映画「あなた、そこにいてくれますか」感想|大切な人のために

映画「あなた、そこにいてくれますか」の感想です。

あなたは、もし過去に戻ることができる薬を手に入れたら、やりたいことはありますか?

愛する人のために、苦悩する二人のスヒョンの選んだ答えは__。

「あなた、そこにいてくれますか」 あらすじ

医療ボランティアでカンボジアを訪れた医師のハン・スヒョンは、赤ん坊の手術をしたお礼に過去に戻ることができる10粒の薬を受け取る。彼の願い…それは、30年前に亡くなった当時の恋人ヨナにもう一度だけ会いたいということだった。ヨナの身に起きた事実を知った若い自分は彼女を助けたいと願うが、彼女との未来を選んでしまうと彼女の死から10年後に生まれた娘の存在を消してしまうことになる。2015年と1985年、時を超えて出会った2人のスヒョンが選んだ答えとは__(C)2016 LOTTE INTERTAINMENT All Rights Reserved.

[引用元]Amazonプライムビデオ「あなた、そこにいてくれますか」あらすじ

【監督】ホン・ジヨン
【出演者】キム・ユンソク ピョン・ヨハン チェ・ソジン キム・サンホ アン・セハ パク・ヘス

過去に戻ることができる薬

医師のハン・スヒョン(キム・ユンソク)は、医療ボランティアとしてカンボジアを訪れていました。

そして、帰りのヘリが迎えに来たとき、赤ちゃんを抱いた目の不自由な一人の老人がスヒョンの元に駆け寄ります。

赤ちゃんは、口唇裂で生まれました。

そして、この地では、口唇裂の子供は「育てない風習」になっているというのです。

スヒョンは、一旦乗ったヘリを降り、赤ちゃんの手術を行います。

スヒョンは、一人の孤児の命を救ったのです。

金色に光る小さな10粒の薬

老人は、首にかけていた小さな小瓶を取り出し、「人生は眠れないときに生まれるものです」といい、その小瓶をスヒョンに渡します。

スヒョンの叶えたい願いとは「もう一度ヨナに会いたい」

 

30年前。

スヒョン(ピョン・ヨハン)には、韓国で初の女性イルカ調教師のヨナ(チェ・ソジン)という恋人がいました。

スヒョンを愛するヨナは、結婚してスヒョンの子供がほしいと思っているのですが、スヒョンは自身の子供の頃の悲しい経験から、子供を作ることを躊躇しています。

そして、スヒョンがヨナに電話をかけようとしていたら、驚いたような顔をした一人の男性に出会います。

彼は、奇妙なことを言いながら、苦しそうに咳き込んでいました。

その中年男性は、30年後のスヒョン(キム・ユンソク)だったのです。

 

カンボジアで老人からもらった金色の丸薬を飲んで眠ると、過去にタイムリープできるようです。

にわかに信じがたいスヒョンは、親友のテホ(キム・サンホ)に相談しますが、医者が何を言っているんだと一笑に付されます。

しかし、その体験はとても生々しい感覚があったのです。

30年前のスヒョン

30年前のスヒョンは、最近経験した不思議な出来事を、親友のテホ(アン・セハ)に話します。

しかし、若いテホは、女性と事業(日本からデコポンを輸入して栽培する)にしか興味がなく、本気にしてくれないのでした。

 

突然、30年後の自分が目の前に現れた…など、信じられるものではありません。

 

しかし、若いスヒョンが自宅でうたた寝をしていると、またあのスヒョンと名乗る男性が目の前に現れて、「お前は30年前の俺。俺は30年後のお前だ」と告げます。

一度だけでいいから、ヨナに会いたいというスヒョンに若いスヒョンは怒りを顕にします。

そして、スヒョンは、若いスヒョンに、誰にも話していない子供の頃の悲しい過去や自分にもある額の傷をさして、これが真実だとわかってもらおうとします。

 

こうして、30年の時を、スヒョンはタイムリープ(時間移動)するようになるのです。

一粒の薬で、タイムリープできるのは、眠ってから90分後、20分間だけ。

 

若いスヒョンは、これが本当のことなのかどうか、あることをして確かめます。

そして、タイムリープが本当のことだと信じるしかなくなるのです。

時が過ぎても幸せにできる

若いスヒョンは、ヨナがある事故で亡くなってしまう未来を知りません。

そして、30年後の自分が肺がんになり、余命半年になることも。

スヒョンは、30年後の自分にヨナがイルカの訓練中に亡くなってしまうことを話しますが、若いスヒョンには信じられません。

タイムリープして未来を変える

過去を変えれば、未来も変わるのでしょうか。

さまざまなタイムトラベル、タイムリープの物語がありますが、過去を変えると、必然的に未来も変わることになります。

亡くなることがわかっているなら、それを阻止することができるのかもしれません。

 

しかし、本作には、未来を変えることでどうしても変わってほしくないことも出てきてしまうのです。

ヨナを救えば、スヒョンの娘・スア(パク・ヘス)はこの世に生まれてこないのです。

娘を愛するスヒョンにとって、これ以上辛いことはないでしょう。

 

スアは、ヨナが亡くなった10年後に生まれます。

もちろん、スアの母親はヨナではありませんが、スヒョンと結婚もしていないのです。

スヒョンは、ヨナ以外の女性と結婚するつもりは全くないからです。

ヨナもスアも助ける方法

ただ、ヨナとスアの両方の命を救う方法が一つありました。

しかし、若いスヒョンにとって、それは身を切るほど辛いことでした。

二人のスヒョンは、どのようにしてヨナとスアを救うのでしょうか。

 

ぜひ、映画をご覧になってみてください。

結末は、ハッピーエンドだと言えると思います。

タイムトラベルの穴は、この際、横に置いておきましょう。

最後に

映画「あなた、そこにいてくれますか」の感想でした。

本作で感じることは、今の自分だけでなく、自分には未来の自分もいるということです。

大切な人を守るためには、今を大切に生きることです。

友達を大切にすること。

そして、タバコはできるだけ早く止めるべきことも、付け加えておきます。

 

とても、切ない物語ですが、最後、とてもあたたかい気持ちになります。

ぜひ、おすすめに一本です。

 


Prime Video