ドラマ「アバランチ」第3話 ネタバレ感想 主演・綾野剛|ヒーロー

mask

こんにちは、はるき ゆかです。



ドラマ「アバランチ」第3話の感想です。

今回は、リナの悲しい過去が明かされます。

高校時代の親友がある組織に利用され、夢を打ち砕かれ、自ら命を絶ってしまったのです。

リナはその敵を討つために、アバランチに加入したようです。

ドラマ「アバランチ」第1~3話を見逃した方は
FODプレミアムより観ることが出来ます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

FODプレミアム

ドラマ「アバランチ」第3話の感想 はじめに

medicine

あらすじ

六車(板尾創路)と黒田(嶋田久作)の汚職を暴いたものの、黒幕である大山(渡部篤郎)がなかなか尻尾を出さないことを受けて、山守(木村佳乃)は、各界の超VIPが通う高級会員制サロン・悠源館を経営する黄月蘭子(国生さゆり)に次の狙いを定める。蘭子は、悠源館で交わされた密約や談合といった情報を利用し、総理大臣の郷原(利重剛)の信用をも得ていた。山守は、蘭子が隠し持つと言われる極秘情報が詰まった通称「Kファイル」を手に入れ、裏で糸を引く大山をあぶり出そうと考えたのだ。

牧原(千葉雄大)でも手出しできないほどのセキュリティーが導入されている悠源館に、身分を偽ってホステスとして潜入することになったリナ(高橋メアリージュン)。ここ数年、従業員のホステスが何人も不審死を遂げている悠源館に対し、リナはある特別な思いを抱えていた。そんなリナの怒りと悲しみを察した羽生(綾野剛)は、彼女を心配するが…。

その頃、西城(福士蒼汰)からアバランチの真の目的を問い詰められた山守は、3年前に起きた事件について語り始める。その一方で、アバランチの正体を突き止めようと暗躍する大山の手が、山守のすぐそばまで伸びてきて……。

[引用元]フジテレビ「アバランチ」公式サイトSTORY

登場人物

羽生誠一/綾野剛
アバランチ。元刑事。

西城英輔/福士蒼汰

警視庁捜査一課から警視庁特別犯罪対策企画室へ。

山守美智代/木村佳乃

警視庁特別犯罪対策企画室・室長。

牧原大志/千葉雄大

アバランチ。天才ハッカー。IMMAに勤務していた姉を殺害された。

明石リナ/高橋メアリージュン

アバランチ。 元自衛隊特殊工作部隊「コヨーテ」。

打本鉄治/田中要次

アバランチ。元警察官。

大山健吾/渡部篤郎
内閣官房長官。

郷原栄作/利重剛

内閣総理大臣。

福本優美/堀田茜

大山の秘書。西城の友人。

ドラマ「アバランチ」第3話の感想 

PC

大山を巡る人々が次々と

大山内閣官房長官(渡部篤郎)の秘書・福本優美(堀田茜)と西城(福士蒼汰)は、大学時代の友人でした。

最近、再会を果たし、二人で食事に出かけたときに「アバランチ」の話が出ます。

大山の周辺の人々の悪事が次々と暴かれ、世間に公表するアバランチ。

優美も、正義を貫く集団アバランチを「かっこいい」と言い、西城は戸惑っています。



アバランチの復讐は、法律を無視したものなので西城は肯定的に考えることができないのです。

優美の言葉を借りれば、世間のアバランチへの印象は、悪を成敗するカッコいい集団というものらしい。

大山の秘書を務める優美でさえ、そう感じているのですから一般人のアバランチへの心証はおそらくかなり良いものだと思われます。

人は常にヒーローに憧れを持つものです。

ゆか
ゆか

今回は、リナがアバランチに加入した理由が明かされます。リナのことを自分のヒーローだと言っていたリナの親友の死を暴くため。

高級会員制サロン・悠源館

高級会員制サロン・悠源館は、総理などの超VIPが集まるサロン。

経営しているのは黄月蘭子(国生さゆり)という女性。

美容業界の最大手・黄月グループの会長です。

蘭子は、美容業界、芸能界、政財界に強いつながりを持っているといわれています。

この蘭子が持っているという極秘情報が詰まっている「Kファイル」を使って、黒幕の大山をあぶり出そうと考えるアバランチ。

アバランチの天才ハッカー・牧原でも破ることのできない鉄壁のセキュリティを誇る悠源館に、リナ(高橋メアリージュン)がホステスとして潜入することに成功します。

しかし、悠源館のホステスはここ数年で何人も亡くなっています。

心臓発作や自殺…。



悠源館のホステスは、黄月の会社の系列の芸能事務所のタレントたちです。

そして、悠源館のホステスたちは悠源館を訪れたVIPとヨークヒルズホテルに向かい、そのまま亡くなっているのです。

山守(木村佳乃)は、アバランチのメンバーに以上のことを説明します。

ゆか
ゆか

どう考えても彼女たちの死は、VIPたちと関係があるにちがいないです。

西城の疑問

西城は、アバランチに加わってはいますが、なぜアバランチがこのような巨悪と戦っているのかを知らされていません。

山守を車で送る際、アバランチとは何なのかを西城は聞きます。

確かに何も知らずに行動を共にするには限界があります。

西城には知る権利があります。

山守は、決して口外しないことを条件に、西城に3年前の事件の話を始めて…。

ゆか
ゆか

西城くんは、アバランチが結成された理由を聞かされることになります。この理由については、私達視聴者もまだはっきりとは知らされていません。

西城は、苦戦する羽生(綾野剛)たちの代わりに、ヨークヒルズホテルの防犯カメラの映像を手に入れてきます。

そこには、怖ろしいものが映っていました。

やはり、悠源館の黄月麗子は、ホステスとして働いていた女性たちの死に関係していたのです。

リナが悠源館に潜入

リナは、黄月麗子のグループ会社の芸能プロダクション・ムーンプロに所属したいと応募します。

プロフィールや写真を社長に預けています。

リナはムーンプロの所属に決まります。

リナの親友の花音(吉谷彩子)も、ムーンプロに所属していたタレントでした。

花音は、既に亡くなってしまいましたが。

そして、ムーンプロの社長からリナに連絡があり、悠源館で働くことになります。

打本(田中要次)が作った盗聴カメラ付きペンダントをつけて。

リナの行く先が全て、アバランチの部屋のスクリーンに映し出されています。



2階の部屋に向かったリナですが、悠源館のPCは鉄壁のガードがされており、ハッキングはできませんでした。

内側からKファイルに入れないのなら、リナが外側から責めるしかないのです。

ゆか
ゆか

こういうの見てると、政治家ってこんなことばっかりやってるのかと思ってしまう…。

リナの想い

リナは、花音がドラッグを無理矢理、事務所の社長にやらされていたことを知っています。

そのせいで自ら命を絶ったことも。

リナも薬を渡され、どんな思いで、ヨークヒルズホテルに向かったのか。

そして、渡された薬を全て飲んだリナ。

リナが相手をするはずだった田淵議員は、リナのその行動を見て慌てて黄月麗子に連絡を取りますが、リナはその前に薬をすり替えていたのです。

リナが死んでいないことをすぐに察した黄月は姿を消してしまいます。

本当に抜け目のない女です。

リナは、社長と田淵を無言で殴り…。

山守が止めても、リナはもう止まりません。

花音のことを思い出して、怒りが治まらないのです…。



リナのネックレスに仕込まれたカメラで、証拠は全て抑えられています。

そして、仕事を終え、戻って来たリナをそっと抱きしめる羽生。

ゆか
ゆか

リナがアバランチに加わった理由は、親友の敵を討つため。

大山恨んでる人リスト

大山が部下にアバランチについて調べさせた結果、いろんなことがわかります。

その部下も優秀なようで、ほぼアバランチのメンバーのことを大まかにですが、把握しているようです。

さらに、大山官房長官を「恨んでいる人リスト」も作成。

その中には、山守の名前もあり、驚きを隠せない大山。

一番恨んでる人が山守さんだと思いますけどね。

ドラマ「アバランチ」第3話の感想 最後に

ドラマ「アバランチ」第3話の感想です。

今回は、リナがあまりにも切なすぎました。

そして、本当の敵である黄月麗子はのうのうと裁かれることもなく…。

いつか、リナが救われる日が来ますように。


以下の記事で、第2話の感想を書いています。
よろしければ、併せてご覧ください。

mask ドラマ「アバランチ」第1話 ネタバレ感想 主演・綾野剛|雪崩

ドラマ「アバランチ」第1~3話を見逃した方は
FODプレミアムより観ることが出来ます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓

FODプレミアム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA