウォーターボーイズ』『スウィングガールズ』矢口史靖が監督・脚本。誰も見たことのない爆笑と感動と衝撃のノンストップ大木エンタテイメント!ひょんなことから”森”で働くことになった都会育ちの若者の成長を軸に繰り広げられる、爆笑と感動の物語。主演は人気若手俳優の染谷将太、ヒロインには長澤まさみ。そのほか、伊藤英明、優香、光石研、西田尚美、マキタスポーツ、有福正志、近藤芳正、柄本明と実力派俳優が顔を揃える。(C)2014「WOOD JOB! ~神去なあなあ日常~」製作委員会

[引用元]Amazonプライムビデオあらすじ

【監督】矢口史靖
【出演者】染谷将太 長澤まさみ 伊藤英明 優香 光石研

林業という仕事

付き合っている彼女と同じ大学に進むはずが、自分だけ落ちてしまった平野勇気(染谷将太)。

これから先のことが決まっていなかったときに、街角に置かれた林業研修のパンフレットを見て、パンフレットの美女(長澤まさみ)につられて、研修を受けることにします。

こんな安易な理由で研修を決めてしまって大丈夫かな…と思いましたが、野性的な中にもあたたかい村の人々に助けられ、勇気は仕事を少しづつ覚えていきます。

 

都会に住んでいると、林業という仕事が実際にどんな現場なのかを知ることはなかなか難しいです。

もちろん、山の中の不便な場所で行われている仕事だということくらいはわかりますが、ここまで大変だとは…。

しかし、この映画は、林業の過酷さを、とてもコミカルに描いている作品です。

実際に、林業を営んでいる方々にとっては、これが日常なのだとは思いますが。

 

勇気の元カノが、大学の「スローライフサークル」の友人を連れて、勇気が研修を受けている中村林業に見学に来るシーンは、ある程度の誇張はあるとは思いますが、何だかちょっと恥ずかしい気持ちになりました。

もう、山の男になりかかっている勇気も、許すことができなかったようです…。

木の年輪

林業という仕事は、いい木を育てるためには何百年とかかるため、後々の林業従事者のことも考えて木を切らなければなりません。

勇気は、大きな木を切った帰りの車の中で、中村さん(光石研)にそれを教えられるのです。

中村さんの家は、代々林業を営んでいる家系のようで、100年以上前の先祖の写真がお家に飾られています。

しかし、現在ではPCも導入され、近代的な方法も取り入れられているようです。

おそらく、野生児・飯田与喜(伊藤英明)さんは、PCは使っていなさそうですがw

 

光石研さん演じる中村さんは、立派な山の男でもあるのですが、とても冷静で優しく穏やかで、理智的な感じがとてもステキです。

野性味あふれる飯田さんもカッコいいのですが、私は、中村さんがすごくカッコいいと思いました。

光石研さん、やはり、名バイプレーヤーですね!

 

林業は、日本の大切な文化の一つでもあると思います。

山の神様を崇めるお祭りなどもあり、現代建築でも木を使うことは多いですよね。

 

この映画の中にも、少し幻想的なシーンが出てきます。

山で木を切っているときに、勇気がお地蔵様を見つけ、おにぎりをお供えするシーンです。

お地蔵様は、優しく村人の助けとなってくれるのです。

ここは、とても、心があたたかくなるシーンでした。

野性的な村の人々

老若男女を問わず、村の人々の逞しさと、男性たちの野性味に圧倒されます。

林業研修生は、当初、そこそこの数の人が受けているのですが、最終的に残ったのは、3人だったのでしょうか。

元自衛官、元ヤンキー、そして勇気の3人です。

 

村のおばあちゃんたちもみんな元気で、頼もしい。

そんな中でも、飯田与喜の野性味は、半端じゃないです。

遠くから走ってトラックに飛び乗ったり、手鼻で鼻かんだりw

しかし、このくらい野性的でないと林業という仕事はやっていけないのかもしれません。

伊藤英明さん、本領発揮といった感じでした。

都会育ちの若者が林業の世界へ

勇気は、無事一年の修業を終えて、街の生活に戻ろうとするのですが、すでに一年の研修で身体に木のぬくもりや香りが身体に染み付いているようです。

研修当初は、かなり心配な感じの勇気でしたが…。

 

直紀(長澤まさみ)さんの魅力もあったとは思いますが、結末はとてもハートウォーミングです。

もう勇気は、立派な「木こり」なのです。

最後に

映画「WOOD JOB!ウッジョブ~神去なあなあ日常~」の感想でした。

この映画は、映画館でも観たので今回二度目でしたが、笑えるし、神聖な気持ちにさせられる部分もあり、やはりすごく面白い映画だと思いました。

おすすめの一本です!

 


Amazonプライム・ビデオ