ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」第1話の感想 主演・杉咲花/杉野遥亮|フツウの世界

heart

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「恋です!~やんきー君と白杖ガール~」第1話の感想です。

弱視の盲学校生とヤンキー君のラブコメディ。

今回は、女子の方がツンで、ヤンキー男子がデレというあまり見ない恋の物語です。

二人ともマイノリティで、相手のことを「特別視」しないことから愛が深まっていきます。

初回から、もう恋が始まります!

ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」第1話の感想 はじめに

flower

あらすじ

盲学校高等部に通う赤座あかざユキコ(杉咲花)は、おっちょこちょいなカメラマンの父・誠二せいじ(岸谷五朗)と、心配性なネイリストの姉・イズミ(奈緒)との3人暮らし。色と光がぼんやりわかる程度の弱視のユキコは、その日、いつものように白杖をついて学校へと急いでいた。しかし、朝からツイていないこと続きで時間は遅刻寸前。そんな日に限って、点字ブロックの上で話し込む男たちに遭遇してしまう。

何やら物騒な会話を交わす男たちに、どいて欲しいと頼むユキコだが、相手は地元でも有名な札付きのワル『黒ヒョウのモリ』ことヤンキーの黒川森生くろかわもりお(杉野遥亮)と、その仲間・花男はなお(戸塚純貴)と草介そうすけ(堀夏喜)だった……!そんな中、白杖を掴まれて、反射的に蹴り上げたユキコの足が、偶然にも森生の股間にヒットしてしまう!悶え苦しむ森生を心配し、よく見ようと覗き込むユキコ。だが、その瞬間、ユキコの顔の近さに驚いた森生は、恥ずかしさから思わずフリーズ!森生の中で“何か”が始まる!

その日以来、なぜかユキコの通学路で待ち伏せするようになった森生。謎のアプローチに戸惑うユキコを、盲学校のクラスメイトのそら(田辺桃子)と青野あおの(細田佳央太)は「一目惚れだ」と冷やかすが……。
一方、花男と草介の前には、森生のライバル・獅子王ししお(鈴木伸之)が現れる。森生との因縁の喧嘩対決に決着をつけようと宣戦布告する獅子王。しかし、いつもは喧嘩っ早いはずの森生は、その話を聞いても心ここに在らずで……。

森生の異変に気付いた行きつけの喫茶店店主・あかね(ファーストサマーウイカ)は、「それが、『恋』だよ」と森生に告げる。その日の夕方、森生は下校するユキコを再び待ち伏せて……。

純粋すぎるヤンキー・森生と、ある理由で恋に臆病になっているユキコ。全く違う世界に生きてきた2人が出会った時、想像もしていなかったラブストーリーが始まる!

[引用元]日本TV「恋です!ヤンキー君と白杖ガール」公式サイトSTORY

登場人物

赤座ユミコ/杉咲花
盲学校の高等部に通っている女の子。大きい文字ならうっすら読めるくらいの弱視。普段は白杖を使って生活している。前向きな性格で気が強い。母は数年前に他界。現在姉と父との三人暮らし。

黒川森生/杉野遥亮

地元では有名なヤンキー。現在無職。高校は数日で中退している。中学の時、ケンカで顔におった傷がある。そのせいでバイトも見つからず、周囲から疎外感を感じている。ある日、ユミコに出会い、一瞬で恋に落ちた。

赤座イズミ/奈緒

ユミコの姉で、ネイリストをしている。ユミコの母親代わりとして、いつもユミコを心配している。ときにその心配が過剰になることがあって…。

赤座誠二/岸谷五朗

ユミコとイズミの父。カメラマンをしている。気の強い娘たちに戸惑いながらも、ときどき深い言葉で周囲を感動させる。

金沢獅子王/鈴木伸之
森生のライバル。隣町の元ボス。森生の顔に傷をつけた男。

緑川花男/戸塚純貴

森生の仲間で、小学校時代からの付き合い。

桃井草介/堀夏喜

森生の子分。ケンカが強い森生を尊敬している。

紫村空/田辺桃子

ユミコの盲学校の同級生。行動力のある女の子で、恋愛にも積極的。視野が欠ける弱視。

青野陽太/細田佳央太

ユミコの盲学校の同級生で、生まれつきの全盲。

茶尾店長/古川雄大

盲学校近くのハンバーガーショップの店長。口癖は「チャオ!」

案内人/濱田祐太郎
盲目のコメディアン。ときどき登場し、自身の体験から豆知識を披露してくれる。

ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」第1話の感想 

strowberry shake

ユミコと森生の出会い

その日は朝からついていないユミコ(杉咲花)。

盲学校への通学中、ユミコは森生(杉野遥亮)と出会います。

最悪な形で。



森生はいわゆる、ヤンキーです。

道端に座って仲間とを無駄話をしていました。

それも、ちょうど点字ブロックの上に座っていた森生。



こういうシーンを観ると、私自身、何気なくやってしまっていることが目の不自由な方たちにとっては迷惑なことがいっぱいあるんだろうな…思います。

点字ブロックも、改めて考えたら目の不自由な方たちにとっては前に進むための道しるべ。

それも、普段は意識しないままその上を堂々と歩いていた自分に反省しました。

もしかしたら、自分の後ろから目の不自由な方が歩いて来ているかもしれないのに。



話を戻します。

ユミコは森生に、そこを通りたいので道をあけてほしいというのですが、森生はあっちから行けと言ってしまい…。

ユミコの白杖を掴んでしまいます。

それに恐怖を感じたユミコは、思わず森生の股間に蹴りを入れて…。

しかし、それほど目の不自由な方にとって点字ブロックは大切なものなのですね。

股間への蹴りは、たまたまだとは思いますがw。

ゆか
ゆか

ユミコと森生の出会いは、最悪なようで最高。弱視のユミコは、思わず森生の顔には傷があることを耳にして顔を近づけてしまいます。ユミコは自分が傷つけてしまったのかと思ったのです。森生、ひとめ惚れの瞬間です。

「目が不自由なこと」の違い

目が不自由なことには、いくつも種類があることも本作で知ることになりました。

盲学校のユミコの同級生の青野陽太(細田佳央太)は、全盲で真っ暗で光さえも見えない状態。

もう一人の同級生の紫村空(田辺桃子)は、弱視で視野が狭く光を眩しく感じる状態。

そして、ユミコは、色と光がぼんやり見える弱視です。



確かに、弱視という言葉は知っていましたがいろんな種類があるということを想像したこともなかったです。

私もかなりきつい近眼で、特に右目はギリギリ0.01しかありません。

コンタクトや眼鏡なしでは生活できないのですが、矯正すれば見えるので考えたことすらなかった…。



ドラマの中では、それぞれがどんな風に見えているのか、または見えないのかを映像で表現してくれています。

すごくわかりやすいです。

今まで考えたこともなかったことを、本作では私たち視聴者に教えてくれます。

コンビニのシーンでもそうです。

何気なく見ているコンビニの売り場も、目が不自由な人にとっては商品がおいてある場所を覚えておかなければならないようです。

一度手に取って戻すときは、必ず同じ場所に戻さないといけないなと感じました。

そして、何より自転車。

ちゃんと所定の場所にきっちり停めなければ…。

ゆか
ゆか

弱視の女の子がヒロインのドラマだと聞いて、もっと悲劇的なドラマを想像していましたが、本作はラブコメです。明るく、目の不自由な方の不自由さを教えてくれます。

アネキ?

森生、いきなりユキコを「アネキ」呼びw。

自分より強いかららしいですが(急所に蹴りがヒットしたからね)、おもしろすぎます。

ユキコの反応もかなりの塩対応で、王道のラブコメやん!ってテンション上がりました。

わりと、男子の方がツンで女子の方がデレのドラマが多い中、本作は逆なんですね。

ユキコ、強すぎる。

ちょっぴり口も悪くて、サバサバした女の子。

豪快な舌打ちも、男の子っぽい喋り方もすごくいい。

森生のことも、黒川って呼び捨てだし。



この二人がこれからどんなラブストーリーを紡いでくれるのか、本当に楽しみです。

ゆか
ゆか

杉咲花さんは演技派の女優さんでいろんな作品も観ていますが、正直、杉野遥亮さんのことはあまり知らなかった私。長身でさらっとしたイケメンで、すごくカッコいい!小柄な杉咲花さんとの身長差に萌えます!

とにかくキャストが強い!

本作は、主演の二人はもちろん、脇を固める俳優さんたちが素晴らしいです。



盲学校の同級生の二人を演じるのが、「リコカツ」ではちょっと嫌われ女性自衛官役をやっていた田辺桃子さんと「ドラゴン桜」で大注目された細田佳央太さん。



ユキコの心配性の姉役に、今売れに売れてる奈緒さん。

お父さん役に、ベテラン演技派の岸谷五朗さん。



森生の宿敵・金沢獅子王は、幅広い役をこなす演技派イケメンの鈴木伸之さん。「ラジエーションハウスⅡ」にも出演中です。

森生の仲間の緑川花男役が「漂着者」で注目を集めた戸田純貴さん、桃井草介役はFANTASTICS from EXILE TRIBEの堀夏喜さん。



森生行きつけの喫茶店の女性店主・橙野茜役に、ファーストサマーウイカさん。

密かに森生に恋する橙野ハチ子役に、生見愛瑠さん。ユキコと森生の間に、邪魔しに入って来そう~w。

ユキコたちの学校の近くのハンバーガーショップの無駄にイケメン過ぎるw茶尾店長役に、古川雄大さん。

そして、案内人として盲目のピン芸人・濱田祐太郎さん。



個性的で実力派の俳優さんたちの演技と、濱田祐太郎さんの豆知識、期待しています!

花畑の中心で「気持ちいい」を叫ぶ

ラストシーン、良かったですね。

マリーゴールドの花畑の真ん中で、二人で気持ちいい!って叫ぶシーンです。



二人ともマイノリティ同士で、偏見の目で見られやすい。

ユキコは比較的、理解してくれる人も多いと思いますが、不良で顔に傷がある森生は真面目に生きたくても周りがそれを許さないのです。

そんな二人が出会って、恋に落ちて。

本作は、何も考えずに日々を過ごす普通の私にいろんなことを教えてくれそうです。

ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」第1話の感想 最後に

ドラマ「恋です!~ヤンキー君と白杖ガール~」第1話の感想でした。

いいドラマだなぁ。

最近はドラマ離れが進んでいるようですが、いいドラマはやっぱりいい。

ヤンキー君、本当はすごく純粋なんですね。

ただ、気になるのは獅子王の存在。

「俺には時間がない」と言っていましたが…。

次回も楽しみです。



以下から、本作の原作「ヤンキー君と白杖ガール」を購入することが出来ます!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA