映画「あやしい彼女」ネタバレ感想|本当に大切なもの

映画「あやしい彼女」の感想です。

女性の20歳というのは、人生の中で最もよい時期なのではないでしょうか。

73歳のおばあちゃんが、突然20歳に戻ったら…。

あなたなら、どんなことをしたいですか?

「あやしい彼女」 あらすじ

可愛いルックスと天性の歌声を持つ20歳の女の子・大島節子(多部未華子)。その容姿とは裏腹に、口を開けば超毒舌、相手かまわず罵声を浴びせ、時には熱く説教をする。そんな”超あやしい20歳”の正体は、73歳のおばあちゃんだった!戦中生まれの下町育ち、早くに夫を亡くし、女手一つで娘を育ててきた。望むような人生を生きられなかった主人公に訪れた二度目の青春!突然若返った彼女は、”こうなったらとことん好きなように生きてやる!”と髪型も服装もチェンジ、正体を隠して、新たな人生をスタート。そんな彼女の天性の歌声は、魂を震わせ、たちまち周囲を魅了していく。長年彼女に想いを寄せる幼馴染の次郎も巻き込みながら、初めて思い通りの人生を歩む節子。__そんな彼女が最後に気づく大切なものとは? (C) 2016「あやカノ」製作委員会 (C) 2014CJ E&M CORPORATION

[引用元]Amazonプライムビデオ「あやしい彼女」あらすじ

【監督】水田航生
【出演者】多部未華子 倍賞美津子 小林聡美 要潤 北村匠海 志賀廣太郎

登場人物

大鳥節子…多部未華子

瀬山カツ…倍賞美津子

中田次郎…志賀廣太郎・野村周平

瀬山翼…北村匠海

小林拓人…要潤

瀬山幸恵…小林聡美

写真館店主…温水洋一

女は若いことが第一とされる日本社会

主人公の一人である瀬山カツ(倍賞美津子)は、とても元気な73歳のおばあちゃんです。

自由で言いたいことを言って生きているように見えますが、若い頃は苦労の連続でした。

若さが第一の日本社会

最近では、それもセクハラの一つであると言われ、多少は落ち着いてきているとはいえ、日本では、まだまだ「女性は若いのが一番」という風潮が幅をきかせています。

やはり、日本社会はまだ男性中心の社会だということです。

もちろん、若い方が体力もあって、見た目も美しく、頭の回転も早いと思います。

誰もが、ずっと若くありたいものです。

本作冒頭で「長く生きて得することは少ない。まして中年と呼ばれる頃を過ぎた女は『老人』という別の生き物なのである」というナレーションが入ります。

まさに、その通り…。

 

本作の主人公・瀬山カツ(倍賞美津子)は、お説教好きな陽気な人です。

しかし、若い頃はやりたいことも出来ず、苦労のしどうしでした。

結婚して、すぐにご主人を亡くし、女手一つで一人娘を育て上げました。

生活のために、少しあやしい健康食品を売り歩いていた時期もあって、友人もなくしてしまいました。

 

そして、その一人娘である幸恵(小林聡美)も、50歳の声を聞く年齢となり、頑張っていた一流ファッション誌の編集長を外され、事務仕事への異動を言い渡されてしまいました。

幸恵は、一度は結婚しましたが、三年で離婚し、一人息子の翼(北村匠海)がいます。

今は、カツと幸恵、翼の三人で暮らしています。

カツは、昔のクセで、今も好きなことを諦めて、節約生活をしています。

幸恵は、もっと好きなように生きればいいのにと言いますが…。

ある写真館で

そんなカツが、偶然通りかかったある写真館。

カツの大好きなオードリー・ヘップバーンの写真が飾られています。

カツは、今まで写真館で写真を撮ったことがありませんでした。

この機会に思い切って、写真を撮ってもらうことにしました。

 

すると、なんと、カツは20歳の頃の自分に戻ったのです!

 

若返ったカツ(多部未華子)は、自分の姿に驚きますが、若返ったことに大喜びです。

 

うれしいだろうなぁ…。

カツの若い頃って、お人形さんみたいに可愛かったんですね!

若返ったカツ

若くなったカツ役は、多部未華子さん。

おばあちゃんっぽいしぐさや話し方、すごく上手でびっくりです。

若くなっても、「東京ブギウギ」歌ってるし、踊りもおばあちゃんっぽいw

 

髪型も若くして、服も若い子のものを買って、そのまま幼馴染の次郎(志賀廣太郎)の銭湯に行きます。

カツだと気づかない次郎に名前を聞かれ、咄嗟にカツは「大鳥節子」と答えてしまいます。

身寄りがないという節子に同情した次郎は、うちに居候させることになりました。

町内会ののど自慢大会

カツは、町内会ののど自慢大会では毎年優勝するほど歌がうまい。

そして、若くなったカツは、節子としてのど自慢大会に出場します。

うっとりするような美しい声で「見上げてごらん夜の星を」を熱唱

 

このシーンの多部未華子さん、本当に可愛らしい声で聞き惚れてしまいます。

もともと歌手ではないので、役作りかなり大変だったのではないでしょうか。

 

また、あるシーンで、子育てに疲れ切った母親を慰めるシーンがあるのですが、見た目は20歳で中身は73歳なので、本当に説得力があります。

見た目20歳で中身73歳とか、最強ですね!

思い通りに生きる

こののど自慢大会を、ミュージシャン志望の翼が見に来ていました。

そして、節子を自分のバンドのヴォーカルになってくれないかと誘ってくるのです。

また、大物音楽プロデューサーの小林拓人(要潤)がたまたま節子の歌声を聞いていて…。

翼のバンドに加入!

節子は、翼のためにヴォーカルを引き受けるのですが、翼のバンドはヘビメタバンドで節子の歌声には合いません。

そして、翼のバンドは、あっさり路線変更することになります。

バンド名を「あやしい彼女」とし、昭和歌謡をアレンジして歌った動画からバズったのです。

大物音楽プロデューサー・小林と再会

小林は、「あやしい彼女」を人気の新人発掘の歌番組に出演させようとしていました。

そこで、「悲しくてやりきれない」という曲を歌います。

それがきっかけで、フェスに特別に出演することが決まり、うまく行けばデビューも夢ではないというのです。

歌うことが好きな節子は、大喜びです。

 

「悲しくてやりきれない」は、1968年にフォーク・クルセダーズがリリースした曲です。

多部未華子さんの可愛い声にぴったりでした。

本当は、男性の虚しさを表現した曲だそうですが、心にしみるいい曲です。

私も、何度か聞いたことがありますが、多部未華子さんの歌声で聞くと、また違った印象になります。

節子の恋

節子は、小林に恋をします。

自分の本当の年齢を考えると、気持ちを抑制していますが、小林と時間を過ごすうちに節子は心惹かれていくのです。

 

小林プロデューサー役の要潤さん、かっこいいです。

かっこいいし、人柄もいいのに、独身っていうのがあやしいと節子はいいますが、本当にどうして独身なのでしょうか。

節子は「マザコンなのでは?」と考えますが、おそらくそれは当たっているのでしょう。

だから、小林は、本当は73歳の節子と一緒にいると心が癒やされるのです。

本当に大切なもの

若返って、人生を謳歌する節子ですが、本当に大切なものとはなんでしょう。

若さより大切なものに、節子は気づくのです。

次郎とカツの思い出

次郎は、節子がどうもあやしいと思い、捕まえて白状させようとして、節子がカツだということに気づきます。

かつて、次郎がカツにプレゼントした口紅を節子が持っていたのです。

口紅の塗り方を見て、カツだ!とわかったのです。

 

そして、節子はバンドメンバーや小林たちとバーベキューをしたとき、ちょっとした怪我をしてわかったのですが、「血を流す」と元に戻るということです。

切り傷の周囲は、73歳の肌に戻っているのです。

 

次郎とカツは、子供の頃から力を合わせて生きてきました。

次郎がお腹を空かせれば、カツがリンゴを「調達」してきたり、二人でリアカーを引いて生活していたのです。

突然姿を消したカツを探す幸恵

幸恵は、カツがいなくなった日、カツとちょっとした諍いがあったので、心配してずっと探しています。

警察では、カツは犯罪に巻き込まれていると言うのですが…。

 

カツは心配する幸恵のために、次郎に手紙を託します。

しばらく自由に生きてみたいと。

翼が交通事故に遭って

フェスに出演するには、オリジナル曲が必要です。

一度は、小林からダメ出しされましたが、渾身の一曲を生み出した翼は曲を認められ、「あやしい彼女」はフェスに出ることが決まります。

 

しかし、翼が時間になっても、会場に現れません。

電車が人身事故で止まっているというのです。

そして、走って会場に駆けつける途中で、翼は交通事故に遭ってしまいます。

デビューがかかっているフェス出場は、一体どうなるのでしょうか。

 

そして、翼には輸血が必要でした。

翼の血液型は、RH-AB型。

この血液型は、家族では祖母のカツだけでした。

 

しかし、血を抜くとカツは…。

最後に

映画「あやしい彼女」の感想でした。

オリジナル曲「帰り道」、すごくいい曲ですね。

多部未華子さんは、映画の中で何曲か歌うのですが、「帰り道」が一番素晴らしかったと思います。

歌い切った節子に、もう何も思い残すことはなかったのかもしれません。

そして、若さよりも、もっと大切なものに気づくのです。

最後のカツ(節子)と幸恵のシーンは、号泣でした。

小林の最後の目線のさきには…。

何かに気づいたようです。

さらに、意外なラストシーンは、必見です。

あたたかい涙を流したいときに、おすすめの一本です。

 


Amazonプライム・ビデオ