ドラマ「消えた初恋」第5話 感想 主演・目黒蓮/道枝駿佑|林間学校はマジックトラベル

red roses

こんにちは、はるき ゆかです。



ドラマ「消えた初恋」第5話の感想です。

とにかく青木・橋下さんチームが、可愛すぎて応援したくなってしまいます。

そして、ラストシーンはやや意外な展開でしたが、井田くんの大人な態度にドキッとします。

ドラマ「消えた初恋」第5話の感想 はじめに

虹と山

あらすじ

 ついに井田(目黒蓮)への恋心を認めた青木(道枝駿佑)は、親友のあっくん(鈴木仁)に背中を押され、林間学校の旅先で告白する決意を固める。

 林間学校がスタートし、なんとか話し掛ける機会をうかがう青木だが、バレー部の仲間たちに囲まれてワイワイと楽しそうな井田には、まったく隙がなくガックリ…。一方、橋下さん(福本莉子)も女子に気軽に声を掛けて楽しんでいるあっくんの姿を目の当たりにして、ちょっぴりイライラモードに…。臆病で何ごともすぐに諦めてしまう青木と橋下さんだが、この林間学校は代々“恋が始まるマジックトラベル”と語り継がれていると知り…?

 しかし、ふたを開けてみると、恋のマジックどころではない事が発覚! 夕食の食材を自分たちで確保しなければならないという地獄のオリエンテーリングがスタートすると、虫が苦手な青木と、体力がなく方向音痴な橋下さんは、早々に落ちこぼれてしまう。2人は、自分たちとは逆に、やすやすと食材を手に入れた井田とあっくんの頼もしい姿に思わずときめいてしまうのだが…!?

 はたして、青木と橋下さんは、地獄のオリエンテーリングを乗り切って恋のミラクルを起こすことができるのか!?

[引用元]TV朝日「消えた初恋」公式サイトSTORY

登場人物

井田浩介/目黒蓮(Snow Man)
バレー部で、青木や橋下さんと同級生。真っ直ぐな性格で、周囲に流されず率直に思ったことを言うタイプ。恋愛には疎い。あることから青木が自分のことを好きだと勘違いして…。

青木想太/道枝駿佑(なにわ男子)
お人好しで優しい性格の憎めないタイプの男子。橋下さんを天使だと思い、ひそかに想いを寄せている。あることから、井田のことが気になりはじめ…。

橋下美緒/福本莉子

可愛くて優しい天使のような女子。井田に想いを寄せている。恋のおまじないで消しゴムに「イダくん♡」と書いている。その消しゴムをうっかり青木に貸してしまったことが思わぬ事態に発展する。

相多楓斗/鈴木仁
青木の親友で、他人との距離がちょっと近い男子。青木とは接点がなかったが、あることがきっかけで話をしていいやつだと気づく。青木と橋本さんがお似合いだと二人をくっつけようとして…。

谷口先生/田辺誠一

青木たちのクラスの担任で、バレー部の顧問。いつも生徒をあたたかく見守る先生。

ドラマ「消えた初恋」第5話の感想 

vegetable

林間学校が始まり、毎年恒例のオリエンテーションがスタート。

臆病な青木(道枝駿佑)と橋下さん(福本莉子)は、楽しそうな井田(目黒蓮)とあっくん(鈴木仁)に少しヤキモキしています。

この林間学校は“恋が始まるマジックトラベル”と代々語り継がれていることを知って、青木と橋下さんは林間学校でかならず告白すると決めていました。



オリエンテーションの指導をしてくれるのは、阿久津(丸山智己)という少し強面で厳しそうな人でした。

生徒たちはオリエンテーリングで手に入れた食材で自分たちで料理を作ることになっています。

オリエンテーリングの地図にそれぞれの食材が置いてある場所が示されていますが、タイムリミットは午後4時。

それまでにすべての食材を集めて来なければ、食事はなし…。



しかし、生徒たちは順調に食材を集めて、すべて集めるとビーフカレーが出来るようです。

ゆか
ゆか

また、チーム分けがあっくんと井田くん、青木くんと橋本さんということで、なんか、ちょっと心配ですね。

結局、青木くんと橋下さんが見つけられたのは、ニンジンだけ。

二人はこのニンジンをとにかく美味しく調理しようとお互い励まし合います。

ニンジンを調理して仲良く食べる二人ですが、どこか寂しそう。

そこに井田くんとあっくんがカレーを持って来てくれます。



井田くんとあっくんに迷惑をかけられないからと、翌日は頑張る決意をする青木くんと橋本さん。

しかし、翌日も食材を集められず…。

すると、クラス全員で集めた食材でみんなの分を作ろうと井田くんとあっくんが言ってくれます。

青木くんと橋本さんは、みんなに「俺たちのためにごめん」と謝りますが、そこに阿久津が現れて…。



怒られるとばかり思っていたクラスのみんなに、阿久津は「合格だ!」と言って、さらにたくさんの食材や飲み物を持って現れます。

みんなで集めた食材で、クラスみんなで分け合って食べる…それが、阿久津の本意だったのです。

林間学校最後の日、青木くんたちはみんなで食事を楽しみます。

ゆか
ゆか

洗いものをする青木くんと橋本さんのところに、阿久津さんが現れ、「山は全ての人間に平等だ。お前たちが勝てなかったのは、臆病で初めから諦めているからだ」とアドバイスをしてくれます。

それは、恋に関しても同じことが言えるはずです。

青木くんは、井田くんに告白することを決意します。



青木くんは井田くんを呼び出し、「俺、お前のこと本当に好きなっちゃったんだ!」と叫びながら、山道を転がる青木くんw。

そして「一思いに振ってくれ」と言う青木くんに、井田くんは「本気なのは伝わってる。つきあってみるか」と。



私も、こんな時代に戻りたくなりました…。

ドラマ「消えた初恋」第5話の感想 最後に

ドラマ「消えた初恋」第5話の感想でした。

ラストシーンの井田くんがあまりにもフラットに「つきあってみるか」って言ったのが意外な展開。

井田くん、高校生とは思えない落ち着き方で、すごい。

次回は、青木くんにライバル登場?!


以下の記事で、第4話の感想を書いています。
よろしければ、併せてご覧になってください。

red roses ドラマ「消えた初恋」第4話 感想 主演・目黒蓮/道枝駿佑|本当の気持ちを

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA