ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」最終回 ネタバレ感想 主演・鈴木亮平|MER最後の戦い

燃える街

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」最終回の感想です。

妹の涼香を失い、打ちひしがれる喜多見チーフ。

エリオット椿による頻発する爆破テロ。

喜多見幸太は、MERとして立ち直ることが出来るのでしょうか。

ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」最終回の感想 はじめに

黒煙

登場人物

喜多見幸太/鈴木亮平
MERのチーフドクター。僻地や紛争地での医療従事経験があり、危険を顧みず、どんなときも諦めない。患者への診断は的確で手術などの処置の素早さは驚異的。いつも身体を鍛えており、笑顔を絶やさない。患者に優しく自分に厳しい。趣味は筋トレ。

弦巻比奈/中条あやみ

東京海浜病院の循環器外科で研修中の医師。MERのメンバー。慎重に検査をし、手術に臨むことを理想としているので、喜多見のやり方には不満を持っていた。しかし、今では喜多見の下で救命に心血を注ぐ。

蔵前夏梅/菜々緒

MERの看護師。救命救急の知識と経験が豊富。ポジティブで明るい性格。喜多見の右腕として活躍する。幼い娘を持つシングルマザーで、救命救急と病棟勤務を兼務している。

ホアン・ラン・ミン/フォンチー

MERの看護師。ベトナム出身で、日本でより高い看護技術を学ぶため来日。日本語も堪能な努力家。⽇本のアニメや漫画が好き。努力家で、日本の格言も得意。

冬木治朗/小手伸也

MERの⿇酔科医。とても穏やかな性格。かなり優秀な麻酔科医で、病院でもひっぱりだこで、手術にはなくてはならない存在。家族思いで、MERメンバーを温かく見守る。

徳丸元一/佐野勇斗

MER臨床⼯学技⼠で救命士。機械や車を整備している時間が何よりも楽しみ。⼀流の医師、⼀流の医療機器、そして⼀流の技⼠がいて、初めて最高の医療体制が出来上がると常に考えている。

音羽尚/賀来賢人

MERのドクター。厚生労働省の官僚であり、医師という医系技官である。厚⽣労働⼤⾂・⽩⾦の命を受け、TOKYO MERを潰すためにやってきた。冷静で野心家。成し遂げたい理想の医療政策を持っている。MERの存続は彼の判断にかかっている。それが次第に喜多見の考え方に傾倒し…。

赤塚梓/石田ゆり子

東京都知事。報道記者から衆議院議員に、その後、東京都知事になった。やわらかい笑顔で人気のある知事で、初の女性総理大臣に最も近い位置にいる。TOKYO MERを発案、喜多見をチーフに任命したのも赤塚知事。MERの存亡に政治家生命がかかっている。心臓に持病を抱えている。

白金眞理子/渡辺真起子

厚⽣労働⼤⾂。赤塚都知事をライバルとしている超実⼒派代議⼠で、女性初の総理大臣を目指している。赤塚へのライバル心からTOKYO MERを潰すことしか考えていない。元医系技官。

千住幹生/要潤

東京消防庁・即応対処部隊隊⻑で、百戦錬磨のハイパーレスキュー隊。迅速な人命救助を目指しながら、二次災害を引き起こさないことという難しい判断をしている。そのため、喜多⾒と激しく衝突する。しかし、次第に喜多見との信頼関係を築き始める。

駒場卓/橋本さとし

東京都・危機管理対策室室⻑。危機管理のスペシャリスト。指示は冷静で的確で、TOKYO MERの活動をサポートしている。過去にハイパーレスキュー隊で指揮をとっていたため、千住との信頼関係は厚い。かつて現場にいた頃、事故にあい、今は車椅子生活を送っている。

高輪千晶/仲里依紗

東京海浜病院・循環器外科医。世界的に評価されている心臓・血管のスペシャリスト。比奈が尊敬する憧れの存在であり、指導医でもある。喜多見への不満を持つ比奈にアドバイスをしながら、喜多見の命知らずなやり方を批判。実は喜多見の元妻。

深澤陽斗/佐藤寛太

循環器外科研修医。東京海浜病院に勤務。比奈とは同期の友人。MERの不満をこぼす比奈の話をいつも聞いている。

久我山秋晴/鶴見辰吾
厚生労働省医政局長。出世のため、白金大臣の目的「MERを潰す」ことに協力するためは手段を選ばない。

あらすじ

最愛の妹・喜多見涼香(佐藤栞里)を亡くし、失意のどん底にいた喜多見幸太(鈴木亮平)はMER脱退を告げる。都知事の赤塚梓(石田ゆり子)は意識不明のまま生死の境をさまよっていた。そして、音羽尚(賀来賢人)は大物政治家・天沼夕源(桂文珍)に逆らえないまま、遂にMER解散が決定しようとしていた…。

そんな中、エリオット・椿(城田優)による連続爆破テロで東京中が炎上!多くの負傷者が出るが、喜多見も音羽も出動せず、ERカーの使用も禁じられてしまう!
最大のピンチを迎えたメンバー。しかし、その時…喜多見の心を震わせる「言葉」が響いた。

TOKYO MERの最後の出動の物語。

[引用元]TBSテレビ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」公式サイトSTORY

ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」最終回の感想 

喜多見の責任

涼香(佐藤栞里)の葬儀の後、喜多見チーフ(鈴木亮平)は過労で倒れ入院していました。

もうすぐMERの最終審査会が始まります。

気力を失くした喜多見チーフは、MERはなくす方がいいのだとMERメンバーに伝えます。

今の喜多見には、涼香を失った悲しみがのしかかり、全てのことにやる気をなくしているのです。

涼香が死んだのは、俺が椿(城田優)を助けたから…。

涼香が死んだのは、俺のせいだ…。



「危険を冒して誰かを助けようなんて間違っていたんですよ。MERはなくすべきだと思います」


人が変わってしまったように、仕事に意欲を失くしている喜多見チーフ。

気持ちはわかりますが、今までMERがやってきたことは全て水泡に帰すということでしょうか。



退院して家に帰って来た喜多見チーフを待っていたのは、月島(稲森いずみ)たちでした。

家宅捜査をされていたのです。

月島は「これはお前の責任だ」と言います。

このまま落ちぶれたら、椿の思うつぼだと。

ゆか
ゆか

ショックを受けている人に、もう少し言い方があるとは思いますが、月島も涼香が亡くなったことは残念だと思っているようです。

今までのような覇気が全く感じられない喜多見チーフ。

よほどのショックだったのだと思います。

MERはこのまま解体されてしまうのでしょうか。

MER出動要請

最終審査会の日。

音羽先生(賀来賢人)にも、喜多見チーフのテロリスト疑惑を否定してもらいMER存続を進言してもらいたいというMERメンバー。

しかし、音羽は拒否する。

そこに、東京海浜病院に入院中の子供たちが先日のお楽しみ会のお礼にやって来ます。

子供たちは涼香とともにプレゼントを持ってくる予定でしたが、涼香が来なくなったので自分たちだけで来たと言います。

涼香が亡くなったことは、子供たちには伝えられていないようです。

そこには、子供たちの絵と涼香の手作りのお菓子と手紙が入っていました。

音羽の好きなチョコレート味のフィナンシェも。



そんな中、MERに出動要請がかかります。

しかし、音羽は喜多見の不在と他のメンバーが出動禁止命令を受けているため出動できないと応えます。

すると、比奈先生(中条あやみ)が「MER、出動します」と応え、最終審査会には音羽一人で向かうことに。

ゆか
ゆか

比奈先生、あんなにMERを嫌がっていたのに、この逞しさ。喜多見チーフの「人の命を最優先すること」をしっかり受け継いでいたのです。

同時爆破テロ

一度目の爆発で出動していたMERメンバーは、危機管理対策室から、都内三か所で同時爆発事故が発生したと連絡を受けます。

同時多発テロです。

全部で都内5か所で爆発が起こっています。

テロ組織LP9からは、これから1時間以内に東京のどこかで神経ガスを使い大量の死者が出ると警告文が送られてきました。

エリオット椿の目的とは一体何なのか。

やはり、汚職に染まった天沼幹事長(桂文珍)がターゲットになっているのか。



SNSでは、LP9を支持するものが増え始めています。

これは、LP9の常とう手段だと言われています。

SNSを使って国民を煽動していくのです。

ゆか
ゆか

天沼幹事長は、自分の保身しか考えていません。自分の不正を公にする気などさらさらなく世間の目を喜多見チーフのテロリスト疑惑に向けようとしているのです。LP9は、天沼の不正献金を告発するために神経ガスを使うつもりのようなのですが…。

最終審査会にて

最終審査会は、天沼の息がかかった議員や記者だけを集めて行われることになっています。

とんだ茶番です。

一人で最終審査会に出席した音羽先生は、白金厚生労働大臣(渡辺真起子)に内部からMERを見て来てMERについてどう考えているか意見を求められます。

「MERは解体すべきだと判断します。MERは国民にとってデメリットの方が大きいと考えられます」と答える音羽。

顔を歪ませ笑う天沼の醜い顔。

現在頻発しているテロ行為も、喜多見チーフの責任が大きいと聞いているなどとわざと発言する天沼。

とにかく、自分の汚職事件から国民の目を逸らせようと必死です。

何か目新しい事件が起こるとそっちに目が行く「バカな国民でよかった」とまで。



審査会の途中、都内でテロ事件が同時多発していることが報告され、音羽先生はその光景を映し出されるモニターを見ています。

天沼はこんな事態になったのも全て喜多見のせいだとしたいようです。

結局喜多見チーフは、テロリストの隠れ蓑としてMERを利用していたんだろと嫌らしい笑顔を見せる天沼。

本当に何もわかっていないバカ政治家。

国民をバカにするような政治家は、失脚させられて当然です。

何なら、LP9も天沼だけをピンポイントで狙えばいいと思いますw。

まあ、テロ行為はどんなときもどんな相手でも許されることではないですが。



喜多見チーフを欠いたMERが、懸命に救命活動を行っているのを見た音羽はみるみる顔色を変えて…。



MERはヒーローではなく、単なる医療従事者。

誰かに認められたいからではなく、ただ目の前の命を救いたいという気持ちだけで動いている。

助けを求めている人を待つのではなく、自分たちから行く。

自分たちが到着したら必ず命を救う。

MERがいるだけで人々は安心する。

そして「TOKYO MERはそういう存在に成長しました。今の日本に必要なのは彼らのような存在です。安全な場所から理屈をつけているだけのあなたたちに彼らを笑う資格はない!」と音羽先生は声を上げます。

白金大臣には「医系技官として内部から彼らを見て来た自分に言えるのは、MERはこの国に必要な存在です。私はMERは存続させるべきだと思っています」と力強く進言。

天沼は自分の息がかかった議員たちだけを集めてあるので、決を取れと白金大臣に指示。

当然、全員がMERの存続に反対。

この上なく醜い顔で「お前には心底失望した」と言う天沼。

ゆか
ゆか

失望したのは、天沼、お前だよ!

音羽先生、やっぱりカッコいい!

何といっても、音羽先生自身が現場で多くの人々の命を救ってきたのです。

そして、音羽先生はそのまま爆破事件現場に走るのでした。

厚生労働省の職員たちも

MERが解体されることが決まったので、ERカーの使用は禁止ですとMERメンバーに告げる厚労省の職員たち。

そこに、危機管理対策室に出向いていた白金大臣が、「TOKYO MERの活動を正式認可いたします」

厚労省職員たちに、MERの支援に回るように指示。

「政治家は国民の命を守ることが最優先だと思い出しました」という白金大臣。

厚労省職員たちも、待ってましたとばかりにMERの支援に散っていきます。

本当はみんな上からの指示のため仕方なく行っていただけで、心の中では人の命を助けたかったのです。

そう思ってないバカは天沼だけです。

引っ込んでろとまで言われてw

さらに、白金大臣は裏献金の帳簿を公表して天沼幹事長には退いてもらいましょうと発言します。

やった!

それでこそ、赤塚知事のライバル・白金大臣!

そして、赤塚知事の認可待ちの心臓手術の許可をすぐに下ろすように文科省に久我山から伝えるように指示。

久我山も久我山ですが、この人は力が強い人につくタイプの人なので、この場合問題なしw。



数回前から、白金大臣が天沼のあまりの傲慢さ横暴さ小賢しさに嫌気がさしているのは、ドラマを観ていて感じていました。

白金大臣は、本物の政治家。

天沼とは違うのです。

ゆか
ゆか

ざまぁ。天沼!

増えていく被害者

MERの懸命な救命に関わらず、被害者は増えていくばかりです。

さらに18人の負傷者が見つかります。

さすがのMERメンバーも途方に暮れています。

そこに、白金大臣の東京近県の救急隊への支援要請があり、複数の救急車が現場に到着。

また、千住隊長(要潤)率いるレスキュー隊も到着。

高輪先生の言葉

そんな必死の救助活動の中、喜多見チーフだけは家で打ちひしがれていました。

そこに高輪先生(仲里依紗)がやって来ます。

みんなが必死で戦っているときに、あなたは何をしているの?と。



喜多見チーフは、現場に出るのが怖いと言うのです。

涼香を助けられなかった自分を責め続けているのです。

現場に出たら、涼香のことを思い出しそうで…。



MERの無線機を喜多見チーフに渡す高輪先生。

喜多見チーフは、今までのMERの活動を思い出します。

比奈先生の成長、夏梅(菜々緒)の勇気ある行動、冬木先生の麻酔科医としての責任感、ミンさんの外国人労働者を助けてほしいと懇願した情熱、徳丸くん(佐野勇斗)の臨床工学技士としての矜持。



高輪先生は、「今、自分のできることを全力でやって来る」と赤塚都知事の手術に向かいます。

それを高輪先生に教えたのは、喜多見チーフです。

次々と聞こえてくる無線機からの声。

ゆか
ゆか

立ち上がれ!喜多見幸太!

取り残された被害者

爆発のため有毒ガスが漏れる現場に向かうMER。

駒場室長(橋本さとし)は、安全確認ができるまで待機を指示するが、音羽先生は「待っていては助けられない命があります」と現場に向かいます。

全員の救出が終わり、引き上げる途中で音羽先生は一人取り残された患者を発見。

有毒ガスが充満し始める。

無線が千住隊長に繋がらない。

意識もうろうとする音羽先生。絶体絶命の危機!

喜多見チーフ登場!

そこに、喜多見チーフが駆けつけます!

何かこうなることはわかっているけどうれしいw。

かつて、ガス爆発のときと立場が逆になった音羽先生と喜多見チーフ。

そしてあのとき音羽先生が言った「私の査定に響くから、あなたに死なれると困るんですよ」という言葉を言う喜多見チーフ。

こんなときに、おしゃれなジョークw。

笑いながら泣いてしまいました。

さらに、千住隊長がレスキュー隊員を率いて助けに来てくれます。

もう、ドラマ「TOKYO MER」の大団円です!



外に出た喜多見チーフは、不安がる患者たちに「私は医師の喜多見と申します。重症の患者さんから治療をしますので、しばらくお待ちください。手術が出来る車もあります」と言うと、あれほど焦っていた患者さんたちが落ち着き始めます。

千住隊長は「あいつが来ただけで、何とかなっちまう気がする」とつぶやきます。

喜多見チーフのこの安定感と安心感。



そして、ふと見ると、人質事件で関わった機動隊の人々が支援してくれていました。

それを見た夏梅は「喜多見チーフのやってきたことは間違っていませんよ」と言います。

今回も、死者は0

赤塚都知事の代わりに危機管理対策室に詰めていた白金大臣が小さくガッツポーズ。

やはり、みんな人の命の尊さをわかっているからこそ、人の上に立てるのです。

ゆか
ゆか

死者0コールは、やっぱりうれしい!そして、白金大臣が赤塚都知事の代わりにガッツポーズ。感動したー!!

エリオット椿の目的

人々の命は救われたましたが、まだ椿が捕まっていません。

誰もいないMERの部屋に、神経ガスを使った爆弾をしかける椿。

そして、「今から大物政治家と罪なき人々を殺害する」と予告。

大物政治家とは、天沼なんかのことではなく(一人でバカ面で慌ててるけどw)、手術中の赤塚都知事のこと。

そして罪なき人々とは、東京海浜病院の入院患者のことだったのだ。



喜多見チーフに、「青臭い理想を掲げているだけでは美しい世界は作れない」と言って電話を切った途端、踏み込んで来た月島らに撃たれる椿。

そこに駆け込んで来たMER。

喜多見チーフは意外な行動に出て…。

それでも命を救う

エリオット椿は、最愛の妹・涼香の命を奪った張本人。

それでも喜多見チーフは、椿をERカーに運んで手術をすると言います。

MERメンバーは、そんな人間を助ける意味があるのかと身体が動かない…。

喜多見チーフは、それぞれに指示を飛ばします。

そして「誰かの命を見捨てたら、俺は医者じゃなくなります。涼香は誰かのために働く人のことが好きでした」と言って、手術を始めるのす。

それに続くMERメンバー。

果たして、エリオット椿の命はMERメンバーによって助けられました。

「こんなことに意味があるのですか」と泣き崩れる音羽先生。

その言葉に笑顔で「今は命が助けられてよかったと思っています」という喜多見チーフ。



なんて、強い人なんだろう。

助けた相手は、ただのテロリストではなく、自分の妹の命を奪った憎い相手です。

しかし、だからこそ喜多見チーフはMERのリーダーなのです。

ただ、目の前の命を救う。

それだけが彼の使命。

MER正式発足記念式典

天沼は収賄罪で起訴されました。

そして、その日、MERの正式発足記念式典が行われました。

音羽先生は、MER統括官に任命されました。

喜多見をチーフドクターとすることには反対意見もあったようですが、音羽先生が強くねじ込んだようです。

そこは、とっても官僚的w。

そして、式典の途中、隅田川で屋形船の衝突事故が発生。

MERの出動要請がかかります。

喜多見チーフはいつものように「MER了解。出動します」と言って、ERカーに乗り込む姿は元の喜多見幸太に戻っていました。

MER・喜多見幸太チーフドクターは、完全復活を果たしたのです!

ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」最終回の感想 最後に

ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」最終回の感想でした。

心残りは涼香ちゃん。

どうしても亡くならなければならなかったのでしょうか。

音羽先生との結婚式、楽しみにしてたのですが。

しかし、本当に毎週泣かされた素晴らしいドラマでした。

心から、ありがとうございました!


以下の記事で、第10話の感想を書いています。
よろしければ、併せてご覧になってください。

【関連記事】

black smoke ドラマ「TOKYO MER~走る緊急救命室~」第10話 ネタバレ感想 主演・鈴木亮平|死者1名

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA