ドラマ「アバランチ」第6話 ネタバレ感想 主演・綾野剛|正義

mask

こんにちは、はるき ゆかです。



ドラマ「アバランチ」第6話の感想です。

今回も、また警察上層部の醜い姿を見せつけられます。

警察って、こんなもんなの?と悲しくなってしまいます。

そして、今回も綾野剛さんのアクションシーンがカッコいいのです。

ドラマ「アバランチ」第1~6話を見逃した方は
FODプレミアムより観ることが出来ます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

FODプレミアム

ドラマ「アバランチ」第6話の感想 はじめに

police

あらすじ

3年前、多くの犠牲者を出した偽装テロ事件を足掛かりに、権力の階段を上っていく大山(渡部篤郎)。大きな野望を胸に秘めた大山が画策する“次なる最悪の一手”を防ぐため、羽生(綾野剛)たちはキーマンである元公安部長の戸倉(手塚とおる)への接触を図る。しかし、これまで情報収集に徹していた大山も、ついにアバランチに対して反撃に出て…。

そしてある日、日本列島に緊急ニュースが流れ込む――。アナウンサーが報じたその内容は、「警視庁が、アバランチのメンバー・羽生誠一容疑者をテロ事件の容疑者として全国に特別指名手配」。

羽生の身に一体何が? ついに、アバランチと大山の正義がぶつかり合う壮絶な戦いの幕が開く。

[引用元]フジテレビ「アバランチ」公式サイトSTORY

登場人物

羽生誠一/綾野剛
アバランチ。元刑事。

西城英輔/福士蒼汰

警視庁捜査一課から警視庁特別犯罪対策企画室へ。

山守美智代/木村佳乃

警視庁特別犯罪対策企画室・室長。

牧原大志/千葉雄大

アバランチ。天才ハッカー。IMMAに勤務していた姉を殺害された。

明石リナ/高橋メアリージュン

アバランチ。 元自衛隊特殊工作部隊「コヨーテ」。親友を自殺に追い込まれた。

打本鉄治/田中要次

アバランチ。元警視庁爆弾処理班。

大山健吾/渡部篤郎
内閣官房長官。

郷原栄作/利重剛

内閣総理大臣。

福本優美/堀田茜

大山の秘書。西城の友人。

ドラマ「アバランチ」第6話の感想 

japan flag

全国指名手配

警視庁は、羽生(綾野剛)をテロ組織の主犯格として全国指名手配することに決めます。

他のメンバーも容疑が固まり次第、指名手配されるようです。

大山(渡部篤郎)がいよいよ動き出したということです。

ゆか
ゆか

大山の反撃。大山は既に強大な力を身に着けているようです…。

時代がアバランチを必要としている

その二週間前。

牧原(千葉雄大)は、一人で街を歩いているとアバランチに興味を持つジャーナリストの遠山(田島亮)に声を掛けられます。

姉の夏川洋子の敵を討ってくれたアバランチをどう思うか?

そして、アバランチはなぜ出来たのか?

牧原は、アバランチには感謝している、そしてアバランチは時代が求めているから結成されたのだと思うと答えました。

遠山は、牧原がアバランチの一員だとは気づていないようです。

公安部長の戸倉に接触

裏切り者のアルベルト・ガルシアが、日本に舞い戻って来たようです。

戸倉(手塚とおる)のところに、その情報が入って来ました。

そのすぐあと、戸倉はある人物に会いに外出します。

定例会議を欠席しても会わなければなら相手は、県警の西城刑事部長。

アバランチの西城(福士蒼汰)の父親でした。



意外な相手に、羽生は驚きますが…。

西城はもっとショックを受けてしまいます。



会話の内容も、一人の外国人を確保してくれというもの。

絶対に殺してはいけないと戸倉は言っています。

そして、確保したらすぐに戸倉に引き渡すということです。

ゆか
ゆか

警察って、怖いなぁ。最近、ドラマで描かれる警察はいつも怖い。

西城は父親に会いに行きます。

そして、USBを渡し、「ここに俺の正義が入っている」と言って…。

そのUSBを西城の父親が自分のPCに差し込むことで、牧原は県警のPCに侵入することに成功。

アルベルト・ガルシアがあの情報屋

戸倉は、大山に県警がアルベルト・ガルシアを確保したら、その「処理」に彼らを動かしてもらえないかと言います。

彼らとは「極東リサーチ」。

戸倉は大山に「なぜ早く私に報告しなかったのか」と言われ、青ざめてしまいます。

この顔色だけでも、大山がどれだけ怖い人物なのかが伝わって来ます。



一方、西城の父のPCに侵入し、戸倉に送ったメールの画像を見ているアバランチのメンバー。

その画像を見て、羽生の顔色が変わります。

これは、自分たちを裏切った情報屋でした。

アルベルト・ガルシアが、羽生の仲間5人の命を奪ったということです。

そして、アルベルトはなぜ日本に戻って来たのでしょうか?

極東リサーチとは?

アルベルト・ガルシアが、県警に捕まりました。

羽生にコンタクトを取って来て、電話で話しているときに捕まったのです。

このまま、「極東リサーチ」に引き渡され、アルベルト・ガルシアは消されてしまうということです。

戸倉に騙されたアルベルト。

日本に戻って来たのは、羽生に謝りたかったからです。

そして、アルベルト・ガルシアを救出に向かうアバランチ。

裏切られた羽生ですが、放っておけなかったのです。



「極東リサーチ」のリーダー格の男と羽生のアクションシーンは、すごかったですね。

羽生さん、思いっきり車にはねられているのに「痛ってぇ」で済むって、どれだけ不死身なんでしょうか。

「極東リサーチ」のメンバーも只者ではないはずなので、羽生は苦戦します。

人数も多いし、仮面をはがされた羽生は、逃げていく「極東リサーチ」の車を牧原の車で追います。

しかし、「極東リサーチ」は、在日米軍の管理施設にも入っていくことが出来るようです。

大山の強大な力はどこまで及んでいるのでしょうか…。



元自衛官のリナが言うには、「極東リサーチ」のメンバーは反社などとは違って正式な訓練を受けた銃の扱いをしていたと言います。

「極東リサーチ」は、おそらく訳あって、警察や自衛隊を辞めた人間が集められた組織ではないかということです。

大山が作ったのでしょう。

大山が怖すぎる…。

これは、大山がこれ以上の力を手に入れる前に何とかしなければ。

アルベルト・ガルシアの死

「極東リサーチ」に命を奪われたアルベルト・ガルシアの遺体が上がります。

自過失による事故死で処理されるようです。

警察がこんなことでいいのでしょうか…。



西城は、ガルシアの遺体が上がった現場に向かい、父に自分たちが調べたことを話します。

西城は子供の頃から父が誇りでした。

しかし、今の父は…。

世界は想像以上に残酷

父と話し終わって外に出て来た西城を待っていたのは、羽生でした。

ガルシアの件に西城の父親が絡んでいることを知ったとき、羽生はどうしたらいいかわからなくなったと言います。

あれだけ憎んでいたガルシアの命を助けるために必死になった羽生。

人生はわからない。

そして、世界は想像以上に残酷。

自分の正義は自分で決めるしかないのです。

アバランチのメンバーは西城を一人にしたくないとみんな思っていると言う羽生。

ゆか
ゆか

羽生さんは、心も体も強い。だからこんなに優しいのです。西城くん、がんばれ!

そして、羽生は戸倉に電話をかけて…。

ドラマ「アバランチ」第6話の感想 最後に

ドラマ「アバランチ」第6話の感想でした。

今回も警察上層部がどれだけ醜いかを突き付けられたターンでした。

本当の警察は決してこんなことはないと信じたいです。

次回は、事態が急展開するようです。


以下の記事で、第5話の感想を書いています。
よろしければ、併せてご覧ください。

mask ドラマ「アバランチ」第5話 ネタバレ感想 主演・綾野剛|夜明け

ドラマ「アバランチ」第1~6話を見逃した方は
FODプレミアムより観ることが出来ます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

FODプレミアム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA