映画「The Witch 魔女」 感想|遺伝子レベルで脳を操作された少女

走る少年

こんにちは。

はるき ゆかです。



映画「The Witch 魔女」の感想です。

アクションシーンが素晴らしくて、あどけない顔の少女の超人的な力に驚愕します。

こんな研究所が、世界のどこかに実際存在するのかもしれません…。

映画「The Witch 魔女」感想 はじめに

ある特殊な施設で育ったジャユン。8歳のときに逃げ出し、記憶を失ったジャユンは助けてくれた酪農家の娘として暮らすことに。そして、10年余の歳月が過ぎ、ジャユンは頭に異変を感じるようになる。手術費用と経済状況が厳しい養父母のため賞金が出る歌のオーディションを受けることを決意。しかし、テレビ番組で、あるマジックを披露したことで謎の男たちから追われることになる…!(C)2018 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

[引用元]Amazonプライムビデオ「The Witch 魔女」あらすじ

映画の冒頭で、どこかの国で子供たちが人体実験をされている怖ろしいシーンが流れます。

古い写真が次々と映し出され、体中に管をつながれたり、開頭手術を受けている子供まで…。

【監督・脚本・製作】パク・フンジョン

登場人物

ク・ジャユン/キム・ダミ

ドクター・ペク/チョ・ミンス

ミスター・チェ/パク・ヒスン

クィ・ゴンジャ/チェ・ウシク

ミョンヒ/コ・ミンシ

キンモリ/チョン・ダウン

主演のキム・ダミは、本作が映画初主演。

監督は「新しき世界」などヒット作を手掛けたパク・フンジョンです。

ジャユンの過去

ジャユンは、8歳のとき『ある施設』から逃げ出し、酪農家である今の両親に助けられ、今は彼らの娘として暮らしています。

ジャユンの能力

ジャユンは、普段はどこにでもいる可愛い女子高生なのですが、成績優秀、スポーツ万能、歌もダンスもとても上手です。

あらゆる「能力」に秀でているのです。

しかし、ジャユンはときどきひどい頭痛に襲われ、すぐに治療を受けないと命の保証はできないと医師に告げられます。

治療には多額の費用が必要となり、酪農で生計を立てている両親に出してもらうことはできません。

そこで、ジャユンは多額の賞金が出るタレントオーディションに出演することを決めます。

親友のミョンヒと共に、オーディション会場に向かいます。

ジャユンは、歌を歌うだけでなく、ちょっとしたマジックをオーディションで披露します。

それが話題になって、逃げてきた『ある組織』から追われることになってしまいます。

ジャユンは、なぜこんなにいろんな能力に秀でているのでしょうか。

そして、『ある組織』とは?

ジャユンの記憶

ジャユンは、オーディションの帰り、見知らぬ怪しい男たちに拉致されそうになります。

しかし、ジャユンはなぜ自分が狙われているのかがわかりません。

オーディションの本選に選ばれたジャユンは、ソウルの会場に向かうときに、不審な若い男に声をかけられます。

その男はジャユンを「魔女」と呼ぶのですが、ジャユンはその男を覚えていないようで…。

ある日、親友のミョンヒがジャユンの家に泊りに来た日、異常に身体能力の高い男女が乱入してきてジャユンを連れて行こうとします。

ミョンヒを傷つけられたくないジャユンは、乱入してきた男女とミョンヒの目の前で、思わず攻撃してくる男女に応戦してしまうのです。

ジャユンは、8歳のときに『ある施設』から逃げてきたときに、それまでの記憶を失っていたようなのですが…。

アクションシーンがすごい!

本作は、前半は純真な少女がタレントオーディションで自分の病気の治療費を稼ぐという健気な物語ですが、後半は180度変わり、純真な少女が超能力を持ったしたたかな「魔女」だったことがわかります。

彼女自身の頭痛の原因や脳科学者の手で超能力を身に着けさせられたことなどが次々に明かされていきます。

『ある施設』とは、ドクター・ペクという女性科学者の実験所のことでした。

ドクター・ペク

ジャユンの力は、同じように脳科学者・ドクター・ペクに超能力を身につけさせられた子供の中でも、「怪物」と呼ばれるほど強力です。

ドクター・ペク自身が怖れるほど。

脳科学者のドクター・ペクの研究は、段階ごとに効果が高まっていき、最初の研究材料とされた子供たち(今はもう大人)には副作用なども起こっています。

しかし、ドクター・ペクに罪悪感など一切ありません。

ドクター・ペクの研究や実験のシーンは、本当に怖ろしいものです。

これは、人間を冒涜するような、普通なら決してやってはならないことだとわかることです。

戦うジャユン

同じ超能力者のクィ・ゴンジャに組織に連れていかれ、記憶を取り戻すジャユン。

ジャユンは、遺伝子から操作された脳を持っている世代で、この世代の実験は成功したようです。

記憶を取り戻したジャユンは、吹っ切れたように力を最大限に発揮して戦います。

このときのアクションシーンは、生身の人間というより無敵の超能力者の戦いです。

相手の動きを先読みし、高い身体能力を最大限に使い、次々と相手を倒していきます。

本作「The Witch 魔女」後半のアクションシーンは、観ていて圧倒されます。

おそらく、文章ではそのすごさは伝わらないと思いますので、ぜひ本作をご覧になってみてください!

本当に怖いのは間違った科学者の所業

光

本作の怖いところは、アクションシーンで血まみれで死んでいく人々のシーンではなく、科学者が欲望のままに手を出してはいけない研究を行い、全く罪悪感を持たないことです。

そして、ドクター・ペクが生み出した「魔女」ジャユンは、誰よりも頭がよく、身体能力が高く、攻撃を受けてもダメージを受けず、超能力も絶大なのです。

知り合いの物理学者が、「原爆を作ろうと思えば作れるけれど、作らないという倫理観を持つのが本当の物理学者だ」と言っていたのを思い出します。

最後に

映画「The Witch 魔女」の感想でした。

本作は、第一部で、第二部が2021年公開予定だと言われています。

自分の力に目覚めたジャユンが、このあとどうなっていくのか…。

アクションシーンの最後に、こんな力を持ったまま生きていくのは無理だというクィ・ゴンジャに、「私は、ク・ジャユンとしてこれからも生きていく」と言います。

そして、ジャユンの両親は、彼女の普通ではない能力に、実は気づいていました。

本作では、認知症の症状を見せていた母親には、もう本当のジャユンの姿を知ることはないと思いますが、父親がとても寂しそうでした。

科学者の倫理観、親子の愛情、友情、アクション…と、見どころ満載の映画です。

第二部が公開される前に、ぜひご覧になってみてください!

「映画 The Witch 魔女」を観るならこちら!)

本ページの情報は2021年4月時点のものです。
最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

Amazonプライムビデオでも観れます!


Prime Video

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA