映画「僕のワンダフル・ジャーニー」感想|虹の橋を渡ってイーサンのもとへ

映画「僕のワンダフル・ジャーニー」の感想です。

本作は「僕のワンダフル・ライフ」の続編です。

大好きなイーサンにやっと会えたベイリーには、次の使命が!

イーサンの大切な孫娘・CJを守らなければならないのです。

まだ観ていない方は、ネタバレ注意です!

「僕のワンダフル・ジャーニー」 あらすじ

ベイリーは大好きなイーサンに会いたくて、その犬生を終えた後も3回生まれ変わり、ようやくイーサンの元へ。月日が流れ、イーサン、ハンナ、孫娘CJと満ち足りた日々を送っていた。しかし、CJの母親が孫娘CJを連れて出て行ってしまう。そんな中、死期を迎えた犬のベイリーに、CJを守るために生まれ変わるという使命が!CJを幸せにするために新たな旅が、今始まる__!

[引用元]Amazonプライムビデオ「僕のワンダフル・ジャーニー」あらすじ

楽しいイーサン一家との生活

ベイリーは、大好きなイーサン、その妻のハンナ、娘のグロリアとその娘のCJと、毎日楽しく暮らしていました。

グロリアは、ときどき怒るけど…。

グロリアの夫は、グロリアが妊娠8ヶ月のとき事故で亡くなっています。

そして、グロリアは、歌手として働きたいのですが、まだ小さいCJがいるためになかなかうまく行かないと思っているのです。

 

ハンナは、グロリアが歌手としてやっていきたいのなら、CJを私達が育てるというのですが、グロリアは「私にはこの子しかいないのよ!」と怒って、家を出ていってしまうのです。

 

その頃には、ベイリーは体調が優れず、お別れのときが迫ってきていました。

そして、イーサンは、今度生まれ変わってくるときは、CJのところに生まれ変わってやってくれとベイリーに頼むのです。

ベイリーの転生

ベイリーは、イーサンの腕の中で亡くなったあと、すぐに生まれ変わります。

モリー

ベイリーが生まれ変わったのは、モリーという、ビーグル犬の女の子でした。

たくさんの兄弟のなかで、モリーはロッキーと一番の仲良しでした。

最後に残ったモリーとロッキーでしたが、ロッキーは中国人のトレントという男の子にもらわれることになり、その隣には、なんと、探し続けたCJがいたのです。

モリーは、今回はすぐにCJのもとにたどり着いたのです。

しかし、グロリアは犬嫌い。

CJは、モリーを自分の部屋に隠していましたが、ある朝、見つかってしまいます。

 

グロリアは、ほとんど毎日夜に家をあけるので、CJはモリーと一緒にいたいとグロリアに頼みます。

そして、めでたくCJとモリーは一緒に生活することができることになりました。

シェーンとトレント

CJは、シェーンという青年と出会い、恋に落ちます。

しかし、シェーンは、麻薬を売買しているような男で、それを知ったCJはシェーンには関わらないことにします。

そして、いつもCJ助けてれるのは幼馴染のトレントなのです。

CJは、シェーンと関わったことで奉仕活動に出なければいけなくなります。

それが、ガン探知犬の訓練所でした。

そして、モリーはガン探知の才能があるようです。

そんなモリーは、シェーンに車で追いかけられたCJが起こした事故で亡くなってしまいます。

ビッグドック

次に生まれ変わったのは、大型犬で、名前はビッグドッグ

飼い主は、ジョーという街の食料品店の店主です。

ある日、このジョーのお店にCJが現れました。

ビッグドッグは、CJを見つけました!

しかし、CJは去っていき、ジョーにはよくしてもらったけど、この生命ではCJとは過ごせませんでした…。

マックス

次にベイリーが生まれ変わったのは、ヨークシャーテリアのマックス

そして、マックスは、保護犬譲渡会の会場でCJに出会ったのです。

しかし、CJは彼氏のバリーと住んでいて、マックスを家に連れて帰ることができなかったのですが、このままでは殺処分にされると聞かされ、優しいCJはマックスを連れて帰ることにしたのです。

 

CJは、シンガーソングライターを続けながら、犬の散歩のアルバイトをしています。

そして、その散歩の途中で、マックスはトレントを見つけたのです。

 

バリーと喧嘩別れしたCJは、トレントの部屋に居候することに…。

トレントは、どこか元気がないようで…マックスは、モリーだったときに訓練を受けたガンの匂いが、トレントからすることに気づいたのです。

検査を受けたトレントは、ガンが見つかり、化学療法を受けることになります。

 

マックスのおかげで、ガンを早期発見できて、トレントはガンが完治します。

CJの夢は母と同じ歌手になること

ステージに立てたCJ

断絶状態だったグロリアがCJの父親から来た手紙を持って、CJを訪ねてきました。

その手紙を読んで、トレントの応援もあり、CJは、人前で歌うことを決意するのです。

そして、歌った歌の中にイーサンとハンナの歌があって、トレントはイーサンのところへ行こうと、CJを誘ってくれます。

 

小さい頃に別れた祖父母に、久しぶりに会いに行ったCJ。

イーサンとハンスも大喜びです。

マックスはイーサンとの約束を守ってCJを連れて帰ってきたのです!

 

そして、イーサンにはマックスがベイリーだとわかっていました。

イーサンは、マックスに「ボスドッグ!」と呼びかけます。

そして、あのベイリーの大好きなイーサンの背中をつかったジャンプの遊びをやってみせるのです。

トレントと結ばれるCJ

CJは、イーサンから聞かされたベイリーの転生を信じます。

愛するトレントのガンを見つけてくれたマックスは、モリーで、ビッグドッグだったことを。

二人を守り、結びつけてくれたマックスのおかげで、二人はようやくお互いの気持を伝え合うことができます。

 

そして、ベイリーでモリーでビッグドッグだったマックスは、大好きなイーサンの最期をそばで見送り、イーサンのあとを追うように亡くなったマックスは虹の橋を渡り、そこでまたイーサンと再会を果たします。

最後に

映画「僕のワンダフル・ジャーニー」の感想でした。

ベイリーの長い旅は、最後に大好きなイーサンの元へと、虹の橋を渡って終わるのです。

犬というこの可愛く愛すべき存在に出会えた人類は、本当に幸せだと思います。

虹の橋のたもとで、ずっと待っていてくれる亡き愛犬に会いたくなりました。

愛犬家の方には、ぜひおすすめの映画です。

 

 


Prime Video