【コロナウィルスより怖い】これも新しい生活様式?│我儘な老人と煽る若者

こんにちは。

はるき ゆかです。

 

先日、大阪の某フードコートで食事をしていたときのこと。

オムライスのお店で、若い男女二組と高齢者夫婦の間で起きた諍い。

今まであまり見たことがないようなシーンに出会いました。

行列を待てず注文が遅い高齢者

どちらかというと、若い人が多いちょっとおしゃれめな某フードコートで友人と食事をしていたときのことです。

早くしろと怒鳴る高齢者

私たちの前に並んでいた、若いカップルが二組で料理の注文をしていました。

4人いるので注文するのに少し時間はかかりますが、それは仕方がないこと。

しかし、私たちの後ろに並んでいた高齢者の男性がイライラしていたようで「早くしろ!」と大声で若い子たちを怒鳴り始めました。

 

「人待たせて何も思わんのか!」と、かなりご立腹。

そのため、私たちも慌てて注文することになってしまいました…。

 

女の子たちは気まずそうな顔をしていましたが、怒鳴られるほど時間がかかったわけでもないので、男の子たちは少し怒った顔をしてその高齢男性をにらみつけていました。

注文が遅い高齢者

しばらくして、その高齢者男性がドリンクの追加注文をしていたのですが、たまたま先ほどの若い男の子のうちの一人も追加注文をするためにその後ろに並んだのです。

そして、高齢男性はドリンクメニューがどこにあるかわからなかったようで、結構時間がかかっていました。

すると、その若い男の子が茶化すように「早くしろ!人待たせて何も思わないのか!」と煽ったのです。(私たちの席は、ちょうど注文窓口の近くでした)

 

高齢男性は、顔を真っ赤にして「それが、目上に対する口の利き方か!」と言い返します。

お店の人が「何かございましたか?大丈夫ですか?」と声をかけると、もう一人の若い男の子が「いや、俺たちもさっき怒鳴られたんで…!」と。

高齢男性は、「何だと!俺は食事に来ただけでケンカしに来たんじゃない!お前ら帰れ!」

そう言って、注文せずに席に戻って行きました。

私たちもあっけにとられて、高齢男性を見ていると、おそらく奥さんだと思われる女性が、そっと周囲に頭を下げていらっしゃいました…。

 

この高齢男性、今までにもこういうトラブルを何度か起こしているのかもしれませんね。

人の注文は待てないけど自分の注文は遅い

高齢男性は身なりもきちんとして、おそらく会社に勤めていらしたのならそこそこ高い地位にいた方のように見えます。

若い子たちも全く悪そうな感じではなく、おそらく普通の学生同士のカップルだったのではないでしょうか。

年を取ると我がままになるけれど

年を取ると我がままになりがちですが、この高齢男性はその典型に見えました。

今までは周囲が自分を優先してくれていた環境にいたのに、今は普通の「おじいちゃん」になってしまい、他人は敬ってくれない…。

そういうことにイライラしてしまうのでしょう。

煽る若者

私たちくらいの年齢になると、自分とは関係ない人でも高齢者を優先したり敬うことが普通にできますが、若い子たちにとっては、そんなこと関係ないのだと思います。

そして、自分たちが怒鳴られたから、怒鳴り返したのです。

それも、ちょっと茶化してバカにしたような感じで…。

 

何でもコロナのせいにしてはいけませんが、コロナ以前はこんな場面に出くわすことはほとんどなかったような気がします。

これだけでなく、私は数日前にスーパーで買い物中、レジ係の女性に高齢男性が怒鳴っているのを目撃しました…。

 

「世界中がイライラしている」ということでしょうか。

 

こんなところにまで『新しい生活様式』が顔を出すのは悲しいことです。

我儘な高齢者と煽る若者 最後に

コロナウィルスのせいで、若者たちは行動が制限され、高齢者はコロナウィルス感染への恐怖で、イライラ。

もう、今までの生活にはしばらく戻れないと思いますので、うまくイライラを解消してほしいものです。

2020年11月現在も、コロナウィルスの感染者数が過去最大にと拡大している状況です。

 

ウィルスより、人と人のいがみ合いの方がずっと怖いです。

どうか、心穏やかに。

 

以下の記事も、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

【コロナより怖い】コロナハラスメントの実例│コロハラを起こさないために

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA