ドラマ「シェフは名探偵」第4話 ネタバレ感想 主演・西島秀俊|マカロンとシェフのプライド

マカロン

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「シェフは名探偵」第4話の感想です。

今回はマカロンとスープ・オ・ピストゥを巡る二つの物語。

「プライド」とは何か?を考えさせられるターンです。

ドラマ「シェフは名探偵」第4話の感想 はじめに

フレンチ

登場人物

三舟忍/西島秀俊
フレンチレストラン「ビストロ・パ・マル」のシェフ。10年以上フランスで修行をしてきた。冷静で優しく穏やかな性格の職人気質の料理人。ミシュランの星や肩書には興味がなく自分の料理で、人を癒したい。記憶力がずば抜けており、客の顔から料理の色や味、些細なことにも気がつく。レストランに訪れる客の悩みを解決していく名探偵。

高築智行/濱田岳

「ビストロ・パ・マル」のギャルソン。店では一番の新入り。しかし、ある才能を持っていて…。

志村洋二/神尾佑

高級ホテルで働いていたが、「ビストロ・パ・マル」開店と同時にスーシェフとして入店。気が短いが涙もろい。

金子ゆき/石井杏奈

ワインが好きで、「ビストロ・パ・マル」のソムリエになった元OL。俳句好き。

小倉大輔/佐藤寛太

「ビストロ・パ・マル」のオーナー。何軒もの飲食店を経営する実業家だが、一見実業家には見えない。

上原美里/橋本マナミ

客として「ビストロ・パ・マル」やって来るが、三舟と親し気な謎の美女。

あらすじ

偶然にも三舟忍(西島秀俊)の知り合い2人が来店。1人はフランスから帰国後に働いた店の見習いだった南野。近くにオーナーシェフとして店を出したといい三舟は祝福するが、南野の本心は…。もう1人はリヨン時代に同じ店で修行していた羽田野鈴子。今は経営にまわっていて、食事相手も羽田野の店のパティシエ岸部彩香だ。ソムリエの金子は料理人とは思えぬ岸部の雰囲気に違和感を覚える。

[引用元]TV東京「シェフは名探偵」公式サイトSTORY

フランス料理店『パ・マル』の本日の予約客が、突然ヴィーガン用の食事を用意してほしいと連絡してきた。乳製品と白砂糖がダメなヴィーガン用料理では、フランス料理は作れない。しかし、三舟シェフは代わりに豆乳を使えばいいだろうと言う。バターが中心となるフランス料理に乳製品が使えないとなると、それはフランス料理ではなくなるのだが…。しかし、彼女らはいわゆるファッションヴィーガンだった…。

ドラマ「シェフは名探偵」第4話の感想 

ワイン

LGBTQIA+

今回登場するパティシエの岸部彩香は、トランスジェンダーです。

男性として生まれてきたが、心は女性。

身体と心が同じではないセクシャルマイノリティです。

最近は、セクシャルマイノリティについて、とても理解が深まって来ていますが、老舗ホテルという伝統の中ではまだ浸透していなかったようですね。

心は女性なのに、マッチョイムズという男らしさを求められることで、岸部彩香はどれだけ辛かったでしょう。

お店の経営者の羽田野鈴子は、岸部がトランスジェンダーであることをきちんと受け止め、従業員が働きやすい環境を作ると宣言しました。

良い経営者に恵まれた岸部はとても幸せです。

そして、『パ・マル』のソムリエの金子ゆきも、同性愛者であることが今回明かされました。

三舟も志村もそれを聞いても、何も変わらなかったようです。

金子も素敵な上司に恵まれています。



最近は理解が深まったとはいえ、まだまだ偏見を持っている人も多いようです。

もっとLGBTQIA+の人々が、堂々とカミングアウトできる日がやって来ますように。

シェフのプライド

「プライド」という言葉も、それぞれの理解の感覚が違っていて、捉え方が難しい言葉です。

南野シェフは、三舟シェフにライバル心むき出しで、自分のシェフのプライドにかけて『パ・マル』よりおいしい料理を絶対作ると言います。

そして、いろんな裏工作をやってしまいます。

しかし、三舟シェフは南野の料理を本当においしいと感じたため、SNSに絶賛するコメントを書きました。

三舟シェフは、自分の料理に自信があるからこそ、いつも落ち着いた態度でいられるのだと思います。

それこそ「プライド」が高いシェフだと、私は感じました。

高築さんが、三舟シェフにはシェフとしてのプライドがないと言っていましたが、それは真逆だと思います。

プライドがあるからこそ、中傷コメントになどびくともしないのです。



三舟シェフ、本当にカッコいいです。

ちょっとだけ、タイミングが悪いのもまた可愛らしくて、愛すべきシェフですね。

金子さんが言うように、志村スーシェフが三舟シェフと働きたいと思う気持ちがとてもよくわかります。

父の失踪

三舟シェフの父親は、現在失踪中。

そして、閉店後によくやってくる橋本マナミさん演じる謎の美女は、三舟の父を探している探偵だったのは意外でしたね。

どことなく、訳あり気な感じの美女ですが、堂々とお店にやって来るのは三舟シェフと個人的な関係があるということではなさそうでしたが、まさか探偵だったとは。



今回第4話でしたが、もうすぐ物語も中盤に入ります。

三舟シェフのお父さんの失踪と『パ・マル』の関係もとても気になります。

次回もいろいろと事件が起こりそうな予感。

三舟シェフの推理が楽しみです。

ドラマ「シェフは名探偵」第4話の感想 最後に

ドラマ「シェフは名探偵」第4話の感想でした。

最後に岸部さんが戻って来てくれたことは、とてもうれしいことでした。

パティシエとして、羽田野さんのお店で楽しく働いてほしいです。



以下の記事で第3話の感想を書いています。

よろしければ併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「シェフは名探偵」第3話の感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA