ドラマ「#家族募集します」第1話 ネタバレ感想 主演・重岡大毅|シングルマザー&ファーザー

乾杯

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「#家族募集します」第1話の感想です。

一人親の悩みがとても心に刺さるドラマです。

初めてのパパ役を演じる重岡大毅さんの演技が光る、心温まる物語。

ドラマ「#家族募集します」第1話の感想 はじめに

野球のボール

登場人物

赤城俊平/重岡大毅
絵本の出版社社員。3か月前に妻が亡くなり、一人で息子の陽を育てている。幼馴染の小山内蒼介がSNSに出した「#家族募集します」という募集に巻き込まれ、シェアハウスで暮らすことに。

赤城陽/佐藤遥灯
俊平の一人息子。母が亡くなったことをまだ知らされていない。

桃田礼/木村文乃

小学校教諭。5歳の娘、雫を一人で育てているシングルマザー。親にも周囲にも頼らず、シングルマザーであることを言い訳にせず一人で雫を育てたいと思っている。雫より受け持つクラスの生徒との時間の方が長くなっていることに板挟みになっている。

桃田雫/宮崎莉里沙
礼の娘。ママに甘えたいが甘えられない状況を彼女なりに理解している健気な子。

小山内蒼介/仲野太賀

お好み焼き店「にじや」に住み込みで働いている。俊平の幼馴染。人情味あふれる性格だが、ややおせっかい。「にじや」の二階をシェアハウスにしようと「#家族募集します」とSNSに投稿した。

横瀬めいく/岸井ゆきの

シンガーソングライターのシングルマザー。自由奔放な性格で、マイペース。言いたいことを何でも言ってしまう性格から、礼や蒼介とケンカになることも多い。

横瀬大地/三浦綺羅
めいくの息子。ゲームさえあれば、何時間でもママを待ち続けられる。歌がうまいママが自慢。

野田銀治/石橋蓮司

お好み焼き屋「にじや」の店主。面倒見が良く「にじや」の二階をシェアハウスとして提供。俊平たちをあたたかい目で見守る優しい”おじいちゃん”的存在。

赤城みどり/山本美月

俊平の亡くなった妻。絵本作家で、一冊目の本を出版した途端、亡くなってしまった。ヨーロッパで次回作の取材中、不慮の事故に遭う。

あらすじ

主人公の赤城俊平(重岡大毅)は、ある事情で3か月前にシングルファーザーになったばかり。5歳の息子・陽(佐藤遙灯)を育てながら、児童図書を扱う小さな出版社「エッグプラント」に勤め、育児と仕事に追われる日々を過ごしていた。

そんな中、幼馴染の小山内蒼介(仲野太賀)と偶然再会。ワンオペ育児に悩む俊平の事情を知った蒼介は、SNSで家族を募集し、子育てをシェアして一緒に暮らそうと突飛な提案をする。そんな募集に誰も乗るわけがないと呆れる俊平だったが、その夜、蒼介の携帯に1本の電話が…。かけてきたのは、5歳の娘・雫(宮崎莉里沙)を育てるシングルマザーの教師・桃田礼(木村文乃)だった。さらに、夢を追い続ける子持ちシンガーソングライター・横瀬めいく(岸井ゆきの)も6歳の息子・大地(三浦綺羅)と共に転がり込んできて…。

[引用元]TBSテレビ「#家族募集します」公式サイトSTORY

以下はネタバレあらすじ

妻が亡くなったことを蒼介に話す

 偶然再会した俊平と蒼介。その日、俊平は息子の陽を連れてお好み焼き屋「にじや」へ行くことに。大喜びの蒼介だったが、俊平が結婚していることを知って「じゃあ、シェアハウスは無理か…」と言う。蒼介は、俊平の妻のことを聞こうとするが、妻が亡くなっていることをまだ陽には話していないので、慌ててしまう俊平。食事もせずに家に帰った。

 翌日、蒼介は「聞いてはいけないことを聞いてしまった」と思い、謝罪のために焼きそばを持って俊平の職場を訪れる。そんな蒼介に俊平は妻が3か月前、ヨーロッパで亡くなったことを話す。
 蒼介は、再度俊平の職場に現れ、「俺が母親になってやる」といきなり突拍子もないことを言い出す。蒼介は、シェアハウスに来れば、必ず誰かがいて、どうしても子供の面倒を見れないときもシェアハウスの誰かに預けられると提案。SNSで「#家族募集します」以外にも、俊平が困っていることをどんどん発信していく。

ゆか
ゆか

離婚とか別居なら、母親に頼ることもできますが、突然、事故で妻を亡くした俊平。その悲しみの上に、実際の生活もとても大変。

礼が雫を預けに来て

 礼が担任をしているクラスの子がケンカをして、その父兄がもめていると言う。すぐに担任の先生に事情を聞きたいと言っていると同僚教師から連絡があった。雫を一人にして夜に出かけるわけにはいかない礼は、「にじや」に預けることにした。切羽詰まっているのだ。
 蒼介は「#家族募集します」に本当に人が来たと俊平に電話をかける。陽と同じくらいの女の子だから助けてほしいと言う蒼介。俊平は一旦は断るが、やはり放っておけない。陽をつれて、「にじや」へ向かう。

 年の近い陽と雫はすぐに打ち解け、遊び始める。ホッとする俊平と蒼介。しばらく遊んでいると、二人は横に並んで眠り始めた。そこに、仕事を終えた礼が帰って来た。礼は「極力人を頼りたくないので」と言って、蒼介に¥3000を支払い、雫を連れて帰ってしまう。

シェアハウスが楽しかった陽

 陽は、昨日、蒼介のシェアハウスで雫と遊んだことがとても楽しかったようだ。幼稚園でもとてもご機嫌だったと保父さんにも言われる。「今日も蒼ちゃんち、行く?」と聞く陽に、俊平は「今日は無理かな」と言うと、シュンとなる陽。家に帰ってからも機嫌が悪く、ご飯も食べない。そして、突然「ママに会いたい」と言って泣き出した。俊平も泣きながら、陽を抱きしめて「パパもママに会いたいよ」

 俊平は陽を連れて「にじや」へ向かう。礼にも雫を連れてきてほしいと連絡してもらい、先日お世話になったからと来てくれた。
 礼は、出来るだけ親にも周囲にも頼らず、女性だから無理だとか思われるのも嫌で、とにかく一人で雫を育てるためにシングルを選んだのだと言う。そのため、やはりシェアハウスには参加できないと言う。

ゆか
ゆか

陽くん、シェアハウスでの一日が本当に楽しかったんですね。遊び相手もいて、パパだけじゃなくていろんな人が周りにいて。人に頼らないことはとても立派だけど、もっと甘えていいと思います。子供は国の宝。みんなで育てていきましょう。

無理しないで

 屋上に出た俊平を追って来た蒼介は、礼も俊平も、とても無理していると言う。とても立派だし、偉いと思うが、たまには苦しい気持ちを吐き出せよと言う。そんなに無理して立派である必要あるのかな。いつでも話聞くからと。その話を聞いていた礼は、「私も自分の気持ちを人に話せたら、気持ちの整理がつくのにと思うことがある」と言う。俊平は、「妻がいた頃は何でもない言葉のキャッチボールが楽しかったな」と少し寂し気に笑う。
 蒼介と俊平は本当にキャッチボールを始める。「じゃあ、話を聞いてもらおうかな」という俊平。

 仕事と子育てで疲れ切っている俊平は、陽を寝かしつけるときに自分が先に寝てしまうことがあると言う。そんな時、退屈した陽が自分の上に乗って飛び跳ね、転んで陽の頭が顔面に落ちてきて鼻血を出したり、公園に連れて行ったときに母親と一緒に来ている子がいると必死で隠そうとしたり。
 そんなある日、陽に「ねえ、ママはどこに行ったの?」と聞かれた。今まではいろんな嘘をついて取り繕ってきたが、そのときはどうしても思い浮かばず、陽の好きな「トリプルファイブ」(俊平が自分で作った戦隊)のトリプルグリーンになると電話があったと嘘をついた。陽は目を輝かせて嬉しそうに「ホント?」と言う。俊平は今までで一番子供だましのくだらない嘘をついてしまったと涙ぐむ。そして、陽はその嘘を未だに信じ続けてる。だから、俺はずっとその嘘を続けていると。二人でトリプルグリーンの話をすると、陽はいつも目をキラキラさせて話をしている…と言いながら、俊平は涙が止まらない。「いつかは、本当のこと言わなきゃならないのかな。俺、笑える話してるのに、涙腺壊れた」

ゆか
ゆか

キャッチボールしながら、笑い泣きをする俊平を演じる重岡大毅さんの演技、圧巻でした。私も観ながら涙が止まりませんでした。父親としての笑顔も素敵ですが、また父親として号泣する俊平も、また素晴らしくカッコいい。

 涙が止まらない俊平を抱きしめる蒼介。「お前は頑張ってる。頑張ってるよ!」。ベンチに座って聞いていた礼も、涙を流している。
「うれしいことも悲しいことも、みんなでシェアする、それが家族なんだね」という俊平。
「だから、ここで一緒に暮らしましょう」と礼に言う蒼介。しかし、礼は「それは無理です」

めいくと大地がやって来た

 翌日、蒼介が仕込みをしているとギターを抱えた女性と少年がやって来る。横瀬めいく・大地親子だ。「#家族募集します」を見てやってきたのだという。初めての応募者。喜びながらも、戸惑う蒼介だった___。

ドラマ「#家族募集します」第1話の感想 

がんばってると言われるのがつらい

俊平は、妻を亡くして三ヶ月半。

周囲のいろんな人から、「大変だね」「がんばっているね」といわれることにうんざりしていました。

自分は、楽しく息子の陽と暮らして行こうと思っているのに。

確かに、仕事をしながら子育てするのは大変です。

しかし、周囲からかわいそうだと思われるのは違うと思っているのです。

思いもかけない突然の最愛の妻の死。

この悲しみを乗り越えるためにも、俊平は陽と楽しく暮らしていかなければならないと思っています。



さらに、みどりは亡くなってしまったけれど、素敵な一冊の絵本をこの世界に残していきました。

俊平は、書店周りの仕事中も、必ずみどりの書いた絵本が置いてあるのを確認しています。

本がそこにあることを確認することで、みどりがこの絵本の中で生き続けていることを実感することができます。

そのことだけでも、俊平は妻の死を受け入れ、乗り越えていける気がするのです。

一人親の苦悩

俊平は、同情されることや「がんばってるね」と言われることにうんざりしていますが、心の中ではやはり鬱積しているものがたくさんあります。

弱音を人前で吐くことはしませんが、誰かにこの気持ちを話したら気持ちが楽になるのではないかと思うことがあるようです。

今回は、キャッチボールをしながら、笑い話のようにシングルファーザーの苦悩を蒼介と礼に話します。

話しているうちに、俊平は涙が止まらなくなってしまいます。



俊平は、陽にまだ母が死んでしまったことを話せていません。

まだ、5歳の陽には、どうしても母が死んでしまったことを言えません。

いつかは、話さなくていけない日が来ると思いますが、そのことに対しても不安や苦悩が付きまといます。

今は「トリプルファイブ」のトリプルグリーンになったのだと嘘をついていますが…。

俳優・重岡大毅

正直、今回のキャッチボールのシーンは驚きました。

妻を亡くした悲しみやシングルファーザーの苦悩を吐露する俊平を演じる重岡大毅さん、悲しみを湛えた笑顔と泣き笑いと号泣、こんなに演技派だったのかと。

あまりにも迫真の演技に、私も号泣でした。

子供を一人で育てることは簡単なことではありませんね。

それでも、いつも優しいお父さんとして笑顔を絶やさない俊平にも心を打たれました。

前から、ジャニーズのタレントさんは演技派の方が多いと思っていましたが、ここにもまた一人発見!です。

三組の親子と蒼介の共同生活、どんな物語が紡がれていくのか、とても楽しみです。

ドラマ「#家族募集します」第1話の感想 最後に

ドラマ「#家族募集します」第1話の感想でした。

私は一人暮らしですが、子供はいないので、本当の一人親の子育ての苦労はわからないかもしれませんが、本作を観て知らなかったことをたくさん教えられそうです。

子供は国の宝です。

他人の子供だから関係ないと考えず、みんなで育てていかなければと思いました。

次回の物語の展開も楽しみです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA