映画「奇跡のリンゴ」感想|無農薬でリンゴを作るという強い信念

映画「奇跡のリンゴ」の感想です。

物語は、あるリンゴ農家の実話です。

無農薬でリンゴを作るという信念を貫き通し、奇跡は起こりました。

「奇跡のリンゴ」 あらすじ

1975年、青森県弘前。リンゴ農家の木村秋則は、妻・美栄子の身体を心配していた。美栄子は年に十数回も散布する農薬の影響で皮膚がかぶれ、数日寝込むこともあったのだ。そんな妻を想い、秋則は無農薬によるリンゴ栽培を決意する。しかし、それは「神の領域」といわれるほど「絶対不可能」な栽培方法。数えきれない失敗を重ね、周囲の反対にあい、妻や3人の娘たちも十分な食事にありつけない極貧の生活を強いられる日々。それでも諦めなかった秋則は、11年にわたる想像を絶する苦闘と絶望の果てに常識を覆すある「真実」を発見する。『チーム・バチスタの栄光』の中村義洋監督が、壮絶な辛苦の果てに、無農薬栽培で甘くて美味しい「奇跡のリンゴ」を生み出したある家族の感動の実話を映画化。(C)2013「奇跡のリンゴ」製作委員会

[引用元]Amazonプライムビデオ「奇跡のリンゴ」あらすじ

【監督】中村義洋
【出演者】阿部サダヲ 菅野美穂 池内博之 原田美枝子 山﨑努

リンゴ農家の苦労ー農薬の怖さ

最近は、無農薬の野菜などが人気を集めています。

消費者が、農薬の危険性について考え始めるようになってきたからです。

私自身は、あまり何も考えずに値段の安い野菜や果物を購入しています。

そのときに値段が安くなっているものを買っているので、もう少し農薬の害について考えなければ…と、この映画を観て感じています。

それと同時に、この映画で教えられたことは、農薬を使用する側の農家さんのことです。

 

本作の主人公の妻・美栄子(菅野美穂)さんは、農薬に過敏なタイプで、農薬散布の時期になると体調を崩して倒れてしまいます。

吐けきやめまい、そして、皮膚がただれたりするのです。

しかし、リンゴは農薬を使わずに作ることがとても難しいと言われています。

無農薬リンゴは、「神の領域」とまで言われています。

そのため、リンゴ農家は当たり前のように農薬散布をしてリンゴを育てているのですが…。

 

消費者にとって影響の出ない農薬の量は厳密に制限されているようですが、やはり「怖い」と思いました。

 

おいしく高品質なリンゴを作るためには、ある程度の農薬は仕方がないのかもしれませんが、秋則(阿部サダヲ)さんの挑戦は、素晴らしいものだと思います。

リンゴの丸かじりは、だんだんしなくなってきていましたが、秋則さんのリンゴなら安心して丸かじりしてみたいです。

答えは「あきらめないこと」

手にリンゴを持つ人

秋則は、答えを求め、さまざまな試行錯誤を行いながら、無農薬のリンゴを完成させます。

それには、とても長い期間を要しました。

その間、美栄子さんも三人の娘たちも、極貧生活を強いられます。

ガスや電気も止められ、夜はランプで生活し、健康保険も払うことができません。

三食の食事さえ、満足に摂ることが出来なくなっていきます。

長女は、ストレスで入院することになってしまうのです。

 

さらに、周囲の人々にも白い目で見られ、馬鹿にされ、とうとう「村八分」状態になってしまいます。

回覧板さえ回してもらえなくなるのです。

 

それでも、家族は父・秋則を信じています。

そんな苦しい生活の中で、秋則は子供たちに「あきらめないことの大切さ」を、自然に教えることになります。

あきらめてしまったら、今までやってきたことは全てゼロに戻ってしまいます。

何でもあきらめなければ成功すると言うことは出来ないかもしれませんが、自分が納得するまで続けることで得るものは大きい

 

無農薬のリンゴは、あきらめないことと「あることに気づく」ことで完成するのです。

阿部サダヲという俳優

今や、日本のドラマや映画、もちろん舞台には欠かせない俳優・阿部サダヲさん。

本作品では、子供の頃から、何でも解体してしまう好奇心旺盛で探求心に富んだ、木村秋則という実在の人物を演じています。

私は、何度も舞台の阿部サダヲさんを拝見していますが、とにかく、少し高めのトーンの声がとてもよく通る俳優さんです。

セリフがはっきり聞こえるのは、舞台はもちろん、俳優としてとても大切なことだと思います。

さらに、身のこなしが軽やかで、観ていてワクワクするような演技をされる俳優さんです。

バンド活動もされていて、多才なところも魅力。

舞台では、他に贔屓の俳優さんが出演していても、「やっぱり阿部サダヲはいい!」と感じてしまいます。

 

本作でも、少し重いシーンがあるのですが、それも嫌な重さを出さずに演じられているのが素晴らしいです。

これからも、阿部サダヲさんの出演作品はチェックしたいと思います!

最後に

映画「奇跡のリンゴ」の感想でした。

苦しい生活の中でも、父を信じた家族の愛も素晴らしく、あきらめないことの大切さを教えていただきました。

何かを頑張っている人にとっては、背中を押してくれる映画だと思います。

おすすめです!

 


Amazonプライム・ビデオ