ドラマ「#家族募集します」第2話 ネタバレ感想 主演・重岡大毅|夢追うシングルマザー

やきそば

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「#家族募集します」第2話の感想です。

今回は、新たにシェアハウスの仲間が増えます。

プロのミュージシャンになることが夢のめいくと大地親子です。

そんなめいくをどうしても信用できない蒼介は…。

ドラマ「#家族募集します」第2話の感想 はじめに

オムソバ

登場人物

赤城俊平/重岡大毅
絵本の出版社社員。3か月前に妻が亡くなり、一人で息子の陽を育てている。幼馴染の小山内蒼介がSNSに出した「#家族募集します」という募集に巻き込まれ、シェアハウスで暮らすことに。

赤城陽/佐藤遥灯
俊平の一人息子。母が亡くなったことをまだ知らされていない。

桃田礼/木村文乃

小学校教諭。5歳の娘、雫を一人で育てているシングルマザー。親にも周囲にも頼らず、シングルマザーであることを言い訳にせず一人で雫を育てたいと思っている。雫より受け持つクラスの生徒との時間の方が長くなっていることに板挟みになっている。

桃田雫/宮崎莉里沙
礼の娘。ママに甘えたいが甘えられない状況を彼女なりに理解している健気な子。

小山内蒼介/仲野太賀

お好み焼き店「にじや」に住み込みで働いている。俊平の幼馴染。人情味あふれる性格だが、ややおせっかい。「にじや」の二階をシェアハウスにしようと「#家族募集します」とSNSに投稿した。

横瀬めいく/岸井ゆきの

シンガーソングライターのシングルマザー。自由奔放な性格で、マイペース。言いたいことを何でも言ってしまう性格から、礼や蒼介とケンカになることも多い。

横瀬大地/三浦綺羅
めいくの息子。ゲームさえあれば、何時間でもママを待ち続けられる。歌がうまいママが自慢。

野田銀治/石橋蓮司

お好み焼き屋「にじや」の店主。面倒見が良く「にじや」の二階をシェアハウスとして提供。俊平たちをあたたかい目で見守る優しい”おじいちゃん”的存在。

赤城みどり/山本美月

俊平の亡くなった妻。絵本作家で、一冊目の本を出版した途端、亡くなってしまった。ヨーロッパで次回作の取材中、不慮の事故に遭う。

あらすじ

蒼介(仲野太賀)がSNSに投稿した「#家族募集」を見てにじやにシングルマザーの横瀬めいく(岸井ゆきの)とその息子の大地(三浦綺羅)が転がり込んできた。早速の同居者登場に慌てた蒼介は、俊平(重岡大毅)と礼(木村文乃)をにじやに緊急招集!みんなで一緒に夕食を食べることに。

しかし、シンガーソングライターを目指しているというめいくは、超自由奔放!あまりにマイペースな態度に蒼介はイライラが止まらない。俊平は、「ここに来たのには何か事情があるのでは」と蒼介をなだめるが、蒼介のめいくに対する不信感は募るばかり…

そんな中、めいくが大地をにじやに残し、突然の失踪!?銀治(石橋蓮司)によると、ギターケースを担いでひとり出かけて行ったという……しばらくしても戻らないめいくに対し、蒼介は「子どもを捨てた!」と怒りを露わにする。俊平は、いつになく苛立っている蒼介と、何か訳ありな様子のめいくが気になって……

[引用元]TBSテレビ「#家族募集します」公式サイトSTORY

蒼介がめいくを信用しきれないことには理由があった。蒼介の過去に一体何があったのか。それは、俊平も知らない悲しい過去だった。

ドラマ「#家族募集します」第2話の感想 

ギター

めいくの気持ち

今のところ、めいくがなぜシングルマザーになってしまったのかは、ドラマの中で語られていません。(礼もおなじく)

そして、めいくの音楽に対する気持ちは本気です。

ワンオペ子育ては、本当に大変だと思います。

特に、めいくの場合、育児、家事、バイト、夢を叶えること、全てを一人の力でやらなければならないのです。

そのため、シェアハウスは、めいくにとってはとても居心地のいい場所になると思います。

もし、礼と俊平も一緒に暮らすことになったら、小学校の先生の礼と優しい俊平、そして、蒼介がいれば家事と育児は助けてもらえることもあるでしょう。

もちろん、めいくが礼と俊平のお手伝いをすることも必要ですが。

SNSでちょっと怪し気なw、「#家族募集します」に応募してきためいくの気持ちはとてもよくわかります。

みんなで助け合って家族になる。

とても理想的ですが、これからどんな風に物語は展開していくのか、とても楽しみです。

蒼介の過去

蒼介には、とても悲しい過去がありました。

俊平といっしょだった学童保育で、母が迎えに来てくれなかったのです。

そして、蒼介はそのあと児童養護施設に行ったのか、親戚の家に行ったのか…。

一人でポツンと残されてしまった蒼介の気持ちは、どれだけ寂しくて心細かったでしょう。

子供の蒼介が涙をこぼすシーンには、心が痛くなりました。

仕事でお迎えが遅くなるのは、仕方がないですが、そのまま置き去りにされたことを知った子供は、一生心に傷を負うことになります。

そのため、銀二や礼、俊平とは違って、蒼介はどうしてもめいくのことを信用できなかったのでしょう。

大地くんが自分と同じ目にあうのではないかと思って。

みどりの帰りを待つ陽

俊平には、大きな宿題が残っています。

陽くんに、母のみどり(山本美月)が亡くなっていることをまだ話せていないのです。

トリプルファイブのグリーンになったと嘘をついていますが、いつかは陽に本当のことを言う日が来ます。

そのタイミングはいつなのか。

無邪気に「トリプルグリーン」になったと信じている陽くんの気持ちを思うと、真実を知ったときどれほど悲しい思いをするのか…。

もしかしたら、初めに話しておいた方がよかったのかもしれません。

「死」という意味を、陽くんはまだわかっていない年頃だと思います。

自然にわかる年齢になれば、母はもう帰って来ないことをその時点で知れる。

しかし、何度も「お母さんはいつ帰って来るの?」「お母さんを迎えに行こう」と聞かれる俊平の気持ちを思うと、そのつらさは増すばかりです。

次回は、そんな陽くんに俊平は向き合おうと決意をするようですが…。

ドラマ「#家族募集します」第2話の感想 最後に

ドラマ「#家族募集します」第2話の感想でした。

めいくが大地のことを大切に思っていることがわかり、安心しました。

あとは、みどりの死をどうやって陽に伝えるか…。

本作は、来週から3週間お休みになるようですが、次回を楽しみに待ちたいと思います。




以下の記事で、第1話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってみてください。

【関連記事】

ドラマ「#家族募集します」第1話の感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA