ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第3話 ネタバレ感想 主演・鈴木亮平|立てこもり事件勃発!

救急車

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第3話の感想です。

今回は、元DV夫にストーカー被害にあっている母子が人質にされ、立てこもり事件が起こります。

そして、母と子が命の危険にさらされてしまいます。

MERは母子を助けることができるのでしょうか。

ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第3話の感想 はじめに

点滴

登場人物

喜多見幸太/鈴木亮平
MERのチーフドクター。僻地や紛争地での医療従事経験があり、危険を顧みず、どんなときも諦めない。患者への診断は的確で手術などの処置の素早さは驚異的。いつも身体を鍛えており、笑顔を絶やさない。

弦巻比奈/中条あやみ

東京海浜病院の循環器外科で研修中の医師。MERのメンバー。慎重に検査をし、手術に臨むことを理想としているので、喜多見のやり方には不満を持っている。

蔵前夏梅/菜々緒

MERの看護師。救命救急の知識と経験が豊富。ポジティブで明るい性格。喜多見の右腕として活躍する。幼い娘を持つシングルマザーで、救命救急と病棟勤務を兼務している。

ホアン・ラン・ミン/フォンチー

MERの看護師。ベトナム出身で、日本でより高い看護技術を学ぶため来日。日本語も堪能な努力家。⽇本のアニメや漫画が好き。

冬木治朗/小手伸也

MERの⿇酔科医。とても穏やかな性格。かなり優秀な麻酔科医で、病院でもひっぱりだこで、手術にはなくてはならない存在。家族思いで、MERメンバーを温かく見守る。

徳丸元一/佐野勇斗

MER臨床⼯学技⼠で救命士。機械や車を整備している時間が何よりも楽しみ。⼀流の医師、⼀流の医療機器、そして⼀流の技⼠がいて、初めて最高の医療体制が出来上がると常に考えている。

音羽尚/賀来賢人

MERのドクター。厚生労働省の官僚であり、医師という医系技官である。厚⽣労働⼤⾂・⽩⾦の命を受け、TOKYO MERを潰すためにやってきた。冷静で野心家。成し遂げたい理想の医療政策を持っている。MERの存続は彼の判断にかかっている。

赤塚梓/石田ゆり子

東京都知事。報道記者から衆議院議員に、その後、東京都知事になった。やわらかい笑顔で人気のある知事で、初の女性総理大臣に最も近い位置にいる。TOKYO MERを発案、喜多見をチーフに任命したのも赤塚知事。MERの存亡に政治家生命がかかっている。

白金眞理子/渡辺真起子

厚⽣労働⼤⾂。赤塚都知事をライバルとしている超実⼒派代議⼠で、女性初の総理大臣を目指している。赤塚へのライバル心からTOKYO MERを潰すことしか考えていない。

千住幹生/要潤

東京消防庁・即応対処部隊隊⻑で、百戦錬磨のハイパーレスキュー隊。迅速な人命救助を目指しながら、二次災害を引き起こさないことという難しい判断をしている。そのため、喜多⾒と激しく衝突する。

駒場卓/橋本さとし

東京都・危機管理対策室室⻑。危機管理のスペシャリスト。指示は冷静で的確で、TOKYO MERの活動をサポートしている。過去にハイパーレスキュー隊で指揮をとっていたため、千住との信頼関係は厚い。

高輪千晶/仲里依紗

東京海浜病院・循環器外科医。世界的に評価されている心臓・血管のスペシャリスト。比奈が尊敬する憧れの存在であり、指導医でもある。喜多見への不満を持つ比奈にアドバイスをしながら、喜多見の命知らずなやり方を批判。喜多見とは、長年の知り合いのようだが…。

深澤陽斗/佐藤寛太

循環器外科研修医。東京海浜病院に勤務。比奈とは同期の友人。MERの不満をこぼす比奈の話をいつも聞いている。

久我山秋晴/鶴見辰吾
厚生労働省医政局長。出世のため、白金大臣の目的「MERを潰す」ことに協力するためは手段を選ばない。

あらすじ

立てこもり事件発生

 夏梅(菜々緒)は、シングルマザーとして、一人娘の桃花を育てている。幼稚園では夏梅が医療従事者だということから、桃花を休ませてほしいという保護者がいるようだ。医療従事者への差別はどこまで続くのか。
 そんな話をしている中、荒川区の飲食店で立てこもり事件が発生し、MERの出動要請が出た。現場の状況を見ると、情報よりも被害者が多いことがわかった。被害者は10名以上いる。

ゆか
ゆか

医政局長の久我山は、今回の事件は警察と関わることから、「これはもめるぞ」とうれしそうです。だから、人の命がかかっているのにMER解体のことばっかり考えるの、やめなさいよ。

SIT隊員に止められても

 現場に到着したMERは、喜多見チーフの指示でそれぞれが動き出した。しかし、既に到着していたSITは、犯人が拳銃を持っているので、安全なところに被害者を移すまで医療従事者は待機していてくれという。しかし、喜多見チーフはそれを振り切り、トリアージを始める。
 飲食店の従業員とみられる重症の女性患者がいた。腹を刺され、出血している。意識もない。腸が3か所傷ついているようだ。無事、手術は完了し、意識を取り戻した女性。しかし、店の中に娘が取り残されているという。そして、犯人は自分の別れた元夫だという。離婚の原因はDV。そして、今もしつこく母子を付け回している。
 元夫は「家族で仲良く死のう」と言って、店の中で刃物を振り回したのだ。そして、止めに入った元妻の香織の腹をいきなり刺した。

人質の日葵ちゃんはⅠ型糖尿病

 今、人質にされている娘の日葵はⅠ型糖尿病で、さっきインシュリンを打ったばかりだった。そして、突然元夫が乱入して来たため、まだ食事をとっていない。このままでは低血糖になって、命の危険さえある。
 喜多見チーフは、日葵のかかりつけの病院を香織から聞き出すと「東京海浜病院」の小児科だった。すぐに高輪医師(仲里依紗)に電話をかけ、カルテを送ってほしいと頼む。躊躇する高輪医師だったが、時間がないので仕方なくMERあてに日葵のカルテを送った。
 日葵は今までにも何度も低血糖症を起こしている。早く処置しなければ、命が危ない。

ゆか
ゆか

DV男は、日葵ちゃんにチョコレートを食べさせていました。これで少しは血糖値が上がるのではないかと思いましたが、日葵ちゃんは意識を失ってしまいます。これは一体…。

 SITの新井(山田純大)は、「日葵ちゃんの命が危ない。処置を行わせてほしい」と犯人に告げますが、「警察は近づくな!いいから、早く香織をよこせ!」と言って日葵ちゃんを盾にしている。外の様子を聞いていた香織の様態が悪くなってきている。病院に搬送するしかない。喜多見チーフは決断する。

警察のくだらないプライド

 このまま時間が経てば日葵ちゃんの様態は悪化していくばかりだ。喜多見チーフは、自分が日葵ちゃんのところに行って、薬を投与すると新井に言った。DV男は「看護師の女一人なら許す」という。
 この状況を動画で見ている警察上層部は「素人に頼るなど、警察の威信が地に落ちる。女性警察官を看護師に変装させて向かわせろ」と命令する。しかし、薬の投与は医療従事者以外には出来ない。「そんなことをしたら、警察のメンツは丸つぶれだ」という警察幹部に、赤塚知事(石田ゆり子)は「喜多見チーフの案を採用してください。責任は私が取ります」という。警察は「これは警察の問題です。口を出さないでいただきたい。それに、誰が行くというのですか?」と。

夏梅の責任感と勇気

 そこで、夏梅が手を挙げる。今はそれしか方法がないと新井は決断した。救出のチャンスになったら、胸に仕込んだマイクを一回叩き、命の危険が迫ったときは二回マイクを叩くことになった。
 夏梅が処置を行うと、すぐに回復するはずだったが、日葵は呼吸が荒く、体に赤い発疹が出ていた。高輪医師から送られてきたカルテには、日葵はアーモンドアレルギーだと記載されていた。さっきDV男が食べさせたチョコレートはアーモンドチョコだったのだ。日葵は、アナフィラキシーショックを起こしている。
 新井は香織から、エピペン(アナフィラキシーショックを一時的に止める自己注射)が部屋の引き出しにあると聞いて、DV夫に告げる。香織と日葵は、この飲食店に住み込みで働いているのだ。DV夫が部屋にエピペンを探しに行っている間に、夏梅は胸のマイクを一度叩いた。SITが突入し、日葵と夏梅を救出。SITはDV夫を射撃。しかし、夏梅を救出したSITの中野が、息も絶え絶えなDV男に撃たれてしまう。夏梅はDV男に「お前も撃つぞ」と言われ、中野を助けるためにまたも店内へ戻って行く。

 日葵は、MERの手によって命を助けられた。かなり重篤な状態だったが、喜多見チーフと音羽先生(賀来賢人)の手によって小さな命は蘇った。

ゆか
ゆか

何て、奴だ。DV男。これだけ自分勝手だからこそ、ストーカーDV男になったんだろうけど。それにしても夏梅さん、本当にすごい勇気と看護師としての責任感。カッコよすぎて泣けてきます。

新井とMERの絆

 SITの中野を助けるために、夏梅はまた人質となった。新井は必ず夏梅を救出すると言うが、喜多見はまず中野を助けることが先決だという。中野が倒れている場所にERカーをつけて、その場で手術を行うと喜多見は決意。新井は「中野を頼む」と喜多見に告げた。「協力して、命を救いましょう」
 そんな中、店内では夏梅がDV男の手当てをしていた。ケガを負っている人を放っておくことができないのだ。DV男は「バカな奴だ。お前を撃って、あとで後悔させてやる」という。

ゆか
ゆか

DV男、強がっているのか、根性が完全にひん曲がっているのか知りませんが、最悪。夏梅さんは、それこそ白衣の天使。どんな相手も助ける、まるでナイチンゲールだ。

必ず助ける

 赤塚知事は、一般市民の命を危険に晒すわけにはいかないという警察幹部たちに「警察官は死んでもいいのですか?年齢、性別、職業関係なく、一つの命です。MERの使命は人の命を救うことです」という。ずっと警察のプライド、メンツと言い続けていた警察幹部の住吉が、「警察の威信にかけて、MERの命を守れ」と指令を出した。
 DV男は、それでも銃を撃ち続け、ERカーにも発砲。それをSITは盾で守っている。
 中野の手術は成功。また一つの命がMERによって助けられた。

マイクは2回叩かれた

 マイクが2回叩かれた。夏梅に命の危険が迫っているのか。SITが突入。しかし、命の危険が迫っていたのはDV男の方だった。担架で運ばれる間際、DV男は「何で俺を助けた?殺せよ。殺せよ!」と夏梅に叫ぶ。夏梅は、「ぶんなぐってやりたいけど、治療が面倒だからやめとく」と言ってDV男に付き添っていった。
 負傷者全員の処置が終わったMERのメンバーたちが帰ろうとしていたとき、SITの隊員たちが整列し、夏梅に敬礼をしていた。夏梅は、恥ずかしそうに敬礼を返した。

ゆか
ゆか

TVの中継をじっと見守っていた夏梅さんの娘・桃花ちゃん。ママが危険な目にあっているのに、泣いたりせずにしっかり見届けるなんて、ママ譲りの素晴らしい心の強さ。あっぱれ。

ナイチンゲールに憧れて

 夏梅は、約束通り、桃花を幼稚園に迎えに行った。ママが助かったことを見届け、にっこり笑う笑顔も力強い。そして、「また、ママが好きな絵本借りて来たよ」という桃花。「内緒だよ。絵本に憧れて、MERに入ったなんて」という夏梅。その絵本のタイトルは「ナイチンゲール」だった。

ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第3話の感想 

手術

感動の嵐

今回もまた感動の嵐でした。

夏梅さんが、とにかくカッコよくて、優しくて素敵でした。

いつも、気の強いタイプの女性の役が多い菜々緒さんですが、今回は看護師としての責任感にあふれる勇気ある女性を演じる姿が素晴らしかったです。

一旦、解放されたのにもう一度人質になるなんて、普通出来ることではありません。

DV男の異常さもしっかりわかっていますし、銃を持っているのですから。

それでも、SITの中野さんの命を守るためにお店に戻って行く姿は、本当に感動しました。



さらに、幼稚園でママが大変な目にあっていることを知った夏梅さんの娘の桃花ちゃん。

あんなに小さいのに、TVの画面をしっかり見て、泣くこともなく見届ける姿に涙が溢れました。

まだ幼稚園生だけど、ママの仕事がどれだけ大切なものかちゃんと理解しているんですね。

SITとMER

警察はいろんなドラマで描かれていますが、とにかくプライドやメンツ、威信にこだわる組織です。

今回は、同じ警察官の仲間が命の危機に際して、赤塚知事が「同じ一つの命です」と言ったことに心動かされたのか、幹部の住吉氏は、MERとSITが協力することを了承しました。

ここも、かなりの感動ポイントでした。

そして、中野さんのために、もう一度人質になった夏梅さんへの敬意をこめた敬礼。

すごく心が熱くなる素晴らしいシーンでした。

同じ一つの命

本当に自分勝手で憎たらしいDV男でしたが、そんな人間の命も一つの命。

MERは、助けるのです。

ある意味、このDV男も心の病気なのかもしれないですね。

それだけ執着するほどなのに、DVをしてしまう気持ちは私にはわかりませんが、歪んだ愛の形なのでしょう。

それが、こんな大きな事件を起こしてしまうとは…。

しかし、執着してる割には娘のアレルギーのことも知らず、愛情を持っているようには見えませんが。

どうしようもない人間ですが、MERは、決して見捨てることはないのです。



毎回、人の命の大切さ、人の命より大切なものなどないのだということを教えられる本作。

きれいごとではなく、「大丈夫ですよ。助けます」と言われることが、患者にとってどれだけ心強いことか。

本当にいつも感動をありがとうございます。

ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第3話の感想 最後に

ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第3話の感想でした。

ああ、今回も感動したなぁ。

毎週、本当に楽しみなドラマです!


以下の記事で、第2話の感想を書いています。

よろしければ、併せてご覧になってください。

【関連記事】

ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第2話の感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA