映画「そこにいた男」感想│一途な女の情念を35分で思い知れ!

こんにちは。

はるき ゆかです。

 

映画「そこにいた男」の感想です。

本作は、クラウドファンディングで制作費を集め、制作された映画です。

34分ほどの短編ですが、俳優陣の演技力も素晴らしく見応えのある作品でした。

2019年に実際に起こった「新宿ホスト殺人未遂事件」を題材にしたと言われています。

映画「そこにいた男」感想 はじめに

あらすじ

深夜、とあるマンション内のエレベーターホールで血だらけの女(紗希)が座り込んでいる。煙草を吸いながらスマホで誰かに電話している。その横には、意識朦朧とした男(翔)が倒れている。その光景にカメラを向ける住人ら、慌ただしく無線を飛ばす警官たち。取調室、二人の刑事と虚ろな目をした紗希がいる。柔和で悲しげな表情を浮かべながら、翔との関係を話し出す。ふたりの出会いは2年前にさかのぼる。映画製作のスタッフで下働きをしていた紗希は、撮影現場で俳優の翔に出会う。連絡先を交換し、ほどなくしてふたりは、体の関係を持つまでになる。紗希は翔を愛し、借金を重ね、番組の制作費を盗んでまで翔に見も心も捧げていた。だが、そんな翔に「もう一人の女」の影が…。事件に至るまでの全貌が明らかになるとき、女たちの狂った「純愛のかたち」を知ることになる…(C)2020 CRG

[引用元]Amazonプライムビデオ「そこにいた男」あらすじ

【監督】片山慎三

u-nextでも観れます!
31日間無料トライアル!

出演者

紗希/清瀬やえこ
映画製作スタッフとして働いていた。翔とは俳優とスタッフという立場で知り合い、紗希は翔に会社の制作費を盗んでまで貢いでいた。

翔・アイザワゲンタ/安井秀和
小さな事務所に所属する売れない俳優。芸名は「翔」。本名はアイザワゲンタ。既婚者でありながら紗希とも付き合っていた。

翔の妻・ゆりこ/中村映里子
アイザワゲンタの妻で事件当時、身重であった。夫の浮気グセは知っていたが、ちょっとした意地悪心でしたことが…。

女性刑事/水口早香
紗希の取調官。

刑事/松浦祐也
紗希の取調官。

考えたら翔のこと何も知らなかった

紗希(清瀬やえこ)は、TV番組の再現ドラマの制作現場で翔(安井秀和)と出会いました。

翔は売れない俳優ですが、声や面差しが綾野剛さん似のいかにもモテそうな感じ。

翔に貢ぐ紗希

最初は戸惑い気味だった紗希ですが、みるみるうちに翔に惹かれていきます。

翔は、紗希に、お店で見かけた高級なジャケットをねだり、お世話になった人の結婚式に着ていく礼服まで買わせたり…。

愛するがゆえに貢いでしまう紗希が、痛々しい…。

翔自身は、おそらく軽い気持ちで貢がせていたつもりだと思いますが、紗希は翔が思っている以上に強い情念のようなものを持つ女性だったようです。

 

どう考えても、騙されているとしか思えないシーンが続きます。

しかし、どうしても、翔の愛を信じたい紗希の気持ちも、わからなくはなく…。

名前を教えない翔

紗希が翔に、のめりこんでいった理由の一つに、「すぐに手を出してこなかった」ことです。

今までの男性は、すぐに体の関係を持ちたがったようですが、翔はそうではなかったのです。

結局は、体の関係も二人は持つことになるのですが、「大切にされている」と思ってしまった紗希。

 

これは、結婚詐欺師の常套手段。

そして、二人でベッドの中にいたときに、紗希は翔に「小さい頃なんて呼ばれてた?」と聞くシーンがあります。

翔が本名ではないことを、紗希は気づいていたのです。

しかし、翔は「名前なんてどうでもいいじゃない」とはぐらかします。

 

このとき、紗希の中で何かが弾けたようです。

このシーンの清瀬やえこさんの表情が、すごく怖ろしい。

演技力のある女優さんだなと思います。

お腹の落書き

ある日、紗希は翔のお腹に、マジックで落書きされているのに気づきます。

下腹部のハートと鳩の落書き

ある意味、ユーモラスな落書きなのですが、紗希にとってこれほど辛いものはありません。

これは、完全に他の女性の影が…。

 

ハートはもちろん、鳩は必ず巣に帰ってくるという意味。

さらに、紗希にとってどうしても許せないものが書かれていたのです…。

その許せない落書きの部分を刺した傷が、翔の致命傷になりました。

アイザワゲンタの妻・ユウコ

翔の本名は、アイザワゲンタでした。

そして、落書きをしたのは妻のユウコ。

翔は、既婚者でした。

さらに、翔は意識が無くなる直前、妻の名前を呼んだのです。

 

人の気持を弄ぶことが、どれだけ罪なことか…。

この30分ほどの映画の中で、改めて強く感じました。

映画「そこにいた男」の感想 最後に

映画「そこにいた男」の感想でした。

今の私なら騙されませんがw、若い頃の私だったらあぶなかったなと思う映画でした。

男性諸氏、一途な女性の愛の情念を甘く見てはいけません。

ある事件が下敷きになっていると言われていますが、ディテールも少し違うし、実際に起った事件は「未遂」でした。

 

ラストシーンは、事件が起こる前。

こういう姿を見せられ、こんなことされたら、やはり「可愛い」と思うのが女なのです。

 

30分くらいで観終える事ができるので、ぜひご覧になってみてください。

 


Amazonプライム・ビデオ


そこにいた男

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA