ドラマ「漂着者」第1話 ネタバレ感想 主演・斎藤工|流れ着いた全裸の男

海岸

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「漂着者」第1話の感想です。

本作は、ミステリーでもあり、コメディでもあり、ラブストーリーの要素も含まれていくような不思議なドラマです。

ヘミングウェイと呼ばれる不思議は謎の男を演じる斎藤工さんと新聞記者役の白石麻衣さんの美しさに、心が踊らされ、掴まれてしまいます。

ドラマ「漂着者」第1話 感想 はじめに

登場人物

ヘミングウェイ/斉藤工
ある海岸に全裸で漂着した謎の男。女子高生三人組に発見され、SNSに「#イケメン全裸漂着者」として発信される。発見後初めに発した言葉がアメリカの文豪ヘミングウェイの言葉だったため、仮にヘミングウェイと名付けられる。記憶障害に陥り、保護される前の記憶を一切失っている。不思議な力を持つ。

新谷詠美/白石麻衣

新潟北陸新聞の美貌の記者。刑事たちとも対等に渡り合い、警察の闇も暴いてきた敏腕。5人の女児の連続殺人事件を追ううちにヘミングウェイと出会う。当初はスクープ狙いだったが、次第にヘミングウェイの不思議な力にひきつけられていく。

ローゼン岸本/野間口徹

NPO法人『しあわせの鐘の家』を主宰している。生活困窮者などの救済を行っている。

橋太/橋本じゅん

新潟北陸新聞社会部のキャップ。ヘミングウェイの取材をあまりにも熱心に行う詠美を心配している。

ラぺ/太田奈緒

ヘミングウェイを発見した女子高生。ペリ、リモと共にその後もヘミングウェイについてSNS発信をしていく。

ペリ/隅田杏花

ヘミングウェイを発見した女子高生の一人。

リモ/吉田志織

ヘミングウェイを発見した女子高生の一人。

柴田俊哉/生瀬勝久

新潟県警刑事部捜査一課の刑事。ヘミングウェイが連続女児殺害事件に関与していると疑う。

野間健太/戸塚純貴

新潟県警刑事部捜査一課の若手刑事。「~っす」が口癖のイマドキの青年。

国原栄一/船越英一郎

新潟医療大学病院の精神科医師。ヘミングウェイの担当。思い出したことを何でも書いてくれとヘミングウェイにスケッチブックを渡す。そこから、ヘミングウェイの不思議な力が発見され…。

深見龍之介/リリー・フランキー

雲行寺の住職。穏やかな人柄。

佐々木文雄/岩谷健司

新潟県警刑事部捜査一課長。柴田・野間の上司。

あらすじ

 とある地方の海岸を女子高生3人が歩いていると、全裸の男(斎藤工)が倒れていた。3人がスマホで動画を撮影しながら恐る恐る近づいて行くと、男が突然顔を上げ、「勝者には何もやるな」とつぶやき、意識を失ってしまう。緊急搬送された病院で検査した結果、記憶障害が疑われるうえに、かなりの距離を泳いで来て溺れたことが判明。身元がわかるものも所持しておらず、唯一の手掛かりは、左足首に入ったタトゥーだけ…。担当医・国原栄一(船越英一郎)は、何か思い出したことがあればメモを取るように、と進言する。男は、思いつくままに頭に浮かんだ単語や、どこかの風景を描き始めるのだが…?
 一方、女子高生3人は男を発見した際の動画を軽い気持ちでSNSに投稿。すると<#イケメン全裸漂着者>というワードがトレンド入りするほど大バズり! 「勝者には何もやるな」という言葉から、『ヘミングウェイ』と呼ばれ、男は一躍時の人となる。ヘミングウェイは女子高生たちから「今後も動画をアップし続けていけば、あなたのことを知っている人が現れるかもしれない」と言われ、撮影を許可する。
 そんな中、県内では女児の失そう事件が発生。これまで半年の間に起きた女児5人の連続殺人事件との関連が疑われ、世間を騒然とさせていた。捜査を続ける県警捜査一課の刑事・柴田俊哉(生瀬勝久)と野間健太(戸塚純貴)、そしてスクープを狙う新聞記者・新谷詠美(白石麻衣)らが事件を追う中、ついに女児が発見される。すると、女児の発見場所が、ヘミングウェイがノートに描いた風景と酷似していることが判明。この絵も動画でアップされていたため、ヘミングウェイは予知能力をもっているのではないか、とネットをザワつかせることに! 取材を希望する詠美、事件への関連を疑う柴田らがヘミングウェイの病室を訪れるのだが…?
 そんなある日、初老の入院患者・後宮徳治郎がヘミングウェイとエレベーターに乗り合わせる。すると、ヘミングウェイの足首に入ったタトゥーに気づいた後宮が何かをつぶやき、突然怯え始めて…?

[引用元]TV朝日「漂着者」公式サイトSTORY

ドラマ「漂着者」第1話 感想 

カラス

女子高生がおもしろすぎる

ヘミングウェイを発見した女子高生三人組が、おもしろすぎるw。

イマドキの女子高生って、こんな感じなのでしょうか。

自分たちがヘミングウェイを発見したときも、それほど驚いた様子もなく「全裸ってウケるんですけど」みたいなことを言っていたり、すぐにSNSに投稿してしまうし。

確かに、彼女たちがSNSでヘミングウェイのことをアップすることで、ローゼン岸本が迎えに来たのだと思いますが…。

まず、ローゼン岸本も怪しすぎる。

そして、次回は何かの宗教施設のようなところにヘミングウェイが連れて帰られるようです。

やはり、ヘミングウェイは「教祖」だったのでしょうか。

そして、ヘミングウェイの本当の名前は?

ミステリーなのかコメディなのかラブストーリーなのか

本作は、ミステリーのカテゴリーに入るドラマだと思います。

今のところ、怖ろしいくらい謎だらけです。

そして、女子高生三人組や柴田と野間の関係には、笑いが含まれていますし、コメディ要素も大いにありそうです。

ヘミングウェイが予知能力者なのではないかと思ったとき、野間は「僕は何歳で結婚しますか?」と、ものすごいKYなこと聞いたときは、爆笑してしまいました。

アイドルか。

そして、ヘミングウェイが詠美のことを、下の名前で呼んでいいか?と聞いたシーンは、ドキドキしました。

これは、もう、二人が恋に落ちる予感以外、考えられません。

そんな感じで、ラブストーリーの要素もありそうな本作。

いろんな方向から楽しめそうです。

考察系ドラマ?

SNSでは、考察系ドラマが人気ですが、本作もまた考察系ドラマになるということでしょうか。

今のところ、本当に謎だらけでいろいろ考察すると楽しそうです。

脚本・企画・原案が、秋元康氏ということですし、すでに初回からSNSが大きな役割を果たしています。

深夜帯のドラマではありますが、11時台ですし、盛り上がるといいですね!

ドラマ「漂着者」第1話 感想 最後に

ドラマ「漂着者」第1話の感想でした。

それにしても、白石麻衣さんが美しい。

画面観てるだけでも幸せな気持ちになります。

次回からは、本格的に考察も始まりそう。

楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA