ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第1話 ネタバレ感想 主演・鈴木亮平|MER誕生

手術

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第1話の感想です。

初回から、いくつかの謎と緊迫したシーンに迫力満点でした。

国と東京都の争いにも目が離せません。

ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第1話の感想 はじめに

バス車内

登場人物

喜多見幸太/鈴木亮平
MERのチーフドクター。僻地や紛争地での医療従事経験があり、危険を顧みず、どんなときも諦めない。患者への診断は的確で手術などの処置の素早さは驚異的。いつも身体を鍛えており、笑顔を絶やさない。

弦巻比奈/中条あやみ

東京海浜病院の循環器外科で研修中の医師。MERのメンバー。慎重に検査をし、手術に臨むことを理想としているので、喜多見のやり方には不満を持っている。

蔵前夏梅/菜々緒

MERの看護師。救命救急の知識と経験が豊富。ポジティブで明るい性格。喜多見の右腕として活躍する。幼い娘を持つシングルマザーで、救命救急と病棟勤務を兼務している。

ホアン・ラン・ミン/フォンチー

MERの看護師。ベトナム出身で、日本でより高い看護技術を学ぶため来日。日本語も堪能な努力家。⽇本のアニメや漫画が好き。

冬木治朗/小手伸也

MERの⿇酔科医。とても穏やかな性格。かなり優秀な麻酔科医で、病院でもひっぱりだこで、手術にはなくてはならない存在。家族思いで、MERメンバーを温かく見守る。

徳丸元一/佐野勇斗

MER臨床⼯学技⼠で救命士。機械や車を整備している時間が何よりも楽しみ。⼀流の医師、⼀流の医療機器、そして⼀流の技⼠がいて、初めて最高の医療体制が出来上がると常に考えている。

音羽尚/賀来賢人

MERのドクター。厚生労働省の官僚であり、医師という医系技官である。厚⽣労働⼤⾂・⽩⾦の命を受け、TOKYO MERを潰すためにやってきた。冷静で野心家。成し遂げたい理想の医療政策を持っている。MERの存続は彼の判断にかかっている。

赤塚梓/石田ゆり子

東京都知事。報道記者から衆議院議員に、その後、東京都知事になった。やわらかい笑顔で人気のある知事で、初の女性総理大臣に最も近い位置にいる。TOKYO MERを発案、喜多見をチーフに任命したのも赤塚知事。MERの存亡に政治家生命がかかっている。

白金眞理子/渡辺真起子

厚⽣労働⼤⾂。赤塚都知事をライバルとしている超実⼒派代議⼠で、女性初の総理大臣を目指している。赤塚へのライバル心からTOKYO MERを潰すことしか考えていない。

千住幹生/要潤

東京消防庁・即応対処部隊隊⻑で、百戦錬磨のハイパーレスキュー隊。迅速な人命救助を目指しながら、二次災害を引き起こさないことという難しい判断をしている。そのため、喜多⾒と激しく衝突する。

駒場卓/橋本さとし

東京都・危機管理対策室室⻑。危機管理のスペシャリスト。指示は冷静で的確で、TOKYO MERの活動をサポートしている。過去にハイパーレスキュー隊で指揮をとっていたため、千住との信頼関係は厚い。

高輪千晶/仲里依紗

東京海浜病院・循環器外科医。世界的に評価されている心臓・血管のスペシャリスト。比奈が尊敬する憧れの存在であり、指導医でもある。喜多見への不満を持つ比奈にアドバイスをしながら、喜多見の命知らずなやり方を批判。喜多見とは、長年の知り合いのようだが…。

深澤陽斗/佐藤寛太

循環器外科研修医。東京海浜病院に勤務。比奈とは同期の友人。MERの不満をこぼす比奈の話をいつも聞いている。

あらすじ

事故・災害・事件の現場へと駆けつけて、患者を救命するために発足した“TOKYO MER”。

救命救急チーム”TOKYO MER”のメンバーは、7人。チーフドクターの喜多見幸太(鈴木亮平)、研修医・弦巻比奈(中条あやみ)、看護師・蔵前夏梅(菜々緒)とベトナム人看護師・ホアン・ラン・ミン(フォンチー)、麻酔科医・冬木治朗(小手伸也)、臨床工学技士・徳丸元一(佐野勇斗)。そして、厚生労働省の官僚であり医師の音羽尚(賀来賢人)。その誰もが救命医療のスペシャリストたちだ。

発足記念式典の最中、バス事故で重篤患者が出ているとの通報を受けて、チームは現場へと急行する。そこには、何人もの命の危機に瀕した患者が待ち受けていた!複数の患者を危険極まりない事故現場でオペをするという前代未聞のミッションに挑む。

そして、医師の常識を超越した喜多見の救命行為は、厚生労働省で問題視されてしまう。

発足早々に解散の危機を迎るTOKYO MERに、工場爆発というさらなる試練が待ち受けていた…!喜多見とメンバーに難しい決断が迫られる!

[引用元]TBSテレビ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」公式サイトSTORY

TOKYOMERに出された指令は、「死者ゼロ」だった。

ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第1話の感想 

赤対白

赤塚梓東京都知事と白金眞理子厚生労働大臣。

かなり、激しく激突してます。

どちらが、日本初の女性総理になるのか…。



白金大臣役の渡辺真起子さん、声も低めでめちゃくちゃ迫力ありますね。

石田ゆり子さんは、何だかんだでやっぱり可愛くて政治家っぽくないイメージ。

きっと都知事になるくらいですから、芯はしっかりした女性なのだと思いますが、MERの出動が二度とも成功したときの喜び方は、すごくキュートでしたw。

白金大臣は、何としても「TOKYO MER」を潰したいようなので、これからも音羽先生を使っていろいろ仕掛けてきそうです。

音羽先生が、爆発事故で大活躍したことも、ちょっとイラッと来てる感じがすごくよく伝わって来ました。

めっちゃ、怖いんですけど。

これから、赤対白の対決はさらに激化していきそうで目が離せませんね。

笑顔がさわやかすぎて

本作主演の鈴木亮平さん。

もう、笑顔がさわやかすぎる!!

喜多見先生は、怒ったり、慌てたり、八つ当たりしたり、逆切れしたりすることはないのでしょうかw。

いつも冷静でにこやかで穏やか。

MERのメンバーへの指示も、とても落ち着いていて優しい言い方。

あんな死闘を繰り広げているときも、イライラしないなんて、素敵すぎます。

そして、危ない現場に飛び込んでいくときも、生還してくるときもずっと笑顔。

真っ白な歯で、さわやかで、癒される笑顔がヤバすぎる。

それに引き換え、クールな音羽先生は、今回一度も笑顔を見せませんでしたね。

いつか、音羽先生の笑顔が見れますように。

医療系ドラマのドキドキ感

今クールは、月9の「ナイト・ドクター」と本作の2作が医療系ドラマでしょうか。

全く趣が違う医療系ドラマですが、どちらもドキドキしますね。

本作は、冒頭からショッキングな事故のシーンから始まり、最後は生還できるのかどうか(第1話だから生還するとは思ってましたがw)にハラハラさせられました。

そして、本作はとにかく死者を出さないことを目標にされているので、誰も死なない(これからはわからないですが)のが、ホッとします。

音羽先生と比奈の変化、赤対白の政治家対決、喜多見先生の秘密…。

気になることがたくさん提示された第1話でした。

ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第1話の感想 はじめに

ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第1話の感想でした。

今回は、喜多見先生のさわやかな笑顔と、白金大臣の迫力と、事故の怖ろしさが印象に残った第1話でした。

もう、喜多見先生の筋肉と笑顔が観れるだけでも、毎回楽しみなドラマになると思います。

春クール放送の「レンアイ漫画家」の清一郎さんとは正反対の喜多見先生を、鈴木亮平さんがどのように演じられるのかとても楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA