映画「隣人13号」ネタバレ感想│村崎十三の復讐のために現れた13号の存在

映画「隣人13号」の感想です。

2005年公開、15年前の映画です。

小学生とは思えない赤井トールのいじめに背筋がゾッとします。

その赤井に復讐するために地元に戻ってきた村崎十三の中には、”13号”という別人格が形成されていて…。

「隣人13号」 はじめに

あらすじ

小学生の頃に赤井トールに受けたイジメの復讐を果たすため、10年ぶりに地元に帰ってきた村崎十三。復讐を達成するため、十三の体内に宿っている、別人格”13号”は、その凶暴性を徐々に増していく。事の重大性に気付き始めた十三は、なんとか13号を抑えようとするが・・・・。主人公・村崎十三を演じるのは、若手俳優注目度No.1の小栗旬。対する十三の別人格”13号”には、いまや時代の寵児となった中村獅童。凶暴な殺人鬼役で、壮絶なまでの演技を披露している。また、赤井トール役に、実力派の新井浩文。その妻、のぞみ役には、PUFFYの吉村由美。さらにあの三池崇史監督が友情出演するなど、井上ワールドを構築する為、豪華キャストが集結。監督はCM、PVを数多く手掛け、今回が映画監督デビューとなる井上靖雄。

[引用元]Amazonプライムビデオ「隣人13号」あらすじ

【監督】井上靖雄

【原作】井上三太

(2005年公開)

登場人物

13号/中村獅童

村崎十三/小栗旬

赤井トール/新井浩文

赤井のぞみ/吉村由美(PUFFY)

関肇/石井智也

死神/松本実

金田/三池崇史

村崎十三の復讐

村崎十三は、小学生の頃いじめを受けていて、いじめっ子三人グループに執拗に嫌がらせを受けていました。

十三は、10年ぶりに、赤井トールに復讐するために、地元に戻ってきました。

 

小学生時代のある日、十三は理科室で顔に硫酸をかけられ、大火傷を負います。

そのため、顔の半分に引きつりが残り、片目は失明状態でした。

現在の赤井

建設作業員として働く赤井トールは、今では妻ののぞみと息子のユウキと共に平凡な家庭を築いています。

しかし、相変わらずいじめ体質は変わっていないようです。

十三の先輩の関も、トールに職場でいつも嫌がらせをされていて、トールを憎んでいるようです。

 

こういう人は一生こうなんでしょうか…。

人間の性質はそう簡単には変わらないものです。

 

しかし、トールは自分の身内や仲間には心を許し、優しく接しているようです。

妻や子供、そして、死神と呼ばれる暴走族時代の仲間には、普通に「家族っていいもんだぞ」などと、しみじみと語るのです。

いじめを受けた少年に別人格が形成されて

赤井トールにいじめを受けていた十三には、いつしか”13号”という別人格が形成されていました。

13号の登場

十三の心に”13号”が現れだしてから、硫酸の火傷の痕が消えました。

しかし、13号の顔にはひどい火傷のあとがくっきりと残っていて、13号の性格も肉体的な強さも十三とは異なり、かなり残虐非道でした。

 

13号を演じているのは中村獅童さん。

とにかく、怖いです。

十三の中に出来た別人格ですが、とにかく凶暴で異常で残虐、いじめられた十三の気持ち以上にトールに対する憎悪が巨大化しています。

その13号は、十三自身にもコントロールできなくなってきていて…。

中村獅童さんの怪演が、怖すぎますが、素晴らしいです。

隣の金田

仕事中にトールに怪我をさせられた十三を心配して、先輩の関がお見舞いに来てくれます。

そのときに、小学校の卒業アルバムを見つけ、昔のことを思い出した十三は、13号の人格が現れ、部屋で暴れていました。

すると、隣に住む金田という男の「うるさい!」という声が、薄い壁を通して聞こえてきた13号は金田に家に押し入り、金田を殺害してしまいます。

このシーンも、物凄く怖いです。

13号が、ふざけたような言い回しで何か言いながら、金田を刺し続けるのですが、背筋がゾッとします。

 

この金田を演じているのが、多くのヒット作を連発する三池崇史監督です。

三池監督は、ご自身が監督された映画にも、ときどきちょい役で出演されることで有名です。

本作「隣人13号」には、一俳優として出演されています。

関の殺害

仕事の休憩中に、突然、人格交代が現れ、十三は13号になってしまいます。

そして、それを職場の先輩の関に自分から話してしまいました。

不審な表情になる関。

 

突然、「僕は十三じゃないよ。あいつが僕の分身なんだ」と言われたら、驚きますよね…。

そして、13号は関の頭をスパナで殴って…。

13号の存在は、どんどん十三の手に負えなくなっていきます。

ついにはユウキを

十三は、赤井のぞみからおすそ分けのみかんをもらったお礼に、新聞販売員からもらった映画のチケットをお返しに渡します。

とにかく、子供がいても夫とデートしたくてたまらないのぞみは、「ユウキくん預かりますよ」という十三に、ユウキを預けることにしてしまいます。

その話をしているところにも、13号は現れたり消えたり…。

 

トールとのぞみが映画デートをしている間、十三はユウキを遊園地に連れていきます。

そして、そこでも13号が現れ、ユウキを心配してついて来ていた死神を殺害。

ついには、ユウキまで…。

 

このユウキくん役の子役の子、本気で怖がって泣いているみたいに見えます。

演技が上手なのか、それとも、中村獅童さんの怖さに本気で泣いているのかわからないくらい怖がっています。

トラウマにならないといいけど…。

 

トールは、ユウキを預けた相手が十三で、いつまで経っても帰ってこないことから、やっと村崎十三のことを思い出します。

いじめている側は、そんなもんなんですね…。

十三とトールの対決

トールは、昔の仲間にライフルを借り出して、十三(と13号)のいる小学校に向かいます。

死神を殺害した頃から、もう十三には13号を止めることができなくなっています。

トールにとっては、何年前の話だよ?ということみたいですが、やっと自分が置かれている状況に気がついたようです。

13号の心

13号は、トールからいじめを受けていた子供の頃の十三の苦しみが生み出したものなので、その残虐性や罪悪感のなさ、戸惑いを全く見せないところ、異常なしぐさなど…は、子供のままなのかもしれません。

やられる側の気持ち

トールは、ユウキの無残な亡骸を見て、泣き崩れます。

そして、13号に「こっち側の気持ちがわかったか?」とトールに聞きます。

トールは「ごめんな。悪かったな」と13号に謝ります。

 

混乱する13号。それを冷静に見つめる十三。

 

映画の冒頭に現れる荒野に建つ古びた建物(映画の中で何度も登場する世界でこれは十三の心の中を象徴するものだと解釈します)から出ていく十三は、13号を心から追い出すことが出来たということでしょうか。

ラストシーンの意味とは

ラストシーンの意味について、私なりの感想を書いてみます。

どちらが現実?

映画の初めに出てくる卒業アルバムには、十三は◯で囲われた中にいて、アルバムの写真撮影の日、そこにいなかったということです。

しかし、ラストシーンでは、十三は集合写真に写っています。

そして、大人になった世界でトールが十三に謝ったあとに、再度、小学生時代の二人が映し出されます。

そこでは、十三の机に花が飾られ(いじめをやる人間がよくやる嫌がらせ)、その花の花瓶の水を十三がトールに浴びせかけ、割れた花瓶を手にする十三がいます。

十三は、硫酸をかけられてはいません。

そして、トールと十三は卒業式の帰りに仲良く一緒に帰っています。

その帰り道に、大人になったトール一家、十三が住んでいたアパートが取り壊されており、そこには13号がいて、小学生の十三に、ピースサインのようなポーズをして13号室に立っています。

残虐な13号の行動は想像の世界

これは、トールからいじめを受けていた十三が、その苦しみから逃れるために心の中に、荒野に建つ一つの建物を作り上げていて、いじめを受けるたびにその箱に逃げ込んでいたということ。

しかし、その後の残虐な13号の行動は、十三がこのままこの箱の中に逃げ込んでばかりいると、こうなったかもしれないという想像の世界なのではないでしょうか。

 

小学生のいじめで硫酸をかけておいて忘れているというのも非現実的ですし、13号の腕力は人間とは思えません。

関や死神まで殺害する理由も、まして、ユウキまで…というのは、今ひとつ納得がいきません。

しかし、これが、このまま復讐に心を支配されていたとしたらこうなってしまったかもしれない…という想像であれば、納得がいきます。

さらに、別人格が現れたからと言って、顔の火傷の痕がなくなるというのも、辻褄が合わないと思いました。

 

あなたは、ラストシーン、どんな解釈をされるでしょうか?

最後に

映画「隣人13号」の感想でした。

私は、映画の中でいくつかの人格を持つ主人公の出てくる映画が好きなので、本作「隣人13号」を観てみたのですが、かなり怖いシーンが有りすぎて、ちょっとめまいを覚えました。

しかし、ラストシーンで、少し救われた気持ちになりました。(私なりの解釈があっているとしたら)

いじめの復讐を行うことの虚しさ、そして、いじめが人格を分裂させてしまうほどの苦痛を与えるものであることなど、いろんなことを考えさせられた作品でした。

残酷なシーンが多いですが、それが大丈夫な方にはぜひおすすめの映画です。

 

映画「隣人13号」を観るならこちら)

 

Amazonプライムビデオでも観られます。


Amazonプライム・ビデオ


隣人13号

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA