ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第2話 ネタバレ感想 主演・鈴木亮平|命を背負う責任

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第2話の感想です。

とにかく、最初から最後まで緊迫感溢れるシーンの連続です。

そんな中でも、ずっと冷静で優しい喜多見先生が、本当にカッコイイ!

ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第2話の感想 はじめに

救急医療

登場人物

喜多見幸太/鈴木亮平
MERのチーフドクター。僻地や紛争地での医療従事経験があり、危険を顧みず、どんなときも諦めない。患者への診断は的確で手術などの処置の素早さは驚異的。いつも身体を鍛えており、笑顔を絶やさない。

弦巻比奈/中条あやみ

東京海浜病院の循環器外科で研修中の医師。MERのメンバー。慎重に検査をし、手術に臨むことを理想としているので、喜多見のやり方には不満を持っている。

蔵前夏梅/菜々緒

MERの看護師。救命救急の知識と経験が豊富。ポジティブで明るい性格。喜多見の右腕として活躍する。幼い娘を持つシングルマザーで、救命救急と病棟勤務を兼務している。

ホアン・ラン・ミン/フォンチー

MERの看護師。ベトナム出身で、日本でより高い看護技術を学ぶため来日。日本語も堪能な努力家。⽇本のアニメや漫画が好き。

冬木治朗/小手伸也

MERの⿇酔科医。とても穏やかな性格。かなり優秀な麻酔科医で、病院でもひっぱりだこで、手術にはなくてはならない存在。家族思いで、MERメンバーを温かく見守る。

徳丸元一/佐野勇斗

MER臨床⼯学技⼠で救命士。機械や車を整備している時間が何よりも楽しみ。⼀流の医師、⼀流の医療機器、そして⼀流の技⼠がいて、初めて最高の医療体制が出来上がると常に考えている。

音羽尚/賀来賢人

MERのドクター。厚生労働省の官僚であり、医師という医系技官である。厚⽣労働⼤⾂・⽩⾦の命を受け、TOKYO MERを潰すためにやってきた。冷静で野心家。成し遂げたい理想の医療政策を持っている。MERの存続は彼の判断にかかっている。

赤塚梓/石田ゆり子

東京都知事。報道記者から衆議院議員に、その後、東京都知事になった。やわらかい笑顔で人気のある知事で、初の女性総理大臣に最も近い位置にいる。TOKYO MERを発案、喜多見をチーフに任命したのも赤塚知事。MERの存亡に政治家生命がかかっている。

白金眞理子/渡辺真起子

厚⽣労働⼤⾂。赤塚都知事をライバルとしている超実⼒派代議⼠で、女性初の総理大臣を目指している。赤塚へのライバル心からTOKYO MERを潰すことしか考えていない。

千住幹生/要潤

東京消防庁・即応対処部隊隊⻑で、百戦錬磨のハイパーレスキュー隊。迅速な人命救助を目指しながら、二次災害を引き起こさないことという難しい判断をしている。そのため、喜多⾒と激しく衝突する。

駒場卓/橋本さとし

東京都・危機管理対策室室⻑。危機管理のスペシャリスト。指示は冷静で的確で、TOKYO MERの活動をサポートしている。過去にハイパーレスキュー隊で指揮をとっていたため、千住との信頼関係は厚い。

高輪千晶/仲里依紗

東京海浜病院・循環器外科医。世界的に評価されている心臓・血管のスペシャリスト。比奈が尊敬する憧れの存在であり、指導医でもある。喜多見への不満を持つ比奈にアドバイスをしながら、喜多見の命知らずなやり方を批判。喜多見とは、長年の知り合いのようだが…。

深澤陽斗/佐藤寛太

循環器外科研修医。東京海浜病院に勤務。比奈とは同期の友人。MERの不満をこぼす比奈の話をいつも聞いている。

久我山秋晴/鶴見辰吾
厚生労働省医政局長。出世のため、白金大臣の目的「MERを潰す」ことに協力するためは手段を選ばない。

あらすじ

1年間の空白

 救急現場での指示や処置の方法が、的確かつ迅速な喜多見チーフ(鈴木亮平)は、2020年の1年間、経歴に空白がある。この1年間、喜多見チーフはどこで何をしていたのか。そこに目をつけた厚労省の官僚でもある音羽(賀来賢人)。
 そして、彼はその1年の空白について良く知る人物を知っていると言うのだが…。

クレーン事故発生

 江東区で作業中のクレーン事故が発生。通学中の中学生が数名鉄骨の下敷きになっており、MERに出動要請が来た。事故はクレーンの操作ミスとみられる。頭上にはまだ鉄骨が残っている。レスキュー隊が出動し、救助にあたっている。危機管理対策室の駒場(橋本じゅん)からの指令は、「MERは救助が終わるまで安全な場所で待機」だったが、喜多見はトリアージを行い、危険な患者から治療を始めるという。
 クレーンに鉄骨が吊り下げられたままの危険な現場に、トリアージは喜多見が一人で行うと言う。ミン(フォンチー)と夏梅(菜々緒)は、ストレッチャーを用意し待機。喜多見はみるみるうちにトリアージを行っていく。

ゆか
ゆか

喜多見チーフの素早いトリアージが、素晴らしいです。それにしても、喜多見チーフはなぜ、こんなに的確で迅速な処置ができるのでしょうか。医療界でそれほど有名な医師でもないようですが…。

 一人の男子中学生の緊急オペが事故現場で行われることに。しかし、比奈(中条あやみ)は、胸腔ドレーンを渡すように指示されるが、クレーンの下に怖くて行くことができない。すると、鉄骨が落下。喜多見とハイパーレスキュー隊の千住(要潤)が、間一髪で患者を救出することに成功。
 次にクラッシュ症候群を起こしている女子中学生。意識もはっきりしているので、救急搬送すべきだという比奈に対して、ERカーの中で緊急オペをするという喜多見。次々とスタッフたちに指示を出す。女子中学生は突然心停止を起こしてしまう。しかし、透析液が足りなくなる。比奈はもう既に諦めた顔になっている。
 そこに音羽が現れ、透析液と乳酸リンゲル液を追加で持ってくる。女子中学生は助かった。

ゆか
ゆか

音羽先生はいつも本当にいいところに現れますね。今回は、クラッシュ症候群が起こるのを予測していた喜多見チーフが音羽先生に透析液を持ってくることを頼んだようです。

比奈を選んだのは喜多見

 昼食のとき、比奈は指導医の高輪先生(仲里依紗)に、なぜ自分がMERのメンバーに選ばれたのかを聞いた。人事に関しては口外してはいけない決まりだが、高輪先生は研修医の中から、比奈を選んだのは喜多見だったと教えてくれた。そのとき理由は聞かなかったが、あなたがMERに向いていると思ったんじゃない?と答えた。
 比奈は、昨日のクレーンの事故のときも自分で判断するのが怖くて、救急隊の判断に任せようとしてしまったことを高輪に告げた。「私はちゃんと検査して、患者さんやご家族ときちんと向き合ってしっかり判断をしたい。正直、MERを辞めたいです」
 高輪は「じゃあ、私から喜多見先生に掛け合ってみようか?でも、中途半端で投げ出したくないんじゃない?自分に負けるのは嫌でしょ。もう少し続けてみたら?」とアドバイスした。

医療安全委員会

 比奈がクラッシュ症候群を見抜けなかったことについて、医療安全管理委員会が開かれることになった。このことは既にネットニュースに上がっている。
 委員会では、普通はその場で処置するより救急搬送しようと考えるのが普通だという意見が多い。さらに、研修医の比奈に重大な決定を任せた喜多見に責任があるのではないかと。これからは、比奈はMERの活動中は医師としてではなく、サポートドクターとして活動することに決まった。

ゆか
ゆか

比奈先生、本当にそれでいいのでしょうか。さらに、救急の現場ではどうしても研修医であってもメスを握ることも出てくるのでは…。

新たな事故発生

 墨田区の神社のお祭りで爆発事故が発生。MERに出動要請が入る。現場の映像がERカーに入って来たので、次々とスタッフに指示を飛ばす喜多見。危機管理対策室の駒場からは、ツードクターで現場にあたるよう指示が出る。比奈はあくまでもサポートドクターだ。
 そこに危機管理室にやってきた医政局長の久我山(鶴見辰吾)。何かと嫌味を言いながら事故の状況を見ている。

ゆか
ゆか

久我山は、人の命がかかっているのに、へらへらしてるのはどういうことなんでしょうか。爪なんて磨いてんじゃないっ!官僚のイメージがドンドン悪くなるw。

 ツードクターでやって行くことに決まっていたが、処置を行い始めた途端、お祭りの櫓が倒壊。その下敷きになってしまった人が出た。サポートドクターとしてついていた比奈もトリアージを行うしかなくなった。戸惑う比奈に喜多見は「比奈先生ならできます」と励ますのだが…。そして、比奈は一歩踏み出した。

突然倒れた女性

 頭を怪我した少年の母親が、「息子を見てほしい」と言って比奈を呼んだ。少年は救急搬送されるが、「私は大丈夫です」と言っていた母親が突然昏倒してしまう。エコーで見ると、内臓を損傷して腹部内で出血しているようだ。比奈はすぐにERカーに運ぶように、夏梅とミンらに指示を出す。喜多見と音羽は緊急に設置された緊急オペ室で処置を行っており、手が離せない。比奈が執刀するしかないのだ。この緊迫したシーンで「これはまずいですよぉ」と一人笑っている久我山。

 比奈は、一人でオペに挑む。開腹し、血を止めるが血圧が上がらない。もう一か所出血している場所があるのだ。それがどこなのかがわからない。どんどん下がる血圧。比奈は、脾臓からの出血だと判断したそのとき、喜多見と音羽がERカーに現れる。喜多見が「よくがんばった。ここからは代わります。出血は左の腎臓だ」
 喜多見の的確な判断と鮮やかなメスさばきで、何とか患者は助かった。

寄せ書き

 今回ももう少しでミスを犯しそうになった比奈は、落ち込んでいた。そこにクラッシュ症候群を引き起こして、入院している女子中学生が比奈に会いに来た。あの事故のときに助けられた生徒たちで寄せ書きを書いてくれたのだ。MERのメンバーたちへのお礼の言葉が書かれていた。その色紙に勇気づけられる比奈。
 比奈は、その色紙を喜多見に見せに行く。そして、「なぜ自分のような使えない人間をMERに入れたんですか?」と聞く。喜多見は比奈の経歴書の医者になった動機に「人の命を救いたいから」と書かれていたからだという。当たり前のことだが、こういう医者は少ないのだと喜多見は言う。

ゆか
ゆか

こうして、比奈先生はまた一歩、医師として前進したのです。

喜多見の空白の1年間

 音羽が白金大臣(渡辺真起子)に呼ばれていた。白金大臣は、研修医が医療ミスをすると目論んでいたのに、逆に成長を促してしまった。「次の手は考えてあるんでしょうね」という白金大臣に、音羽は「喜多見チーフの求心力がなくなれば、MERはすぐに崩れてしまいます。中南米での医療活動のあとMERに来るまで1年間の空白があります。それが何なのかを調べます。何か都合の悪いことを必死で隠しているとしか思えません」
 それについて詳しく知っているのは、高輪医師。彼女は喜多見の元妻だったのだ___。

ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第2話の感想 

緊迫感でいっぱいのシーンが続く

とにかく、初めから最後まで緊迫感たっぷりのシーンが続きます。

ドキドキがとまりません。

喜多見先生の的確な指示と、処置の速さ、患者さんへの優しい声掛け。

全てが素晴らしくて、胸が熱くなります。

さらに、喜多見先生はMERの仲間たちへの心遣いも素敵です。

わりと、ドラマの中のお医者さんって、患者さんには優しくても同僚には厳しかったり、突き放したりする傾向にありますが、喜多見先生は部下にもすごく優しいのです。

この部分も、新しい感じで、いいドラマです。

喜多見先生を演じる鈴木亮平さん、本当に役にはまってると思います。

優しい声が素敵。

なんで笑ってんの?

鶴見辰吾さん演じる医政局長の久我山。

MERを潰すの目的なのでしょうが、緊急事態で人の命がかかっているときに、爪磨きながらへらへらしてるってどういう了見なんだか。

ドラマだとわかっていても、本気で腹立つw。

ほとんどの官僚の方は、真面目に仕事をしているのだとは思いますが、何か官僚って自分の出世のことしか考えてない感じがしてしまいます。

今回も、MERがお手柄だったことも「私の部下のミスで申し訳ありません」とか、音羽先生のせいにしてるし。

もう、久我山、最悪なんですけど。

音羽先生は、官僚でもあり医師でもありますが、正直、医師としての使命感に燃えている方が強いと思います。

きっと回を重ねるごとに、それはきっと強まって行くことでしょう。

比奈先生

比奈先生は、まだ研修医でそれも救命救急医でもないので、ちょっと重大な決断を迫られるのはかわいそうな気がします。

比奈先生も、患者さんのことを真剣に考えている素晴らしい医師です。

喜多見先生と音羽先生は、百戦錬磨のお医者さん。

同じようにはいきません。

しかし、今ここで険しい道を歩くことで、将来的に素晴らしい医師となれると思います。

比奈先生、がんばれ!

ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第2話の感想 最後に

ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第2話の感想です。

本当に今回もずっと緊迫感あふれるシーンに、ドキドキが止まりませんでした。

次回は、立てこもり事件が発生するようです。

また、ドキドキしながら1週間を待ちたいと思います。

以下の記事で、第1話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってください。

【関連記事】

ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第1話の感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA