映画「チョコレートドーナツ」感想|偏見と差別を越えて

映画「チョコレートドーナツ」の感想です。

現在のアメリカでは、様々な立場の人の権利や人権が尊重されていますが、1979年当時はこのような現実があったのかと驚きを隠せませんでした。

「チョコレートドーナツ」 あらすじ

1979年、カリフォルニア。シンガーを夢見ながらもショーダンサーで日銭を稼ぐルディ。正義を信じながらも、ゲイであることを隠して生きる弁護士のポール。母の愛情を受けずに育ったダウン症の少年・マルコ。世界の片隅で3人は出会った。そして、ルディとポールは愛し合い、マルコとともに幸せな家庭を築き始める。ポールがルディのために購入した録音機でデモテープを作り、ナイトクラブへ送るルディ。学校の手続きをし、初めて友達とともに学ぶマルコ。夢は叶うかに見えた。しかし、幸福な時間は長くは続かなかった。ゲイであるがゆえに法と好奇の目にさらされ、ルディとポールはマルコと引き離されてしまう……。血はつながらなくても、法が許さなくても、奇跡的に出会い深い愛情で結ばれる3人。見返りを求めず、ただ愛する人を守るために奮闘する彼らの姿に我々は本物の愛を目撃する。

[引用元]Amazonプライムビデオ「チョコレートドーナツ」あらすじ

【監督】トラヴィス・ファイン
【出演者】アラン・カミング ギャレット・ディラハント アイザック・レイヴァ

「人と違う」ことの壁

シンガーとして成功する夢を持ちながら、ダンサーとして生活費を稼ぐルディは、ある日、自分がゲイであることを隠しながら弁護士をしているポールに出会います。

お互い、一目惚れだったようです。

少しづつ愛を育む二人でしたが、ルディの住むアパートの隣には、ダウン症児のマルコという少年が麻薬常習者の母親と共に住んでおり、マルコは育児放棄をされています。

ルディは、マルコが母親が麻薬を使っているときに、家の外に出されていることを知っています。

 

ある日、マルコの母親が麻薬で逮捕され、マルコは家庭局に保護されることになりました。

一人で施設から逃げ出してきたマルコを、偶然ルディとポールが見つけます。

ルディは、マルコを家に連れて帰るのですが…。

 

ルディは、マルコを引き取りたいと思っていますが、当時、ゲイのカップルが親権を得るのはとても難しかったようです。

ルディがマルコの親代わりになるには、逮捕されたマルコの母親がそれを認めることが必要でした。

母親は、暫定的緊急看護権は、ルディにあると書類にサインします。

マルコの母親は、簡単にマルコをルディに引き渡すことを決めます。

はなから、マルコを育てる気持ちはないのです。

 

それとは逆に、ルディは「母性愛」に溢れる人です。

どうしても、マルコを施設に入れたり、一人にすることが出来ないのです。

そして、裁判でマルコの暫定的緊急看護権を得るには、ルディの住む部屋では住環境が良くないということで認められそうにありません。

そして、ルディとポールは、ポールの家に住むことになります。

 

ポールがマルコのために部屋を用意するシーンは、とても感動的です。

今まで、マルコが母親にどれだけ放っておかれていたかがわかります。

マルコはこれから、幸せになるはずでした…。

マルコの学校の教師が言うように、ゲイのカップルである「二人の関係について、たった一人の質の悪い人の耳に入ると二人は窮地に立たされる」と…。

 

裁判でも、直接ルディとポールに接していた人たちは、ルディがマルコの「母親」になることに、とても肯定的です。

マルコの教師、家庭局の調査員…。

 

今まで、差別され苦しく辛い日々を送ってきたルディは、人を心から愛することが出来るのです。

しかし、「人と違う」ことの壁が大きく立ちはだかることになるのです。

偏見や差別のやるせなさ

ポールの上司のウィルソンという人物は、かなり保守的な差別主義者でした。

そんなウィルソンのホームパーティに招待された、ポールとルディ、マルコの三人。

ウィルソンは、そのときのポールとルディの様子を見て…。

 

そこから、うまくいっていた裁判も偏見と差別的なものへと変わっていくのです。

耳を覆いたくなるような質問がルディとポールに浴びせかけられます。

 

この質問へのルディとポールの答えは、とても心に刺さる感動的なものです。

マルコへの愛情が溢れた美しい言葉です。

しかし、裁判の結果は…。

小さな新聞記事

ラストシーン、クラブで力強く熱唱するルディ。

そして、ポールによって、ある小さな新聞記事が、判事や相手の弁護士、ウィルソンらに手紙と共に送られます。

 

正義とは一体何なのか。

人を心から愛するということは何なのか。

差別や偏見がどれほど怖ろしいものなのか。

ただ規則や判例に縛られることがどれだけ意味のないものなのか。

 

様々なことを、ラストシーンで考えさせられます。

 

そして、これは、他人事ではなく、私自身にもそういった偏見や差別する心が絶対にないと言い切れるのか…。

これからも、何度となくこの作品を観返し、自分の心を問い正したいと思います。

最後に

映画「チョコレートドーナツ」の感想でした。

タイトルのチョコレートドーナツは、マルコの大好物です。

大人たちの差別と偏見の犠牲になったのは、誰よりもハッピーエンドを求めた何の罪もないマルコ自身でした。

ぜひ、ご覧になっていただきたいおすすめの映画です。

 


Amazonプライム・ビデオ