ドラマ「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート」第7話 感想 主演・窪田正孝

radiation

こんにちは、はるき ゆかです。



ドラマ「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~」第7話の感想です。

今回は、技士の悠木が原因不明の腰痛に悩まされます。

その腰痛の原因は?

そして、20代で末期患者の今井さんと悠木のふれあいに心が温かくなりました。

ドラマ「ラジエーションハウスⅡ」第1~7話を見逃した方は
FODプレミアムより観ることが出来ます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

FODプレミアム

ドラマ「ラジエーションハウスⅡ」第7話の感想 はじめに

ラーメン

あらすじ

唯織(窪田正孝)のもとへ、杏(本田翼)の父親で、離島で診療所を開いている正一(佐戸井けん太)が突然訪ねてくる。唯織に1枚の画像を見せる正一。そこには、かなり進行しており、外科手術も不可能なすい臓がんが…。

同じ頃、悠木(矢野聖人)は、昼食の時間も惜しんでIVRの動画を見るなど、熱心に勉強を続けていた。そこにやってきた鏑木(浅野和之)は、悠木に対して一部の患者から苦情が寄せられていることを告げ、勤務態度を改めるよう指示。技師長不在のため、「技師長代理」を急遽任されたたまき(山口紗弥加)も悠木を注意するが、悠木は愛想をよくするより、時間通り正確な検査をする方が患者のためだ、と反発して…。

そんな中、心筋梗塞を起こし、路上で倒れていた男性・今井陽一(戸塚純貴)が緊急搬送されてくる。陽一は26歳という若さだったが、精巣ガンが全身に転移しており、抗がん剤治療も効果が見られなかったため、現在は痛みを和らげる緩和ケアに切り替えていた。心筋梗塞を起こしたのも、抗がん剤の影響で血管が詰まりやすくなっていたためと思われた。

一方、杏は、正一からすい臓がんであることを告げられる。だが正一は、積極的な治療を受けるつもりはないという。島に渡ったとき、最後まで白衣を脱がないと決めた、患者ではなく医師であり続けたい、という正一。杏はショックを受けながらも、別の病気である可能性を信じようとするが…。

[引用元]フジテレビ「ラジエーションハウスⅡ」公式サイトSTORY

登場人物

五十嵐唯織/窪田正孝
医師免許を持つ放射線技師。幼馴染の杏との約束を守って放射線技師になった。2年間のアメリカ留学を終え、再び甘春総合病院に勤務。

甘春杏/本田翼

放射線科医師。唯織の幼馴染。甘春総合病院勤務。

広瀬裕乃/広瀬アリス

甘春総合病院の放射線技師。新人として病院に入り、努力の成果で今は一人前の技師となった。五十嵐に想いを寄せる。

黒羽たまき/山口紗弥加

男っぽい性格の中堅放射線技師。昼食はいつも決まったカップラーメン。

田中福男/八嶋智人
甘春総合病院の放射線技師。

小野寺俊夫/遠藤憲一

放射線技師長。技術は一流。お酒とギャンブル好き。

軒下吾郎/浜野謙太

放射線技師。とにかくモテたい。脳のMRIが得意。

威能圭/丸山智己

AIを得意とする放射線技師。人たらしで彼が目当てで来る患者も多い。

悠木倫/矢野聖人
放射線技師。メカオタク。

辻村駿太郎/鈴木伸之

父が総合病院の院長という整形外科医。杏のことが好き。唯織の恋のライバル。

灰島将人/高嶋政宏

合理主義の新院長。病院経営が第一の冷酷な性格。

鏑木安富/浅野和之

甘春総合病院の副院長。事なかれ主義だったがラジエーションハウスのメンバーに感化され、今では院長にも意見する。

大森渚/和久井映見

甘春総合病院の前院長。唯織とラジエーションハウスのメンバーの良き理解者で、杏の相談相手。

ドラマ「ラジエーションハウスⅡ」第7話の感想 

悠木の評判

悠木(矢野聖人)は、勉強熱心で優秀な放射線技師ですが、少し愛想が悪いようで、患者からSNSで叩かれています。

鏑木副院長(浅野和之)から注意を受け、本人も少し気にしているようです。

そんな悠木のお昼ご飯は、サプリのみ。

ランチの時間も勉強しているのです。



確かに、優秀な技士さんに検査してほしいですが、具合が悪いときに愛想の悪い技士さんに当たるのはちょっとキツイかな…。



そんな悠木が、腰を痛めているようで、五十嵐が痛そうに腰をさする悠木に声を掛けますが、「別に…」と言って去っていきます。

五十嵐くんは、具合が悪い人を見ると声を掛けてしまうんですね。

そして、そういうときはだいたいその人は、何か問題を抱えているのです。

ゆか
ゆか

悠木さん、やっぱり食事はちゃんと摂らないと…。

26歳の末期がん患者

甘春総合病院に、街で倒れていた若い男性が運び込まれます。

辻村先生(鈴木伸之)と杏(本田翼)の診断によると、心筋梗塞。

若い男性には、少ない病気だとのことです。



しかし、この患者・今井陽一(戸田純貴)は、精巣ガンの末期でした。

抗がん剤を投与していましたが、全身にガンが転移していて、現在は緩和ケアに切り替えているようです。

がん患者は血管が詰まりやすく、今井さんは心筋梗塞になってしまったのです。

ゆか
ゆか

26歳と言えば、人生これからなのに。辛いですね。

杏の父は膵臓癌

杏の父親・正一(佐戸井ケン太)は、小さな島の診療所で働いています。

少しを休みをもらって東京に来たようですが、それは杏に自分が膵臓癌であることを知らせに来たのです。

正一先生は、死ぬまで患者ではなく医師でありたいと言います。

突然、父の病気を知らされた杏はひどく狼狽しますが、正一先生は小さな島に渡ったときから決めていたようです。

正一先生の癌は、かなり進行していて治療を行わなければ余命一年余り。

ゆか
ゆか

大森先生は、「クオリティオブライフ」、生き方はその人次第だと言います。しかし、娘の杏はこのまま何もせずに父を死なせたくないのです。

大森先生(和久井映見)の言うこと、すごくよくわかります。

辛い治療に耐えて、少し寿命を延ばすことが本人の希望でないのなら…。

家族にとっては、とても悲しいことですが、全ては本人の生き方。

倒れた悠木

朝、ラジエーションハウスのメンバーが出勤しています。

その中の悠木が突然、倒れてしまいます。

腰に激痛があるようです。

レントゲンには、特に異常がないように見えるのですが…。



急遽、入院することになった悠木の隣のベッドは、末期がん患者の今井陽一。

底抜けに明るい今井は、ラーメンが大好き。

先日、悠木が食べに行った一時間待ちのラーメン店がおすすめだと言います。

悠木は、ラーメンごときに一時間も並べないと食べるのを諦めて帰ったのです。

すると、今井は「じゃあ、お兄さんはその一時間、何に使ったの?」と聞きます。

言葉に詰まる悠木。

今井は末期がん患者だろうが、健康診断オールAだろうが、人間死ぬときは死ぬのだと言います。

ゆか
ゆか

それを明るく言う今井さん。でも、それは真理です。誰がどこでどうなるかなんてわからないのです。

検査を受ける正一

杏は、どうしても父のことが諦めきれず、ラジエーションハウスで検査をしてもらうことに。

しかし、検査の結果はやはり膵臓癌でした。

自分で父の写真を見て、杏はその結果を受け入れるしかありませんでした。

積極的な治療は受けないと言い切る父の死をただ待っているだけというのは、娘にとってかなり厳しいことです。

それを辻村先生に打ち明けると、杏を背中から抱きしめる辻村先生。

泣き崩れる杏。

その姿を複雑な気持ちで見つめる五十嵐。



一方、悠木は腰の激痛の原因が分からない。

それでも、技士としての勉強を続ける悠木。

悠木は、五十嵐に「自分はみんなみたいに愛想よく出来ないから、技術でカバーしようとしていた」といいます。

五十嵐は「僕たちが必ず病気の原因を解明しますから」と言って駆け出していきます。

ゆか
ゆか

五十嵐くんは、本当にいつも驚くほど難しい病気を見つけ出してくれます。きっと悠木さんの原因不明の腰痛も解明してくれることでしょう。

悠木の腰痛の原因はDNAサプリ

検査を終えて帰って行こうとする正一先生を見送る杏。

すると、悠木が激しい腰痛を訴え、杏が呼ばれます。

ゴミ箱には悠木が飲んだDNAサプリのびんが溢れていました。

それを見て、正一先生は尿管結石の疑いがあると言います。

レントゲンに写らない結石もあるようです。

正一先生は、CTを撮る必要があると言いますが、現在点検中。

それなら、VITで検査をしてはどうかと五十嵐に告げます。



正一先生、カッコいい!



そして、悠木の腰痛の原因はDNAサプリの飲み過ぎによる尿管結石でした。

水をたくさん飲んで、結石を外に出せばすぐに痛みは治まるようです。

ゆか
ゆか

悠木さん、大変な病気じゃなくてよかった。やはり、食事を摂らずにサプリにばかり頼るのはよくないということですね。他人事じゃないなぁ。

有給を取ってラーメン屋へ

悠木と同じ病室だった末期がん患者の今井さん。

悠木は、自分は今井さんには何もしてあげられないと言います。

たまき(山口紗弥加)に「今回入院して、あんたにならやれることがあるんじゃないの?」と言われ、悠木はあることを思いつきます。

今井さんを連れて、ラーメン屋さんへ行くこと。

二人は、楽しそうにラーメンを食べて、二人で写真を撮りました。

SNSに投稿された今井さんの笑顔に、思わず涙がこぼれる悠木。

悠木は、ロボットなどではありません。

ドラマ「ラジエーションハウスⅡ」第7話の感想 最後に

ドラマ「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート~」第7話の感想でした。

今回は、泣かされました。

戸田純貴さん、矢野聖人さん、素敵でした!

毎回、心温まる本作、ぜひシリーズ化してほしいです。


以下の記事で、第6話の感想を書いています。
よろしければ、併せてご覧ください。

【関連記事】

radiation ドラマ「ラジエーションハウスⅡ~放射線科の診断レポート」第6話 感想 主演・窪田正孝


ドラマ「ラジエーションハウスⅡ」第1~7話を見逃した方は
FODプレミアムより観ることが出来ます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

FODプレミアム


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA