映画「言の葉の庭」感想|雨の日の美しい風景の中で

映画「言の葉の庭」の感想です。

街や木々の風景が、とても写実的で素晴らしい映画です。

ストーリーも切なく美しいです。

「言の葉の庭」 あらすじ

靴職人を目指す高校生・タカオは、雨の朝は決まって学校をさぼり、公園の日本庭園で靴のスケッチを描いていた。ある日、タカオは、ひとり缶ビールを飲む謎めいた年上の女性・ユキノと出会う。ふたりは約束もないまま雨の日だけの逢瀬を重ねるようになり、次第に心を通わせていく。居場所を見失ってしまったというユキノに、彼女がもっと歩きたくなるような靴を作りたいと願うタカオ。六月の空のように物憂げに揺れ動く、互いの思いをよそに梅雨は明けようとしていた。(C)Makoto Shinkai / \ CoMix Wave Films

[引用元]Amazonプライムビデオ「言の葉の庭」あらすじ

【監督】新海誠

雨の日には

高校一年生のタカオは、雨が降ると地下鉄に乗らず学校をさぼって、公園に行きます。

そこで、靴のデザインのスケッチを描いています。

タカオは靴職人志望なのです。

 

ある日、いつも雨の日に行く東屋に、先に一人の女性がいて、チョコレートを食べながらビールを飲んでいました。

その取り合わせに驚くタカオでしたが、それにはある理由があって…。

さらにこの女性は、仕事もせずにこんな時間にどうしてこんなところにいるんだろう?とタカオは思います。

自分のことは棚に上げて。

そして、タカオはこの女性をどこかで見たことがあるような気がするのですが…。

 

雨の街並みや公園の風景が、とにかくすごく美しいです。

私は、あまりアニメーション映画は観たことがないので、新海誠監督作品は、この映画が初めてです。

これほどまでに写実的で美しい映像美がアニメーションで表現できるのかと、正直驚きました。

この映像美を観るだけでも、この映画を観る価値があると思いました。

「言の葉の庭」とは万葉集の問答歌

雨の降る道

雨の日になると、二人はこの公園にやってきて、他愛もない話をするうちに少しづつ心を通い合わせます。

この謎めいた女性の名前は、ユキノ。

しかし、自分のことをあまり話さない人です。

 

ある日、ユキノが、

「雷神の 少し響みて さし曇り 雨もふらぬか 君を留めむ」と、万葉集の中の短歌をタカオにつぶやきます。

タカオは、すぐには意味がわからず、調べます。

これは、万葉集の問答歌の問歌です。

意味は、『雷が少し響いて、曇ってきた。雨もふらないでしょうか。あなたをここに留めるために』です。

その答歌は、

「雷神の 少し響みて ふらずとも 吾は留らむ 妹し留めば」

意味は、『雷が少し響き、雨が降らなくても私はここに留まろう あなたが望むのならば』です。

 

タカオは、ユキノにこの歌を返します。

 

映画のタイトル「言の葉の庭」はこの問答歌からきているようです。

支え合うふたり

自分の居場所をなくしたユキノと、靴職人になるという夢が実現できるものなのか不安に感じているタカオ。

ふたりは、この公園でお互いを支え合うのですが、実は二人には接点があります。

タカオだけがそれに気づいていません。

 

しかし、二人が分かり合ったある日、突然の別れが訪れます。

ユキノは一体、誰なのか。

ユキノは一体、どこに行ってしまうのか。

美しい映像美と共に、その謎を映画を観て確認してみてください。

 

46分ほどの短い映画ですが、美しく心を打つ物語です。

最後に

映画「言の葉の庭」の感想でした。

映像がとにかく驚くほど美しいので、切ないストーリーと共に、背景の美しい映像美をご覧になってみてください。

おすすめの作品です。

 


Amazonプライム・ビデオ