ドラマ「どうせもう逃げられない」第3話 ネタバレ感想 主演・白洲迅/横田真悠|嘘くらいつくさ

heart

こんにちは。

はるき ゆかです。



ドラマ「どうせもう逃げられない」第3話の感想です。

今回は、元上司の粕谷がなほの前に現れます。

かつて二人はつきあっていたようですが、なほは二股を掛けられてフラれたようです。

そして、粕谷に「ソロ・デザイン・オフィスにとってお前はお荷物だ」と言われ、自分の会社に誘います。

しかし、なほはそれを断って…。

ドラマ「どうせもう逃げられない」第3話の感想 はじめに

あらすじ

撮影の為、しばらく不在だったカメラマン深澤馨が帰国し、ソロ・デザインオフィスのみんなでなほの歓迎会&馨の帰国祝いをすることに。歓迎会を開いてもらうのが夢だったと嬉しそうに話すなほ。その帰り道、なほを駅まで送ることにした拓己は、歓迎会とか気づけなくて悪かったと話す。2人で歩いていると、そこに偶然現れたなほの元上司の粕谷になほは呼び止められる…。

[引用元]「どうせもう逃げられない」公式サイトSTORY

【監督】河原瑶

【原作】一井かずみ

登場人物

向坂拓己/白洲迅
「ソロ・デザイン・オフィス」社長。「伝説のデザイナー」と呼ばれる天才。

野田蔵なほ/横田真悠

大学の就活に失敗。派遣・アルバイトで生活しているが、正社員を目指している。普通のOLになるのが夢。

深澤馨/浅香航大

「ソロ・デザイン・オフィス」のカメラマン。デザイナー時代の拓己を知っている唯一の人物。

余雄彦/草川拓弥

「ソロ・デザイン・オフィス」のデザイナー。拓己に憧れている。

浦江沙耶香/石田ニコル

「ソロ・デザイン・オフィス」のデザイナーでライター。

向坂ちはる/小林涼子

拓己の幼馴染で、兄の亡き妻。

粕谷誠一/白石隼也

なほの元上司。独立を考えている。

向坂征己/森準人

拓己の兄。

向坂翼/本田望結

拓己の義理の妹。明るい女子高生。両親、兄とともに名古屋在住。

島津悟/一ノ瀬竜
なほの就活仲間だったが、なほにひどい裏切り行為を行った。一ノ瀬は無事高田産業に入社。

ドラマ「どうせもう逃げられない」第3話の感想 

花とハートのポプリ

元上司・粕谷

嫌な奴出てきましたねーw。

元上司の粕谷(白石隼也)となほ(横田真悠)は、以前の会社で知り合ってつきあっていたようです。

しかし、なほが粕谷に二股をかけられていてなほとは別の女性を粕谷が選んだという感じでしょうか。

粕谷は、なほちゃんの性格的にも自分の「思い通りの駒」になってくれると思っているのでしょう。

男性にありがちですが、昔の恋人は未だに自分のことが好きだと思っているイタイ奴。

ゆか
ゆか

それにしても、なほちゃんはピュアすぎて心配。人を疑うことを知らなさすぎです。また、そこがなほちゃんのいいところでもあるのですが。

さらに、なほちゃんに「ソロ・デザイン・オフィスのような少数精鋭の会社には、お前はお荷物でしかない」とか言ってくれますねーw。

記憶力の良さとか、柔軟な仕事の仕方とか、すぐに動いてくれることとか、なほちゃんはもう「ソロ・デザイン・オフィス」にはなくてはならない存在になっているのです。

横田さん(石田ニコル)も、余くん(草川拓弥)も、そしてもちろん向坂社長(白洲迅)もなほちゃんに仕事面で大いに頼っているのです。

「ソロ・デザイン・オフィス」の人たちはいい人ばかりですね。

仕事ができる自分に自信がある人たちの典型。



それにしても、粕谷、まさか「ソロ・デザイン・オフィス」にまで押しかけてくるとは…。

かなり粘着質でなほちゃんに執着している感じです。

自分から振ったくせに、実はなほちゃんに未練たっぷりなのかも。

もちろん、「駒」として。

それとも、つきあった女性とはもう別れてしまって、独立するにあたってなほちゃんのことを思い出したのかもしれませんね。

未だに「なほ」って名前呼び捨てにしてたりとか、本当に勘違い野郎だよ。

ゆか
ゆか

粕谷は、きっとこのまま引き下がるような気がしませんし、ヒール役として期待!こういう男がいる方が、ラブストーリーは盛り上がるのです。

いい味だしてる深澤馨

カメラマンの深澤馨(浅香航大)は、向坂社長の過去のことも全て知っているようです。

深澤は、向坂社長とこの「ソロ・デザイン・オフィス」を一緒に立ち上げた共同経営者のような立場なのでしょう。

そして、深澤さん、根っからのいい人というのがにじみ出ています。

すぐなほちゃんに「脱ごう!」というのがたまにキズですが、おもしろくて明るくていいキャラ。



それにしても、向坂社長の過去にはどんな辛いことがあったのか気になります。

第2話でも、雨が降った日に車で後ろにちはるさん(小林涼子)を乗せた回想シーンがありました。

ドラマ公式サイトのチャートにも、ちはるさんは亡くなったことになっているので、このとき事故に遭ったとみるのが正しそうです。

そして、ちはるさんは亡くなった…。

向坂社長の背中には大きな火傷の痕もありますし。



ちはるさんと向坂社長の関係は、幼馴染で兄の奥さん。

しかし、向坂社長はきっとちはるさんのことが好きだったのではないでしょうか。

深澤さんはそのことも知っているようで、この辺りの事情もこれから少しづつ明かされていきそうです。

逃げられなくてからになっては遅いんだ

なほと向坂社長のやり取り。

これ、いちいち恋人同士のそれなんよ!w。

粕谷に嫌なことを言われて、「ソロ・デザイン・オフィス」から身を引こうとしているなほを気にかけて「何かあったら相談しろ」と言って頭を胸に引き寄せたり…❤

シュシュのことも、汚れているから捨ててもいいと言ってなほの髪に触れたり。

向坂社長は自分で気づいていないのかもしれませんが、もう完全になほに惚れてますよ。



今回の最後の「逃げられなくなってからでは遅いんだ」は、かなり意味深。

どういうことでしょうか。

嘘くらいつくさ…。

この意味は?

おそらく、向坂社長は今までにも何か嘘をついたことがあるのでしょう。

それは、ちはるさんに関係しているのではないかと私は考察しています。

ゆか
ゆか

ちはるさんの存在が、向坂社長に大きな影響を与えているようです。ちはるさんは既に亡くなっているようですが、忘れられない存在となった何かがあったようで…。

ドラマ「どうせもう逃げられない」第3話の感想 最後に

ドラマ「どうせもう逃げられない」第3話の感想でした。

今回、また向坂社長となほの関係が深まりました。

それも、粕谷の登場が大きく関係しています。

そして、向坂社長は何か悲しい過去を背負っているようで…。


以下の記事で第2話の感想を書いています。
よろしければ、併せてご覧ください。

【関連記事】

heart ドラマ「どうせもう逃げられない」第2話 ネタバレ感想 主演・白洲迅/横田真悠|私は逃げません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA