ドラマ「ムショぼけ」第1話の感想 主演・北村有起哉|14年ぶりのシャバ

prison

こんにちは、はるき ゆかです。



ドラマ「ムショぼけ」第1話の感想です。

14年ぶりに刑期を終え、出所してきた陣内宗介。

しかし、14年後の日本は大きく様変わりしており、陣内を激しく動揺させるものでした。

実力派俳優・北村有起哉さん、連続ドラマ初主演の任侠コメディドラマです。

ドラマ「ムショぼけ」第1話の感想 はじめに

あらすじ

敵対する組織の幹部を襲撃することになった陣内宗介(北村有起哉)。条件は5000万円という高額報酬と出所したら自分の組を持たせてもらえることになっていた。しかし、報酬は反故にされ、組からは破門。さらに妻からは三行半をつきつけられ、14年後、シャバに出て来たら世の中は大きく様変わりしていて…。

登場人物

陣内宗介/北村有起哉
敵対する組織の幹部を狙撃し、14年間のムショ暮らしを経験した元反社。

リサ/武田玲奈

人気インフルエンサーで陣内に興味津々。

HIRO/九条ジョー

陣内の元舎弟で、現在は暴露系YouTuber。

オカン/末成映薫

陣内の母。

平松/木下ほうか

陣内の元兄貴分。

さとし/松尾諭

陣内の元兄弟分。

夜勤部長/板尾創路

陣内にシャバの厳しさを教える幻のような存在。

ドラマ「ムショぼけ」第1話の感想 

14年前と今とでは、法律も変わり反社会勢力の人々にとってはとても生きづらい世の中になっています。

そのため陣内宗介(北村有起哉)は、重度の「ムショぼけ」になっています。

そんな陣内には、神出鬼没の『夜勤部長』(板尾創路)という人物が見えるようになっていました。



14年間、独居房にいた陣内は、その間、外の世界の情報が全て遮断されていたのですからどう考えても「ムショぼけ」して当然だろうと思います。

綾野剛さん主演の映画「ヤクザと家族」でも、同じような反社の世界が描かれていましたが、本作「ムショぼけ」はコメディ要素たっぷりなドラマです。



陣内のおかん役で、吉本新喜劇のゆみ姉こと末成映薫さん。

知らんうちに改名されていたのには驚きましたがw、あったかいおかん役が素敵です。

これからも、ずっとおかんだけは陣内の味方なのだと思わせてくれる存在です。

私は関西人で吉本新喜劇を観て育ってきたので、ゆみ姉の本作での活躍に心躍ります!



そして、何より気になるキャストが板尾創路さん演じる「夜勤部長」。

これは、ムショぼけしている陣内にしか見えない幻のような存在と解釈していいのでしょうか。

14年前とは完全に変わってしまった世の中に戸惑う陣内に、現実をつきつけてくる存在。

今のところ陣内をフォローしているのか翻弄しているのかわかりませんが、とても気になる存在です。

夜勤部長って何?w。



元舎弟のHIRO(九条ジョー)が、YouTuberになっているのも今っぽくておもしろい。



さらに刑務所に入る前の陣内の妻子とのこれからも気になるところです。

陣内はもう一度、別れた妻や子供たちに再会することが出来るのでしょうか。

ドラマ「ムショぼけ」第1話の感想 最後に

ドラマ「ムショぼけ」第1話の感想でした。

大好きな名脇役の北村有起哉さんが、連続ドラマ初主演ということで期待が高まります。

兵庫県の個性的な街・尼崎を舞台に、これからどんな物語が展開していくのか。

深夜帯のドラマは、自由度が高くておもしろい。

次回も楽しみです!



ちなみに地域限定放送のようですが、Tverで観れますのでぜひ!⇒Tver

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA