映画「僕のワンダフル・ライフ」感想|生まれ変わってまた会いたい

映画「僕のワンダフル・ライフ」の感想です。

「大好きなイーサンに会いたい!」と何度も生まれ変わったベイリー。

そして、最後は大好きなイーサンに再会することができるのです!

まだ観ていない方は、ネタバレ注意です!

僕のワンダフル・ライフ あらすじ

「大好きな飼い主のイーサンに会いたい!」その一途な想いで、50年で3回生まれ変わったベイリー。遂にイーサンと再会したベイリーが気付いた〈使命〉とは?犬を飼うことのいちばんの幸せ、それは犬たちがくれる無償の愛。ゴールデン・レトリバーの子犬ベイリーが、その愛を捧げた相手は、自分の命を救ってくれた、イーサン少年。1人と1匹は喜びも悲しみも分かち合い、固い絆で結ばれていく。だが、犬の寿命は人間よりうんと短い。

[引用元]Amazonプライムビデオ「僕のワンダフル・ライフ」あらすじ

イーサンに会いたい!

名もなき野犬

ベイリーが初めてこの世に生を受けたのは、野犬の子犬でした。

すぐに野犬捕獲業の人に捕まえられて、短い一生を終えました。

ベイリー

すぐに生まれ変わったベイリー。

ペットショップから逃げ出し、悪い人に捕まえられて、車の中で熱中症になりかかっていたときに、イーサン少年とママに助けられます。

そして、ベイリーと名付けられ、大好きなイーサン少年と一緒の生活が始まります。

ベイリーの別名は、「ボスドッグ」

「生きる意味なんて考えず、ただ楽しめばいいんだ」とベイリーは気づきます。

少年時代のイーサン

イーサン少年のおじいちゃんは、テーブルの下にいるベイリーにすぐ食べ物を与えます。

 

うちの父もそうでした…。おじいちゃんは甘いですw

人間の食べ物を食べさせないでと言っても、こっそりあげてしまうのです。

 

ベイリーは、イーサン少年が学校に行き、両親が出かけたあと、退屈で家の中をめちゃくちゃにしてしまいます。

これも、犬はよくあることですねw

 

ある日、パパが自分の上司を家に招きました。

パパは、上司に営業職から内勤の仕事に変わりたいと希望するのですが、上司はトップセールスマンのパパを営業から外す気はないようです。

イーサン少年が、パパのコレクションのコインをいたずらして、それをベイリーが飲み込んでしまいます。

なんとか、お腹から出すことには成功したのですが、上司との食事の席はめちゃくちゃに…。

 

それから、パパは折角の昇進のチャンスをふいにして、これからは、ベイリーを家に入れるなと怒ってしまいます。

ベイリーとイーサン少年の一番好きな遊びは、へこんだラグビーボールを投げて、イーサン少年の背中をジャンプ台のようにしてベイリーが飛び、ボールを取ることです。

青年時代のイーサン

アメリカン・フットボールの花形選手となったイーサン。

そこでイーサンは、ハンナに出会い、恋に落ちます。

ベイリーは、恋する二人と一緒に、楽しい日々を過ごします。

ハンナはとても優しくて素敵な女の子です。

 

しかし、イーサンの両親はパパの仕事がうまく行かなくなって以来、仲が悪くなってしまい、別々に暮らすことになりました。

 

イーサンは、スポーツ推薦で4年間奨学金をもらい、ミシガン州立大学に進学が決まります。

それに嫉妬したイーサンの友人・トッドが、イーサンに家に花火を投げ込み…。

イーサンの家は火事になってしまいます。

ベイリーは、家が燃えていることをイーサンに教え、ママとベイリーを助けたイーサンは、スポーツをするには致命的な怪我を足に追ってしまうのです。

 

そして、祖父母の住む農場へ。

イーサンのスポーツ推薦は取り消され、ハンナとも別れてしまいます。

 

幸せの絶頂から、不幸のどん底に落ちてしまったイーサン。

ベイリーは、イーサンがハンナに会いたいと思っていることをわかっています。

ベイリーは、とても寂しい気持ちになります。

そして、イーサンは、農業学校に入学することになりました。

 

犬は、飼い主が悲しい気持ちになっているのを敏感に察知します。

ベイリーも、大好きなイーサンが悲しい思いをしているのをしっかりわかっています。

 

イーサンとベイリーは別々に暮らすことになります。

ベイリーは少しづつ年老いて、体を動かすこともなくなって行きます。

そして、ベイリーは、最後にイーサンに会えて、静かにお別れします。

 

犬は、こんなに悲しい気持で、私たちとお別れするのかと思うと、胸が痛くなります。

エリー

ベイリーが3度目に生まれ変わったのは、女の子で、エリーという名前でした。

エリーは、警察犬です。飼い主は、カルロス

カルロスは、一人暮らしで、いつも寂しそうで、エリーは心配でたまりません。

エリーは警察犬なので、毎日厳しい訓練を受けています。

拳銃の音や匂いにも慣れなくてはいけません。

 

ある日、エリーは、ある女性がDVを受け、子供を誘拐された事件の捜査をカルロスと一緒に行います。

誘拐された少女のセーターの匂いを嗅いで、その子を見つけるのです。

エリーは、海に落ちた少女を助け、カルロスを助けるために、犯人に銃で撃たれてしまいます…。

 

そして、エリーはその生涯を閉じます。

エリーは、この犬生は、あまり楽しくなかったけれど、いい仕事をしたのだと思って目を閉じるのです。

ティノ

ベイリーが4度目に生まれ変わったのは、小型犬のコーギーで、名前はティノ

飼い主はマヤという内気な女の子です。

マヤはいつも食べ物を食べているので、ティノはお腹が空くことがほとんどなかったようです。

 

ティノの特技は、マヤの心を読むことでした。

マヤはティノを、どこにでも連れて行ってくれます。

しかし、ティノはあまり散歩をさせてもらっていなかったので、少し肥満気味。

 

ある日、公園に運動に連れて行かれたティノ。

そこで、ティノは恋に落ちます。

以前、マヤに声をかけてくれた男性、アルの犬のロキシーです。

 

そして、マヤとアルは結婚することになりました。

結婚式には、ロキシーとティノも一緒に出席します。

ティノは、家族にとても大切にされました。

 

とても、良い家族に恵まれたティノ。

そして、また少しづつ年を取り、最高に楽しかった犬生を静かに終えます。

ワッフルズ

5度目に生まれ変わったベイリーは、名前をワッフルズと名付けられましたが、あまり名前を呼ばれることもなく、家の中にはいれてもらえませんでした。

ろくに名前を呼ばれることも、撫でてもらうこともなく、外に繋がれたままでした。

飼い主は責任を持つこともせず、悲しい思いをさせられたワッフルズ。

そして、飼い主に車に乗せられ、捨てられてしまいます。

しかし、ワッフルズは、あの家には帰りたくないと思うのでした。

 

犬が、家に帰りたくないと思うなんて、どんなひどい扱いを受けていたのかがわかります。

 

無責任極まりない飼い主。

この転生の中でも、最悪の飼い主でした。

バディ→ベイリー

野犬になったワッフルズは、懐かしい匂いを思い出します。

ずっとずっと会いたかったイーサンの家。

ここには、イーサンがいます!

「イーサン、僕だよ!ボスドッグだよ!」

 

しかし、イーサンは、ワッフルズ(ベイリー)を保護施設に預けます。

 

イーサンは、家に帰ってもワッフルズのことばかり考えてしまいます。

そして、保護施設にワッフルズを迎えに行くのです。

 

イーサンは、5回生まれ変わって、やっと大好きなイーサンに再会できたのです。

イーサンはワッフルズにバディ(相棒)と名付けてくれ、家族になりましたが、いつも一人で寂しそうなのです。

バディは、公園でかつてのイーサンの恋人・ハンナを見つけます。

バディは、ハンナの匂いを覚えていたのです。

そして、バディはイーサンの元にハンナを連れてきます。

 

何十年ぶりかで、イーサンとハンナは再会します。

ハンナは夫を亡くして今は一人です。

イーサンは、ずっと一人です。

 

イーサンが幸せだとバディも幸せ。

 

けれど、イーサンはバディがベイリーだとなかなか気づいてくれません。

 

そして、いつものあのイーサンの背中から飛んでボールをキャッチする遊びをしたことで、「怖くなってきたぞ。ボスドッグ!」

 

イーサンは、バディがベイリーだと気づいてくれたのです!

 

「今を一緒に生きる」

それが、犬が生きるということ。

転生して見つけて

犬と暮らしている人なら、誰もが亡くなった愛犬が生まれ変わって、また自分の元に帰ってきてくれたら…と望むのではないでしょうか。

本作のようなことが本当にあったなら、どれだけ幸せなことでしょう。

生まれ変わりを、信じてみたくなりました。

 

本作でも出てくるろくでもない飼い主の元へは、犬も生まれ変わりたいとは思わないものです。

犬が生まれ変わりたいと思ってくれるような、そんな飼い主になりたいものです。

最後に

映画「僕のワンダフル・ライフ」の感想でした。

本作の中で、ベイリーがエリーとして生まれたとき、警察犬になります。

普通のお家の愛犬として生まれるより楽しくはなかったけれど、仕事をやり遂げたと思ってくれたら、人間としてはとても嬉しいことですね。

盲導犬、聴導犬、介助犬、救助犬、警察犬…働く犬たちに、いつも感謝しなければと、改めて思わせてくれました。

 


Prime Video