ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第1話 ネタバレ感想 主演・鈴木亮平|MER誕生

手術

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第1話の感想です。

初回から、いくつかの謎と緊迫したシーンに迫力満点でした。

国と東京都の争いにも目が離せません。

ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第1話の感想 はじめに

バス車内

登場人物

喜多見幸太/鈴木亮平
MERのチーフドクター。僻地や紛争地での医療従事経験があり、危険を顧みず、どんなときも諦めない。患者への診断は的確で手術などの処置の素早さは驚異的。いつも身体を鍛えており、笑顔を絶やさない。

弦巻比奈/中条あやみ

東京海浜病院の循環器外科で研修中の医師。MERのメンバー。慎重に検査をし、手術に臨むことを理想としているので、喜多見のやり方には不満を持っている。

蔵前夏梅/菜々緒

MERの看護師。救命救急の知識と経験が豊富。ポジティブで明るい性格。喜多見の右腕として活躍する。幼い娘を持つシングルマザーで、救命救急と病棟勤務を兼務している。

ホアン・ラン・ミン/フォンチー

MERの看護師。ベトナム出身で、日本でより高い看護技術を学ぶため来日。日本語も堪能な努力家。⽇本のアニメや漫画が好き。

冬木治朗/小手伸也

MERの⿇酔科医。とても穏やかな性格。かなり優秀な麻酔科医で、病院でもひっぱりだこで、手術にはなくてはならない存在。家族思いで、MERメンバーを温かく見守る。

徳丸元一/佐野勇斗

MER臨床⼯学技⼠で救命士。機械や車を整備している時間が何よりも楽しみ。⼀流の医師、⼀流の医療機器、そして⼀流の技⼠がいて、初めて最高の医療体制が出来上がると常に考えている。

音羽尚/賀来賢人

MERのドクター。厚生労働省の官僚であり、医師という医系技官である。厚⽣労働⼤⾂・⽩⾦の命を受け、TOKYO MERを潰すためにやってきた。冷静で野心家。成し遂げたい理想の医療政策を持っている。MERの存続は彼の判断にかかっている。

赤塚梓/石田ゆり子

東京都知事。報道記者から衆議院議員に、その後、東京都知事になった。やわらかい笑顔で人気のある知事で、初の女性総理大臣に最も近い位置にいる。TOKYO MERを発案、喜多見をチーフに任命したのも赤塚知事。MERの存亡に政治家生命がかかっている。

白金眞理子/渡辺真起子

厚⽣労働⼤⾂。赤塚都知事をライバルとしている超実⼒派代議⼠で、女性初の総理大臣を目指している。赤塚へのライバル心からTOKYO MERを潰すことしか考えていない。

千住幹生/要潤

東京消防庁・即応対処部隊隊⻑で、百戦錬磨のハイパーレスキュー隊。迅速な人命救助を目指しながら、二次災害を引き起こさないことという難しい判断をしている。そのため、喜多⾒と激しく衝突する。

駒場卓/橋本さとし

東京都・危機管理対策室室⻑。危機管理のスペシャリスト。指示は冷静で的確で、TOKYO MERの活動をサポートしている。過去にハイパーレスキュー隊で指揮をとっていたため、千住との信頼関係は厚い。

高輪千晶/仲里依紗

東京海浜病院・循環器外科医。世界的に評価されている心臓・血管のスペシャリスト。比奈が尊敬する憧れの存在であり、指導医でもある。喜多見への不満を持つ比奈にアドバイスをしながら、喜多見の命知らずなやり方を批判。喜多見とは、長年の知り合いのようだが…。

深澤陽斗/佐藤寛太

循環器外科研修医。東京海浜病院に勤務。比奈とは同期の友人。MERの不満をこぼす比奈の話をいつも聞いている。

あらすじ

TOKYO MER発足記念式典

 朝から、身体を鍛える喜多見(鈴木亮平)。比奈(中条あやみ)が、喜多見を呼びに来たのは、もうすぐMER発足の記念式典が始まるからだ。
 赤塚東京都知事(石田ゆり子)が、MERを発案した理由をマスコミの前で発表していた。MERの意味は、モバイルエマージェンシールーム。医師が3名、看護師2名、麻酔医1名、臨床工学技士1名で構成されている。ERカーは、オペ室を搭載しており、高度な外科手術も可能である。現在は試験運用であるが、うまく行けば東京だけでなく全国に「走る緊急救命室」が誕生する。

ゆか
ゆか

赤塚梓東京都知事役の石田ゆり子さん。実際の東京都知事と同じ「ゆりこ」さんですねw。もとジャーナリストとアナウンサーの違いはありますが、報道する側の人も同じ。そして、ERカーの設備、すごすぎる。

 MERのメンバーが都知事から紹介されるが、音羽(賀来賢人)だけは出席していない。臨床工学技士の徳丸(佐野勇斗)が運転するERカーとMERのメンバーが紹介される。
 TOKYO MERの指名は、「駆けつけた現場で死者を一人も出さないこと

トラックとバスの衝突事故発生

 そこに、突然、アラームが点灯。緊急指令室からトラックとバスの衝突事故が発生したとの連絡が入る。喜多見はすぐに応答し、ERカーはサイレンを鳴らしながら発進する。
 ERカーの中で、事故現場の映像を見た喜多見は、次々とメンバーたちに指示を出す。研修医の比奈は、まだ喜多見を信用していないようで不安げな様子だ。
 現場には既にレスキュー隊が到着し、被害者を救助し始めていた。レスキュー隊隊長の千住(要潤)は、救助が終わるまで待機していてほしいと喜多見に告げるが、喜多見はそれでは間に合わないとバスの中に突入する。
 ケガをした人々のトリアージ(緊急度を判断すること)を始める喜多見。重傷者から外に運び出してほしいと千住に依頼。
 子供が心停止している。喜多見はすぐに運び出し、処置を始める。心臓マッサージ、声掛けを行い、蘇生した。次は重傷者の女性。ERカーに運びオペを始める。肝臓に損傷があるようだ。喜多見は的確な指示を飛ばし、鮮やかな手さばきでオペを進める。そのまま女性は受け入れ病院に運ばれる。
 トラックの運転手が重傷を負っている。警察は、この運転手の居眠り運転が事故の原因だとしているようだ。比奈は運転手より、バスのケガ人を助ける方を優先した方がいいと言うが、喜多見はそのまま運転手のオペを続ける。頭蓋内に血が貯まっており、すぐに抜かないと命の危険がある。さらに、左肺がつぶれており、出血している。そこに音羽が現れ、肺の処置を行う。

ゆか
ゆか

音羽さん、官僚でもあり、腕のいい医師。超人やん。それに、批判しながらも、いつも喜多見さんの困っているところに、颯爽と現れるのがカッコよすぎる。

死者ゼロ

 全ての処置が終わり、それぞれが受け入れ病院に運ばれた。死者はゼロだった。
 しかし、音羽は喜多見のやり方を批判する。医師がケガをしたら全てが共倒れになってしまう。救助が終わるまで、医師は安全な場所で待機すべきだと言う。喜多見は「待っているだけでは救えない命はありますから」と笑顔で答えた。

関係機関の反応

 第1回のMER出動について、関係機関からの意見が寄せられ、音羽がそれを文書にまとめて来た。そこには、MERへの批判ばかりが列挙されていた。レスキュー隊からは勿論、警察からも。喜多見の危険を顧みない行動に批判が集まっているのだ。また、世論も事故の原因になったトラック運転手の治療を先に行ったことへの批判が多い。
 喜多見はそれについては「どの命が最優先かなど私たちに決められるものではないですよね。医者に出来ることは目の前の命を救うことですよ」と反論。音羽は自分は医師である前に官僚であり、MERが必要かどうかを判断する立場にあると言う。
 近々、審査会が開かれることになっており、その審査によってTOKYO MERが解体される可能性もあると言う。音羽は中立な立場なので、喜多見チーフのプレゼン次第だと言われる。
 音羽は、メンバーの中で最もMERに反対の立場にいる比奈に院内を案内してほしいと告げた。反対意見を聞き出すつもりのようだ。

ゆか
ゆか

死者はゼロ。素晴らしい!音羽さんも、医師として命を助けているのに、MER解体の使命も出されていて、中立というよりは反対派。そして、反対派の比奈をこちらに引き入れようとしています。こんなに嫌がっている比奈はどうしてMERメンバーに選ばれたのでしょうか。

比奈と音羽

 比奈はMERのメンバーについて音羽に説明する。喜多見チーフ以外は、全員東京海浜病院の職員でMERと兼務で働いている。
 看護師の夏梅(菜々緒)とミン(フォンチー)は、病棟で入院患者の担当をしている。夏梅は副看護師長なので、MERに参加させることには周囲からの反対があったが、本人の強い希望があった。ミンは、ベトナムから経済連携協定で来日している。
 臨床工学技士徳丸(佐野勇斗)は、医療機器のスペシャリスト。普段は人工呼吸器や人工心肺装置の保守点検をしている。
 麻酔科医の冬木(小手伸也)は、院内で信頼が厚く、気遣いが出来る人でMERの中でもまとめ役を行っている。
 比奈は、循環器外科の研修医。指導医は高輪医師(仲里依紗)。比奈は「これから続けていく自信がない」と音羽に告白。音羽は、喜多見チーフのやり方について行ける人はそうはいないと言って、比奈を安心させる。

 一方、赤塚知事の部屋で話をしている喜多見。知事は喜多見に「音羽は白金派。弱みを見せてはダメよ。そして、「『あのこと』、バレたら終わりよ」と喜多見に言って立ち去る知事。あのこととは?

ゆか
ゆか

本作の大きな謎の一つ。喜多見先生の過去。「あのこと」とは一体何なのでしょうか。何か事情があっても、MERには喜多見がどうしても必要だと言う赤塚知事。謎は深まるばかりです。

交換条件

 喜多見の自宅に招かれたMERのメンバーは、喜多見の妹の涼香(佐藤栞里)と共に、バーベキューを楽しんでいた。比奈と音羽は不参加だ。喜多見は、MERの存在は「人々を安心させること」にあるという。目の前の命を救うことが目標だと。
 その頃、音羽は比奈が、喜多見が事故の原因であるとされるバスの運転手を先に治療したことに不満を持っていることを知り、それを審査会で告発してくれないかと持ち掛ける。比奈が循環器外科の専任になりたいなら、MERを解体させればそうできると言って。

トラックの運転手の娘

 審査会が始まろうとしているとき、バスとトラックの衝突事故のトラック運転手の娘がMERにやって来た。どうしても話したいことがあるらしい。事故の原因はトラック運転手の居眠り運転ではなかった。現場に住む親子が警察に出頭してきて、事故は小学生の息子が路上に飛び出したことで起こった事故だったと証言した。
 そうなると、比奈が審査会で証言する必要はなくなったが、音羽は「弦巻先生はそのまま告発してください。危険な医療行為を喜多見チーフが行ったことには変わりはないですから」と比奈に小声でささやいた。

ゆか
ゆか

音羽はどうしても、白金大臣からの指示を全うしようとしているようです。それが、官僚としての出世につながるからでしょう。しかし、音羽の本心は?

ガス爆発事故へ急行

 審査会に向かう直前、喜多見はガス処理場の近くの工場で事故が起こっているのを端末から発見した。MERに出動要請は来ていないが、喜多見は現場へ急行する。審査会には不参加だ。徳丸と喜多見の二人で現場へ向かう。

 審査会で比奈はレスキュー隊が救助をするのを待たずに、その場でオペをした喜多見の行動について発言していた。厚生労働省医政局長の久我山(鶴見辰吾)に、比奈はその行動は間違っていたか正しかったかと問われ、「わかりません」と答えた。危険な行為であることには変わりないが、この事故はトラック運転手が原因で起こった事故ではなかったのだ。
 白金厚生大臣(渡辺真起子)は音羽に「中立な立場として、音羽医系技官はどのように感じましたか?」と聞いた。音羽は「この危険な行為は医師としてはあるまじき行為だと思います」と答える。さらに白金大臣は赤塚知事に「なぜ、このような危険な人物をチーフに任命したのか教えてください」と畳みかける。
 赤塚知事は、喜多見の両親がアメリカのショッピングモールの銃の乱射事件に巻き込まれ亡くなっていることを話す。幼い頃の喜多見が目を覚ましたとき、母親はまだ息があった。しかし、母親は搬送されず、そのまま喜多見の目の前で亡くなってしまったのだ。当時記者だった赤塚知事の取材に、「自分は搬送されてくる患者を待つのではなく、自分が助けを求めている人のところへ向かう医師になる」と言っていた。喜多見自身が、『MERの理念』そのものなのだ。

ガス爆発事故にMERの出動要請が出た

 がれきの下敷きになり、苦しんでいる大勢の患者を目の前にして喜多見は子供の頃のショッピングモールでの事件がフラッシュバックしていた。呆然とする喜多見の元に、MERのメンバーが駆けつける。千住をはじめとしたレスキュー隊も出動。他にも多くの応援が駆けつける。消防、救急、MERの連携は完璧だった。そして、この指揮をとっているのは喜多見なのだ。
 そして、何とか全ての患者を病院に搬送し終わったとき、さらに爆発が起こった。その現場には、レスキュー隊の一人が、残っている患者がいないか確認しに行っていた。根津というレスキュー隊員だ。そして、根津と連絡が取れない。ガスの噴出はまだ止まっていない。そのため千住は一旦待機の指示を出すが、喜多見は一人で救助に向かう。

あきらめたくない

 音羽は「勝手なことばかりしないでください。諦めることも必要なんじゃないですか?!」と言うが、喜多見は「俺はあきらめたくない」と笑顔で救助に向かう。
 現場に入った喜多見をガスの噴出が襲う。根津は、大腿部に鉄筋が刺さっていた。動脈を鉗子で止めてから引き抜くことになる。根津隊員は「自分たちは常に覚悟が出来ています。逃げてください」という。助かることを諦めかけている根津に、喜多見は家族のことを聞く。根津には3歳の娘がいる。そして、「会いたくないですか?」と聞く喜多見。根津は絞り出すような声で「会いたい」という。麻酔なしでオペを行う喜多見。しかし、ガスをかなり吸っているため、意識が朦朧としている。そこに音羽が現れた。
「ガスが下にたまっている。立ち上がって息を吸え!」と喜多見に言った。そして、そのまま根津のオペを引き継いで鉄筋の引き抜きに成功。喜多見と音羽は二人で根津を抱え、外に出ようとしていると、さらに大爆発が起こる。

ゆか
ゆか

とにかく、喜多見先生の笑顔がさわやかすぎるんじゃーw。いつも冷静で、的確で、意志が強くて。音羽に理想論を語るなと言われていますが、今のところ全て現実にしていますし、こういう行動が取れる人でなければ、MERのチーフにする理由もない。

生還

 もうもうと立ち上る煙の中、根津を抱えた喜多見と音羽が戻って来る。根津がショック状態に陥っていることを伝え、搬送されていく。今回も、死者はゼロだった。
 千住は、「なぜ命令を無視した?あんたそれでも医者か?最悪のチームだな」と吐き捨てる。しかし、喜多見は「最高のチームの誕生ですね」と言って、笑顔を見せる。

「なぜ、私がこんなところに…」と言う比奈の顔は、今までと少し変化したように見えた。

ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第1話の感想 

赤対白

赤塚梓東京都知事と白金眞理子厚生労働大臣。

かなり、激しく激突してます。

どちらが、日本初の女性総理になるのか…。



白金大臣役の渡辺真起子さん、声も低めでめちゃくちゃ迫力ありますね。

石田ゆり子さんは、何だかんだでやっぱり可愛くて政治家っぽくないイメージ。

きっと都知事になるくらいですから、芯はしっかりした女性なのだと思いますが、MERの出動が二度とも成功したときの喜び方は、すごくキュートでしたw。

白金大臣は、何としても「TOKYO MER」を潰したいようなので、これからも音羽先生を使っていろいろ仕掛けてきそうです。

音羽先生が、爆発事故で大活躍したことも、ちょっとイラッと来てる感じがすごくよく伝わって来ました。

めっちゃ、怖いんですけど。

これから、赤対白の対決はさらに激化していきそうで目が離せませんね。

笑顔がさわやかすぎて

本作主演の鈴木亮平さん。

もう、笑顔がさわやかすぎる!!

喜多見先生は、怒ったり、慌てたり、八つ当たりしたり、逆切れしたりすることはないのでしょうかw。

いつも冷静でにこやかで穏やか。

MERのメンバーへの指示も、とても落ち着いていて優しい言い方。

あんな死闘を繰り広げているときも、イライラしないなんて、素敵すぎます。

そして、危ない現場に飛び込んでいくときも、生還してくるときもずっと笑顔。

真っ白な歯で、さわやかで、癒される笑顔がヤバすぎる。

それに引き換え、クールな音羽先生は、今回一度も笑顔を見せませんでしたね。

いつか、音羽先生の笑顔が見れますように。

医療系ドラマのドキドキ感

今クールは、月9の「ナイト・ドクター」と本作の2作が医療系ドラマでしょうか。

全く趣が違う医療系ドラマですが、どちらもドキドキしますね。

本作は、冒頭からショッキングな事故のシーンから始まり、最後は生還できるのかどうか(第1話だから生還するとは思ってましたがw)にハラハラさせられました。

そして、本作はとにかく死者を出さないことを目標にされているので、誰も死なない(これからはわからないですが)のが、ホッとします。

音羽先生と比奈の変化、赤対白の政治か対決、喜多見先生の秘密…。

気になることがたくさん提示された第1話でした。

ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第1話の感想 はじめに

ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第1話の感想でした。

今回は、喜多見先生のさわやかな笑顔と、白金大臣の迫力と、事故の怖ろしさが印象に残った第1話でした。

もう、喜多見先生の筋肉と笑顔が観れるだけでも、毎回楽しみなドラマになると思います。

春クール放送の「レンアイ漫画家」の清一郎さんとは正反対の喜多見先生を、鈴木亮平さんがどのように演じられるのかとても楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA