映画「残酷で異常」感想|愛する人を理解し護ることで救われる

映画「残酷で異常」の感想です。

タイトルがすごく怖いホラー映画のようですが、ホラー映画ではないと思います。

しかし、自分がこんな状況に陥ったら…と思うととても怖いです。

「残酷で異常」 あらすじ

犯していない妻殺害の罪を追及され、男は永遠に妻殺害の現場が再現される奇妙な建物に閉じ込められる。

[引用元]Amazonプライムビデオ「残酷で異常」あらすじ

人を「殺害」した人間が死んだら、どんな世界が待っているのか。

主人公・エドガーが最後に選んだのは…。

人を殺害したものの末路

私自身も一度、悪夢を見ていて「ハッ」として目が覚めたらそこはまだ夢の中で、さらにまたそれが悪夢で「ハッ」として、目覚めたら、それもまだ夢の中で…という悪夢を繰り返す夢を見たことがあります。

この映画は、この夢と似ています。

よく自ら命を絶った人の魂は、永遠にその場にとどまり、何度も何度も自らの命を絶つことを繰り返すというのを聞いたことがあります。

そのため、決して自殺をしてはいけないのだと。

 

この映画は、もし、人を殺してしまったら、そのあとどんな世界が待っているのか?自ら命を絶ってしまった場合も同じくどんな世界がまっているのか?

少し宗教的な意味を持ったSF的な映画で、ホラー映画に分類されていましたが、ホラーとはいえない作品だと思います。

地獄が繰り返す

主人公のエドガーは、地味なタイプの男性で、友達も少なく、仕事は学校の教師です。

妻は、外国の貧しい国から迎えた女性でゴーガンという男の子の連れ子がいますが、とても魅力的で楽しいことを好むタイプの女性です。

エドガーは、そんな妻・メイロンの行動に嫉妬し、いつもイライラしています。

メイロンを愛するがゆえに、他の男にとられてしまうのではないかといつも恐れているのです。

 

ある日、エドガーは、家でテストの採点をしようと自分の部屋に入ったら、そこは自分の部屋ではなく、見たこともない場所でした。

長い廊下が続き、ナンバリングされたいくつかの部屋があります。

一つのドアの扉が開いて、そこには、古いTVに映った女性とその画面を見つめる複数の男女が椅子に腰かけていて、自分の犯した罪を懺悔しています…。

エドガーは、自分には懺悔する罪などないと主張します。

すると、別の部屋へ行くように指示され、そこにも古いTVがあり、画面に映った男性から、エドガーの犯した罪について聞かされるのですが、エドガーにはそんなことをした記憶がなく…。

まるで、悪夢を見ているかのようです。

そして、指示されたドアを開けると、そこには、妻子のいる自分の家で、元の世界に戻っていて…。

 

そこから、少しづつ、エドガーは記憶を手繰っていきます。

そのたびに、何度も何度も同じ場面が繰り返されます。

一番思い出したくない場面が永遠に繰り返される…どれほどの苦痛でしょうか。

 

何度か、記憶のループが繰り返され、エドガーは自分の犯した罪を自覚し始めます。

罪を悔いること

この映画を観ると、改めて「自分を含め、人の命を奪うことの罪」を思い知らされます。

もちろん、人を殺めることは、大きな罪だとわかっていますが、さらにその気持ちが強くなりました。

 

人を殺めた犯罪者の中には、全く悔い改めることのないものもいます。

猟奇殺人鬼や人の命を奪うことに快楽を覚える人間には、この映画のような罰ではあまり意味がないと思いました。

おそらく、そういった犯罪者には、肉体的な苦痛を与えるなどの罰が下るのかもしれません。

天国や地獄というものが、本当に存在するのであれば。

最後に

映画「残酷で異常」の感想でした。

映画のタイトルだけを見ると、スプラッター系のホラー映画のように感じますが、全く違います。

しかし、罪を犯して死んだあと、こんな世界が待っているのかと思うと、本当に怖ろしいです。

さらに、ラストシーンに大きな救いがあるのも、この映画の素晴らしいところだと思います。

罪を悔い改め、愛する人を護ったエドガー。

タイトルで、敬遠してしまいがちですが、おすすめの映画です!

 

 


Prime Video