ドラマ「ナイト・ドクター」第2話 ネタバレ感想 主演・波留|コンビニ受診と重症患者

点滴

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「ナイト・ドクター」第2話の感想です。

今回は、美月が診察した乳児が実は重篤な病気だったことを見落としてしまいます。

コンビニ受診と言われる医療従事者を悩ませる患者と重症者の区別はとても難しい。

ドラマ「ナイト・ドクター」第2話の感想 はじめに

赤ちゃん

登場人物

朝倉美月/波瑠
どんな患者も受け入れるという信念を持つ。6年目の医師。

成瀬暁人/田中 圭

かつて美月と同じ救命救急センターにいた医師。11年目の医師。

深澤新/岸 優太(King & Prince)

元内科医だったが、ナイト・ドクターに任命された。研修医あがりの4年目の医師。

高岡幸保/岡崎紗絵

美月の同僚のナイトドクター。医師としての責任感が強く、一目置かれる存在。3年目の医師。

桜庭瞬/北村匠海

ナイト・ドクターチームのムードメーカー。研修医上がりの3年目の医師。

根岸進次郎/一ノ瀬颯

日勤の救命救急医。

益田舞子/野呂佳代

救命救急センターの看護師。

新村風太/櫻井海音

救命救急センターの看護師。

嘉島征規/梶原善

日勤の救命救急医。

桜庭麗子/真矢ミキ

柏桜会本院の会長。

八雲徳人/小野武彦

柏桜会あさひ海浜病院院長。優しい人柄。

本郷 亨/沢村一樹

ナイト・ドクターチームの指導医。厳しい。

あらすじ

朝倉美月(波瑠)は佐野大輔(戸塚純貴)の浮気現場を目撃。いつもと違う美月の様子は、深澤新(岸優太)たちに見抜かれ、成瀬暁人(田中圭)には職場に私情を持ち込むなと言われてしまう。そんな夜、深澤と高岡幸保(岡崎紗絵)は本郷亨(沢村一樹)にウォークイン当番を命じられた。ナイト・ドクターは重症患者だけでなく、昼の診察に行けない外来患者も診る。だが、緊急性のない患者の多さに深澤たちは辟易。

美月もウォークインに入ると、帽子をかぶった男が来る。男が帽子をとると美月の父、哲郎(佐戸井けん太)だった。軽症者が気軽に来るなと父を叱る美月の声は隣の診察室にも届く。そこでは、深澤が鮎川希実(谷村美月)の子供、玲生を診察中。美月の声を聞いた希実は、そそくさと帰ってしまった。哲郎に声をかけた桜庭瞬(北村匠海)は父娘事情を知る。哲郎の妻が13年前に亡くなったと知った桜庭は…。一方、美月は舌を噛んだ斎藤篤男(赤ペン瀧川)を治療。

美月が心配な哲郎は寮に押しかけ、深澤の部屋に居候してしまった。そんな時、希実が再び玲生を連れて来た。深澤は玲生に異常を感じるが、この日のウォークインは美月。美月が玲生を診察していると斎藤が救急搬送されたと連絡が入り、そちらへ向かう。斎藤の治療を終え、抱いた不審点を話す美月に、深澤は玲生に黄疸が出ていなかったかと聞く。本郷から診察時の様子を思い出すよう言われた美月は希実の気になる仕草を思い出した。その頃、希実は玲生の診療について、夫の聡(笠原秀幸)ともめていて…。

[引用元]フジテレビ「ナイト・ドクター」公式サイトSTORY

以下はネタバレあらすじ

大輔との別れ

 夜勤が終わって家に帰った美月(波瑠)の部屋の前に、大輔(戸田純貴)が待っていた。大輔は美月に謝るが、自分は寂しかったと言う。ただ、普通のカップルみたいにデートがしたかっただけなのだと。美月は「大輔のこと、大事にしてなかったね」と言うが、大輔は「俺が悪かったんだ。今までありがとう。仕事、頑張れよ」と言って、去っていく。美月は大輔と別れた。

美月の父の後悔

 美月の父・哲郎(佐土井けん太)は、妻が亡くなったとき側にいられず、美月に辛い思いをさせたことを後悔していた。もし、あのとき自分が側にいたら、美月は医者にはならず、幼い頃からの夢の小学校の先生になっていたはずだと。哲郎は、美月に夜勤専門の医者を辞めてほしいのだ。朝食を取りながら、それを深澤(岸優太)に語っていた。

ゆか
ゆか

深澤先生は、高校生のときに両親を失って、病気の妹を一人で支えてきました。一見、頼りなさそうに見えますが、本当は根性のある人。救命救急センターの仕事も、経験を積めばきっと大丈夫です。

怜生の病気

 昨日、風邪だと診断された鮎川希実(谷村美月)の息子・玲生が今日も診察に訪れた。熱が出たと言うのだ。希実はワーキングマザーで、昼間は会社に行っているので夜にしか受診できないのだ。このくらいのことで受診するのは病院に悪いと思い、玲生の便が白いことをその日、診察を受けた美月に言い出せないでいた。

 美月の診察の前に、深澤は玲生の顔色が黄色っぽくなっており、黄疸が出ているように見えた。しかし、美月はそれを見落としていた。診察室でおむつを変えていたのを見ていた美月は、診察室におむつを見に行く。やはり、便が白い。本郷(沢村一樹)は「これはまずな…」と言って、再診するように、美月から連絡を入れるように指示する。しかし、知らない番号からの深夜の電話に希実は電話を切ってしまう。

緊急手術

 すると、救急センターの電話がなり、様態が急変した玲生が運ばれてくることになった。玲生は先天性胆道拡張症だった。本郷に「子供はよく熱を出すから、先入観で風邪だと決めつけてしまったんじゃないのか?」と美月に言う。美月は、ただ「すみません」としか言えなかった。
 本郷、成瀬(田中圭)が手術に入ることになった。美月は自分も入れせてほしいと言う。「玲生くんを助けたいんです」
 手術は無事終了した。一見、コンビニ受診に見えたとしてもきちんと診察してみなければわからないということを、美月は身をもって知った。
 美月は玲生の病室にいる両親の元に向かう。「私がもっと鮎川さんのお話をきちんと聞くべきでした。本当に申し訳ありません」と頭を下げた。

普通にできているのに

 希実は、「私、めんどくさいって思っちゃったんです。玲生が熱を出したと言われ、会社を早退して迎えに行く。いろんな人に頭を下げてることに疲れて。軽い熱で夜に病院に連れていく非常識な親だと思われたくなくて、玲生の体調にちゃんと向き合わなかったんです。普通はみんなちゃんとできているのに」
 「普通って何なんでしょうね。『普通』なんて時代や社会によって簡単に変わるのに、そんなものに振り回される必要ってあるんですかね」と美月は言った。子育てのことで揉めていた玲生くんの両親。父親の聡(笠原秀幸)も、「ちゃんとできてなかったのは俺の方だよ。上司の顔色ばかりうかがって、希実に頼り切ってた。これからは、二人でどうしたいかを基準に決めていけばいいんだよな」と、夫婦も仲直りが出来た。

 家に帰った美月の部屋の前に、父がいた。深澤から美月が今はナイト・ドクターを彼女自身がやりたくてやっていると思うと聞いて「もう、邪魔はしない。だけど飯くらいちゃんと食えよ」と言っておにぎりを渡し、帰って行った。

 どんな患者でも受け入れる。それが私の『普通』だと、美月は思った。

ゆか
ゆか

子育てしながら仕事をするのは、本当に大変だと思います。そして、それぞれの家庭で事情も異なって来ます。親や夫が協力的ならまだしも、そうでなければ本当に辛い。希実さん、自分を責めなくても大丈夫!これからは、遠慮せずに玲生くんを夜の病院に連れて行ってあげてください。

舌を噛んだ斎藤篤男の正体

 あさひ海浜病院救急救命センターに警察から電話があった。「この辺りで、変質者が出没しており、女子高生がその男に無理やりキスをされそうになって「舌を噛み切った」という。そして、そちらを受診している可能性がある」と。警察から送られてきた写真は、舌の縫合手術をした斎藤篤男(赤ペン瀧川)だった。斎藤を担当している美月が診察を終え、戻ろうとしているとニヤリとした斎藤が美月の腕をつかみ、押し倒した。
 電話を受けた成瀬が「朝倉、離れる!そいつ、変質者だ!」と叫んだ。近くにいた桜庭(北村匠海)が駆け寄り、成瀬、深澤も助けに入ろうとするが…。

ゆか
ゆか

こんなにたくさんの人がいる前でも、美月に襲い掛かった斎藤は、どこか精神的に病んでいる人なのでは?それにしても、気味が悪い…。赤ペン瀧川さん、変質者を演じるのも上手ですね。

ドラマ「ナイト・ドクター」第2話の感想 

薬

普通って何だろう

今回は、美月と大輔が別れることになりました。

大輔は「普通のカップルみたいにデートがしたかった」と言いますが、彼女が救命救急センターの医師なら、それが出来ないのは初めからわかっていることです。

「普通のカップルみたいにデートがしたかった」とか言ってしまう大輔とは、別れて正解だったと思います。

男子中学生か。



世の中にはいろんな仕事があって、それに人生を賭けている人がいます。

それが理解出来ないなら、美月とはつきあわない方がいいと思います。

彼女が夜に働いている間に簡単に浮気するような男、結局は美月が昼の仕事をしていても、何だかんだ理由をつけて浮気します。

美月は、今は仕事に打ち込むときなのです。

きっと、美月の仕事を理解してくれる男性が現れます。

コンビニ受診

コンビニ受診とは、まるでちょっとコンビニに行くような感覚で病院に行くことを言うようです。

そういう人がいるから、医療従事者が疲弊してしまうのでしょう。

救急車はタクシーとは違って無料だからと言っていた母親がいましたが、そんな感覚で救急車を呼ぶ人もいるんですね。

そして、ドラマだけではなく現実にそういう人は存在します。

深爪をして少し血が出ただけで救急車を呼んだ人を、私は知っています…。

その人は、焼き肉をしていて肘を一センチくらい火傷(それも一瞬ホットプレートに触れただけなのでちょっと赤くなっただけ)したときも、救急車を呼んだそうです。

周りも止めろよ。



もちろん、救急車を呼ぶべき状態なのに我慢してしまう人もいるようですが…。

そこは難しいところですね。

そして、赤ちゃんと大人は違います。

本作でも、玲生くんのような赤ちゃんはどこが痛いかどう苦しいかを言えないので、本当に難しい。

赤ちゃんは、少しの異変でも夜の病院に連れていくべきだと思います。

優しい深澤先生

岸優太さん演じる、深澤先生。

どんだけ人が良いんだかw。

美月のお父さんを数日間、居候させてあげたり、みんなが嫌がるウォークインの診察を率先してやったり。

そして、美月が毎回屋上で、悩みを打ち明ける相手も、深澤先生。

きっと、話しやすい優しい雰囲気を醸し出しているのでしょうね。

何だかわかる気がします。

そして、深澤先生をウォークイン専従にしてあげてもいいのではないでしょうか。

とても親身に話を聞いてくれる先生になら、遠慮せず自分の具合悪いところを話せそうです。

適材適所。

しかし、視聴者としては、深澤先生が救命救急医として、これからどんどん成長していく姿も見てみたいですが。

ドラマ「ナイト・ドクター」第2話の感想 最後に

ドラマ「ナイト・ドクター」第2話の感想でした。

今回は、ちょっとした先入観も命取りになることを感じさせてくれたターンでした。

コンビニ受診はしないようにしなければ…と改めて肝に銘じます。


以下の記事で、第1話の感想を書いています。

よろしければ併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「ナイト・ドクター」第1話の感想


ドラマ「ナイト・ドクター」を見逃した方は、FODプレミアムで!
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA