映画「キャビン」ネタバレ感想│ある儀式に使われた5人の大学生

こんにちは。

はるき ゆかです。



映画「キャビン」の感想です。

冒頭は、山小屋をバカンスで訪れた大学生たちが次々に殺害され、最後に生き残るのは?…というようなホラー映画の定番的なものを想像しますが、実は裏ではもっと怖ろしいことが起こっていたという映画です。

最後に大物女優も登場して、それだけでも観る価値あるかもしれません。

「キャビン」 あらすじ

小さな山小屋の入り口は、世界の破滅に繋がっていたー夏休みに山奥へとバカンスに出かけた大学生5人。古ぼけた山小屋の地下で見つけた謎の日記を読んだとき、何者かが目覚め、一人、また一人と殺されていく。しかし、その裏には、彼らが「定番のシナリオ通り」死んでいくよう、全てをコントロールしている謎の組織があった。その組織の目的は?若者たちの運命は?その先には、世界を揺るがす秘密が隠されていた。(C)2012 Lions Gate Entertainment Inc. ALL RIGHTS RESERVED.

[引用元]Amazonプライムビデオ「キャビン」あらすじ

【監督】ドリュー・ゴダード

2011年アメリカで制作された本作。

ホラー映画ファンの間で大絶賛された作品とのことで、今回Amazonプライムビデオで観てみました。

私も、ホラー映画は好きですが、スプラッター映画より心理的な怖さのもの、いわゆる「ヒトコワ」(怖いのは幽霊より人間)が好きです。

本作はどちらも併せ持っている映画だと言えるでしょう。

登場人物

デイナ・ポルク…クリステン・コノリー

カート・ヴォーン…クリス・ヘムズワース

ジュールス・ラウデン…アンナ・ハッチソン

マーティ・ミカルスキィ…フラン・クランツ

ホールデン・マックレア…ジェシー・ウィリアムズ 他

物語のはじまり

物語の始まりは、オーソドックスなホラー映画な感じです。

夏のバカンスに親戚のキャビンを借りて、遊びに来る5人の大学生。

真面目なデイナ、カップルのカートとジュールス、危ない葉っぱの大好きなマーティ、優等生のホールデンです。

カートとジュールスは、内気なデイナと優等生のホールデンをくっつけようと考えているようです。

そのキャビンには、マジックミラーのような奇妙な仕掛けがあったり、気味の悪い絵が掛けてあったり、殺人鬼の日記が落ちていたり…。

途中でガソリンを入れに行ったスタンドには、奇妙な男がいて…。

ガソリンスタンドの店主と管制室

映画の冒頭に、この5人の大学生を監視している管制室が映し出されます。

これは、一体…?

キャビンのシナリオ

この5人が借りたキャビンには、いろんなところに隠しカメラが取り付けられており、管制室と繋がっているのです。

先程のガソリンスタンドの奇妙な男も、管制室に連絡を入れています。

この5人の行動には、シナリオがあるようで、5人を地下室に向かわせるように仕組まれています。

そのため、5人がキャビンの部屋替えをしたりするとシナリオを微調整します。

管制室で行動を管理しているようで、地下室へ向かうのは「それぞれの意思」だとされています。

管制室の賭け

地下室には、奇妙なものがたくさんあって、殺人鬼の日記法螺貝オルゴールフィルムネックレスをそれぞれが手にします。

デイナが殺人鬼の日記を手に取り、読み始めます。

その中のラテン語の文章を読むと、ゾンビが目覚めはじめて…。

すると、管制室では歓声が上がります。

管制室では、始めに行動を起こすのが何であるかの賭けをしていたのです。

「日記を読んでゾンビを目覚めさせる」に賭けた部署が賭けに勝ったのです。

ゾンビとの戦い

ゾンビに襲われるカートとジュールス

夜に、二人で森に出かけたカートとジュールス

管制室では、さまざまなシナリオの微調整が行われています。

愛し合う二人には、フェロモンの霧を増やす…など。

そして、二人はゾンビに襲われ、ジュールスが殺されてしまいます。

この辺りから、血まみれのシーンが増えていきます。

管制室に操られる生き残った者たち

管制室は、シナリオ通りに進めるために、特殊なガスや薬品を使って彼らを操ります。

しかし、危ない薬が大好きなマーティだけは、他の三人に比べて、逆に管制室の思い通りに行動しないのがちょっとおもしろいですw

そんなマーティも、ゾンビに襲われてしまい…。

そして、突然、シナリオ通りに物語が進まなくなって、管制室はパニック状態に。

爆破装置がうまく作動しなかったのです。

何とか、持ち直した管制室は、カートは見えない壁にぶつかって崖の下に、ホールデンもゾンビに襲われ、デイナだけが生き残りました。

管制室は、シナリオ通りに物語が進んだことを喜び、祝杯をあげます。

管制室の誤算

しかし、管制室の筋書き通りには、なかなかうまくいきません。

マーティが生き残っていた

マーティが死んでいなかったのです!

マーティはデイナを助け、二人で地下室に逃げようとします。

これは、全くシナリオと違います。

地下に逃げ込んだ二人を待っていたのは、さまざまなホラー映画に出てきた幽霊やモンスター…。

そこでデイナは気づくのです。

自分たちが、何に殺されるか、選ばされたのだと。

シナリオ通りに物語を完結させるために

シナリオ通りに物語を完結させるためには、愚か者(マーティ)が生き残って処女(デイナ)が死んではならないのです。

そして、結局、マーティを殺して、デイナの命も奪うことがシナリオの結末となりました。

管制室は、とにかく、二人をあらゆる手段を使って襲ってきます。

システム解除

デイナが、魑魅魍魎が閉じ込められていた部屋のシステムを解除。

もう、手がつけられません…。

管制官も、次々とモンスターたちにやられてしまいます。

そして、ある部屋にたどり着くと、5つの絵がありました。

そこのある人物が登場します。

「淫乱」(ジュールス)「戦士」(カート)「学者」(ホールデン)「愚か者」「処女」

この順に死んでいき、最後の「処女」は死ぬか生きるかは本人次第。

人類滅亡

このシナリオ通りに物語が進まないと、人類が苦しんで死ぬことになる。

最後に残ったマーティ(愚か者)とデイナ(処女)。

マーティが死ななければ、人類が滅亡するのです。

これは、人類を守るための儀式だったのです。

結果は…。

最後に

映画「キャビン」の感想でした。

最後のデイナのセリフが、どんな怖ろしいモンスターより、一番怖い…。

そして、この儀式を日本は毎回成功していて失敗しないというのも、かなりブラックユーモアがきいていておもしろかったです。

ホラー映画ファンの方なら、どのモンスターがどの映画のモンスターなのかを観てみるのも楽しいと思います。

最後までユーモアのセンスがきいていて、画面は血の海ですが、ちょっと笑えるホラー映画でもあります。

ホラー映画ファンには、特におすすめの一本です。


Prime Video